836461 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はっとしてドゥ!!

PR

Profile


ドゥパパ

Freepage List

Category

Favorite Blog

ふたりぐらし [ 桜木… New! じらーるぺるごーさん

秋風の ever_free05さん

もっさん強いやん! ろとすけさん

毛一族の逆襲 りむ☆りむさん
gsx1400のブログ gsx1400さん
翡焔のまったり日記 翡翠0428さん
よら’s atelier よら0597さん
パチスロ・ロード ~… sai8senさん

全8件 (8件中 1-8件目)

1

山登り

2012年02月19日
XML
カテゴリ:山登り
今さっきまでいってQ見てたけど、イモトってすげーわ。

一昨年、富山の雄山登ってきたけど2500m超えると酸素薄くなるのはっきりと

わかるもんね。

それを5000mとか6000mとかまでいくとどんだけになるか想像に難くないっす。

勿論カメラマンやディレクターも大変なんでしょうけど、みんな同じ状況だよね


ドキュメンタリー番組として素直に見れた番組でした。






イモトは一体どこまでいくのだろう。



イモトに代わるキャラないからこれから数年間は安泰だね。


頑張れイモト。






それ以外のテレビは興味なしww          乙。






Last updated  2012年02月19日 21時15分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年07月19日
カテゴリ:山登り
変換 ~ IMG_0537.jpg

さあ、ここまでは雪あり、雲中ありとか色々あったけど、それでも基本的に

石畳が引いてある遊歩道を歩いてきたのだが、ここからが本番










変換 ~ IMG_0538.jpg





まっじ岩ばっかりの登山でございやすw








ここまでで2700m。残りわずか300mなんですが、本当に厳しい道となる

マラソンで左ひざを壊してびっこ引いてる俺としては「本当にいけるのか?」状態

なんだな。



それでもカロリーメイト食べて一服したらレッツゴーでございます。

ちなみに、ここで20分ほど休憩しておりました。

疲れたから?足が痛かったから?

いやいや、そんなのもあったけど、何よりも2700mまで登ってきたらさすがに








酸素薄いんですw




微妙に頭痛があって、なんだかボーっとしてるんですよ。

なので、体が少し低酸素に慣れるまでここで休んでいたのだ。












変換 ~ IMG_0540.jpg

10分くらい登って振り返ると、そこはもう小さい建物になっている。

マジ傾斜きついし、目の前ばっかり見て登っていると、その後いけない道だったりして

また迂回して登ったり・・・ホント初心者ってこれだから嫌だよねいww



こんなところ・・・・・・・













変換 ~ IMG_0541.jpg






こんなシューズで来る奴なんかいやしないってwwww



パネッすw






それでも中間までは登って来ただろうか。頂上は雲の中でまったく見えない。

しかも、だんだんと雨脚は強くなっていき、手袋もしていない両手は冷えてくる






変換 ~ IMG_0542.jpg

傾斜がきついな~って思った場所で写真を撮ってみるとこんな感じでしたw

45度くらいあるか?こ・・これが・・・登山というものか!!

多分・・・二度と登らないとおもうぞw



それでも、室堂出発してから約2時間。








変換 ~ IMG_0554.jpg



ようやく鳥居が見えてきました^^



そして、この鳥居をくぐって、境内で500円納めたらいよいよ頂上に参拝です。







変換 ~ IMG_0555.jpg

これが日本で一番高いところにある神社でございます。

まあ、小さいですけどね。よくこんなところまで建設資材持ち込んで建てたものだと

関心してしまいます。


変換 ~ IMG_0560.jpg

この横にはこのとおり、標高刻んだ石碑が置いてあります。


ちなみにこの頂上からちょっと下を覗くと・・・・・






変換 ~ IMG_0556.jpg







断崖絶壁!!





風強くてあおられた日には・・・・・うひゃw





結局この日は天候が悪いので、厄払いはその下の建物内で行っていただきました





変換 ~ IMG_0561.jpg


ちゃんと立派な神棚がありまして、神主さんもちゃんといるんですよ~。

自分ひとりのために祈祷してもらっちゃった^^

何だかご利益ありそうです。ありがたや~~~。


ちなみに、ここにいる人たちは毎日登ってきているのか?そんなはずはないよね

多分何日かここで寝泊りして、交代でやっているのでしょう。

一緒に登ってきた人たちの中でとびきり大きな荷物背負っていた二人がいたけど

この境内の奥に荷物もって入っていったから、多分神社の人なんでしょうね。

ここと町までを往復する日々。。。。。。


考えただけでもゾッとする職業ですわ><








変換 ~ IMG_0563.jpg


現在地はここですよ~的な地図が壁に貼ってありました。

天気がよければ富士山まで見えるそうです。しかも雲海の上に立ったように!!


