2268819 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

趣味

2006年08月30日
XML
カテゴリ:趣味
バイト。
昼食。吉野家、豚キムチ丼。ドトール。

桜木町へ。

伊勢佐木町。
サンマルクカフェ。
昨日と同じく。

みなとみらい、徒歩。

帰宅。

宿題、仕上げ。






Last updated  2006年09月18日 21時27分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年06月29日
カテゴリ:趣味
バイト。
Oくん、ラスト。
昼食。まぐろ市場、ねぎとろいくら丼、とろろ、卵、味噌汁。ポイントカードがたまったので、これだけ食べても無料!
ベローチェ。

横浜東口。
ドトール。創作。

帰宅。
夜通し、創作。完成。
本当は未完成だけれど、〆切りがきたので無理にまとめた。
結局、風変わりなアイデア止まりで、非常に不本意なレベルなのだが、無駄にするのも阿呆らしい。
ま、宝くじみたいなものとして。






Last updated  2006年07月11日 23時05分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年02月24日
カテゴリ:趣味
バイト。
3月に創刊するソフトバンク新書のラインナップが凄い。
昼食。マクドナルド、イタリアンチキンサンドセット。

昼から雨。

岩崎峰子「芸妓峰子の花いくさ」、読了。講談社+α文庫。勝新太郎との関係、興味深く読む。
芸妓峰子の花いくさ

桜木町へ。
歩いて関内へ。サンマルクカフェ。昨日と同様。
ちょっといじり過ぎているぶん、ちっともはかどらない。噺の半分くらいまでしか直せなかった。後半分が不安。

雨なので、歩かずに関内から電車。

帰宅。

朝日夕刊。対談、とり・みき×本谷有希子。
意表を突かれた顔合わせだが、作風を考えれば納得。とり先生も本谷の芝居を観に行っているようで。

小さんのCDを聴き直したら、また直したくなってしまった。
終わりのない作業だ。






Last updated  2006年03月05日 13時22分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年02月23日
カテゴリ:趣味
そろそろ花粉が始まっているような。
あー、やだやだ。

バイト。
昼食。吉野家、鶏炭火焼丼。ベローチェ。

桜木町へ。
ぴおシティ。ダイソー、メモ帳を購入。

歩いて関内へ。
ベローチェ。横浜近辺でいちばん落ち着ける場所はと考えたら、ここに辿りついた。
落語、準備。2日前で、技術的にはどうにもならないので、せめてアイデアだけでも詰め込む。
結果的に失敗してもかまわない。この作業が大事なのだ。
1時間半ほどで、集中力が切れる。

みらとみらいを歩いて、横浜東口へ。
歩きながら稽古。

横浜西口。すき家、ねぎ玉牛丼。

帰宅。

テレビ。BS、上原ひろみライブ。
本当に楽しそうに演奏しているのが、観ていて爽快。

日記更新は先延ばしに。






Last updated  2006年03月05日 13時20分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年11月20日
カテゴリ:趣味
休日。

睡眠、1時間。

朝、日記確認。
メンテナンスは予定よりも早く終わったようだ。
少しは効果があれば良いが。

午前中、両国へ。
お江戸両国亭、「天狗ディスコ」当日。
11時に入るつもりが少し遅れる。
集合時間は特に決めていなかったのだが、千葉大チームがすでに来ていた。早い。
開演準備。
雑用係として、せっせと支度。持参した備品を配置する。
アンケート用紙、番組表をコピーするひまがなかったので、近くのコンビニで。
切り貼りのあとが残るので、修正液で直しながらコピーするが、どうしてもきれいにならない。修正液を重ね塗りしたり、四苦八苦していたのだが、よく見たらコピー機のほうが汚れていた。直らないはずだ。
小銭を無駄にしてしまった。急いで余所のコンビニへ。すぐに片付くはずの作業に、やたら時間を食ってしまう。
コンビニに来たついでに、朝からなにも食べていないので、そばを買ってゆく。
戻ったら、ほぼ全員集合していた。
ゲスト、片岡一郎さんも早々と到着。

