1017269 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SAVOキャンプ

PR

Profile


SAVO

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

CAMP HACK@ Re:プリン★デ★フレンチトースト(10/12) アウトドアメディア「CAMP HACK」のライタ…
SAVO@ ウッチーさん わざわざ返信ありがとうございます。 >…
ウッチー@ Re:ダッチオーブンの問題(完結編)(06/29) 親切な対応ありがとうございます。 スノピ…
SAVO@ ウッチーさん コメントありがとうございました。 しかし…
SAVO@ 牡蠣子さん こちらこそ、今年もよろしくお願いします…

Favorite Blog

ぜんていグループ「… ふぁみり〜キャンパーさん

2Fキッチン フット… carz.さん

☆ happy camp life… あんずっ子。さん
子育てママの Ha… ベリー・berryさん
輝く愛媛の『旬』情… 愛媛『旬』情報さん

Free Space

Rakuten Ranking

Rakuten Card

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

テーブル&チェア

2012.08.21
XML
カテゴリ:テーブル&チェア
 先日、私のキャンプ道具にユニセラが仲間入りして、IGTにビルトインするためのアタッチメントを自作する予定でしたが、あえなくユニセラが手に入らず…
 なんて、某氏に嫌味を言っているわけではないのですが(笑)

 その代わりに
  IGTスライドトップロングを自作 してみました。

 スライドトップの自作なんてネットで調べると沢山の方が実践されていて、珍しくもなんともないと思いますが、私なりに作ってみました。
 ちなみに右上の写真はハーフですが、折角自作なので廃盤のハーフでないロングフルサイズを作ることにしました。

1.金具作り
 スライドトップのポイントはやはり「金具」ですよね。この金具をどう作るかで散々悩みました。
 そして、私が練りに練った方法が、L字金具を切るだけのモノ。
自作IGTスライドトップロング
 こんな感じで、L字金具を切ります。切りやすいようにアルミのL字金具を購入しました。1個¥335です。
 それに、ネジを留めます。横から見るとこんな感じ。
自作IGTスライドトップロング2
 ここのネジの頭とL字金具の隙間が重要です。間が広すぎると金具が斜めになってしまうので、テーブルが水平になりません。かと言って締め付け過ぎるとスライド出来なくなります。極力水平にしたいので、勇気を持って狭めにセット!
 更に幅が変わらないようにネジ止め剤で固定しています。(この狭めの設定が、後で…)

 しかし、このネジだけで固定することになるので少し不安ですが、ステンレスのネジにしたので強度は大丈夫かな?
 試しにIGTにくっつけてみると、
自作IGTスライドトップロング3
 ピッタリとしていて上手く支えられそうです。これを6個作るだけです。

2.板作り
 板はピッタリの長さに切るだけ…って感じなのですが、木材は以前作った天板と同じ杉板にしようと思ったら、今回行ったホームセンターには売っていません。
 仕方がないので、安い木材(1枚¥520)をと思って見つけたのが「SPF加工材」(シナベニヤにはなんとなく使いたくない。)
 1×8の板で幅が180mmなので、幅はそのまま使うことにしました。長さを1096mmに合わせて切ればいいだけです。

 ただ、ちょっとだけ加工しました。金具が収まるように少し切って・・・
自作IGTスライドトップロング4
 さらに、ボルトが収まるように穴をあけておしまいです。
自作IGTスライドトップロング5
 ※厳密に言うと、角を丸めたり、ニスを塗ったりもしています。
  角を丸めるのは娘たちがやってくれましたよ!(写真が無いですが)

3.金具の取り付け
 次に金具と板をくっつけます。
 見づらい写真になってしまいましたが、こんな感じ。
自作IGTスライドトップロング6

 裏から見ると・・・
自作IGTスライドトップロング7

 今回は、フレームと高さを合わせるために、金具とテーブルの間に板を挟んで高さを調節しました。

4.ドッキング
 さていよいよ、IGTとのドッキングです。
 差し込もうとすると、「キーキー」と金属のこすれる音が!!そう、ネジがきつめ過ぎました。が、なんとかドッキング成功です。
 ほら、かなり水平でしょ。高さもピッタリ。
 自作IGTスライドトップロング8

