841614 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はっとしてドゥ!!

-峠2-

nc302.jpg



目が覚めた。

時計を見ると3時20分だった。

こういうときは不思議なもので、目覚ましをセットした時刻よりも

必ず先に目覚めるのである。

(随分と便利な体内時計だな・・)

妙に納得している自分がおかしかった。

妻と子供を起こさないようにそっと戸をあけシャワーを浴びた。

昔から走るときの自分なりの儀式。

そうしてから準備していたウェアを着込む。

久しぶりのバンクセンサー付きパンツを履く。

20代とはいかないが、昔のパンツを履けた自分の体型にそれなりに満足。

ボロボロで沢山の傷がある、体を守ってきた大切なズボン。

ジャケットを着て、ブーツを履く、ヘルメットとグローブを持って車庫にいった

時代は変わって、あの時のVT(MC-08)はもう無いけれど、代わりに今はコイツが相棒




VFR400R(NC-30)


何故だろう。自分はV型が好きなのだ。

少数派だろうが独特なエンジン音と構成が好きなのかもしれない。

知人から譲り受け、3年ちょっと。9千km程走った仲だ。

最近ようやく乗れてきたかな?って思えるようになってきたところだった。

時刻は4時。



コイツのTSRマフラーは結構うるさいので、いつものように道路まで押していく。

ヘルメットを被るとき、東の空が薄っすらと明るくなってきていた。

「さあて、相棒。いきますか?」

近所迷惑かな?なんて思いながらも走り出す。

友達が待っている場所へ。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.