2270796 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

全10件 (10件中 1-10件目)

1

新聞

2010年04月20日
XML
カテゴリ:新聞
休日。

朝日朝刊。
紙面をめくっていたら、草刈民代の裸が現れて驚いた。
幻冬舎から写真集を出す、その全面広告だった。
これは僕らの世代だと、宮沢りえの「サンタフェ」を思い出す。考えてみれば、全国紙の全面広告に堪えられるヌードというのは、そうあるものではないんじゃないか。こんなヌードが毎朝朝刊に載っていたら、国民が全体的に早起きになるような気がしないでもない。
草刈民代は1965年5月生まれ、44歳。バレリーナという肉体表現のエキスパートである草刈が、そこに表出するのはエロスではなく肉体美であろう。しかし、観るものは、肉体美のなかにもエロスを感じ取るし、エロスのなかにも肉体美を感じ取るものだ。ヌードについての身もフタもない二元論、“ヌケる/ヌケない”でこれを語ることはまったくのナンセンス。人間その気になれば、木魚を見たってなんとかするものなのだから。


二度寝。
午前中、睡眠。

午後、日記更新。
なんだかんだでどうしても更新が滞る。

雨のなか、床屋へ。

ひと駅隣りのQB HOUSE。
今回は満足な仕上がり。

テレビ、あれこれ。
◆「徹子の部屋」、影絵作家の藤城清治
この番組でも話題に出たタモリ家の愛猫パトラは、藤城清治のところにいたクレオという猫と兄弟なんだと。細かい説明はなかったけど、どちらからもらわれたのか。このつながりは知らなかったなぁ。とても面白い。こういうことが「テレフォンショッキング」で語られることはなかなかないだろう。
◆「お笑いさぁ~ん」サンドウィッチマン。
今回は、コラボコントは面白かった。さまぁ~ずからの影響を公言しているサンドウィッチマンだけあって、すんなり文脈を共有している。それぞれに力量があっても、この擦り合わせがうまくいかないことはけっこうある。






Last updated  2010年05月18日 05時02分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年04月29日
カテゴリ:新聞
昭和の日。

どうやら世間一般ではゴールデンウイークのようだが、こちらはなにひとつ、ゴールデンなところはないです。
い・つ・も・ど・お・り!

朝、テレビ。
「やじうまプラス」をなにげなくつけていたら、北野誠の謝罪会見を報じていた。
しかし、VTRをただ流しただけで、アナウンサーはなにも発言せず。まぁ、この時間帯のワイドショーは同じニュースを繰り返しやるから、ほかのときにはなにかしゃべったのかはわからないが、ついこないだまでこの番組のレギュラーコメンテーターだった人間なのに、もう少しなにかあってもいいだろうに。この番組のこの問題に対する見解がまったく伝わってこない。
しかし、できることなら、北野誠には謝罪なんかして欲しくなかった。いや、北野誠本人に失望することはなにもない、唾棄すべきは謝罪せざるをえない状況のほうだ。
それにしても、毒舌家のキャラクターを演じなければ、という思いを反省していたのが非常にひっかかる。