 上から見るとこんな感じで、隙間も殆どありません。
自作IGTスライドトップロング9
 私にしては、上出来かな?
 いつの日か、娘たちが体重かけてしまって、バリってことになりそうな気もしますが・・・
 あっ!全体像の写真を撮り忘れました。

 まぁ、という訳で構想半年以上、制作はちょっとずつ作って3日間で出来ました。
 材料費は、金具¥335×6個+板¥520×2枚で¥3,050(しかもこの日は更に割引)。その他ネジやニス代もかかっていますが、スライドトップロングハーフ1枚よりも安く出来たのでOKかな。

 ですが、私のIGTは、基本的にキッチンテーブルなので、スライドトップは不要なんですよね。実際に使われるのはいつになるか分かりません。完全に自己満足のための工作って感じです。使用レポートは待っていても当分ありません(笑)。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
読んだよのクリックをお願いします
blogram投票ボタン
このブログを分析中です







Last updated  2012.08.22 02:35:00
コメント(6) | コメントを書く
2012.05.31
カテゴリ:テーブル&チェア
 以前の記事で、我が家のキャンプ用チェアは、スノーピークのFDチェアワイドとコールマンのスリムキャプテンチェアの両方があると書きました。
 折角2種類のキャンプ用チェアを持っているので、かなり今更感がありますが両者の比較を・・・

【正面から】
FDチェアワイドとスリムキャプテンチェア
 座面の高さもほとんど同じですね。写真だと若干FDの方が高いように見えますが、カタログスペックだとどちらも46cmです。座るとたわむので同じくらいになると思います。
 脚の接地面の横幅がFDの方が狭くて、スリムの方が安定感があるように見えますね。ただし、FDの方も椅子に座って横に倒そうとしても簡単には倒れないので充分です。

 決定的な違いは、スリムは座面と背もたれがつながっていること。FDは座面と背もたれが完全に分離しています。大人が座る分には、その違いも大した違いではないかも知れません。ただし、小さな子供が座る場合は、スリムの方が安全です。なにせ、うちの娘(当時3歳)は、FDに座って座面と背もたれの間から後ろに落ちたという実証があるからです。まぁ、怪我もせず笑っていましたが・・・(汗)。

【横から】
FDチェアワイドとスリムキャプテンチェア2
 座面の奥行はスリムキャプテンチェアの方が長いです。FDの座面(布)の奥行37cmです。
 設置スペース的にはFDの方が脚が曲がっている分長いですね。
 それから、背もたれがスリムは完全に垂直なのに対して、FDは若干傾斜がついてます。見た目の傾斜は微々たる物のようですが、この傾斜が意外とゆったりもたれてくつろげます。
 ただし、スリムの方は座面の奥行が長いので、かなり浅く座るとリクライニングチェアに座っているような感じで座ることができます。

【準備・片付けの容易さ】
 圧倒的にFDの方が楽です。スリムの収束式は広げるのにもコツが要りますし、収束するときは座面が挟まったりして上手くコンパクトにできなかったりするので、意外と時間がかかります。
 なので、簡単設置、簡単収納を重視するなら断然FDがお勧めです。

【堅牢性】
 スリムは、以前の記事にも書いたように、プラスチックの部品があるため、その部分が壊れることがあります。FDはアルミと亜鉛で作られていてプラスチックの部品は見当たらないため丈夫だと思います。