それは・・・一度見たかったな~。これは普段の行いが悪かったかな?

でも、土砂降りにならなかっただけでも良しとしないとね。

帰りは結構雨に当たりましたがなww

それでも、帰り道は地元の登山者女性3人組と話をしながら下りていったので












結構楽しかったよw


電話聞いて住所聞いてモゴモゴ・・・・

な~んて出来るわけが無いww被害妄想乙でござる。




もし、次に登る機会があるのならば、登山靴とステッキと手袋は必需品だと

認識した自分でした。









精神修行の1週間。         乙。






Last updated  2010年07月19日 11時57分33秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年07月18日
カテゴリ:山登り
さてさて、前回の続きです。









変換 ~ IMG_0513.jpg



山登り開始はこんな時間になった。一応曇りのまま穏やかな天候が続いている

勿論、ガスが掛かっていて雲がところどころ流れいていくので、自分は今

雲の中にいるんだと実感する空間におります。






変換 ~ IMG_0515.jpg

それでも、三大霊山の登山のメッカ。登山通路にはこんな綺麗な石畳が挽いてありまして

快適な登山が途中まで続いてくれます。

あくまで・・・・途中までなwwww









変換 ~ IMG_0516.jpg


色々他への遊歩道もございますが、あくまで雄山神社への参拝が目的なオイラは

一目散に雄山神社へ向かって歩いていきます。

さてさて、辛うじて雨が降っていないこの登山ですが、風は強く、雲の中を

歩いているんだという感覚が否応なしに襲ってきます。











変換 ~ IMG_0521.jpg



目の前が真っ白になったと思ったら、雲が抜けていきますw




ホント、こんな感じで雲の中に入ったと思ったら、全然目の前の視界がなくなって

少しずつ歩いていると、いきなり視界が復活します。

登山で行方不明になるとかの話はホント伊達じゃありませんがな。

しかも、7月の中旬でこんなに雪がございますw

にわか登山者のオイラがスニーカーで来るところじゃなかったですばいw









変換 ~ IMG_0522.jpg



それでも、こうやって、歩く道を作ってくれている職員の皆様もいるみたいで

あるく場所によっては快適な歩道が作成されていました。


まあ、そういってもほんの一部だけですがねw・・・・。









変換 ~ IMG_0520.jpg


道行く先は雪ばっかりwwところどころ雲が流れていって、綺麗な山間が顔を

覗かせます。道が分かるように竹の棒が道しるべとなって刺さっておりますね









変換 ~ IMG_0533.jpg

信仰の力でしょうか。ところどころにこういった物が置かれていて、登山者の安全と

安寧を陰で支えております。まあ、道しるべのひとつとしても役にたっているんでしょうが

こんだけの石を乗せていく人々っていったい・・・・決して宗教上













ご利益あるとは思えませんけどwww













変換 ~ IMG_0534.jpg


そうやって何とか頂上手前のロッジまで到着しました。

ここまで来て、ついに霧と雨が舞い降りてきた。

視界も10mくらいの超視界不良な状態。

勿論霧というより









雲の中なんですがねw
















お次は頂上へのラストアタック。        乙。






Last updated  2010年07月18日 20時44分24秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:山登り
さてさて、昨日の日記立山駅に着いたあとからの日記なんかを。





変換 ~ IMG_0495.jpg


立山駅からは一般車両の乗り入れは出来ないので、ここからはケーブルカーでの移動と

なります。こいつは昭和の黒部ダム建設当時から活躍している代物で

後ろには大きな荷車がついております。昔はここに建設資材とかも積んで運んでいたんだそうですよ。







変換 ~ IMG_0496.jpg

最大斜度29度とかの急な斜面を約7分間で終点の美女平まで登っていきます。

写真で取るとそうでもない感じがしますが、ホント急な斜面ですがな。

当時の人はよくこんなところにケーブルカー作ったもんですね。

感動しますわ。


変換 ~ IMG_0497.jpg


さあ、美女平に到着です。とりあえず、この時点での天候は曇り。

何とか雨に当たらずにいけそうですな。

ここからは高原バスに乗り換えて「室堂」まで50分程度かけて上っていきます。

素晴らしい自然と景色が広がっていきます。


変換 ~ IMG_0501.jpg

この時点での標高は977m。ここからさらにバスで1500mほど

登っていくんですね。

変換 ~ IMG_0502.jpg


バスに乗り始めてすぐこんな道が次々と続いていきます。

つづら折りのコーナーが連続ですわ~。

変換 ~ IMG_0507.jpg

立山アルペンルートの途中でこんな雪の壁が出てきます。

よく春先のニュースなんかで出てくる雪壁のコースですね。

最初は積雪5mとかあるそうです!

