836279 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はっとしてドゥ!!

-峠1-

「久しぶりに明日走ろうか?」

何気ない友達の電話が懐かしかった。

何時以来だろう、もう何年も一緒に走っていなかった気がする。

お互い結婚して家庭を持ったからだろう、無理と無茶な行動は

すっかり影を潜めてしまったからである。



「じゃあいつもの場所でいつもの時間でいいか?」

「オッケー。」


今まで何度となく一緒に走った場所。待ち合わせ時間も常に同じで

いまさら確認する必要も無かった。

明日の天気は予報では晴れ。今日は早めに寝るとするか・・

(まるで運動会前の子供みたいだ・・)

ソワソワしている自分がちょっとバカみたいで、でも初めて乗ったVTの

感動が蘇ってくる自分がいて、青春時代に遡っていくのだった。




「バリバリ伝説」そう・・モロに影響を受けた世代なのである。

グンのCB750Fに憧れ、ヒデヨシのカタナに憧れ・・・でも、限定解除は

とっても無理で・・みいのVTでもいいかな?なんて感じで手に入れたのだけれども

それでもすっかり夢中になっていたあの頃。

(明日はうまく走れるかな・・)

そう思っているうちに眠ってしまっていた。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.