【おまけ】
 私は元々、FDを購入したキッカケは、キャンプで使っていた(元家庭用の)幼児用のイスが壊れたためです。ですが、キャンプ用のキッズチェアを買うのは、使用頻度を考えた場合にもったいないと思っていました。
 それで、結局FDを購入したので、当時3歳の娘にはこんな↓感じで座らせていました。
 椅子に載っているのは、お姉ちゃんが車で使っている「ジュニアシート」です。
子供用スリムキャプテンチェア
 決して座り心地がよさそうではありませんでしたが、高さ的にはちょうど良くて、元々お姉ちゃんが車で必要な物なので、余計な荷物は増えません!そしてもちろん大人になるまで使えます(笑)。

【おわりに】
 で、結局どっちがいいの?って聞かれると・・・
  収納スペースで判断して下さい!

 ガクッ!!って感じかもしれませんが、収束式と折りたたみ式とでは必要となる収納スペースの形が違ってきます。我が家的には収束式4つでも、折りたたみ式4つでも結構苦しい感じで、2つずつがいい感じで収まってます。なので、自分の車載スペースと他の荷物との兼ね合いで、よい方を選んで下さい。

 なお、スペースもお金も余裕のある方は、この2つのどちらかで選ぶとすれば、やはりFDがいいです。丈夫だし、片付ける時に楽です。しかし、小さなお子さんが座る可能性がある場合には、スリムの方が安心ですよ。


 ってことで、チェア選びに悩んでいる方の参考には、あまりならないような記事になってしまいました。


にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
読んだよのクリックをお願いします
blogram投票ボタン
このブログを分析中です







Last updated  2012.06.05 02:40:42
コメント(2) | コメントを書く
2012.02.22
カテゴリ:テーブル&チェア
 前回、今年手に入れたいアウトドア用品の「地べたテーブル」を作ってみました。と、さも上手に出来たように書いてしまいましたが、実はそうでもないんです。

 それは・・・
自作の地べたテーブル

 この写真の通り、穴がまっすぐ空いていないので、脚が曲がってついてしまいました(涙)。
 いつもなら、ハンドドリルで真っ直ぐかな?とゆっくり確認しながら穴を開けるのですが、電動ドライバドリルでさくさく穴が開くのがうれしくて、つい。気がついたら斜めの穴がぽっかり空いていました。
 穴を開け直そうかとも思ったのですが、まぁ、使えるからいいか。と、時々いい加減になってしまう私です。

カロリナスナックテーブル それで、本当はテーブルの脚の間に(何て言うのか忘れてしまいましたが)こんな→棒をつけようと思っていたのですが、脚が斜めになってしまったのでつけるのは無理そうなのでやめました。

 元々のBE-PALの記事でもこの部分はなかったのですが、これは私のように脚が真っ直ぐ付けられない人がいるから、難易度を下げるためにそうしてるのでしょうか?

 まぁ、それでも出来映えに満足していた私ですが、妻が出来上がりを見て一言

 「ん? すのこ?」

 かなり、ショックでした。ショック
 天板に隙間が空いていることが理由らしいのですが、お手本がそうなってたんだもの!!
 確かに、ロールアップするわけでもないのに、隙間が空いている必要は無い気がしますが、バイヤーのテーブルだって、上の写真のカロリナスナックテーブルだって、隙間が空いているし、そのほうが味がある気がしたんだけどなぁ。
 同じ天板の面積だと軽く出来るという利点もあるかな。

 軽く出来るといえば、お手本では重さが「790g」と書いてありましたが、私のは材料が一回り細かったりする分、さらに軽くなり「664g」でした。これはかなり軽いでしょう!その分強度が心配なのですが・・・

 それに、軽くても脚が折りたためるだけで、あまりコンパクトにはならないんですよね。
 今回作ってみて、なんだかロールアップテーブルも出来そうな気がしたので、次はミニロールアップテーブルに挑戦したくなりました。(いつになるか分かりませんが・・・)


にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
読んだよのクリックをお願いします
blogram投票ボタン
このブログを分析中です