この7月に入ってもバス高さと同じくらいの3mほど残っていたのかな?

まあ、見た目は大分汚くなって来てますがねw

変換 ~ IMG_0509.jpg

さあ、そうやっているうちに最終駅の「室堂」に到着です。

ここからはいよいよ徒歩で登山となりますです。

さすがに外はガスや雲が掛かっていて、こりゃ雨具がないと厳しい状態。

急遽レインコートやズボンを購入して、準備を整えていきます。



変換 ~ IMG_0508.jpg

出発前の腹ごしらえ。

ここまで来るのに、朝食取ってから3時間程度経過している。

ここからさらに2時間くらい掛かるのでね。腹が減っては山が登れません。

そばとおにぎりほお張って、エネルギー補充完了。



変換 ~ IMG_0511.jpg

目指す山はこの「雄山」標高3000mの日本三大霊山のひとつでございます




変換 ~ IMG_0510.jpg


現在地はこんなところ~。ってこの写真じゃよく分からないなw

ここで標高が約2400mほどなので、ここからさらに600mほど登っていくんです




変換 ~ IMG_0512.jpg

外に出るとこんな大きな石が。。。。

さ~って頑張って登りますか^^










字数制限にて続きは次回。          乙。






Last updated  2010年07月18日 13時19分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年07月17日
カテゴリ:山登り
月曜日に家を飛び出してから無事に帰宅しました。

忙しい日々でしたが、それなりに充実週間^^

UP出来なかった写真なんかを交えて、富山の立山連峰を登った記事を書いていって

見ようと思っています。

しか~し、一日にUPできるファイル容量が500KBとか楽天ブログ。

一日に10枚しかUPできなかったりするのに今気づいたww

まあ、改めて山に登った15日の出来事から書いていきますか。









変換 ~ IMG_0489.jpg


富山に夜間到着したときの記事の続き7/14日記の翌日になるんですが、

ネカフェで日記書いた後、その場で仮眠とって、翌日7時くらいから行動開始。

富山IC近くの国道沿いを撮影した写真でございます。

この梅雨時期とおかしな雷雨が入り乱れてるこの数日にしては割と穏やかな天気

こいつは何とか雨に当たらずに登山出来そうだな~って思って、早速行動開始

すぐ近くの「松屋」で朝食をしようと移動しました。


注文したのは「朝定食」なっとう食べたくてねw

そんで、食べていると時間が時間だったので、次から次へとお客さんが訪れる

すると店員さんが一言。





店員「すいません。ただいま返金いたしますのでお待ちください」







ん・・・・?何があった・・・?って思っていたら・・・









店員「ごはん切らしていて、炊き上がるまで30分ほどかかるので
待てない方は返金いたします~」















いやいや・・・・・












ありえないだろうwww










俺が店に入った時間は07:30.すでに朝定の時間としてはかきいれ時だろうがw

こ・・・これが・・・・・




富山セオリーなのかw


お客も「米ないんならしょうがないな~」なんて言いながら別のお店に移動

してたしw

そんなもんで納得できる富山市民って素敵だw

食べながらそんなことってあるのか?なんて思いながら、朝の食事を終了。


早速、本日の立山連峰へ移動していきます。


変換 ~ IMG_0490.jpg


目指す立山連峰の天気はというと・・・ご覧のとおり





山が見えません



それでも、中腹までは見えているから、何とか山登りは出来るだろうと

そのまま進んでいくのであった。



変換 ~ IMG_0492.jpg


立山アルペンルートは通常一般車両は進入出来ないので、この立山駅で車を止めて

ここからケーブルカーやバスに乗り換えて移動していきます。

ここは駐車無料でして、1000台は止めれるんじゃないかな?

