2280022 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

買い物

2013年08月18日
XML
カテゴリ:買い物
早起き。
午前中、日記更新。
ここ数日はこの生活リズム。

アマゾンから買った山口冨士夫村八分」の付録CDを聴きながら。
せどりで買ったものだが、味わう間もなく、登録したらすぐに売れた。
【送料無料】村八分 [ 山口富士夫 ]

【送料無料】村八分 [ 山口富士夫 ]
価格:3,045円(税込、送料込)



少し寝直し。

ツイッター。
香川に帰った菅家さんが、一昨日の飲み会のことを愚痴りまくっている。

ラジオ。
「日曜サンデー」、田中の「DJもず」。

梱包作業。

やや遅めに外出。

クロネコメール便、6点。

横浜東口。
郵便局。ゆうメール、1点。

ポルタ。
はなまるうどん、おろししょうゆ小に、竜田揚げ、いか天。

そごう。

LOFT。
ダンボール板を切らしてしまい、いつもは東急ハンズで買ってるんだけど、ハンズは移転のために休業中。
LOFTならあるかと思ったが、どうやら見当たらない。ここは生活雑貨ばかりで日曜大工的なものはないか。

日産ギャラリーを抜けてみなとみらいへ。

みなとみらい日産ギャラリー2013年8月

第二候補のセキチューへ。
ダンボール板はあるか店員さんに尋ねてみたら、これしかないと案内してもらったものは、やたら分厚く頑丈で、値段の高いものだった。買いたいのはこういうんじゃないんだ。
ダンボール箱ならばいろんなサイズが売っている。箱で代用してもいいんだけど、これも値段がちょっと高く、もったいない。

あとはもう、どこか近所のお店でダンボール箱をもらうしかないか。
いや、もちろん、その手は真っ先に考えることなのだが、配送で使うのには無地のダンボールでないとかっこわるい。しかし、ハンズが再開するまではそれで妥協するべきか。

マークイズみなとみらい、地下4階。

ダイソー。
プチプチを買っておきたかったが売り切れ。封筒のみ。

上島珈琲店。
電源利用で雑務、3時間ほど。居眠りも。

TSUTAYA。
単行本、500円均一で2冊。「貧乏人の経済学」という本と、奈良美智。105円本、5冊。内田樹、古泉智浩を各2冊、広瀬和生を1冊。

歩いて平沼。

ブックオフ。
全品20パーセントオフ、閉店時刻20分前でざっと物色するがぜんぜんいいものがない。105円本、2冊。高野秀行、西原理恵子。

電車内でマンガ。
ワイルドマウンテン」5巻。


深夜0時前、帰宅。

ツイッター。
夜は中山涙さんが暴れ出す。唐突に「タモリ論」にからみ始めた。また酔ってるのかと思ったら、小島さんと樋口さんと3人でじゃれてるだけ。まじめに加わったら損するやつだ。劇団樋口、明日の夜も上演する模様。

動画サイトで「あまちゃん」、だいぶ間が空いたのでどこまで観たか忘れてしまった。
ようやく、15週目まで。

観ながらシールはがし作業。

8月18日のツイログ






Last updated  2013年11月30日 05時01分22秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年05月24日
カテゴリ:買い物
午前中、睡眠。

ラジオ。
金曜は「ビバリー」から「たまむすび」というコース。

「たまむすび」、14時台ゲストは安斎肇。
「自意識も強かったんで、人前に出るにはきれいにしておこうと思ったんですよ。だからよく、シャワー浴びたり、ヒゲ剃ったりとかしてたんですよ。そんなことして遅れてたんですよ。気がついたときには、あっ、行かなきゃ!っていう時間なんだけど、行くにはお風呂入んなきゃ!みたいな。」
遅刻魔として知られる安斎肇がその理由を語ってたんだけど、この理由、わりと共感できてしまうなぁ。逆算してるはずなんだけど、実際にやってみるといろいろ抜け落ちてるということはよくある。
「ずいぶんと指導されましたから、タモさんに。そんなね、お風呂とか入って遅れてきて、あんたが臭かろうがなにしようが、フケはあんたの問題! 遅刻は全員の問題だから!」

梱包作業。

外出。

クロネコメール便、7点。
あとちょっとで間に合わず、明日のぶんになっちゃった。

京浜東北線で鶴見へ。

東口。

ういーん、定食。
以前もこの日記に書いたことがある変わった名前の立ちそば屋。
今、読みかけの今柊二「立ちそば大全」にこのお店が出てきたので、立ちそばを食べたい気分になり、初めて入ってみた。
イスはない、カウンターだけの立ち食い。「定食」というのは、かけそばとご飯、生玉子、小皿にたくあんと昆布がついて350円。食券の券売機でプラスチックの札を買って、トッピングは現金で、100円で天ぷらをつけた。
これは「立ちそば大全」に書いてあったのとまったく同じ食べかた。店の外からはメニューがわからず、この本を読んでなかったらなかなか入りづらかった。
かけそばとご飯のセットは、メインパーソナリティーがふたりとも局アナのラジオ番組みたいで味気ないが、そこへ天ぶらをゲストに招いてなんとか番組成立といったところ。
玉子かけご飯にして、天ぷらそばをおかずにする。天ぷらはかき揚げで、いろいろ混ざってる感じが美味い。