Last updated  2012.02.24 00:11:17
コメント(2) | コメントを書く
2012.02.19
カテゴリ:テーブル&チェア
 今年手に入れたいアウトドア用品の中で、

 地べたテーブルが作りたい

と書いていましたが、早速自作してみました。
 まずは、いきなり完成写真。こんな感じです。
地べたテーブルの自作
 これまた、今年手に入れたいアウトドア用品?第10位の電動ドライバドリルを購入し、活用しています。これで、いきなり今年手に入れたいアウトドア用品の第8位と第10位をGetです。

 作り方は、BE-PALの2010年10月号に載っているので、ここで書くと著作権の問題とかあるといけないので、控えさせて頂きます。
 普段の私なら、テキスト通りには作らず、自分の好きな大きさにしたり、カスタマイズしたりするのですが、今回は何となく失敗しそうな気がしたので、作り方に忠実に従って見ることにしました。

 しかし、材料を買いに行った時点で、いきなり躓きました。テキストでは、

 枠組みとなる角材は20mm×20mm、
 天板の厚みは6mm

となっていたのですが、似た大きさの材料は

 角材は、18mm×18mm
 天板の厚みは、5mm

のモノしか無くて、なんか強度に不安を抱きつつ、もう少し大きい材料はかなり大きかったので、この材料で作ることにしました。
 それなのに、ボルトやネジはテキストと同じ大きさのものを買ってしまったので、これまた問題がありました・・・

 材料費は、木材が約2,300円、ボルトやネジが500円ちょっと。総額3,000円弱です。

 カットした材料はこちら。
地べたテーブルの材料

 この後の、作成途中の写真はありません。作るのに夢中でした(汗)。
 しかも、使い慣れない電動ドライバドリルでネジを締めたら、ネジ山を舐めてしまいました。
 とりあえず、2度とネジを外すことも無いだろうと、そのままにしましたが、
 次からは慎重にやらなければ・・・

 ちなにみ、舐めたネジを回す道具はいろいろと発売されています。
 私も今後のために、買っておいたほうがいいかなぁ・・・

なめたネジはずしビットセット ANH-065

なめたネジはずしビットセット ANH-065
価格:1,838円(税込、送料別)

ネジすべり止め液 40

ネジすべり止め液 40
価格:326円(税込、送料別)


にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
読んだよのクリックをお願いします
blogram投票ボタン
このブログを分析中です







Last updated  2012.02.21 08:54:45
コメント(2) | コメントを書く
2012.02.03
カテゴリ:テーブル&チェア
 先日、今年手に入れたいアウトドア用品ってことで「小さいテーブルが欲しい」と書きましたが、購入するならスノーピークの「ソロテーブル“BAJA” 」かなぁ?と思っていましたが、他にもいいなぁと思うものが・・・

 「BYERのローテーブル」

 雑誌なんかに時々登場していて、なんだか魅力的です。
  サイズ:700×510×270mm
  重量 :2kg
 オートキャンプで家族4人で使うにはよさそうですが、ちょっと大きいですかねぇ。それに、このバイヤーのテーブルは現在販売されておりません。
 そこで、BYERテーブルによく似ているのが

 「Blue Ridge Chair Worksの
  カロリナスナックテーブル」


 こちらは、
  サイズ:710×530×270mm
  重量 :3.6kg
 と若干ですが、更に大きいです。折りたたみの脚には倒れないようにロック機構も付いています。使用している木材はタモ材です。BAJAもカッコいいですが、木製のものは温かみがあって、好きです。

 ただ、これらのテーブルは私が求めている大きさに比べるとちょっと大きいです。
 そんな中、もう一つ似たテーブルが

 「地べたテーブル」

 ちょっと古いですが、BE-PALの2010年10月号 長谷部雅一さんの記事で紹介されたものです。これは販売されているのではなくて、手作りしましょうって記事です。
地べたテーブル
 大きさは手作りなので自由に変えればいいのでしょうが、紹介されている寸法だと
  サイズ:460×330×150mm
  重量 :790g
 で、なんだか求めていた大きさのようです。
 最近、何かを手作りすることが楽しくなってきているので、このテーブルも欲しいと言うよりも、作ってみたいと思うようになりました。
 ってことで、作ったら報告します。