以前より、出演者は出演だけに集中するのが理想だと思っていたので、今回は運営だけのひとを頼んだりもしたのだが、思ったよりスムーズにいかない。
僕以外は、なんの作業をしてよいのかわからない状態。事前に打ち合わせをするべきだった。
仕方がないから、自分がわかっていることに関してはすべて自分でこなしてゆく。
正午過ぎ。開場時間が迫るが、まだ準備が終わらない。
開場時間前、早くもお客さんがひとり現れる。準備中だが、なかに入れてしまう。
12時半、開場。
音響と照明のチェックがまだ済んでいない。お客を入れ始めているなかで動き回る。
そばはいつ食えば良いのか。

とは言いつつも、開演前にはなんとかまとまる。
お客は10人ほど。まあまあか。
13時、開演。
開演してしまえば、あとはみんなに任せて安心だ。僕はなにもしなくたって、落語会は順調に進んでいくだろう。
ようやく落ち着き、楽屋でそばを食べ始める。
ひとくち目を口に運ぼうかというそのとき、もうひとりのゲスト、志ら乃さんが到着。
いったい、いつになったら落ち着けるのか。

多飯亭賀天「かぼちゃ屋」
三松亭ぽち「平林」
子敷屋小夢 粋曲
ケビンス亭ペイシー「道具屋」
波雷亭可ん朝「初天神」

素人ではあるが、五者五様の個性。今の僕の人脈のなかではベストメンバーがそろえられたかと思う。
プロの落語会でも、これより面白くないものは山ほどあると断言できる。
賀天くんは、若くて威勢が良いので開口一番に頼んだ。風貌がワイルドなのも良い。
ぽちさんの落語はこの場で初めて聴いた。女性で、素人で、これほどでたらめな落語をやるひとはなかなか居ない。林家パー子か増野明美かといったようなハイテンション。このエネルギーはもっと有効活用できると思う。
小夢さんは一番最初に出演をお願いした。素人で粋曲をやるひとなんて少ないし、レベルもなかなか。なんとも言えないペーソスがある。楽屋で聴いていた志ら乃さんが、思わず観に行ったくらい。
ペイシーさんはレギュラー。口調が抜群に良く、武骨な風貌が面白い。与太郎噺がかぶってしまい悪いことをした。僕の連絡不行届。
可ん朝くんも出てもらいたかったひと。芸がきれい。出演者・スタッフ中、唯ひとり、精神的に安定した常識人なのも心強いところ。
お囃子は小夢さんと新科亭劣人くん。CDよりも生がいいと思い、数日前に、急遽、相談してみたのだが引き受けてくれた。ふたりに感謝。今回の最大の功労者は小夢さんだ。

前半。僕は楽屋と場内を行ったり来たり。
開演してしまえば、特になにをするというわけでもないのだが、全体の見回り。
今回、採算度外視でドリンクバーを設けたのだが、あまり効果的に機能できず。運営上の打ち合わせ不足。
きちんと接客のできるスタッフが必要だと心から思った。
落語会は開演から始まるのではない。開場したときから、接客こそが前座の役割となる。

あとはなるべく、楽屋で、志ら乃さん、片岡さんの会話に耳を傾ける。
「春の雪」、「あ・うん」の裏話なども。
最終的には、志ら乃さんに進路相談までしてもらったりして。
着替えたところで、この日記用に写真を。
志ら乃さん 片岡一郎さん

仲入り後はプロおふたり。
去年から使っている虎の敷物、志ら乃さんの要望で撤去。
まぁ、そうなるかもと思って今日まで伝えずにいたのだが、やっぱり無理か。
片岡一郎さん、紙芝居。「キンちゃんコロちゃん」、「黄金バット」。本職の活弁ができない会場なのに、ゲストをお願いすることがすでに無茶なのだが、それにしても不思議なものを掘り起こしてくるものだとただただ感服。これをやるひとが、日本にどれだけ居るというのか。なかなか余所では観れまい。これだけで、今日の落語会の価値が増すというものだ。
片岡さん紙芝居
立川志ら乃さん。出囃子は「てまり唄」。このために生のお囃子をお願いしたのだ。楽屋でなんの噺を演ろうか迷っていたが、結局は、「NHK新人演芸大賞」受賞演芸である「火焔太鼓」に。それをこんな素人落語会で観れるのも、考えたら贅沢なことだ。

