4528600 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

毎日を記念日に。

全246件 (246件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 25 >

Go!Go!!世界!!

2010.11.19
XML
ペトラ遺跡後編。



遺跡巡りは、ここからが本番。

急な階段を上ります。





かなりハードです。




振り返った景色。




わー、すごい!!



















坂道を1時間ほど上り、

ようやく最後の目的地、「エド・ディル」 に到着。




こちらも、「エル・ハズネ」 同様、

崖を削って作られています。







さらに上にビューポイントがあるらしく、

そこを目指します。






おおー。

すごい眺め!!














時間はまだ10時半。


ランチにはちょっと早いけど、ランチにしましょー!

ここで食べようと思って持ってきたんです。




サンドイッチ。

朝食の材料でコッソリ作っちゃいました。






キュウリとトマトと卵とチーズ。

ありきたりのサンドイッチだけど、この自然の中で食べると最高!









もう一つ、別のビューポイントへ。









遺跡が一望できます。




こうやって見ると、ホントに岩の中にあるのがよく分かりますね。








休憩したら、岩山を下ります。















帰りはちょっと道を変え、脇道ルート。


壁画が見られる、小さな博物館がありました。











立派な遺跡がたくさん。















どの遺跡も本当にすごかったです。


ただ、強風と砂埃で、誇りまみれです。。

しかも帰りは向かい風。

相当疲れました。



2時40分ごろ、入場ゲートに帰ってきたので、

7時間も遺跡にいたって事ですね。

すごい。






シャトルバスで宿に戻ってきて休憩&シャワー。

スッキリサッパリ。


そして、今日も豪華な夕食タイム。







メニューは昨日と全く一緒でした。

それでも、全然問題ありません!


今日は、料理の写真をしっかり撮ってみました。








こうやって見ると、似たような料理が多いですよね。





そしてモリモリ食べる。




張り切って取り過ぎちゃいました。

さらに、おかわり行きましたけどw


やっぱりナスが超美味です。

はー満腹!






さて。

ヨルダンも今日で最後。


明日はエジプトを目指します!!








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.20 04:11:27
コメント(12) | コメントを書く


テーマ:海外旅行(5478)
今日は、予定通りペトラ遺跡へ。


遺跡は朝の6時から入れるそうですが、

宿の無料送迎バスが、7時と8時出発だったので、

7時のバスで行ってきました。


6時半から朝ごはん。




中東の朝食は、なんかたいてい似てますね。

ヨーグルトが付いていたのは嬉しかったです。







さぁ、いざペトラ遺跡へ。

宿からは2キロほど距離があります。


チケットセンターへ向かう途中、お土産屋さんがあります。

インディーの看板なんて、ミーハーな冒険者心をクスグルわ。









チケット売り場





ペトラ遺跡の入場料は、50JD。

日本円に換算すると、なんと6000円!!


6千円ですよ、6千円。

恐ろしい入場料です。







入場ゲートへ




入場料の割には簡素な造り。







さっそく散策スタート。




遺跡はとても広く、歩くとかなり時間がかかります。

有料で馬車やロバに乗ることもできます。

でも、かなり高いそうです。







少し歩くと、ゴツゴツした岩の景色に変わってきます。







陽射しは強いものの、過ごしやすい温度です。

半袖でちょうど良いくらい。


ただ、風がものすごく強いです。

砂埃が上がって大変。







30分ほど歩くと、巨大な岩が現れます、

「シーク」 と呼ばれる、岩の細い裂け目を通ります。




迫力満点!

インディージョーンズのテーマが聞こえてきそう。













シークをどんどん進むと





岩の切れ目から





ついに





見えたーーー!!!













インディージョーンズの舞台になった場所。

「エル・ハズネ」


これ、デッカイ岩を削って彫りぬいてあるんですよ!

めちゃくちゃスゴイですよね。




前にはラクダがいて、有料で乗れます。










絵になる景色










さぁ、遺跡はまだ始まったばかり。

さらに進みます。














ローマ円形劇場











砂地の所が多く、歩きづらいです。









柱廊通り













大寺院

















すごい!!