 長谷部雅一さんのブログ:ハセベ式 長谷部雅一の”なんでもない日々を旅にする”


にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
読んだよのクリックをお願いします
blogram投票ボタン
このブログを分析中です







Last updated  2012.02.04 10:24:45
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.01
カテゴリ:テーブル&チェア
 相変わらず、今年手に入れたいアウトドア用品の続きです。
 これまでのランキングは、

  第1位 ダッチオーブン(極薄鋳鉄)
  第2位 キッチンテーブル(IGT)
  第3位 ちいさいタープ(ペンタ/ポンタ)
  第4位 アウトドアなブーツ (Timberland )
  第5位 マグカップ
  第6位 アウトドアなナイフ (Opinel Knife)
  第7位 よく切れる包丁(手打ち和包丁三徳)

 でした。そして、第8位は・・・

 「小さいテーブル」

です。
 小さいテーブルと言えば、ユニフレームの「焚き火テーブル」が真っ先に思い浮かびます。しかし、焚き火テーブルも確かに欲しいのですが、私が第8位に挙げているのは、椅子に座っている時に使うテーブルではなくて、お座敷スタイルのテーブルです。
 キャンプ用に欲しいと言うよりも、ちょっと気が早いですが、お花見の時とか、娘の運動会の時など、レジャーシートの上でごはんを食べる時にちょっとしたテーブルがあると便利だなと思うことが結構あるので、そういったとき用に欲しいのです。

 と言う訳で、候補になるものとしては、まず、キャプテンスタッグの
 「アルミローテーブル(コンパクト)」
 これは、幅400×奥行290×高さ120mmと手頃な大きさで、何と言っても値段が安いですね。重量も700gと軽いですが、耐荷重は30kgとかなりしっかりしています。
 ただ、コストパフォーマンス重視で、なんとなく愛着が持てない気がします。
 
 そこで、やっぱりスノーピークの
 「ソロテーブル“BAJA” 」
 結局、スノーピークですか!と言われそうですが、こちらは値段も高いですが、なんとなくカッコいい!
 大きさは、幅400×奥行300×高さ100mmとキャプテンスタッグのローテーブルと似たような大きさです。重さは890gとちょっと重い。
 スノーピークと言えば、今年の新商品として、
 「オゼン」
と言うモノも発売されていますね。
 ただ、こちらは大きさが幅297×奥行210×高さ85mmと更に小さいので、ちょっと私が使おうとしている用途には小さすぎる気がします。重量は330gとむちゃくちゃ軽いですが。
 

 と、ここまで書きながら、ネットで検索していたら、私が昨年書いたページがヒット!
 そのタイトルも「小さなテーブルが欲しい」
 こんな記事を書いていたことすら忘れていましたが、1年前から欲しかったのに、結局買っていなかったんですよね。
 しかも候補も同じで、全く同じ記事になっていますね。(笑)
 去年のほうが、表形式で比較しやすいし・・・
 という事で、タイトルをちょっと修正して「2012」を入れておきました。
 同じ記事を書いていて、情けなくなったので、今日はこれでおしまい。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
読んだよのクリックをお願いします
blogram投票ボタン
このブログを分析中です







Last updated  2012.02.02 01:05:23
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.27
カテゴリ:テーブル&チェア
 「今年手に入れたかったアウトドア用品」のいよいよ第2位の結果ですが・・・

 第2位は「チェア」でした。

 昨年までは、テーブルとイスが一体となったピクニックテーブルを使っていましたので、テーブルを手に入れたらイスも買わざるを得ません。それで、候補に挙げていたものは、スノーピークの「FDチェアワイド」とコールマンの「スリムキャプテンチェア」です。

 そして、今年の購入の結果は・・・じゃ~ん!