今日は鶴見の東側、第一京浜の向こうへ初めて行ってみる。

鶴見川の手前、カーブの内側を歩いていると、傾斜があるようで川はぜんぜん見えないんだけど、空の広さで、そこから先に建物がないことは感じられる。
そういうのが街の空気感みたいなものに影響するんだろう。
なんとなく、歩いていて気持ちがいい。

鶴見潮鶴橋2013年5月
鶴見ヤマダ電機前2013年5月

ダイソー、買いもの。
緩衝材を買う必要があったんだけど、店内がだだっ広くて、どこに売ってるのかぜんぜん見つけられない。こんなに広いダイソーはほかにあるだろうか。
店員さんに訊きたかったが、店員を見つけることもできない。この広い店をいったい何人の店員でまかなっているというのか。レジに行けば店員がいるのはわかってるが、レジにしか店員がいないのはおかしい。だいたい、レジからはるか遠くまで歩いてきてしまっている。
店内をぐるぐる歩きまわるが、こうなるともう、店員を探しているのか、緩衝材を探しているのか、目的がわからない。
レジのほうからチャイムが聞こえる。レジが混み合ってるので応援を頼む合図だろう。レジのほうでも店員を探している。しかし、店員が駆けつける気配はない。仲間に見つけられないものを、客が見つけられるものか。
緩衝材も店員も見つからないまま、ぐるぐる歩きまわり、気がつけば、ダイソーに入って30分が経とうとしていた。
さすがに苛立ちを感じ始め、そろそろあきらめようかと思ったそのとき、どういうわけか、すぐ目の前に緩衝材の売り場があるではないか。
その場所は通ってるはずなのにどうして今まで目に入ってなかったのか、そのメカニズムがわからない。
手に入らないと思っていたものが、意外とすぐそばにあったという、青い鳥の寓話を思い出す。
やっとのことでレジにたどり着き、会計をしていたら、その横を店員が2名、ぶらぶらと歩いていった。これはいったいなんなんだ。

イトーヨーカ堂。

ここの2階にあるマクドナルドをあてにしていたのだが、行ってみたら、どうやら電源が利用できないようなので、やっぱりやめる。
もう1店舗、確実に電源利用ができるマックがあるので、そっちに行ってみることにする。

鶴見川のそばを歩いてみたくなった。

鶴見川2013年5月・1
鶴見テトラポット2013年5月
鶴見川2013年5月・2
鶴見川2013年5月・3
鶴見川2013年5月・4
鶴見川2013年5月・5

土手の下に降りて、川岸を歩いていく。
いや、コンクリートだから「川岸」ってこともないが、「川岸」に該当するようなところだ。
歩いている足元と、水面とはほんのちょっとの高低差で、場所によってはだいぶ水びたしになっていて歩きにくいし、潮が満ちれば完全に沈んでしまうのだろう。
風がやや強く、写真を撮ろうとスマホをかまえると、腕が揺れてしまう。うっかり落っことしでもしたら川のなかだ。自分だって川に落ちるかもわからない。それまで何気なく歩いていたのに、なんておっかないところに来てしまったのかという気になってきた。
歩いている人間は、ほかにヤンキー風の夫婦とすれ違っただけで、ほぼいない。こんなところ、子どもなんかは好きそうだけれども、いないところを見ると、危ないから行かないようにというような教育が地域で行き届いているのかもしれないな。
橋の上から、うらやましそうにこっちを見ている子どもはいた。

第一京浜まで戻る。

マクドナルド。
電源利用で雑務、2時間ほど。

鶴見駅まで戻って、西口へ。

ブックオフ。
105円本、8冊。多田富雄を2冊、ほかは各1冊、アントニオ・タブッキ、いしいひさいち、松井今朝子、杉田幸三、木山将吾、猫ひろし。
雑誌、1冊。「CDジャーナル」。
CD、3枚。美空ひばり、真島昌利、昔昔亭桃太郎。

鶴見から京浜東北線。

コンビニで立ち読み。

深夜0時半、帰宅。

ツイッターでうっかり時間を浪費してしまった。

シールはがし作業のみ。

ラジオ。
「立川志ら乃のサブカル天国」。らく兵さんと談吉さんがゲスト。
志ら乃さんがふたりとも緊張してたと言ってたからどんなもんかと思ってたけど、らく兵さんの緊張は目に浮かぶようだなぁ。
談吉さんはそう言われなかったら気がつかないくらい。談吉さんのリクエスト曲で、ブルーハーツの「情熱の薔薇」が流れる。

続けて、「東京ポッド許可局」。
「激おこぷんぷん丸論」というサンキュータツオ得意の言語学にたどりつく話だったが、そこに至るまでの食べものの話もなかなか関心が湧いた。
「おかずJAPAN」以降、許可局の食べものの話は格別に面白くなった。それとは別に「更新」という話もあったが、まさに「おかずJAPAN」は、このジャンルを更新したキーワードだ。

◇今日はゼロツイートでした。






Last updated  2013年05月27日 02時24分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年01月21日
カテゴリ:買い物
朝から午後まで睡眠。