朝日朝刊にも「北野誠さんが謝罪会見」という小さい記事。
「問題となった具体的な発言については、「相手に改めて迷惑をかけることになる」として明らかにしなかった。」

その他、朝日朝刊。
オピニオン面。寄稿、平田オリザ「政治家を演じる」。
「残念ながら日本では「演じる」という言葉自体が、何か自分に嘘をついているようなマイナスのイメージでとらえられてしまう。演じることは人間を他の獣と隔てる重要な能力の一つなのに。」
「米大統領選挙は、1年以上の時間と莫大な費用や手間をかけて、大統領という役柄にふさわしい人物を選ぶイベントである。選挙期間中、候補者たちは、様々な角度から人間性を問われる。」「誰もみな、そんな完璧な人間がいるなどとは信じていない。ただ、厳しい選挙戦を通じて、今後の4年間なり8年間なりのあいだ、米国大統領という大きな仮面を誰が被ることができるのかという「演技力」を試しているのではないか。」
「製造業に従事する方たちが失業すると再就職が難しいのは、一つには産業構造の転換で第2次産業が先細りし、雇用自体が減っているからだろう。ただ、ではなぜ他の産業に転職がきかないかといえば、それは端的に言って、コミュニケーション能力の問題なのだと思う。」「派遣村の問題は、だから根本的には、コミュニケーション教育を放棄してきた教育行政の失政であり、その失政のつけを、個々人が払わされる由縁はない。」「また、いまからでも人生の路線変更が可能な若年層には、小手先の職業訓練ではなく、コミュニケーション教育を徹底して行う必要があるだろう。新しい職種や環境ごとに自分を演じ分ける、そんな能力を身につけさせる必要がある。ここでもまた、「演じる力」が求められている。」

日中はほとんど眠ってしまう。
なんたる、体たらくか。

日記更新。

ネット。
Voice+、山形浩生「郵便局より歌舞伎座」。
「どうですか、鳩山総務相。あなたの文化の血は騒ぎませんか。」「鳩山大臣、チャンスですよ! ここで一発口を利けば、石原知事なんかよりも審美眼も文化的な気概もあるところを見せられますぜ!」

深夜、どういうわけか、犬に散歩をせがまれる。
あんまりしつこいから、なにかわけがあるのかと思ってしかたなく散歩に行くが、特に深い理由はなさそうだ。母親の散歩だとたいしたスピードで走れないから、ただ、思いっきり走りたいだけかもしれない。
ひっぱられて走らされるが、深夜で真っ暗なうえに、コンタクトレンズをせずに出てきてしまったので、ろくにまわりが見えない。気がついたら目の前にガードレールが現れ、危うく、ものすごい勢いで激突するところだった。こんなことで怪我をしてはたまらない。
例のごとく、なかなか帰りたがらないので、変なクセがついてもいけないから、無理矢理、抱きかかえて連れ帰る。
散歩時間、30分ほど。






Last updated  2009年05月04日 20時11分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月30日
カテゴリ:新聞
朝日朝刊。
テレビ欄が激変していてびっくり!
ついに、チャンネルの並び順が、デジタルのチャンネル順になってしまった。
NHK総合、NHK教育、日本テレビまではそのままだが、そこから先は大胆にシャッフルされている。テレビ朝日が5チャンネルになったため、日テレとTBSのあいだに割り込み、テレビ東京が7チャンネルになって、8チャンネルのフジテレビをいちばん端へ追いやった。
探したい番組のところへ、すっと視線が落ちない。一旦、縦軸でテレビ局を確認してから降りていかないとわからず、視線が横へうまく滑らないのが、なんとも気持ち悪い。
この違和感は、ちょうど、旅先で新聞を見る感覚に似ている。旅先にはその土地のテレビ局があり、その土地のチャンネル順がある。いつも観ている番組が、その土地ではやってないこともある。
つまり、われわれは今、旅をする気もないのに、強制的に、知らない土地へと連れて行かれ始めているのだ。いや、これは旅なんて悠長なものではない。何故なら、われわれは二度ともとの場所へは帰してもらえない。これはもう、旅どころか、国家ぐるみの拉致にあったような話ではないか。
われわれをひとり残らず連れ去ろうとするやつの影は、すぐそこまで伸びている。迫りくる地デジの影。
地デジのCMには、草なぎ剛が呑気に出演しているが、しかし、「なぎ」という字も変換できないような男に、はたして、デジタルなものを普及させるちからがあるだろうか、はなはだ疑問である。
要するに、この調子では、2011年までに完全移行なんてことはできるはずもなく、2年後には、テレビはメディアの王座から外れるということでしょう。テレビ所有率は激減し、いっそ、すべての番組の視聴率はひとケタ台になるのではないかと期待する。
さらに、それとは関係があるのか、ラジオ欄にも変化。なんと、周波数の記載が消えている!
これはなにかの嫌がらせか。ラジオを聴くときに確実に困るじゃないか。読者になんの相談もなくそんなことをするのならば、新聞も放送業界とともに心中すれば良い。
将来的には通信業界のひとり勝ち。それはそれで胸クソ悪い未来が、すぐそこまで来ている。