ここまででも、十分広いペトラ遺跡。



しかーし。

まだまだここから。


坂道をドンドコ上ります。



続く!!








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪






Last updated  2010.11.20 01:53:43
コメント(2) | コメントを書く
2010.11.18
今日はペトラ遺跡へやってきました。

アンマンからペトラまでは、車で約3時間。


ルアイさんにタクシーを手配してもらったら、

乗り合いで一人10JD(約1200円)で済みました。

ルアイさん、本当にありがとう!!



ドライバーさんは、なんとマンスールホテルのオーナー、アリさん。

ルアイさんとはソリが合わず、ケンカばかりだそうですが、、、^^;



彼がアリさん。




運転しながら歌を口ずさむ、陽気なオッチャンでした。







途中、バナナ屋さんに寄りました。






1本の幹に、バナナの実がたくさん成ってるんです!

この状態で売られているの、初めて見ました。







路肩にある休憩所




コーヒーやお菓子を買ってくれました。

ありがとー!!


カセットテープ、たくさん売ってましたよ。









まっすぐな道を、ガンガン飛ばします。












2時間半ほど走ったところで、

「ショーバック城」 に寄ってくれました。


道の先に見えるのが、ショーバック城。







渓谷に囲まれたお城です。

下には小さな町が広がっています。




素敵な眺め~♪






お城の下の方、四角い入り口が見えますか?




                      ↑ ここ



これ、城内から繋がっている、秘密の抜け穴なんですって!

お城からずーっと繋がっているなんてスゴイですよね。





お城の中の見学は無料です。







この穴をずーっと下りていくと、

先ほどの外の出口に出られるそうです。















所々、壁にアラビア語が刻まれています。







・・・・私です(*^m^*)

ダブルピース決めてます!





地層がすごかったです。





見ごたえたっぷりなお城でした。







ここまで来たら、ペトラまであと少し。

奥のデッカイ岩が、ペトラ遺跡です。











車は、宿まで送り届けてくれました。

荷物が最高に重いので助かりました!


ペトラでの宿はコチラ。

『Valentine Inn』







ペトラは観光地だけあり、物価が高いです。

ドミトリー1泊(朝食込み)で8JD(約1000円)。

Wifi無料です。

夕食のディナービュッフェは5JD。

評判が良さそうなので、一緒に申し込みました。



宿のすぐ外にはテラスがあります。






ここに横たわれば、アラブの王様になった気分ですw




部屋はとても綺麗でしたよ。






スタッフさんもフレンドリーです。

お茶を入れてくれました。










時刻は12時半。

ペトラ遺跡はとても広く、今からだと日没までに全部回れないかもしれない、、、

という事で、ペトラ遺跡は明日行く事に。


ペトラの町を散策。

とても小さな町です。








パン屋さん見つけました!















驚いたのはコレ!!




焼けたホブス(丸い平ペッタイパン) が、上から降ってくるんです!

上にホブス焼成マシーンがあるみたいで、

焼けたホブスがどんどん落ちてきます。


すごいシステム。


下にいる彼が、落ちてきたパンをどんどん袋に詰めていきます。







小さいゴマパンを1つと、クッキー、グリッシーニ風の焼き菓子を買いました。

全部で0.5JD。






ゴマパン。




これがまぁ、食べてビックリ。

水分が全く無いんです。

「パサパサ」 というレベルを通り越し、まるで 「乾パン」。


でも、これが意外と美味しいんです。

ゴマが香ばしく、小麦の甘さがしっかり感じられるの。


クッキーもグリッシーニも、どちらも美味でした。

アラブのパン。

不思議な魅力がありそうです。








そして、7時。

楽しみにしていた夕食タイム。


噂通り、すごく豪華でした!!










すごい品揃え!

野菜中心のメニューです。

ナス、トマトを使った料理が多かったかな。


しかも、ビュッフェ形式なんで、食べ放題なんですよ。



もちろんたっぷり取りました♪




もちろん、おかわり行きました!