メール添付の領収書、先日送ったものに店名が入ってなかったためにやり直し。不慣れなもので、うっかりしていた。
お詫びの文面、ほんの短い文章なのに決められないときはなかなか決められないものだ。変に時間を食う。

梱包作業。
始めたのも遅かったが、量が増えてこれも時間がかかる。

18時過ぎ、すっかり暗くなってから外出。

まず、コンビニ。
1センチになりそうな微妙なサイズのものはここで出す。
クロネコメール便、7点。

横浜東口。

郵便局。
ゆうメール、2点。

西口へ。

今日は買い物に費やす。

ダイヤモンドを抜けて鶴屋町へ。

ヤマト運輸営業所。
クロネコメール便、残り8点。のつもりだったが、1点サイズオーバーで蹴られて7点。
薄いのは用心してコンビニで出したのに、厚いほうは無頓着だった。失敗。まぁ、これはどこかコンビニで出そう。

ダイヤモンドへ戻る。

ダイソー。
先日は見当たらなかったスチロールの梱包材があった!
これは東急ハンズで買わなければと思っていて、20時閉店までに急がなければならなかったのだが、ここで買ってしまえば急ぐ必要なしだ。遠まわりしなくても済むし、助かった。
プチプチと封筒も買う。封筒、いつもないと思っていたサイズも今日はあった。ここですべてそろってしまった。

C&C、回鍋肉&カレー。
この店舗限定メニュー。ワンプレートに乗ってはいるのだが、ライスの右側にカレー、左側に回鍋肉と、両者は完全に分離している。実質上、ふたつの料理だ。
これだけの回鍋肉が作れるのならば、もう、普通に回鍋肉定食をメニューに加えたらいいじゃないかと思う。回鍋肉&カレーのカレー抜き、って言ったら頼めるかな。

ヨドバシカメラ。
小さいCDラジオを購入。以前から枕元で使っていたCDラジカセのCDの部分が馬鹿になってしまったので、ここ数ヶ月はラジオを聴きながら眠っていたんだけど、やっぱり音楽のほうがいいときもある。しかし、今度のはカセットがないからCDラジオ。
それと、電源タップも買う。現在使用中のは、6個中2個のコンセントが壊れて、なかの金属がむきだしになっていてどう見ても危ないだろうと思っていた。危ないと思いながらも今まで大丈夫だからずっと使っていたのだが、単純に6個中4個しか使えないのは不便でもあり、やっぱり新しいのを買ったほうがいい。

家を出るのが遅かったわりには、段取り良く買い物をこなしている。
ダイソーとヨドバシカメラと、大きなビニール袋をふたつ提げて、ちょっと小ぎれいなホームレスのようでぶかっこうだ。

ジョイナス。

JINS。
かねてより、買いたいと思っていたメガネをついに買う。あらかじめネットで検索してお店を探してみると、ここが安くて、人気もあるみたいだし、いいだろうというふうに思った。
しかし、今日は時間がなくてあわただしく、慣れない買い物でもあるし、安いといってもそこそこ大きい出費だから、もうちょっと慎重に考えられる別の日のほうがいいんじゃないかと思いかけていたのだが、閉店時刻までまだまだあったのでちょっと店の様子をのぞいておくだけでもやっておくべきかと思って、とりあえずやってきた。
メガネを買ったことがないので勝手がわからないのだが、店頭に出ているものをかけてみて、鏡を見て顔を確かめるという、当然のことをなんとなくやってみるのだけれども、そういうことすらやり慣れていないとぎこちなくなるものだ。
そこでセールということに気がついた。なんと、すべての商品が3990円だということだ。5千円台のものも、9千円台のものも、対象品のすべてが3990円。店内をまわるとセールじゃないものも売ってるので、要するに、売れないデザインのものがセールになってるんだろうけど、しかし、ネットで見て買いたいと思っていたものはこちらにあった。
ちょっと悩んだけれども、もう、めんどくさいから買ってしまえという気持ちのほうが最終的には勝る。
見本をレジに持っていくと、測定は希望されますかというのでもちろん希望する。21時5分からになりますといって、整理番号のある紙を渡され、このときに初めて待たされるもんなんだなと知った。そりゃそうか。コンタクトレンズをしてるか尋ねられ、しているというと、55分までに戻って外して待ってるようにとレンズを入れるケースも渡された。
ジョイナスのエスカレーター脇のベンチで時間をつぶして、30分ほどで戻る。自分で勝手に外してれば良いのかなと思い、洗面台があるのでそこで外す。なんの説明もなかったが、コンタクトレンズの保存液もそこにあったので勝手に使う。家の外で裸眼になることはまずないのだが、こんなに見えなくなるものかというくらい視界がぼやけてしまうものだ。
店のはじっこでちょっと待って、ツイッターなどを見ていると、じきに呼ばれた。整理番号で呼ばれたので最初は自分のことかとわからなかったけど、自分だった。眼の検査というのは眼医者にあるような器具がやっぱりあって、あごを乗せてのぞく例のあれと、あとは視力の検査。見えるか見えないか、どっちがよく見えるかなんてのも感じかたの問題で、こういうものの厳密さというのがよくわからない。だいたいで良いのか。
とんとんと検査が済んで、会計も済ませて受け取りは明日ということだ。ついにメガネ生活が始まる。