午後、横浜西口へ。

エクセルホテル東急、1階、カクテルラウンジ。
母とともに、父の友人のFさんと会う。一周忌のときの約束。
某有名テレビ番組制作会社のかたで、テレビ黎明期の話、テレビ論など、興味深い話をたっぷりと聞かせてもらったのだが、母親が無知だからなんにも噛み合わない。
その噛み合わなさに入っていけず、僕はその横でただ聴いてるのみ。ある種の“しゃべれない病”で、ちょくちょくそんな状態に陥ることがある。まったく困った癖だ。
約3時間半。おかわり自由のアイスコーヒーを3杯飲んで、すっかり気持ち悪くなる。

その後、別行動。

ダイヤモンド。
有隣堂。

「en-taxi」、購入。
坪内祐三・対談3連発、リリー・フランキー、菊地成孔、湯浅学。
僕らの世代ならば懐かしい、あの、「たんば」というボードゲームのプランナーが湯浅学だったとは!
これはとても面白い事実だ。丹波哲郎のバラエティ番組での露出、映画「大霊界」など、そのあたりの前後関係も気になる。


ひと駅手前、下車。

松屋、キムカル丼。

帰宅。

特になし。






Last updated  2009年04月03日 05時49分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年11月06日
カテゴリ:新聞
朝日朝刊。
コメダ珈琲店」下丸子店を赤田康和記者がレポート。
「うわさ以上の品ぞろえ。『ファミレスか』とひとりツッコミつつ、空腹だったのでエビフライを注文した。」
「『小倉トースト』(380円)も初体験した。トーストの横にマーガリンとあんこが添えられ、塗って食べる。あずきとパンは意外に合うがやはり甘い。『トーストにあんこを付ける理由を誰か教えてください』と心中でつぶやく。」
それよりも、ここで心中のつぶやきを挿入する理由を誰か教えて欲しいのだが、まぁ、それが赤田記者だ。

バイト。
昼食。恵矢、らーめん、角煮。

立ち読み。「SPA!」。
「エッジな人々」立川談志×太田光。
プロモーション活動をする家元というのも、なかなか新鮮。
談志「つまり、超二流っていうのは天下をとれない。ところが彼は、超二流じゃなかったんですね。三流の部分も入ってた。ばかばかしいこと、よくこんなことをやってられるなってことも平気でやるしね。最初はそれを感じなかった。」

関内へ。

伊勢佐木町。
不二家レストラン、改装工事中。
店名が「ファイブエフダイニング」に変わると貼り紙がしてあって、少々、驚いた。
あの騒動を乗り越えて、何故、今ごろになって、歴史ある不二家レストランに幕を降ろしてしまうのだろうか。
不二家改装

某所。「おしりかじり虫」について語り合う。

リンガーハット、皿うどん。

帰宅。

日記更新のみ。






Last updated  2007年11月11日 00時38分04秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年06月23日
カテゴリ:新聞
朝日朝刊。「相談室」、回答者に玉袋筋太郎
水道橋博士だけでなく、玉袋氏まで登場とはまったく予想していなかった。
「どんな仕事もなじめない」という23歳無職女性の真剣な相談に、「少し劇薬な答えかもしれませんが、思い切って夜のお仕事を考えてみる手もあります。」「派手でイケイケタイプのズケズケとモノを言ってくる女性が好きなお客様もいれば、あなたのようなアンニュイなタイプの女性が好きなお客様もいるはず。」「なお、お店が決まった場合、ぜひこちらにご一報を。アンニュイタイプが好きな玉袋でした。」
相談者も、こんなひとに回答されるとは思っていなかったに違いない。激怒していないか心配。