終演。
最終的には、お客13人。
うーむ、もっと入って良かった。いや、入れなければならなかった。
この内容で木戸銭500円は激安だろうに。
どう宣伝すれば有効なのか、まったくわからない。
所詮は素人落語会ということか。

志ら乃さん、片岡さんは、このあとの予定があるので、われわれよりひと足早く帰られる。
志ら乃さん、ブログにこの落語会のことを書いてくれると約束したが、はたしてどうか。

打ち上げ、さくら水産。
お客さん含め、総勢14名。
16時から22時まで。

寝過ごして、藤沢まで。
その後、寝過ごさないように立っていたが、立ったままでも眠ってしまう。派手によろめいて、みっともなかった。

深夜0時半、帰宅。
記憶なし。






Last updated  2005年11月26日 00時54分42秒
コメント(12) | コメントを書く
2005年11月19日
カテゴリ:趣味
休日。

1日中、明日の準備。
前日にならないと始められないというのはなんなのだろう。
ある種の病気かもしれない。

特製のめくりを製作。
最初は、名前を影絵で映しだそうと思っていたのだが、意外と、技術的に難しいことがわかり断念。
代わりに、黒字に白文字のめくりを作ることに。
黒い模造紙に、白いビニールテープを切り貼りして寄席文字を作っていく。
ちょっとしたアイデアなのだが、作り始めてみると、これがとても手間のかかるものだということがわかる。
午前中から始めるが、気がつけば、飲まず食わずで7時間ぶっ通しの作業。
それでもまだ半分もできていないのだから途方に暮れる。
指の感覚がおかしくなってきたので中断。

ほかにもやることはたくさんある。
アンケート用紙、番組表の作成。味気ないものにはしたくないので、細かい工夫を。
ゲストふたりにあいさつのメール。
我が家は電波状況が悪いため、深夜になって、携帯へのメールが大量に届く。片っぱしから返信。

主催者としての責任上、この日記を宣伝に使っていたのだが、あろうことか、深夜1時からメンテナンスに入りやがる。
なにしろ公演前日。時間や場所を確認したいひとも居るだろうに。
わからなければ、来るのをあきらめてしまうかもしれない。
三木谷のアホ。

再びめくりに取り組む。
朝までぶっ通し。






Last updated  2005年11月24日 03時20分15秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年10月25日
カテゴリ:趣味
バイト。
昼食。ケンタッキー、ツイスターセット。

両国へ。
お江戸両国亭。チラシを置きに行く。
今夜は講談の会の公演があるので、開場前に着いて置かせてもらおうと思っていたのだが間に合わず。すでに開場時間を過ぎてしまった。
でも、来てしまったものは仕方がない。ダメ元で管理人さんを訪問。奥様が出てこられた。
チラシを置きに来たことを告げたら、今は公演中だから預かってくれると。
助かった。来た甲斐あり。
その調子で次の場所へ移動。

御徒町へ。
上野広小路亭
こちらは公演なし。逆に、ちょうど入り口を閉めようとしているところだった。
説明して、2階の事務所に上がらせてもらう。
チラシを置いて、そそくさと退出。
これで、気がかりなことがひとつ減った。すっきり。
公演まで1ヶ月もないので遅いくらいなのだが。

秋葉原、寄り道。
ヨドバシカメラ、タワーレコード。bounce、intoxicate、頂戴する。
bounce。「NO MUSIC,NO LIFE.」に、UAとかしまし娘が!

東京駅八重洲口。
なか卯、カレーうどん。

帰宅。
テレビ、少し。
◆「踊る!さんま御殿」。南海キャンディーズ、活躍。山里、語彙が豊富。
◆「ガキの使いやあらへんで!!」。遠藤章造「ほほほーい」と庄司智春「平成のパピプペポ」、競演。






Last updated  2005年10月30日 20時56分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年10月20日
カテゴリ:趣味
バイト。
昼食。ケンタッキー、和風チキンカツサンドセット。

R25、木梨憲武インタビュー。20代は記憶喪失。そのくらい忙しかったと。
当時のとんねるずについて、もう一度考えてみる必要がありそうだ。

立ち読み。週刊文春、小林信彦が「タッチ」の長澤まさみを絶賛!