どこかで時間をつぶすか迷ったが、家でやるべきことも多いので、すぐに帰ることにした。

ひと駅手前、下車。

西友、買い物。

帰宅。

電源タップをつなぎ、CDラジオをさっそく使う。
じつに快適。

日記更新。

急な眠気に襲われ、ちょっと睡眠。

深夜、アマゾン登録作業。

YouTubeで「BAZOOKA」の「新春放送NG演芸」。
デスペラードやアルコ&ピースのようにきっちり本芸を見せてるのは良かったけど、吉本勢の「あらびき団」的な余芸は「放送NG」の意味合いが違うだろう。
真木蔵人が「だいたいシモネタでくるなぁと思って飽きちゃった。」と、番組後半になるにしたがってあからさまに辟易としている。良識派的に嫌悪するのとはまったく違って、レベルの低さにうんざりしているのが良かった。じつに真っ当。


FC2動画で「ビブリア古書堂の事件手帖」第2話。
今、原作本を読みかけで、このエピソードは原作を読んでからドラマという順序になった。なにしろ、スマホの小さい画面で観ているのでディテールまではわからない。流して視聴。設定に細かい違いはあるのだね。
ここで扱われている新潮文庫の小山清「落穂拾ひ・聖アンデルセン」、一応、アマゾンで検索してみたら取り扱いゼロになっていた。作中では珍しくない本だと何度も言っているのだが。もっと早く気がついておけばよかった。

1月21日のツイログ






Last updated  2013年01月22日 08時12分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年06月15日
カテゴリ:買い物
午前中、睡眠。

ラジオ。
「たまむすび」、今日は浅草キッドそろいぶみ。やっぱりコンビになると弾む弾む。オープニングで小島慶子を俎上に乗せるところは特にすごい。
浅草キッドは、ふたりで結託して、同じ方向へ共闘するのが黄金パターンのようなところがあるが、ふたりのあいだで対立をやるのが今日はなかなか新鮮だった。博士と玉袋、このキャリアならではの味わい深い距離感になってきた。

梱包作業。

外出。

クロネコメール便、3点。

ひと駅隣りまで歩く。

アイシティ。
昨日交換し損ねた古いレンズを持っていく。
昨日は説明が理解できてなかったので左目のみの交換ということにしてしまったが、右目も同じように劣化しているのだ。新しい左目と一緒につけてみたら、やっぱりバランスが悪い。
昨日と違う男性の店員さんが接客してくれたが、右目も交換してもらえないかとかけあってみたら、これはあっさりと応じてくれた。
コンタクトレンズの問題、4ヶ月かかってようやく解決した。

横浜へ。

西口。

ムービルへと渡る歩道橋に警官が。
ひとだかりができていてなんの騒動かと思ったが、野次馬の情報によるとカラスが手すりに挟まって動けなくなったそうな。
横浜西口カラス騒動2012年6月

東京チカラめし、焼き牛丼。

バイトの給料受け取り。
早い時間のほうが空いてるんじゃないかと思ったが、逆に混んでた。
1日分、7千円弱。

ダイエー。

あおい書店、新刊チェックなど。

ASBEE。
ようやく晴れたので靴を買いにきたのだけど、どうも好みの靴がない。
スタンプカードがあるからASBEEで買いたかったのだが、今の自分にとってはけして安い買い物じゃないので妥協はできない。

ドン.キホーテに行ってみるが、どこのメーカーかわからないような靴ばかり。
つぎに、ABC-MART。閉店セールをやっていたけど、たいして安くなってる気がしない。まぁ、それはいい。今履いている靴と似たものがあったのでそれを買おうと決めたのだが、残念ながらサイズがないというのでここでもあきらめることになった。
ABC-MARTはモアーズにもあったと思って、モアーズへ。さっきあきらめたのと同じやつがこちらでも売っている。値段も一緒。サイズを訊いたら在庫があったので、こちらで買った。あっちの店はなにが閉店セールなのか。
とにかく、ようやく新しい靴を買えた。これで雨の日も憂鬱にならない。

タワーレコード。
ひさしぶりに寄ったら、知らぬ間に「bounce」が紙っぺら1枚になってて時代の流れを感じる。
徐々に薄くなってるとは気がついていたが、まさかそこまでになるとは。それと反比例するように厚くなっていた「intoxicate」はついに背ができている。

鶴屋町。

モスバーガー。
雑務、2時間ほど。

帰宅。

日記加筆修正。

今夜もラジオが面白くて離れられない。
TBSラジオ「LINDA!」に劇団ひとり、「バナナムーン」にFUJIWARA藤本、ラジオ日本に移って「はたらくおじさん」にリリー・フランキー。
ニッポン放送では秋元康が「オールナイトニッポン」に出ていたようで、ツイッターではそっちが盛りあがってるようだったけれども、盛りあがりのもとになっているスキャンダルをよく知らないのでこれは聴いてもしょうがない。