たまに辛いのもありましたが、

全体的にとっても美味しかったです。

特にナスのグリルが最高でした☆



食べる場所が外なので、かなり寒いのが難点です。

風がビュービュー。

砂漠の夜は冷えるのです。







そして、夕食後はインディージョーンズの鑑賞会。

ペトラ遺跡は、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」 の舞台になった地なんです。




この映画、面白いですね。

インディーさんの不死身具合に笑えました。


明日、この場所に行けるかと思うと、

テンション上がります!




もしお時間ある方は、ぜひ明日までにご鑑賞下さいね!

そしたら、旅レポもより楽しんでいただけるかも ^^



という事で。

明日はペトラ遺跡へ行ってきまーす!!








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪








Last updated  2010.11.19 05:35:14
コメント(8) | コメントを書く
2010.11.17
テーマ:海外生活(7316)
王様の耳はロバの耳ーー!!!!!!




ここだけの話しですよ。

内緒です。


今回の旅、残すところあと10日。











ものすごく



ヨーロッパが恋しいです!!!






はー、スッキリ ヽ(´ー`)ノ



私、どうやら 「旅人」 というより、

「ただのヨーロッパ好き」 みたいです(笑)





というワケで。

きっと最初で最後になるであろう、中東一人旅。

残り10日、めいっぱい楽しんじゃおうと思います!!








今日はヨルダンに戻ってきました。

前にもお世話になった、ルアイさんのいるマンスールホテル。



朝7時に起き、7時半に宿を出る。

イブラヒムさんに会えなかったのは残念だったけど、

寄付金箱にお礼のメッセージと共に、感謝の気持ちを投函しました。









宿を出てしばらく歩くと、ラクダがいました。







この横顔アップ、志村けんみたいじゃないですか?(笑)










オリーブ山を下ります。






城壁の向こうが旧市街です。







ダマスカス門の近くにアラブバスターミナルがあるのですが、

そのさらに奥に、セルビス(乗り合いタクシー)専用乗り場があります。

ちょっと入り組んだ場所にあるので分かりづらいです。







アンマンとの国境までは、34シュケル(約800円)。

大きな荷物がある場合は、追加料金が必要です。


セルビスは時刻表がありません。

人がある程度集まったら出発するシステム。


運よくすぐ人が集まり、8時20分ごろ出発。

約30分で国境に到着。


車のまま2ヶ所の検問を通過します。

すごい渋滞で、かなり時間がかかりました。





銃を構えている人がたくさんいて、物物しい雰囲気。





ようやく国境に着き、イスラエルの出国審査。

出国税は、なんと167.5シェケル。

約4000円もするんです!


出国税を払うのに並び、

パスポートコントロールで並び。


11時半ごろ、ようやくアンマンに入国。

質問等は無く、入出国自体はとてもスムーズでした。



そこから、タクシーをシェアして市内まで移動。


12時半、無事にマンスールホテルに戻ってきました。





ルアイさんが 「おかえりなさい」 と笑顔で迎えてくれます。

あーーーー、この安心感!!

めっちゃホッとします。


スペシャル登場、ルアイさん。




ホントに親切なんです。(日本人にだけ 笑)






シュワルマ(ケバブみたいなもの)を買ってきてくれました。




うぅぅ、、、、ありがとう(>△<)

朝から何も食べてなく、お腹ぺこぺこだったんです!






お肉たっぷりで、めっちゃ美味しい!

シリアのパルミラで食べたシュワルマとは大違いだわ。







ちょこっと休憩したら、町へお出かけ。

新市街の方へ行ってみました。












新市街の中心、レインボー通り。




まだまだ犠牲祭の祝日中なので、ほとんどの店が閉まっていました。

残念。。。。






アイスクリームのお店を見つけました。







「アラビアンアイスクリーム」 なるものがあったので、

それにしました。1JD(約120円)





ピスタチオとか、ナッツがゴロゴロ入ってます。

甘さもちょうどよく、すんごい美味しい!!








