223116 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

窓辺でお茶を

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

フリーページ

May 9, 2010
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 NPT再検討会議が開催されたニューヨークにいらしたかたからの報告です。転送歓迎とのことですので、転載させていただきます。日付は5月6日です。
以下転載


先ほどNYから帰ってまいりました。
報道にもありますように日本からは2000人以上が参加し、
NY市民や各国から集まる観光客に核兵器廃絶を訴えてきました。

以下、私が体験した事実です。転送歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一部の報道でご存知の方もいると思いますが、私たちがNYに着いた
5月1日(核兵器のない世界のための国際行動デーの前日)の午後6
時頃、タイムズスクエアにて爆弾テロ(?)騒ぎがありました。

午後9時位まで一部の道路が閉鎖されたり、消防車がサイレンを鳴ら
して走り回るなど、 あたりは物々しい雰囲気に包まれていました。
午後10時位になると封鎖されるエリアが広がり、ついに、東京から、
また、愛知から 多くの日本からの代表団が宿泊する「パラマウントホ
テル」が封鎖エリアに入ってしまいました。

いろいろな情報がありましたが、「車両火災があり、テロの可能性も
あるので慎重に捜査している。」という情報が一番正しかったように
思います。封鎖されたゲートの前にはエリア内に宿泊している多くの
外国人で一時騒然となりました。英語ができない私にさえ、そのやり
取りは想像できます。母親がホテルにいると訴える若い女性に対し、
メガホンのサイレンで威嚇する若い警官、 松葉杖をついた男性までも
足止めされています。私もホテルで食べようと買ったピザとビールを
手にことの様子を眺めるしかありませんでした。気のせいか警官に緊
張感が感じられません。

夜中の12時を過ぎると疲れもピークに達し、ゲートを乗り越えよう
とする男性がいたようです。ホテルに帰れない多くの外国人(200
~300人)の目の前で警官に取り押さえられ、映画のシーンのよう
にパトロールカーに押し付けられ、けたたましいサイレンともにどこ
かへ連れていかれました。

日付が変わって午前1時30分頃、私服の大柄な白人男性から説明が
ありました。
「これから読み上げるホテルの方から順次ホテルへ帰ってよろしい。」
「○○ホテルの○○号室から○○号室の方」
パニックを防ぐために5人ずつ解放されました。そして、私は1時45
分ころ開放されましたがピザはすっかり硬くなりました。

問題はその翌日からです。
朝早く起きてテレビをつけると、ABC、NBC、FOXなどの主要
メディアが一斉にこのことを放送していました。しかも、2日の朝から
5日までほぼ毎日トップニュースです。タリバンの文字も見えます。
ただ、内容は対したことはありません。爆弾処理班が無人のロボット
のようなもので処理をする映像を繰り返し流しているだけです。

そんな中、2万5千人で盛り上がった「核兵器のない世界のための国
際行動デー」の様子は少しだけ報道されました。

・・・・・・みなさん、どう思われますか?偶然にしてはタイミング
がよすぎる事件だと思いませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  May 9, 2010 01:08:15 PM
コメント(4) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.