ラジオが終わって、また日記加筆修正。

6月15日のツイログ






Last updated  2012年06月16日 04時25分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月24日
カテゴリ:買い物
午前中、睡眠。

ラジオ。
「ビバリー昼ズ」、火曜は東貴博と増田みのり。
12時台ゲストに西村賢太が出たのでそのまま聴く。高田先生不在でどんなもんかと思ったが、東貴博との同世代の話がなかなか面白かった。東の「ニセ坊っちゃん」を、会話の部分は作家には書けないものだと賢太がほめる。さらには、東にサインをもらう賢太。
西村賢太の著書はまだ読んだことがないけど、稲垣潤一が好きだとは知らなかったな。
【送料無料】ニセ坊っちゃん

【送料無料】ニセ坊っちゃん
価格:630円(税込、送料別)



楽天市場から「QuickJapan」と「落語ファン倶楽部」が届いた。

QuickJapan」101号。
リニューアルしたというのでひさしぶりに買う気になった。ようやく本来の「QJ」に戻ってくれるとしたら期待する。
【送料無料】Quick Japan 101

【送料無料】Quick Japan 101
価格:945円(税込、送料別)



落語ファン倶楽部」は談志師匠追悼特集。ぱらぱらと見ているだけで、たまらない写真がいくつも目に飛び込んでくる。付録CDの「立川談志のオールナイトニッポン」をさっそく聴いた。30分ほどに編集されたものだが、こんな話をしてたんだっけな。
フルサイズを聴きたければ、当時に録音したカセットテープが部屋のどこかにあるはずなのだが、未整理のままで放置されている。このままでは無駄に劣化させてしまうだけで、いつかなんとかしなければとはつねに思っている。
【送料無料】落語ファン倶楽部(vol.16)

【送料無料】落語ファン倶楽部(vol.16)
価格:2,500円(税込、送料別)



梱包作業、少量。

外出。

昨日までとうってかわって良い天気。
ちょっと動くと暑いくらい。

財布がすっからかんなのでまず銀行へ。

クロネコメール便、2点。
ゆうメール、1点。
さっぱり金にならない。

天王町へ。

横浜ビジネスパーク、イーストタワー。
天王町にこんな立派なオフィスビルがあるなんてぜんぜん知らなかった。
1階ロビーに絵画やオブジェなど、けっこう本格的っぽい美術作品が展示されてるけど、作者も作品名も付けられていないのでわからない。

2階、健康保険協会。
昨日、区役所でここを案内されたのでやってきたのだが、資格喪失の証明書はどうやらここではもらえないようだ。
加入していたところへ問い合わせてみてくださいとのこと。前の職場からもらった書類を見せたら、ここに書いてあるのがそれですと教えてもらった。ここはすべての保険を統括してるようなところだと思っていたのだが、そういうわけではないのか。まったく、保険のことはなにひとつわからない。わからないからこのようなありさまだ。

松乃家、豚とじ丼。

横浜へ。

西口。

ドン.キホーテ、東急ハンズ、寄り道。
一箱古本市のためにキャリーバッグを買おうと思っていたのだが、先日、ハンズで少し物色したんだけど、今日になってドンキでも売ってるんじゃないかということに気がついて、ドンキに行ってみたらハンズで買おうと思ってたのよりもずっと安いのがある。ハンズは安くて9千円弱のものしか見当たらなかったが、ドンキでは4千円弱のものがあった。
ハンズで買うつもりで行動していたけど、ドンキで買うのだったらもっと遅くまで開いてるからほかのことを先に片づけられる。

モスバーガー。
雑務、2時間ほど。

気候の変化の影響か、腹の調子が良くない。
ダイエーでトイレ。

ビブレ。

ブックオフ。
1時間ほどでざっとまわる。
105円本、5冊。佐多稲子、長新太、穂積隆信、大友克洋、こうの史代。

ビブレを出たら大雨。
ドンキでキャリーバッグを買うはずだったのにひどいタイミング。
とりあえず、雨に濡れながら駅まで走る。

雨が止むまで待とうかとも思ったが、今から時間をつぶすのもめんどくさい。
あきらめて帰ろうと、電車に乗ったら、ふた駅乗ったところで雨が止んでることに気がついて、これはやっぱり買いに行こうと思い直し、横浜へ引き返した。
大きいものを買って帰るとなるとなにも用事がないときでないと無理なので、あんまり先に延ばしたくないのだ。予定通り、今日のうちに片づける。

ドン.キホーテ、再び。
キャリーバッグをクレジット払いで購入。タグだけ外して、もうそのまま使うかたちで渡される。
まだ使った経験のないキャリーバッグを、ぎこちなくひきずって帰る。

ひと駅手前下車。

西友、買い物。

帰宅。

アマゾン登録作業。
梱包作業。

「爆笑問題カーボーイ」を聴きながら眠ってしまう。

キャリーバッグ2012年春

◇今日はゼロツイートでした。






Last updated  2012年04月25日 09時43分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月07日
カテゴリ:買い物
朝から午後まで睡眠。
眠る時間がちょっとずつずれて、午後にくいこんできた。
改善すべき傾向だ。