第一第二第三と沢山の駐車場がありました。

それほど最盛期には登山客が多くいらっしゃるのでしょうね~。



変換 ~ IMG_0494.jpg

ケーブルカーと高原バスの往復券を購入して、喫煙所で時間待ちしていたら

屋根裏にツバメの巣を発見^^

ツバメは人が住んでいる比較的暖かい空気がある場所が好きなので

こういった人が行き来する場所に巣を作るんでしょうね~。

写真を撮った時間にはツバメ見れませんでしたが・・。


すでに、自然が多い立山に来たという実感がわいて来ました。


そして、いよいよケーブルカーに乗って・・・・・






あ・・・・






この続きはまた明日にて。。。







時間が無くなったでござるの巻。         乙。






Last updated  2010年07月17日 19時02分01秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年07月16日
カテゴリ:山登り
ホテルを出て、雄山神社に向かう前に現在ネットカフェで更新中w

iPhoneだと書き込み面倒なのと、写真をサイズ加工してUP出来ないのでね。

ラッキーだったのはここが高速ICの近くなので、移動が割りと楽なところかな。

これ書いたら雄山神社に行って、その後は練馬ICまでひとっ走りですわ。


変換 ~ IMG_0578.jpg

さてさて、折角富山まで来たので、ホテルからほど近い富山城をちょっとだけ見学。

今は大規模修理しているようで、あまり景観は良くなかったですががががww





変換 ~ IMG_0574.jpg

お城の裏にはこのような銅像がございます。勿論越中前田藩の前田さんでございます






変換 ~ IMG_0575.jpg


ここにウンチク書いてありますが、要はこの人が「ハナ○ソ丸めて萬金胆」の人なんだね?

越中といえば薬売り発祥の地。明治初期の北海道開拓の地でも、越中からの薬売り人が

たくさん来ていた文献がたくさんありますからね~。



変換 ~ IMG_0579.jpg



でも、京都に首都があった古くから栄えてきたこの北陸地方は北海道とは比べ物にならないほど


おおくの歴史がございます。


北海道なんてせいぜい江戸末期の函館松前藩くらいからの150年ほどしか無いからね~。

北陸は遣唐使や遣隋使の時代、奈良時代からすでにたくさんの文献資料が残る地域。


そりゃ・・1300年以上の歴史があれば雲泥の差ですわ。



人の心と歴史に触れながら、ゆっくり移動していきますか。


いつまでも、ここで







日記書いている訳にはいかんのでなw







移動するぜww            乙。






Last updated  2010年07月16日 10時23分24秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年07月15日
カテゴリ:山登り
立山連峰の登山。無事終了いたしました。