帰宅。
いつの間にか、眠りに落ちてしまった。

特に話題がないので、落語会のお知らせです。



天狗ディスコ

◇日時:11月20日(日) 12:30開場/13:00開演
◇場所:お江戸両国亭
◇木戸銭:500円
◇出演:ケビンス亭ペイシー・波雷亭可ん朝・子敷屋小夢・三松亭ぽち
◇ゲスト:立川志ら乃片岡一郎
◇雑用係:佐藤晋
◇主催:六人ぐらいの会



「天狗ディスコ」の天狗とは、言うまでもなく、天狗連の天狗です。
つまり、素人落語会です。
なにしろ、ゲストの志ら乃さんが「NHK新人演芸大賞」大賞受賞者になってしまったので、どんなお客がいらっしゃるか、ちょっと怖いのですよ。
志ら乃さんをこんな低価格で観れる機会は、今後、ますます減ってゆくでしょう。チャンスとしか言えません。
ご存じのように、片岡一郎さんは澤登翠門下の活弁士です。
両国亭で無声映画上映というわけにもいかないので、今回はなんと紙芝居をやってくださるということです。こんなの余所では観れませんよ。貴重です。
公演は1ヶ月後です。
忘れないように、各自、スケジュール帳に書き込みましょう。






Last updated  2005年10月22日 16時37分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年10月15日
カテゴリ:趣味
睡眠、2時間。

休日。

朝9時、浜松町。
Kさん、Iさん、Tさんと待ち合わせ。
M-1グランプリ」1回戦、本番当日。
何故か、Tさんの会社で稽古ができるということで、そちらへ。
休日で誰も居ないオフィスへ、部外者なのにぞろぞろと。
見つかったら、確実に問題。

Kさん、Iさん、本番当日にも関わらず、合わせるのは初めて。
稽古不足どころの話ではない。
それぞれが台本を暗記しただけという状況、であるならまだマシなのだが、暗記すらしていないのだから弱ってしまう。
百戦錬磨のプロの漫才師ならともかく、ど素人なのに。
とりあえず、台本を読み合わせることから始める。
ふたりとも落研出身だし、お笑いもかなり観ているひとなので、すんなりできるかと思っていたのだが、どうしても漫才らしい口調にならない。
オーソドックスなスタイルにしなかったので、つかみにくかったかもしれないという反省はある。
力量に見合った台本にすべきだった。
そして、衣裳合わせ。
おもいっきりドレスアップしてもらった。
ダイアナ・チャールズ
見た目は傑作。
ちからの入れどころが明らかに間違っている。

稽古もそこそこに、昼食へ。
おむらいす亭、チーズたっぷりデミ・オムライス。

浜松町駅から都営バスで東京ビッグサイトまで。
朝早いので、僕はすでに眠い。疲れた。

パナソニックセンター東京。
出場者の応援団として、2人まで無料で入れるとは知らなかった。
出入り自由。イベントホールと有明スタジオ、2会場のどちらも入れる。
イベントホールはお笑いライブのような雰囲気、有明スタジオはスタジオだけあってテレビの公開録画のような雰囲気。

Kさん、Iさん、受付を済ませ、集合時間まで、近くの公園で稽古。
ようやく真剣になってきた。
少し離れた日陰のベンチに座って稽古の様子を観ていたのだが、姿だけだとなかなかさまになってきたようにも見える。

有明スタジオへ戻る。
Kさん、Iさん、それぞれトイレで着替え。これがかなり大変。
Iさん、先に着替え終わり、タキシード姿で廊下に立っていると、「おつかれさまです」とあいさつしてゆくひとが居るのが可笑しい。お偉いさんに見えるのだろうか。
Kさん、ドレスアップ&メイクアップ、完了。
Kさん、Iさんは控室へ。僕とTさんは客席へ。

司会は、解散した「おはよう。」のひとがひとりで。名前は知らない。
順番はエントリー順。司会が出場者を5組ずつ紹介し、5組連続で漫才を披露。その繰り返し。
キャンセルの組もけっこうあるので、出番はどんどん繰り上がる。

20組くらい観ただろうか。そのほとんどがアマチュアであることを思えば、全体の水準は驚くほど高いと言っていいだろう。
だが、飛び抜けた存在は居ない。
昨日はハリガネロックや森三中も出たようだが、今日は名のあるひとは出てこなかった。
かなりの時間を、うとうとして過ごす。