梱包作業。

遅めに外出。

ずっと雨降りだったようだが、出るときには止んでいた。

ゆうメール、1点。

ひと駅隣りへ。

ヤマト運輸営業所。
クロネコメール便、14点。

アイシティ。
意を決して、コンタクトレンズを買い換えることにした。
だいぶ前から、長時間装着していると左目がくもるようになっていたのだが、今日なんかは、ついに、つけた瞬間からちょっとぼやけていて、いよいよダメだと思った。
今、この金がないときにコンタクトを買い換えることはかなりの痛手だけれども、この目玉の不快感をこれ以上続けていることは、金銭に代えられない損になる。
出かける直前にネットで検索して、この店を見つけた。
そもそも、前に利用していた店がつぶれてなくなってしまったから困るのだ。2年前に買い換えようと訪ねたときにつぶれたことがわかって、それから2年もガマンしているということになる。そのときも、ずいぶんひさしぶりに訪ねたという気でいたが、いったい、このコンタクトレンズは何年使っているのだろう。
初めての来店の旨、受付で伝えて、テーブルでアンケートなどに記入。ホームページで割引になるやつを登録してきたのだが、最初に伝えなかったのでちょっと手間取らせてしまったかもしれない。
それからは、商品の説明をすらすらと受けて、ちょっと不安になるくらいすいすいと買うものが決まっていった。いろいろ種類があるが、薦められるままに、15600円のやつにした。
続いて、隣りの眼科で検査。保険証を探すのがめんどうだったので持たずにきたのだが、保険証を持ってこない人間は珍しいらしく、保険証を忘れてきたのか、そもそも所持していないのか、何度も確認されてしまった。
情けないことに、医者の世話になることがまずないものだから、保険証の意味がいまいちわかっていない。保険証とはなんなのか、誰かに教わったこともないし、自分で調べたこともない。こういうのは常識ということになるんだろうけど、世のなかのひとびとはいつどのようなタイミングでこういうことを学習してるのだろうか。本当に不思議でならない。
受付のお姉さんの反応から察するに、保険証がないのはよっぽどのことだと思えたので「うちに忘れてきた」のほうで話を合わせたら、とりあえず今日は全額払って、何日以内かに改めて保険証を持ってくればいくらか返してもらえるということになって、承諾書にサインを書いた。保険証ひとつないだけで、なかなか大袈裟なことになるものだ。
視力検査など、ひととおり。今までのコンタクトレンズは、やはり、左目のほうは白くくもっていて、丸まってしまうという状態だった。右目はそう劣化してもいないらしく、左目になにか特別なことがあったのかと訊かれたけれども、これといって心当たりはない。
待合室に戻り、再び呼ばれると、カーテンで仕切られた奥へ通される。奥には先生がいて、いかつい機械でもって目玉を左右順番にちょこちょこっと診ただけで、ここは終了。
検査が終わって会計、保険証がないせいで7300円も払った。前に会計をした男子高校生は810円と言っていて、そんなに変わった検査を受けてることもないだろうから、それだけ金額に差が出るということか。保険証の効力、初めて思い知る。
最後にコンタクトレンズの会計。ここで初めて、先ほどの15600円というのが片眼の値段だということを知る。ホームページの割引などがあったから27000円ぐらいになったけど、それでも財布の金がぜんぜん足りなくなってしまい、カード払いができるというのでなんとかこの場は助かった。
てっきり、買ったレンズをここでつけ換えていけるのかと思っていたけど、店員のお姉さんに言ったらなにかややこしそうだったのでそれ以上は遠慮する。古いのをそのままつけて帰る。
思いがけず、大変な出費になった。今までずっとコンタクトレンズできたけれども、これを機にメガネにすれば良かったんじゃないかということをあとで思った。

古本市場。
100円本、2冊。北杜夫、岸田秀。

グラッチェガーデンズ。
こだわり完熟トマトのスパゲッティ。Tカードで当たったクーポン券があったので利用。

古いコンタクトの左目の異物感がもう限界。
たまらず、ここのトイレで左目だけつけ換えた。

雑務、3時間ほど。

帰宅。

アマゾン登録作業、部屋にあるものから。

ラジオ。
「爆笑問題カーボーイ」。小泉今日子30周年アルバムの話題から、川勝正幸の話に少しなった。たしか、「ポップ中毒者の手記」のなかの加藤芳一についての文章に爆笑問題の名前が出ていたはずだ。
売りもの用の「ポップ中毒者の手記」はもう全部売れてしまって、手元には1冊もない。むかし、自分で買ったものがあるはずだが、これもどこにあるかわからず、確認ができない。
【送料無料】Kyon30 ~なんてったって30年!~(2CD)

【送料無料】Kyon30 ~なんてったって30年!~(2CD)
価格:3,900円(税込、送料別)



ポッドキャストで「大竹まこと ゴールデンラジオ!」。
オープニング、川勝正幸追悼の「Dig」で大竹まことのツイートが読まれたことについて、ツイッターの広がるスピードに大竹がしきりに驚いていた。
この番組、オープニングを聴くことはあまりないのだが、今夜は聴くものがなかったのでたまたま聴いたらそういう話になっていた。火曜の眞鍋かをりの日は、この番組ではツイッターの日ということになっているようだ。