まあ、その日記は自宅に帰宅してから書くとして、昨日は富山市に一泊いたしました。


この宿泊したところが「ホテル雪見荘」ってところなんですが、実は10数年前にしばらくここに寝泊りしていた時期がございまして

ここの女将さんやオヤジさんに久しぶりに会ってみようと思いましてね。

こっそりネットで宿泊予約して、いざご到着~。


もう、覚えてないかな・・・なんて思いながらフロントで挨拶した瞬間。


女将さん「以前ここに来たことありますよね?○○さんですよね?」





うれしかったな~^^






正直覚えていなくてもしょうがないくらいの時間が流れているはずなのに

一目見て言われましたもん。

そんなんで一風呂浴びて、登山の汗を流したら、夕食タイムです



変換 ~ IMG_0567.jpg



ん~。ビジネスホテルとは思えないボリュームです^^

やはり海がある富山。海の幸は北海道に負けず劣らず素敵ですな。

正直、昔ここで寝泊りしていたときは晩御飯なんて一度も食べたことがなかった。

帰宅はいつも9時10時だったりしてたんでね。なので、ここでの夕食はとても楽しいものと

なりました。

夕食をいただいた後は、ヒザの痛みと疲れから速効寝てしまいました。


翌日、朝食を予約していないと思っていた俺はフロントに会計済ませようと下りていったら

女将さん「あれ?○○さんちゃんと朝食ついてるから食べていき~な。」

なんて言ってくれるので、頂いてしまいました。

ホント、朝食付けていなかったはずなんだけどな・・・・・。



変換 ~ IMG_0568.jpg


そんなんで、多分自分が朝食最後なんでしょうね。一人ゆっくり女将さんやオヤジさんと

話をしながら頂きました。


ホント、月日が流れるのは早いもので、ちょっと前の話をしているようでも

そこには10年以上の歳月が過ぎていました。

でも、人の温かさは変わらないものでして、とっても素敵な時間をすごさせていただきました

最後は駐車場まで一緒に来ていただいて。。。

変換 ~ IMG_0569.jpg





嫌がる女将さんを激写してきましたww






でも、ホントありがとうございました。

昨日飲んだビール代も何も払っていませんがwwwww


女将さん「昨日ビール飲んでらしたん?折角来て頂いたからいらんわ~」

なんて言ってくださるので、思わず甘えてしまいますたw




なかなか来る機会がない、越中富山ですが、一度出来た人の縁というのはいいものです。


また、機会があれば是非。



さて、雄山神社行って今日中に東京です。



いってきます。              乙。






Last updated  2010年07月16日 10時09分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年07月14日
カテゴリ:山登り
昨日の日記はすいません。


iPhoneから書き込んでいたんだが、何かの拍子に「カテゴリーを追加する」に指が押ささった

んだな~。


その瞬間








消えましたww






バカスwww






なので、その後、もう一回書く気になれず、あんな日記でした。

まあ、消えたものはしょうがないw

そんなんで今日も元気にくだらない事書いていきます。


さてさて、月曜日の夜勤後から気合の強行で東京に到着。さすがに足も痛かったし、眠かったので

ホテルでゆっくりしてようと、隣接している居酒屋でご飯を食べていたんだが、そこに電話が

掛かってきて、本社の先輩から「今どこ?」なんて聞かれたもんだから「ホテルの下の居酒屋です」

な~んて答えたら「今からいきます!!」って・・・・

結局、閉店までご一緒して頂いて、さくっとモードからばっくりモードに早代わりwww

それでも、色々英気を養うことが出来たので、本日のお仕事も無事終了しました。

こんなアホな日記書いている変体オヤジですが、何故か講師とかも

やっておりまして、大体つきに1度東京に出張にきてたりしてますw

そんなんで、今回、折角東京まで来ているんだから、この機会に一度行ってみたかった

立山連峰の登山にいってみようと計画していたのを実行したのだ。

実は立山連峰の一つに「雄山」という3000m級の山があります。

この頂上になんと鳥居があって神社があるんですな。

そんで、この神社を作った初代こそが・・・










自分のご先祖だったりしますwww





あああ・・・これでもう、自分の苗字がばれたようなものなのですがww

WIKIで調べたらすぐ分かります。とっても有名な伝説も残っていますしね。

そもそも神社っていうものは天皇陛下のご先祖、つまり、天照大神を祭った伊勢神宮から広がって

いったのが殆どなんです。なので、当然神社の紋章は天皇家と同じ菊の紋が入っているわけなんですが

ここの神社は由来が由来なので、「違い鷹の羽」が神社の紋章となっております。

勿論、それが伝説から来てるのは間違いないんですがね~。



そういう訳で、今回その山に登るために東京から富山まで強行移動を行ったのであった。

6時に仕事が終わって、そのままレンタカーで富山まで出発です。

何たって、24時以降にICをくぐれば「深夜割引」が適用になりますからね~^^

通常だと8000円以上掛かる高速料金が4250円でいけるんだからお得でしょ?

だったら月曜日からのハードスケジュールの中でも疲れたなんて言ってられないww

皇居の近くから首都高使わず練馬ICまで走ってきて、その時点で20:30近かった。

都心部はホント走りづらいわ~。

でも、高速乗ったからにはもう時間も予測出来るし安心^^

変換 ~ IMG_0475.jpg


練馬から関越自動車道をひた走りますw

途中のPAで自分の体にガソリン補充のためカレーなんかをほおばり、後はひたすら走ります

変換 ~ IMG_0482.jpg


トイレとガソリン補充以外はノンストップ^^

ようやく上越と富山の境目まで走ってきた。


そんで、走り続けて420kmww



変換 ~ IMG_0488.jpg






富山に到着~^^



いや~北陸自動車道を走っていると昔を思い出しますねい。

昔はトラックドライバーばりにこの北陸走っていましたからね~

多分100回以上は新潟~金沢間を往復していると思われww

なので、途中土砂降りに遭ってもオービスが遭ってもぜんぜん平気なのだ。

そうやってスコールのような雨が降っている富山に到着して、現在








ネットカフェから日記書いてるお^0^






これ書いたらさっさと寝るぜwww



明日も7時起きで立山の麓まで行かなきゃならんのでなw




あ~した天気にな~あ~れ^^




明日は登山日記。             乙。






Last updated  2010年07月15日 01時46分27秒
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.