続いて旧市街へ。

旧市街はたくさんお店が開いていました。














↑ これ、サトウキビジュースのお店です。

その場で絞ってくれるんですよ。





アンマンも今日で最後なので、

死海グッズをたっぷりご購入。

ズッシリ重いけど、気合で背負わねば!!




夕方、同じ宿の皆さんと町へお散歩。

フルーツジュースを買いました。






目の前で果物をギューッと絞ってくれます。

紛れも無く果汁100%。



オレンジ&グレープフルーツにしました。




ビタミンC補給!!

サッパリしていて、めっちゃ美味しい。

これで1JD(120円)でした。







夜景、綺麗でしたよ。










で、今マンスールホテルのロビーにいます。

さっきまでロビーに日本人が10人以上いました。


皆でワイワイと情報交換。


世界一周している方がたくさんいて、

刺激たっぷり。


すごく楽しい時間でした。




住むところも全然違う人達。

それが、こうしてアンマンの宿で集う奇跡。


人との出会いって、本当に一期一会ですよね。




さて。

明日はペトラ遺跡へと参ります!!








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.18 03:24:28
コメント(6) | コメントを書く
2010.11.16
11月16日(火)

イスラム教の地域では、今日は祝日。

「犠牲祭」 という大きなお祭りなんですって。



祝日なので、あんなに賑わっていたダマスカス門の前は




ガラーン。





あんなに賑わっていた旧市街も






ガラーン。





ほとんどの店が閉まっていました。

祝日で学校もお休みらしく、

よそ行きの服を着た子供をたくさん見ました。
















旧市街でお買い物をする予定でしたが、

こうも店が閉まっていたら、どうしようもありません。


とりあえず、今日の宿へ向かってみる事に。



今から行く宿は、アンマンで会った旅仲間から、

とても素晴らしい所なのでぜひ!と薦められていたんです。



場所は、オリーブ山の上にあります。

ダマスカス門の近く、アラブバスステーションから75番のバスで行けます。

通常はバスで行くのが便利なのですが、

時間もあるし、荷物も軽いし。

歩いて行く事にしました。



旧市街のライオン門を抜けると、

目の前にはオリーブ山。







エッチラオッチラ上ります。




かなりハード。





20分ほど上ると、人通りのある場所に出ます。


そこで、人に 「イブラヒム ピース ハウス?」 と聞くと、

場所を教えてくれます。



小学校の横を通り






細い路地を抜け







ついに到着!!

『イブラヒム ピース ハウス』




すっごく分かりづらい場所にありました。



中に入ると、今までイブラヒムさんが活動されてきた

雑誌や写真が飾ってあります。






ここは、宿ではありません。

イブラヒムさんが 「ピースハウス」 として、

世界中の全ての人に開放し、世界中全ての人を歓迎して下さる 「家」 だそうです。


金額はドネーション(寄付)制で、目安として一泊40シュケル。

イブラヒムさんは、世界中で平和のための講演活動をされているんですって。


この話しを聞き、ぜひイブラヒムさんにお会いしたかったんです。


しかし、残念ながらイブラヒムさんは不在。

宿泊中の方が、色々と案内してくれました。




時刻はまだ12時。


ここでボンヤリしてても仕方ないので、

再び山を下りて、町へお散歩。



旧市街はほとんどのお店が閉まっていましたが、

新市街は通常通り開いているお店が多かったです。



ぶらぶらしていると、人の集まるお店を発見。






地元の定食屋さん風のお店。

今日のお昼はここに決まり!


店内もお客さんでイッパイです。






アラブ料理の 「HUMMUS(フンムス)」 をオーダー。




茹でたヒヨコマメに、ニンニクやゴマを加えてすり潰した料理です。

伝統的なアラブ料理。

パンとピクルス、サラダ(写真にありません)が付いて、20シュケル(約450円)。



パンをちぎり、ペーストをたっぷり付けて食べます。




なんか、、、、。

どことなく納豆を彷彿させるような、そんな香りがあります。


「美味しい」 というより、

「こういうものか」 という味でした(笑)


そうそう。

パンはちょっと分厚くてモチッとしてて、すごく美味でしたよ。

さすがイスラエル。






帰り道、こんな美味しそうなピザ屋さんも見かけました。









夕方、再びオリーブ山をエッチラオッチラ上り、

再びピースハウスに到着。


今度は、ちゃんとイブラヒムさんに会えました!!