4時過ぎ、食べるものを買いに近所のコンビニまで。

ついでにクロネコメール便も出す。4点。

「週刊文春」、立ち読み。
真ん中の広告ページで、らく朝さんの連載が始まっている。

コンビニを出たところで、若い連中がぞろぞろと歩いてくるのに出くわす。
手に長細い棒状のものを持ったやつがいて、すれ違うときに、こっちを見てその棒をこちらに向けたのでびくっとした。銀色で、なにかサーベルのようなものに見えて怖かったのだが、実際はたぶんもっと軽い素材のものだろう。

すぐ帰る。

2月7日のツイログ






Last updated  2012年02月08日 06時02分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年12月14日
カテゴリ:買い物
休日。

好田タクトの「タクト音楽祭」のチケットが届いた。
メールで予約したら、先にチケットが送られてきて、代金はこちらに振り込んでくださいという紙が同封されている。どこの誰だかわからない客に、チケット代後払いってあんまりないだろう。芸風どおり、なんていいひとなんだ。
封筒の裏を見たら、ネコのイラストが描いてある。疑いようもなくいいひとだ。
好田タクトからの封書

午前中、横浜へ。

ヨドバシカメラ。
テレビが故障してしまったので、やむをえず、新しいテレビを買うことにした。
地デジを機に、テレビを観るのをやめようかとも思っていたのだが、それは、まだ映るテレビを買い換えなければならない阿呆らしさゆえのことだ。壊れてしまったならば、買い換える意味はある。
とはいえ、収入が断たれてしまった不安もあるし、そんなに良いテレビが買えるはずもなく、陳列されているなかでいちばん安いと思しき、1万7千円のものを選ぶことにした。
貯まっていたゴールドポイントをすべて使って3千円ほどで買う。

近所の吉野家、牛鍋丼。

帰宅。

さっそく、テレビを設置する。
こうしてやむをえず地デジ対応テレビになると思っていたわけだが、設置してみると、アナログしか映らないので少々がっかりした。
ケーブルテレビの契約がどうなってるのかわからないが、どうやらアナログの電波しか来てないということか。まぁ、いずれ、契約を改めることになるのだろうから、そのときにどうにかなるのかもしれない。
なにしろ、アナログ終了とともにテレビを断とうと半分ぐらい本気で考えていたもんだから、どうやったら地デジが映るのかさっぱりわからない。そんなことは考えたこともないのだ。
こっちはそれどころじゃないんだ。地デジなんぞに振りまわされている場合ではない。
当面はアナログで観られれば充分だから、このまま放っておく。

暗くなってから再び外出。
本を読みたくて出てきたのに、その読みかけの本を家に置いてきてしまった。馬鹿。
駅で気がついて取りに戻る。

ふた駅隣りへ。

すき家、食べラーメンマ牛丼。

ミスタードーナツ。
日記更新と読書、少し居眠り。

浅暮三文実験小説 ぬ」、読了。光文社文庫。
筒井康隆か、もしくは清水義範のような線を期待して読んだけど、かなり物足りなかった。アイデアには富んでいるけど、笑いが決定的に欠けているというか、要するにラーメンズのような。
実験小説ぬ

実験小説ぬ

価格:520円(税込、送料別)



帰宅。

アマゾンで注文した古本が1冊届く。
アスペクトムック「やっぱり落語がおもしろい!」。1円。

テレビ、あれこれ。
◆「ガキの使いやあらへんで!!」。「クリスとイッちゃった王グランプリ」、2週分まとめて。
志村けんのコントの世界で未だにセクハラがギャグとして成立しているのと同様に、ここにある同性愛者像は、そのスキルを磨いた時代の社会常識で固定されたものではないだろうか。おそらく、そこをズラすとスキルも揺らぐ。
山崎邦正にだまされるターゲットは、笑福亭瓶二と鈴々舎やえ馬。これ、来月の「かわら版」の欄外情報に是非。
◆「徹子の部屋」三遊亭好楽、王楽。
王楽が、映画が好きだった大学1年のころ、円橘に「映画評論家を、今度、独演会で呼ぶから、聴きに来れば?」と言われて、“ついで”に聴きに行った落語が面白くて、そこから落語にのめりこんでいったのだそうな。円橘の落語がきっかけになっているところがなかなか興味深い。
落語家になりたいという王楽に、父・好楽が「落語協会と、落語芸術協会と、立川流と、円楽一門と四つ、東京にはあるけど、お前の好きなところに行きなさい」と言ったというのもすごい。実際に円楽一門以外のところへ入門志願に行ったら、来られたほうが困ると思う。






Last updated  2011年01月29日 01時25分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月13日
カテゴリ:買い物
数日前にできた口内炎がまったく治らない。
食事が苦行。

気分転換に外出。

午後、横浜へ。

西口。

ジョイナス。
栄松堂。「フリースタイル」、購入。

「フリースタイル」10号。
松本尚久さんが、斉藤由貴へのアツい思いをつづっております。
特集は「THIS IS POP!」。江口寿史、とり・みき、吉田豪、枡野浩一、柳下毅一郎、南陀楼綾繁など、執筆陣にTwitterでフォローしているひとが多数。
フリースタイルVol.10

