2271071 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

全3件 (3件中 1-3件目)

1

動物園

2012年07月28日
XML
カテゴリ:動物園
午前中、睡眠。

今日はボリショイサーカスに行こうと思っていたんだけど、せわしないからやめにした。開演時刻が早いので、もう少し早起きしなければならなかった。早起きといったって、一般的にはまったく早くないわけだが。
しかし、それ以前に財布に金がぜんぜんない。

梱包作業。
1件、届け先が父親と同姓同名でどきっとする。

外出。

クロネコメール便、5点。

横浜。

ジョイナス。

新星堂。
「東京かわら版」、購入。

関内へ。

イセザキモール。

吉野家、焼味豚丼。
スタンプ、満点になる。

都橋から野毛坂。

野毛山動物園へ。

野毛山動物園2012夏・入口

ツイッターで、今日から「ナイトのげやま」が始まるとの情報を得て、なんの予定もなくなってしまったのでちょいと寄ってみようと思う。タダだし。
なんだかんだで、野毛山動物園には年に1回くらいは来てる気がするな。この日記をふり返ればわかることだが、めんどくさいので確認はしません。

野毛山動物園2012夏・夕涼みコンサート

到着したら、ちょうど「夕涼みコンサート」の真っ最中。
演奏は「Y校吹奏楽部OBバンド」。「Y校」といったって、名を伏せてあるわけじゃない。横浜で「Y校」といえば横浜商業高校だ。下は18歳から、上は55歳といったかな。クラシック、ポップスから、坂本冬美メドレーなんかもやった。音に反応してるのか、動物たちの鳴き声が激しく聞こえてくるところもあって、それもまたナイスアンサンブルだった。
小さい子どもを連れた家族が多く、子どもがそこらへんをうろうろしてるのがかわいらしくてなごむ。動物園の従業員のひとたちも、作業着のまま客席で演奏を聴いていた。
動物園に着くまでの坂道でだいぶ汗をかいたけど、心地好い風が吹いていて、演奏会が終わるころにはすっかり過ごしやすくなる。

いつもは17時閉園だけど、「ナイトのげやま」は20時半まで開いている。
どうせなら暗くなってから来たほうが面白かったんだろうが、予定を立てずに急に思い立ったことでもあるし、わざわざ時間をつぶしてから行くのもわずらわしい。だいたい、暗くなったら思うように写真が撮れない。
しかし、まだ明るいといっても、夕方のちょっと寂しい雰囲気の動物園は新鮮なもので、動物たちの見えかたもどことなく違ってくるものだ。

野毛山動物園2012夏・レッサーパンダ
野毛山動物園2012夏・コンドル
野毛山動物園2012夏・放し飼いの鳥
野毛山動物園2012夏・なかよし広場

どの檻の前にも飼育員によるていねいな掲示があって、そこにその動物に関するさまざまなインフォメーションが書かれている。少し前まではなかったものだ。いろいろ工夫をしようという動きになってきたのだろうか。本屋にとってのPOPみたいなもので、どれも手作り感があっていい。
ペンギンの赤ちゃんが5月に生まれたということをその掲示で知ったのだが、すでに成長していて、それを読むまでそうとはわからなかった。大きさは一緒だけど、模様がまだできてないということらしい。

野毛山動物園2012夏・ペンギン
野毛山動物園2012夏・ワラビー
野毛山動物園2012夏・コンドル舎

フタコブラクダのツガルさんを確認することも、野毛山にきたら必ずやらなければならないことだ。
しかし、今日のすがたには愕然としてしまった。36歳、ラクダとしては大変なご長寿。横たわるツガルさんは、からだじゅうの毛が抜け落ち、床ずれした皮膚があらわになって、じつに痛々しかった。とろーんとした目つきで、くちをもぞもぞとさせ、むき出しになった歯のすきまからよだれを垂らすばかり。なんだかすごく心配になってしまって、檻の前からしばらく動けなかった。
僕よりも先にひとりで見ているおばあさんがいて、しきりにツガルさんに話しかけていた。というより、僕がきたからツガルさんに話しかけ始めたので、半分くらいは僕に言ってたんだな。わかります、僕も同じ気持ちです、と言いたかったけど、なんだかうまく共有できなくて適当な返事になってしまった。申し訳ないです。
さて、そろそろ離れようかとしたとき、ぐったりしてるかのようだったツガルさんが、ゆっくりと首を持ち上げ、からだを起こした。すっかり弱ってるかのように見えていたので、これには驚いたし、うれしくなった。首を持ち上げると、それまでとろーんとしていた目は閉じてしまい、首はななめに、そのまま檻の柱にあたまをぶつけるんじゃないかというような中途半端な角度で止まっていたけど、首を起こす元気はまだあるんだというところで少し安心できた。
あとからやってきた若い家族連れが、お父さんのほうは毛が抜けてるすがたにやっぱり驚いていたが、お母さんのほうが「夏は毛が抜けるのよねー」とか言ってたので、そういうものかと思ってこれにも納得した。本当かどうかは知らないけれども。