笑顔で迎えて下さり、

「好きなだけ滞在していいよ」

「ここは君の家だからね」 と、熱く握手をしてくれました。


すごく温かい方だなーと思いました。

孫のイブラヒム君(同じ名前)も、とってもイイコです。



部屋に案内してもらいました。





なんとシングルルーム!

ダブルベッド!!


間違いなく、この旅一番の豪華部屋です。




そして部屋で休憩していると、

「ご飯ですよー」 の声。




なんと、手料理付きなんです。

豆を使った炊き込みご飯と、野菜たっぷりスープ。

どちらもめっちゃ美味しかった!!


「もっと食べていいよ」

「好きなだけ食べていいよ」 と、モリモリ勧めて下さいます。


本当に美味しかったので、

モリモリ頂いてしまいました。









本当に温かな家。

とっても素敵な 「ピースハウス」 。

訪問できて良かったです!




明日はいったん、アンマンへ戻ります。








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪






Last updated  2010.11.17 04:48:56
コメント(8) | コメントを書く
2010.11.15
というワケで。

今日は新市街の散策をしてきました!


パン屋さんに関しては特集記事(←笑) を書きましたので、

1つ前の日記を見てみて下さい♪




ダマスカス門の前の通りを、バスレーンに沿って歩いていくと

新市街に突入します。


まるでリゾート地みたいな、ヤシの木通りがありました。







新市街はとても都会的。

オシャレなカフェもたくさんあります。







歩行者天国があり、多くの人で賑わってました。







ユダヤ教の人が頭に乗せてる、小さい帽子。

店主さんみたいに、頭にチョコンと乗せてます。





お土産屋さんでもたくさん見かけました。






パッチンピンで留めてる人をよく見かけましたが、、、、、


階段左側の方。

どうやって頭に留めているのかしら。




ズリ落ちないのかしら。

気になります。







多くの人で賑わう、ファラフェル屋さんを見つけました。







このブログでも何度も登場している、

豆のコロッケ入りのサンドイッチ屋さんです。



正直、「ファラフェルはしばらくいいや」 という心理状態でしたが、

イスラエル式のファラフェルが気になったので、買ってみました。



だって、お土産屋さんで、こんなポストカード見つけたんですもん。




ファラフェルってイスラエル発祥なのかしら!?

とりあえず食べてみなくっちゃ!





中が空洞になっているポケットパンに、

豆のコロッケとたっぷりの野菜を詰めてくれます。






最後にフライドポテトを乗せて完成。





すごいボリュームです。


普通のお店はこれで終了なのですが、

このお店は、ななんと!!


こちらの野菜やソースを、無料で盛り放題!!






このお店、だから人気なんですね。



野菜はピクルスが多く、サンドするというより、

とりあえず袋に入れておき、ツマミで食べる感覚みたい。


で。


こんなんなりました~。




もうゴチャゴチャ(笑)



すごいボリュームなので、大口開けてガブリ。

口の周りにソースが付く付く。


周りのお客さん、老若男女、

口の周りを汚しながら、みんなガブリ付いてます。



中には、コロッケと野菜がたっぷり!




コロッケは全部で5コも入ってました。

さすがの私も1つで満腹!


チリがピリッと効いてて、めっちゃ美味しかったです。

1つ14シュケル(約300円)でした。







途中、市場を見つけたので寄ってみました。

すごく広い市場で、地元の人で賑わっていました。





色んな食品が売っていました。



フルーツ




野菜




スパイス





ドライフルーツ




ナッツ




クッキー




クッキーを買うユダヤ教徒の方



ユダヤ教徒の方は写真が嫌いらしく、

後ろ姿だけこっそり撮らせてもらいました。

横のモミアゲがホントすごいです。

独特のオーラがあります。








これ何だろう、、、と思ったら、ゴマ100%で作ったスイーツなんですって。

ちょっと味見させてもらいましたが、ゴマ濃厚ですごく美味!!