 ちょっと、ごちゃごちゃした写真ですが、
 そう。コールマンの「スリムキャプテンチェア」に軍配が!
 車載スペースを考えると、やはり収束タイプのほうが私の車の空きスペースにうまく積み込めそうだったので、こちらにしました。

 ですが、少し前の私のブログには、こんな写真を載せていました。

 あれっ、スノーピークのFDチェアワイドに変わってる?

 これはですねぇ、買い換えたわけではないんです。
 最初は、上の写真を見て頂く写っていると思いますが、コールマンのスリムキャプテンチェアを2脚購入して、子供には家にあった丸い折りたたみイスと家で以前使っていた壊れかけのベビーチェアを使っていたんです。

 しかし(その1)!
 上の娘に丸い折りたたみイスを使わせるつもりが、スリムキャプテンチェアを娘に奪われて私が折りたたみイスを使うことになってしまいました。それで、もう1脚購入することに決めました。そこで購入する時に車載スペースの空きを考慮すると今度は折りたたみタイプの方が積み込みやすいと思ったので、不揃いですがFDチェアワイドを購入しました。

 しかし(その2)!
 しばらく、上記の組み合わせで使っていましたが、今度はベビーチェアが完全に壊れちゃいました。それで、当時3歳の娘にはキッズ用のチェアを購入しようかとも思ったのですが、すぐに使えなくなるだろうと思いまして、またFD チェアワイドを購入しました。

 そんな経緯で、スリムキャプテンチェア×2脚+FDチェアワイド×2脚の組み合わせになっちゃいました。
 そういう訳で、今年購入したかったチェアは1年で二種類とも制覇する結果となってしまいました。この辺りから、キャンプ用品に関する金銭感覚がおかしくなってきたんですよねぇ。

 ん?第2位までの中途半端な状態で、今年のブログ更新は最終回になりそうです。
 これまでブログを読んでくださった皆さん、ありがとうございました。
 来年もブログを継続していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
読んだよのクリックをお願いします
blogram投票ボタン
このブログを分析中です







Last updated  2011.12.31 11:37:39
コメント(6) | コメントを書く
2011.12.26
カテゴリ:テーブル&チェア
 「今年手に入れたかったアウトドア用品」のいよいよベスト3の結果ですが・・・

 第3位は「テーブル」でした。

 スノーピークのワンアクションテーブルか、コールマンのイージーロール2ステージテーブルで迷っていましたが、ワンアクションテーブルを購入しました。しかも、ロングを!

 このテーブルの購入をキッカケに、車載用の棚を作ったりするなど、我が家のキャンプ用品の中心的な位置づけというか、こいつに振り回されているかんじになっています。
 かなりお気に入りのテーブルですが、難点は

 「でかい! 重たい!」 です。

 長さが、1215mmあって、重さも13kgです。車に載せるのもギリギリで車の内側には擦り傷ができてしまいました。そして、重いのでオートキャンプ場ではいいのですが、駐車場から離れたところに持っていくのは大変です。家の中に持って帰るのも大変なので、車載しっぱなしという燃費に悪いことをやっています。

 まぁ、見た目が綺麗に収納できている点には、満足しています。


 といいつつ、コールマンの ウッドロール2ステージテーブルもちょっと気になりました。
 何と言っても、5.3kgの重さはワンアクションテーブルロングの半分以下ですから・・・
 まぁ、買い換えたりはしませんけどね。こちらの木は「杉」を使っているようですね。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
読んだよのクリックをお願いします
blogram投票ボタン
このブログを分析中です







Last updated  2011.12.30 18:41:48
コメント(2) | コメントを書く
2011.09.29
カテゴリ:テーブル&チェア
 以前、「ワンアクションテーブル車載用の棚を作ったけれど、ホゾ組だと抜けてしまうので改造しました。」って記事を書きましたが、先日のキャンプでその成果が試されました。