野毛山動物園2012夏・ツガル1
野毛山動物園2012夏・ツガル2
野毛山動物園2012夏・ツガル3

野毛山動物園2012夏・キリン舎
野毛山動物園2012夏・ライオン夫妻

ライオンが交尾をしている場に遭遇したのだが、残念ながらシャッターチャンスは逃がす。
交尾は一瞬で、そのあと2匹は、互いの顔を甘噛みしあったりなんかしてから、あたまを寄せ合って横になった。

野毛山動物園2012夏・動物植込み

さあ、そろそろ動物園を出るか、というころに、ようやく薄暗くなってきた。
ライトアップされるものもあったりして、これからいい雰囲気というところなんだろうけど、それはまたの機会に。

野毛山動物園2012夏・外

成田山、寄り道。
10円でお参り。

モスバーガー。
雑務。

歩いて、横浜東口まで。

電車で熟睡。
ぜんぜん本が読み進められない。

帰宅。

ツイッターなど、橋下の件についてさらにいろいろな意見を目にする。
昨日はメディアやらの馬鹿な批判をいろいろ見つけたために橋下を少し擁護したくなったが、でも、ひどい部分はやっぱりひどい。
気になるのは議論の作法の問題だなということを、改めて自分で認識した。

メール処理など。

また、いろいろなことが滞りだしている。
最近は日記更新だけはきっちりやっているのだが、これ、どれほどの意味があるのかしら。

7月28日のツイログ






Last updated  2012年07月29日 13時52分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年10月13日
カテゴリ:動物園
朝、関内へ。

天気良し。

ハローワーク横浜
あいかわらずの大盛況。ここの手続きもすっかり慣れた。
今回は指定時間よりも前に到着。先月は2時間待たされたが、早めに来た甲斐あって、1時間待ちで済んだ。ちょっとの差で1時間余計に待たされてしまうのだから大変だ。
おかげで、ビジネスマンのランチタイムに巻き込まれるのは免れた。

中国食堂、豚角煮卵丼。

中国食堂2009年秋

放送ライブラリー
今日は思う存分観ようと思っていたのだが、着いてがっかり、休館日だって!
連休明けだということを考えてなかった。

象の鼻パーク
まだ時間が早いし、どうしようか。

象の鼻地区2009年秋
ドラゴンボート2009年秋

横浜税関
横浜三塔のひとつ、クイーンの塔。ここの1階に「クイーンのひろば」という入場無料の資料展示室がある。一部、好事家のあいだで話題のスポットでもあり、前から寄ってみたいと思っていたのでこの機会に。
横浜税関2009年秋
横浜税関入り口

入るといきなり、模造麻薬見本が。
ここでは、税関の役割のひとつである密輸の取り締まりについて、大きなスペースを割いている。
横浜税関麻薬見本

視聴覚室のような小部屋には、さまざまな薬物を紹介するパネルが立てかけられていた。
この部屋ではどんな講義が受けられるのだろうか。
横浜税関薬物パネル

床下には白い粉が山積み。
横浜税関白い粉

麻薬や銃器などがどのように隠されて密輸されるのか、その手口が展示によってわかる。
横浜税関アルミ缶

昔の税関はこんな感じ?
横浜税関マネキン

知的財産権を侵害する中国製のスクーター。
横浜税関スクーター

偽ブランド品コーナー。
横浜税関ブランド品

ワシントン条約に違反する動物たち。
横浜税関ワシントン条約
横浜税関象の足

正しいドナルドと、間違ってるドナルド。
横浜税関ドナルド

入り口にいるのは税関イメージキャラクターの「カスタム君」。
これは「まんま」の知的財産権を侵害してることにならないのかと、ちょっと心配になりました。
横浜税関カスタム君