バイト。
昼食。吉野家、豚キムチ丼。ベローチェ。

帰宅。

テレビ、いくつか。
◆「太田光の私が総理大臣になったら」。ますだおかだ岡田、小泉首相不支持ですって。
◆「検索ちゃん」、2週分。
小池栄子、出演者のなかで恋人にしたいのは太田と品川。恋人にしたくないのは東貴博。これは非常に有益な情報だと思います。
バカ芸人SP。毎朝、新聞7紙に目を通すという友近、今日の読売新聞の1面は「伊勢の夫婦岩を見に行った夫婦は夫婦仲が修復できる」。






Last updated  2006年07月09日 19時59分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年05月17日
カテゴリ:新聞
熱、完全に下がる。

朝日朝刊、「声」欄。
団体職員(練馬区 59歳)のかたが、「人気衰えない100円寄席」と題した投書を。
「IMA寄席」とも、どこのホールとも書かれていないが、正朝師の名は出てくる。全国紙の影響力、なかなか侮れないと思うが。

バイト。
ようやく全快かと思いきや、強烈な下痢に襲われる。トイレに何度も。
昼食。富士そば、春菊天そば。

昼から雨。

帰宅。

テレビ。「いいとも」テレフォンショッキング、FUJIWARA。昨日は大山英雄、明日はなかやまきんに君。ここに出られるランクって、こんなにゆるかったっけ?

日記、今日も更新せず。






Last updated  2006年05月25日 00時22分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年01月03日
カテゴリ:新聞
朝日新聞朝刊。「日本人と笑い」についての統計。
以下、「日本笑い学会」会長、井上宏の談。
「『好きな喜劇人』のベスト10に、上方芸人が7組も占めた。大阪の笑いといえば漫才ですが、これも『好きな笑い』の分野で最も高い支持を集めました。大阪を含めた『関西』の笑いが、東京を凌駕し全国区になっていることが、数字的にはっきりと立証されたわけです。」
上方芸人が多くランクインしたのは、単に票が割れないからではないか。つまり、関西の笑いは多様性に乏しい。
「大阪の笑いといえば漫才」はさほど間違ってはいないと思うが、2位以下の「映画や芝居」、「コント」、「落語」、「漫画やアニメ」のなかに、「『関西』の笑いが、東京を凌駕し」ているものがあるとは思えない。2位以下を足せば、もちろん1位を遥かに上回る。
井上宏氏、関西大名誉教授だそうだが、「日本笑い学会」ではなく「関西笑い学会」に縮小してはどうか。

日中、睡眠。
夜、家族で親戚宅。
テレビ。細木数子特番、ヒロミ出演場面のみ観る。きっかけは何であれ、B21スペシャルが動き出すのであれば大歓迎。

深夜0時、帰宅。
年末のテレビを。
◆「徹子の部屋」神田山陽。傑作「鼠小僧義賊の由来」を冒頭だけ。ダイナミズム、充分発散。
◆「ヒューマンD」荻野アンナ。知らなかったこと多数。
◆ドキュメンタリー「福祉番長」。良し悪しはともかく、とんでもなくエネルギーの要ることだとは思う。頭が下がる。

オンタイムでテレビ。たまたま点けたBS2でやってたUAのライブに魅き込まれ、ついつい最後まで観てしまう。






Last updated  2005年05月26日 01時21分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年10月02日
カテゴリ:新聞
休日。
朝5時、異常な寒気で目が覚める。震えが止まらない。頭痛、吐き気、ひどい。
その後、体温を計ったら38度8分。今日は何もせず、1日中安静。仕方なし。

朝日新聞朝刊。「声」欄に松尾貴史の投書が!
以下、全文引用。

 「変化する言葉 基準示す責任」 放送タレント 松尾貴史 (東京都新宿区 44歳)

