425831 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ヨッシーのガーデニング日記

ペチュニア、サファニア

2019.3.24

△ペチュニア△

鉢の亜麻冬越ししたペチュニアです。
大鉢のまま冬越しします。

このスタイルが定着しました。
これだと軒先でよく
室内に取り込む必要がありません。

写真のとおり花芽が大きくなってきました。

4月下旬になったら挿し芽します。




2018.8.31

△ペチュニア△

家の前のペチュニアは、
小さな花ですが、いっぱい咲いて綺麗です。


△サファニア△

6月に挿し芽したものにも花が付きだしました。
少し大きめの鉢に植えていますが、
すぐいっぱいになるでしょう。

親株は茎が長く伸びだしたので短く切り戻しました。
しばらくは花なしです。


2018.7.26

△サファニア△

挿し芽したサファニアです。
鉢上げした2株です。
暑い夏に向かっていっぱい花をつけるでしょう。

左脇には松葉牡丹が自然に生えています。
この下は駐車場なのでコンクリートなのですが
ヒメツルソバがいっぱい這いまわって
コンクリートを隠して温度を下げています。

2018.8.17

△サファニア△

大分疲れてきたようです
先端にしか花芽がつかなくなりました。
これから切り詰めることが必要かな。


△ペチュニア△

上のサファニアえお挿し木したものは
こんな感じになりました。
結局3鉢増えました。

暑さが厳しいので元気な芽が出ませんが
涼しくなる秋には、一杯咲くと思います。



△ペチュニア△

ペチュニアはこんな感じで暴れています。
鉢からこぼれて垂れ下がっています。


2018.7.18

△サファニア△

我が家の10年物のサファニアが綺麗です。
ずーっと挿し芽で育てています。

こんなに病気にもならずに長いこと咲くんですね。
株はほとんど2年草のようです。
つまり1年目は挿し芽で大きくなって咲きます。
一冬越して大株になります。
そのあとは茎が枯れてきます。
このサイクルを繰り返しているようです。

冬は霜のかからないように軒下に入れます。
昨年は、寒さが厳しかったので1鉢しか残りませんでした。
普通は10鉢くらいで冬越しすると半分は残ります。



△ペチュニア△

ペチュニアも同じような感じですが
寒さには弱いようです。


2018.6.27

△サファニア△

2週間前に挿し芽したものです。
日の当たらないところに置いておいたら
ダンゴムシにとナメクジに食べられてしまいました。

日向に出してきました。
もう5~6本ほどしか残らなくなってしまいました。
40本くらい咲いたんですよ。残念です。

親株のサファニアは風にひっくり返されて
枝がちぎれました。
また挿してあげようと思います。
2018.5.1

△サファニア△

このサファニアは毎年冬越しをしています。
10年くらいは、春に挿し芽して育てています。
ですから購入しないで済んでいます。

特にこのサファニアは10鉢冬越しした内の残った2鉢の1鉢です。
昨年の冬は寒さが厳しかったせいもあるのですが冬越しが
難しかったのです。

もう1鉢は、葉がちじれて花もへんです。
ウイルス病にやられたのかもしれません。

健全な株をこれから挿し芽していきます。


2016.5.27
new_P5264070サファニア大.jpeg
△サファニア大輪△

毎年、サファニアは大鉢で作ります。
道路に飾っていますが、道を行く人が足を止め声を掛けてくれます。
冬は軒先に取り込みます。それを
春に挿し木して株の更新を行っています。
2年程度は元気が良いのですが、後は育ちが悪くなったり枯れたりします。
小さな次の鉢を作っておくことが大事だと思っています。

new_P5264069サファニア.jpeg
△サファニア中輪△

もっとも乾燥に強いようです。
根腐れをさせないために乾きやすい土を作っています。
朝、夕の水遣りは欠かせません。
それと花柄摘みも欠かせません。
とは言っても綺麗なのが一番です。

new_P5264072サファニアマックス.jpeg
△サファニアマックス△

これは昨年入手しました。挿し芽ができないようです。
挿し芽してみましたが、根が出てきません。
この品種は、自然にこんもりとなっていくようです。
春先の強風で、半分の枝が折れてしまいました。

2016.3.21
20160321120104サファニア.jpg
△大輪サファニア△

鉢のまま冬越ししたサファニアです。
通常、1年草扱いになっていると思いますが、
実は多年草で、この花はもう10年育てています。
サファニアでも大輪、中輪、小輪とあります。
株が大株に育ちやすい品種や
垂れ下がる品種などいろいろなようです。
これから剪定になります。
剪定すると枝数が増え一杯咲いてくれます。
その剪定した枝を使い、挿し芽を行います。
パーミキュライトに挿すと1ヶ月ほどで鉢上げできます。
購入すると高いですよね。
ですから私は、もっぱら挿し木です。
ただ珍しいものがあるとすぐ購入してしまいます。
今は、家の前がマラコイデスで一杯ですが、
春から夏はこのサファニアで一杯になります。
夏から秋はロベリア(夏スミレ)になります。

20160321120104サファニア小輪.jpg
△小輪サファニア△

少し暖かくなったので花を咲かせ始めました。
小輪形は花数が多くなります。
私はこのパープル色が大好きなので
この色のものを集めています。

2015.12.11
new_PB192416サファニア済.jpg
△サファニア△

サファニアが綺麗に咲いています。
この花が最後で霜よけのため車庫に取り入れ、短く切ります。
冬越しの準備です。
来年は、この株の新芽が伸びだす芽を4月に挿して増やし楽しんでいます。
今のサファニアは花の大きいものや小さいもの、ボール状に咲きそろうもの
などいろいろなものが販売されています。
毎年、毛色の違った種類を育ててみています。



2015.8.11

new_P8101654サファニア
△サファニア△

今年、4月に挿し芽したものです。
葛のつるを編み、そこへビニールを張り
自家製の鉢を作り、植え込みました。
50輪ほどの花が咲いています。
これからどんどん増えて行くと思います。

2015.5.8
P5081153.JPG


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.