あっという間に見終わってしまった。
まだ、12時。

馬車道。

誠文堂書店。
こんなところに古本屋があるなんて知らなかった。硬い内容の本が多い店だが、わりと好みの散らかり具合。
森卓也「映画この話したっけ」を1200円で購入。

伊勢佐木町。

ベローチェ。
読書。

伊集院光「のはなし」、読了。
2巻が出たばかりだが、ようやく1巻を読む。
そりゃあ面白いだろうとは思ってたけれども、並のエッセイストより全然上手いわ。ラジオのトークよりも抑制が効いていて、別の魅力がある。中島らも、景山民夫に連なる笑えるエッセイ集。


歩いて、日ノ出町へ。

野毛山動物園
ここも休園日かもしれないなぁと思ってダメモトで行ってみたら、こっちは開いていた。

前に来たのは2年前になるのかな。
入ってすぐのところに、以前にはなかった、シザーハンズのしわざと思しき動物型の植え込みが。
野毛山動物園植え込み

動物グッズを売るショップもできている。
一時期は哀しくなるほどさびれた雰囲気だったのに、だいぶ活気を取り戻しているようで、とても良い。
野毛山動物園ショップ

2年前からネーミングライツのスポンサーを募集する話もあるのだが、幸いなことに、未だ応募者は現れていないようだ。
まぁ、それが賢明だろう。野毛山動物園の名を変えるようなことがあったら、そんな会社は大顰蹙だよ。

野毛山動物園白い鳥

フタコブラクダのツガルさんに釘づけ。
老体のために何年も前から寝そべったまま動けなくなっていて、くちをもごもごさせているだけなのだが、もう、生きていてくれるだけでいい。
人間に直したら100歳ぐらいだそうだが、正しくは33歳だと。僕とほぼ同い年。
野毛山動物園ツガルさん

野毛山動物園キリン

いちばん人気があるのは、おそらく、レッサーパンダだろう。
ちょっと動くだけでいちいちギャラリーが盛りあがる。ちょこまか動きまわるのでなかなかいいショットを撮らせてくれないのだけれども。
野毛山動物園レッサーパンダ1
野毛山動物園レッサーパンダ2
野毛山動物園レッサーパンダ3

30分ほどで退出。
観たい動物だけを観て適当に帰るというのも、入場無料ゆえの余裕だ。

中央図書館、寄り道。
5階、人文科学。「花王名人劇場」10周年記念本、澤田隆治編「笑人間」上巻をぱらぱらと読む。ここへ寄ると必ずこれを読んでしまうのだが、1000ページを超える本が読み始めると止まらない。ページをめくるたびに発見があるといっても過言ではないくらいに面白い。
「上巻」しか置いてないのだが、そもそも「下巻」は出版されているのだろうか。

日の出町から京浜急行。

帰宅。

今日は、こんなにのんびり過ごしてていいのだろうかというくらい、のんびりしてしまった。

日記更新など。






Last updated  2009年10月21日 22時55分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年09月23日
カテゴリ:動物園
休日。
DVDレコーダーが気になり、早起きして、少しいじってから二度寝。
正午過ぎ、きちんと目覚める。

誕生日。
30歳。

二十がハタチなら、三十はイタチ。
それだというのに、僕はイタチについてなにを知っているというのか。
こんなことではいけない。

午後2時過ぎ、家を出る。
三ツ境から相鉄バスに乗車。

よこはま動物園ズーラシア
初めて来た。
家から30分程度で着いてしまう距離なのだが、ふらっと寄るような場所でもないし、今まで機会もなかった。
横浜市内でも、郊外になるとすっかり田舎。
相鉄バスに乗るのも初めてのような気がする。
バスの乗客は、僕以外の全員が途中下車。動物園に行くのは僕だけ。
すっかり乗り物酔いして到着。
バスで訪れるものこそ少数だが、祝日だけあって来場者大勢。みなさん、マイカーで御来場のようで。
客層は、9割が小さいお子さま連れの家族、1割がカップルといったところ。僕みたいにひとりで来ている男は、勘定に入れなくてもいいくらいの微々たるものでしょう。
どうか不審人物に思われませんように。