建物の外へ出ると雨が降り始めた。
しかし、傘を買うほどでもなさそうだ。

ダイエー。
g.u.。990円のジーパンを2本買う。
ユニクロで買おうか迷っていたけれども、これで充分だろう。
裾直しには別に300円かかるそうで、足してもたかだた1290円だが、3割増しだと思うとなんだか悔しい。990円のジーパンは990円で買わなければ意味がない。
試着してみたら、幸いにもほぼぴったり。裾直しに屈することなく買うことができた。

松屋、牛めし。

マクドナルド、アイスコーヒー。
読書、少し。

近所のゲオ。
中古CD、3枚。森高千里を2枚、あと、デスティニーズ・チャイルド。

帰宅。

CD、森高千里「DO THE BEST」。
1995年発売のベスト盤。ほんとにもう、今さらだけれども、改めて歌詞の素晴らしさに感動する。


ラジオ。
「大竹まこと ゴールデンラジオ!」をポッドキャストで。
ゲスト・東浩紀。大竹まこととのやりとりがTwitterでちょっとした波紋を呼んでいたのだが、うーむ、なんだか、宮台真司がメディアに出始めたころを思い出すなぁ。今、宮台真司はすごくわかりやすくしゃべるようになったけれども。






Last updated  2009年11月21日 14時42分20秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年12月07日
カテゴリ:買い物
早番。
昼食。Goody、ポークカツカレー。

桜木町へ。

横浜にぎわい座、チケット引き換え。

関内、馬車道。

ディスクユニオン。
ボーナスが出たので、ついつい買い物を。中古CD、4枚。山崎廣明、まりちゃんズ、ビル・エヴァンス、マイルス・デイヴィス。

「一個人」のJAZZ特集から、2枚。
 

「HIROAKI YAMAZAKI 25th ANNIVERSARY LIVE」。
元ラッツ&スター、山崎廣明のライブ盤。横山剣、大西ユカリも参加。


「まりちゃんズの世界」。
これはやはり、今年のうちに聴いとかなくちゃ。


イセザキモール。

ユニクロの前に、ひとだかり。
中年男性が倒れていて、担架で運ばれていくところに出くわす。

ブックオフ。
地下。Tさんの「バトル・ロワイヤル」論に触発され、DVDを手元に置いておきたいと思っているのだが、売っておらず。そのくせ、「バトル・ロワイヤルII」が4枚もあるのはなんなのか。
中古CD、ここでも3枚。安室奈美恵、藤原ヒロシ、橋本徹選曲コンピ。
 

「Cafe Apres-midi Christmas」。
クリスマスソングのコンピなんか買っちゃったよ。浮かれてるのか、俺。


上階で古本。重くなるからちょっとだけ、と思いつつ、結局、端から端まで物色。
100円本、9冊。宮藤官九郎、松尾スズキ、宮沢章夫、橋本治、鷲田清一、山形浩生、保坂和志、堀江敏幸、佐野洋子。

松坂屋は閉店しても、路上ミュージシャンはあいかわらずちらほら。

ふらいんぐ屋、XO醤牛肉チャーハン、餃子。

日ノ出町から京浜急行。

横浜西口。
ドトールで、ちょっと読書していきたかったが、日曜は閉店時刻が1時間早いのだった。
しかたがないので、そのまま帰る。

帰宅。

日記更新のみ。






Last updated  2008年12月11日 13時35分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年07月29日
カテゴリ:買い物
休日。

午前中、睡眠。

テレビ。「サンデージャポン」。
頼朝社長はなにが面白いのだろう。
ホスト、または、いわゆるオネエキャラのような、水商売的なセンスというものに、需要がある理由がそもそもわからない。
まぁ、ああ繰り返し出てくればさすがに笑うのだけれど、それは頼朝社長そのものの面白さよりも、もちろん、「サンジャポ」の演出のちからなのだ。

夕方、外出。

投票。

横浜へ。

西口。ダイヤモンド。
鐵釜、つけめん。

西口、散策。
東急ハンズ、あおい書店など、目的もなく歩き回り、無駄に疲労する。

再び、ダイヤモンド。
AV ROAD。休息。

ヨドバシカメラ。
結局、防水ラジオを買う。
ついでに、と言うにはひと桁値段が違うのだが、空気清浄器を購入。
じつは、この前から、気持ちは空気清浄器のほうへ動いていたのだが、気軽に買える値段ではないので、見なかったことにしていたのだ。しかし、もうこれ以上、自分の気持ちを誤魔化すことはできない。
貧乏でもいいから、きれいな空気を吸って生きてゆく。

激しい雷雨。

帰宅。

階段、修理。

腹痛。

テレビ。MXテレビ「07参院選、東京夏の陣~速報&中継&談志&陳平~」。
「速報」、「中継」を、「談志」、「陳平」と並列に置くタイトルにはうなるものがあったが、半分は報道スタジオからの放送で退屈なもの。これでは、MXにチャンネルを合わせる意味がない。
4時間特番だったのだが、家元、2時間で退席。そのためか、「言いたい放だい」コーナー自体も、2時間半で終了。






Last updated  2007年08月02日 22時03分54秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.