いよいよ、Kさん、Iさんの出番。コンビ名は「ダイアナ妃とチャールズ皇太子ではございません」。
うーむ、あらゆる面で、作戦が裏目に出たかもしれない。
登場したときには、軽く笑いが起こったのだが、漫才に入ったらもう駄目。ずぶずぶとぬかるみにはまっていった。
まず、ほかと比べてテンションが低い。ふっきれかたが足りないので、観ているほうが恥ずかしくなる。
今朝、僕がポイントとして挙げたセリフを軽く流しちゃってるのにはがっかりした。ギャグもギャグでないところも、並列に喋っているからなにが面白いのかさっぱりわからない。
さらに、言いとちり。決定打。
1回戦敗退は誰の目にも明らか。

ふたりの出番が終わっても、僕はもう少し、客席に居たかった。
このままでは、あまりにも後味が悪すぎる。
このあと、さらにたくさんの漫才を観たが、彼ら彼女らは、当たり前だが、例外なく自分の言葉で喋っていた。
自分たちが面白いと思うことを喋らなければウケるはずがない。
簡単なことだが、重要なことだ。

「SHOHEI」、「ふゆーす」、「ぼくえくぼ」が面白かった。

5分休憩。会場を出る。
僕らが着替えを預かっていたので、ふたりはずっと着替えることができなかった。
ウケたならすぐにでも顔を合わせたいところだが、あの出来ではどんな顔して会いに行けば良いものやら困る。

Kさんの友だちが数人観に来ていたが、このあとは別行動。
元の4人で、有明駅からゆりかもめで新橋へ。

外は雨。

東京駅へ移動。
打ち上げ。ひとつと家。
Sさん、合流。日本海庄や。23時まで。
もう僕は疲れてぐったり。
東京駅でみんなと別れる。

東海道線。横浜で降りるところを寝過ごして、藤沢。
逆方向はすでに終電のあと。
また朝までファミレスかと覚悟を決めかけたのだが、調べたら、小田急線で帰れることがわかり助かる。

深夜1時、無事、帰宅。
ぐったり。






Last updated  2005年10月18日 01時04分38秒
コメント(14) | コメントを書く
2005年09月25日
カテゴリ:趣味
前項からの続き。

半蔵門から大手町へ。

友だちが「M-1」に参加するので、その台本を書くことになった。今夜、その打ち合わせ。
しかし、まだなにも書けていない。これから書くつもり。

オアゾ。大戸屋、おろしとんかつ定食。
食後、台本に取り組む。
ところが、メールで送るつもりでいたのに、携帯のバッテリーが残り少なくなってしまう。
そうのんびり作るわけにもいかなくなった。とりあえず、スタイルだけ固めた仮台本を送信。
バッテリーが切れてしまうと連絡も取れなくなる。これ以上、携帯をいじるのはやめたほうが良い。

やることがなくなってしまった。
待ち合わせ時間まで、まだまだある。
山手線を2周。睡眠。

21時過ぎ、新橋。
約束のジョナサンへ。
KさんとIさんだけが待ってるのかと思ったら、Kさんの友だちがふたり来ていた。
当事者のIさんは仕事のため遅くなると。
Kさんに送った台本を、友だちふたりもすでに読んでいるようで、なにが面白いのかよくわからないと、よってたかって非難される。
仮原稿なのだから仕方がない。なにがどう面白いのか補足説明。方向性に迷いはないのだが、完成品にするのが大変。
なにしろ素人コンビなので、技術で稼ぐことはできない。構造的に変なものでないと印象に残らないだろうと思ったのだが、それゆえに、客に不親切なスタイルではある。
説明の甲斐あり、この場では大爆笑。
そこから、衣裳の案で盛り上がる。実現したらかなりくだらない。
Iさん、到着。補足説明、ひと言ですべてを理解したのは傑作。なんでわかるんだよ!と逆に突っ込みたくなる。

深夜、カラオケ館へ移動。
声を出して稽古するために移ったのだが、結局、唄ってばっかり。
僕も久しぶりにたくさん唄った。カラオケには滅多に来ないせいか、どんどん音痴になってる気がする。
漫才にはなんの進展もなく、そのまま、朝まで。






Last updated  2005年09月28日 00時26分47秒
コメント(3) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.