入園料600円のチケットを買い、園内へ。
まず、「アジアの熱帯林」というエリア。
ゾウ
入ってすぐにインドゾウ。つかみとしてはお見事だが、今日はゾウが観たいわけではない。お目当てはイタチだ。
トラやライオンなど、花形動物が目白押しだが、イタチ以外に興味はない。駆け足で観てゆく。
続く、「亜寒帯の森」。
今年、あの風太くんに便乗するかたちで人気を得たレッサーパンダ。まだまだ立つことを期待されている。マスコミ的にはとっくに過去のものだが、生で観ることの強さを改めて実感。
さぁ、このエリアでついに出た、ユーラシアカワウソ。ようやく、イタチ科の動物が登場。興奮も高まる。
ちびっ子たちを押し退け、柵の前までしゃしゃり出る。しかし、カワウソはどこに居るのやら。
飼育スペースがけっこう広く、長細く設けてある。人工の川のようなものもあって、出たり潜ったり。動きを追うのが大変。
しかも、好んで端のほうばかりに行ってしまう。サービス精神に乏しい。
泳いでいる姿を真上から、かろうじて撮影。これ以上の接近はできず。
カワウソ
ペンギンやホッキョクグマなど、このエリアは涼しげな動物が多い。今日みたいな暑い日には、観ていて爽快。
子供が振るタオルに興味を持つミナミアフリカオットセイ。
オットセイ
「オセアニアの高原」。カンガルーなど。
オージーヒル。レストランとショップが。オージーとは言うものの、扱ってるメニューはカレーライスやラーメンだったりして、インターチェンジのフードコート的なのががっかり。
空腹だったが、店内は家族連れでいっぱいだったので遠慮。
「中央アジアの高地」。キンシコウやロバ。
「日本の山里」。本日ふたつ目のイタチ科、ニホンアナグマ。
ちびっ子を押し退け、前へ。
ここは飼育スペースが狭い。うまい具合に近くに来たところをしっかり撮影。
アナグマ2匹
ハクビシンの前で、険悪なムードのカップルが話し合いを。
「アマゾンの密林」。オオアリクイとかメガネグマとか、密林にしては意外とぱっとしない動物ばかり。
しかも、ヤブイヌは本日お休みだと。でも、地味そうだからあまり残念な気はしない。
最後のエリア、「アフリカの熱帯雨林」。ズーラシアの目玉となっているオカピ。
オカピよりもむしろ、若いお母さんのほうを観てしまいます。
オカピ
「わんぱくの森」というアスレチック広場。ちびっ子たちが気が狂ったように遊んでいる。結局、動物よりも、こっちに時間を費やしちゃうというパターン。
それにしても今日は暑かった。すれ違うお父さんがたが、だいたい臭い。
退園ゲートへ。ゲート手前に、取れたての野菜を売るおじさんが。
こうゆうひとは、ゲートの外で無許可でやってそうなものだが、きちんと園内で商売をしているのが面白い。ズーラシア、意外とふところ深いかも。
残念ながら、かぼちゃは売ってませんでした。
退園。かなりハイピッチで回ったつもりだが、それでも1時間かかった。
アクアテラス。おみやげ売り場をチェック。イタチのぬいぐるみがあったら間違いなく買っていたところだが、幸か不幸か見当たらず。

食事をしたく思い、ズーラシアを離れ少し歩くが、これは失敗。
行けども行けども、飲食店なんかどこにもありゃしない。
あきらめて、上白根町というバス停からバスに乗る。

鶴ヶ峰。らんぷ亭、牛たまとじどん。

散髪。
いつもの床屋だが、珍しく女性の美容師さんにやってもらう。
かなりくたびれた状態で来てしまったのが、ちょっと恥ずかしくもあり。

帰宅。
DVDレコーダー、なかなか使いこなせず。
いちばんの難点は、今まで録りためたビデオテープをどうするかということだ。
DVDへの乗り換えは勇み足か。






Last updated  2005年09月25日 07時01分06秒
コメント(8) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.