 ・・・結果は、バッチリ!でした。スマイル
ワンアクションテーブル車載用棚
 こんな感じで、ピッタリ収まりましたし、移動中の揺れでもパッチン錠で留めた部分が外れることはありませんでした。
 上の写真は、もちろんすべての荷物を積載している状態ではないですよ。こんなスッキリとは収まりません。全部積んでいる状態だと、肝心の棚が見えなくなるもので・・・

 ところで、この棚はキャンプ場でも棚として使えるんですよってことも以前紹介しました。(9/23~24のキャンプ場の写真でもしっかり使っている所が見えていた筈です。)ですが、キャンプって棚がいくらあっても足りない気がします。
 私はベンチも物置として使っているのですが、それでもいつもモノを置くスペースが足りなくて積み重ねて置いてしまい、じゃまになることが多いんですよね。
 皆さんは、いろんなモノをどうやって置いていますか?地面に置いてるんですかねぇ?そもそも私の荷物が多すぎるのでは?って気もしますが・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
読んだよのクリックをお願いします
blogram投票ボタン
このブログを分析中です







Last updated  2011.10.04 02:15:17
コメント(6) | コメントを書く
2011.09.05
カテゴリ:テーブル&チェア
 先日、「ワンアクションテーブル車載用の棚を作ってみました」って記事を書いた中で、ほぞ組だけでは車の中で揺れて抜けてしまうって話をしました。
 ファミリーキャンパーさんから、金具を使うなどのアドバイスを頂いたのですが、割れてしまったりしそうで、なかなかいい方法が見つかりません。最初から金具を使うことを前提で設計していれば、いろいろとうまいやり方があったのでしょうが、一旦作ってからコレにあう金具っていうのが難しい・・・

 とりあえず、ホームセンターに行って、いろんな金具を見てみることにしました。そこで、装着することを想定しながら金具を見ていて見つけたのが・・・

 「パッチン錠」 です。

 掛け金とかラッチとか、いろいろと考えたのですが、ほぞの部分の抜き差しを可能にしたまま金具を取り付けることが難しく、諦めかけたときに、このパッチン錠なら取り付けられると感じました。

 そして、取り付ける前に、棚のすべての骨組みを取り外せる必要はないと考えまして、両端の部分はボンドでくっつけちゃいました。
 こんな↓感じです。
ワンアクションテーブルの棚改造
 今回の改造のために車から家の中まで持って帰ってくるときも、この状態に分解して持って帰ってきているので、ここまで分解できればそれほどじゃまではないでしょう。

 そして、パッチン錠は、ほぞ組をしている部分にそれぞれ、取り付けました。
ワンアクションテーブルの棚改造2
 一瞬、ネジ止めしたときにほぞの部分までネジで留まってしまったのではないかと焦りましたが、ビスの長さはホゾ穴の部分まで到達していなかったのでセーフです。(いろいろ考えながら決定したはずなのに、意外と考慮不足があって、ダメですね)
 本当は、横に渡す棒の下側に装着したかったのですが、そういう向きではパッチン錠が上手く留まらないので、やむなく外側に装着しました。(内側も考えましたが、肝心のワンアクションテーブルが入るスペースがきつくなってしまいますので)

 パッチン錠は、6箇所も取り付ける必要があるので、それなりの値段になりましたが、とりあえず装着してみた状態としては、ほぞ組がうまく奥まで入りますし、いいように感じます。
 あとは、実際に車に揺られたときにどうなっちゃうのかが心配ですが、それはまた試してみて報告させて頂きます。
 これでダメだったら折角の出費が・・・と思うとドキドキです。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
読んだよのクリックをお願いします
blogram投票ボタン
このブログを分析中です







Last updated  2011.09.07 01:52:26
コメント(2) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.