 「『十』を『じゅっ』、子に教えバツ」(9月29日)の白井孝子さんのご意見に思うところがあり、筆をとりました。
 白井さんの疑問は分かりますが、やはりここでは先生もバツをつけざるを得ないと思います。ご自身が長年、疑いもなく「じゅっぴき」と発音されていたこと自体が間違いであるということではなく、それこそ生き物としての言葉の使われ方だったのでしょう。「じゅっ」にマルをつけてもらえることになると、人名の十返舎一九も「じゅっぺんしゃ」と読んでいいことになってしまいます。
 言葉が生き物のように変化してきたのは、顔と顔を合わせてやり取りしていた中から自然と流れが生まれたものです。一方、多くの人が「十戒」を「じゅっかい」と読んだり、「こだわる」という言葉を褒め言葉に使ったり、「檄を飛ばす」を「活を入れる」と同義であるかのように使ったりするのは、テレビの影響が強いと私は考えています。
ひとたびアナウンサーが言葉を間違えれば、多いときには3千万人以上がそれを耳にしてしまいます。言葉が乱れがちな今、学校の先生は日本語を少しでも正確に守っていく基準を指し示していく責務も持っているのではないかと思います。あとは、時代と言葉そのものに委ねるしかありません。






Last updated  2005年05月26日 01時20分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年07月10日
カテゴリ:新聞
休み。昼まで眠る。
部屋そうじ。まるで片付かない。

朝日新聞朝刊テレビ欄「試写室」。「康」とゆう記者は自分のことを書き過ぎだ。
・今日の朝刊「愛情イッポン!」。
「最近『アイドル』の顔が区別できなくなってきた。」
・7/8(木)「南くんの恋人」。
「学生の頃、劇団を主宰し、脚本を書き、演出もしていた。」
・7/6(火)「君が想い出になる前に」。
「最近涙腺が緩んできた。」
「妻に『泣いてる』とからかわれ、批評精神の欠如は記者として致命的だと思い、『泣いてなんかいない』と言い張ることも。」
・7/2(金)「謎を解け!まさかのミステリー」。
「ある夜、取材から家に戻ると、愛用の自転車が門扉の上に横倒しの状態で置かれていた。」
・6/27(日)「ニッポンを釣りたい!」。
「記者になって最初の赴任地は宮城だった。」
・6/26(土)「世界・ふしぎ発見!『ハリー・ポッターに会いたい!!』」。
「魔法を使えれば、どれほど楽しいだろう。」
「妻とけんかして言い過ぎたとき、その言葉を過去にさかのぼって消し去る――。」
過去の新聞を漁ればまだまだあるに違いない。
今、「康」から目が離せない。

テレビいろいろ。
◆「笑いの金メダル」。
三拍子、初登場金メダル。快挙。あっさりした掛け合いは東京漫才の本道でしょう。徹底した無表情とぎこちない動作が無機質な笑いを産んでいる。
ヒロシも決勝進出。最近のサンミュージック勢の活躍ぶりは目を見張るものがある。
東京ダイナマイトも初登場。2人のキャラの面白さは存分に出ていた。
◆「エンタの神様」。カンニング、ますます暴走。番組の色からハミ出すことで番組内ポジションを築けるのか見モノ。やはりサンミュージックの時代か。
はなわ。オリコン9位? 印税は浅草キッドに振り込まれるべき。
◆「オンエアバトル」。岡山大会で千鳥に声援が。「M-1」以外で初めて観たがなかなか饒舌な漫才で印象が変わった。
キャン×キャン、もっと評価されても良い。
りあるキッズ。紋切型のツッコミではなく普通の言葉で締めたのは上手い。
◆「南くんの恋人」初回。深田恭子、内田春菊の絵の質感に高橋由美子よりも近い。宮地真緒のヒールぶりが最高。
◆「ダウンタウンDX」。長井秀和、初登場。セクハラ癖を堂々と公表する非常識ぶりに爆笑。
◆「アサ秘ジャーナル」。松野頼三「白票を投じることでも参加」だと。それは考えてもみなかった。明日、どうしようか?






Last updated  2005年05月26日 01時19分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年04月19日
カテゴリ:新聞
バイト。
朝日夕刊。高橋源一郎の「人生相談」、人質に自己責任を問う論調を軽やかにひっくり返している。痛快。
投稿用、まじかるずの原稿、仕上げる。






Last updated  2005年05月26日 01時18分29秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.