かなり甘いですけどね。


コーヒー入りとかココア入りとか、色んな種類がありました。






新市街の街歩き、すごく楽しかったです。







遠くに見える旧市街。








イスラエルは2泊の予定でしたが、

ちょっと予定を変更して3泊する事に。


全て寄付で経営しているという、素晴らしい宿があると聞いたのです。



明日はどんな出会いがあるのかな。

とても楽しみです ^^








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.16 04:22:32
コメント(12) | コメントを書く
今日は、新市街へ行ってきました。


新市街は、驚く程都会的。

オシャレなカフェやスイーツのお店があり、

まるでヨーロッパみたいです。




驚いた事に、エルサレムの新市街には、

可愛いパン屋さんやベーグル屋さんがたくさんありました。


まとめてレポしたいと思います。





『Holy Bagel』

2010-11-15 004



こちら、ベーグル専門店です。

チェーン店らしく、新市街の色んな所で見かけました。


種類は、プレーン、ポピーシード、ゴマ、オニオン、ニンニク、エブリシング等。

サンドイッチに合いそうな、シンプルなフレイバーばかりです。


こちらでは、ベーグルはサンドイッチにして食べるのが一般的らしく、

ベーグルを単品で購入したら、不思議そうな顔をされました。


日本みたに、ベーグルをそのまま食べる文化っていうのは、

世界的に見たらちょっと異質かもしれませんね。


さすが、模倣からオリジナルを作り出す天才、日本人!!




という事で、全粒粉生地のエブリシングを買ってみました。

1つ4.5シュケル(約100円)

2010-11-15 006

2010-11-15 007



生地は、ムチッと弾力があり、ほんのり甘味があります。

スパイスが効いてて美味しいわ~♪

ハードすぎずほど良い弾力で、確かにサンドイッチ向きですね!







ベーグル屋さん以外にも、

素敵なパン屋さんがたくさんありました。


こちらでは、ほとんどのパン屋さんの奥にカフェが併設されています。

ベーカリーカフェなんてオシャレだわ。


2010-11-15 011

2010-11-15 008

2010-11-15 009

2010-11-15 010



パン自体は、クロワッサンやデニッシュ系が多いです。

ほとんどのお店で、クッキーも一緒に売っていました。

きっと、甘いものが好きなんですね。







別のパン屋さん。

2010-11-15 030

2010-11-15 033

2010-11-15 032

2010-11-15 031



サンドイッチはすごく大きくてズッシリ。

ボリュームたっぷりで美味しそうでした。

値段は1つ20~24シュケル。

450円~550円ぐらいします。

さすがイスラエル。物価が高い!







街角のパン屋さん。

2010-11-15 064

2010-11-15 065


大型食事パン発見!

ちゃんとクープが開いてます。







市場の中にもパン屋さんがありました。

2010-11-15 039


食事パンもありますが、全体的に軽そうなイメージ。





そんな中。

本日、大ヒットのパン屋さんに出会いました!!


同じ市場の中。

オーラムンムンのパン達に。


2010-11-15 045

2010-11-15 044



光が反射しちゃって、綺麗に写真が撮れなかったのが残念ですが、

全部大型パンばかり。

どれもクープがバリッと開いていて、すごく良い表情をしています。


まさか、こんなオトコマエのパンに出会えるなんて!!

感動です。


小さめのパンを1つ買ってみました。

雑穀入りパン、6シュケル(約150円)

2010-11-15 059



持った感じもズッシリ重く、これは期待できそうです。


2010-11-15 061


クラストはバリッと薄く、クラムはしっとり。

水分は多くはないですが、モチモチしてます。

気泡もボコボコ開いてます。


雑穀の香ばしさと味わいがしっかり感じられ、すごく美味!

これでサンドイッチ作ったら最高だろうな~。





イスラエルで、こんな本格的なパンに会えるなんて!

隣りのシリアやヨルダンとは明らかに違うパン文化。


イスラエルのパンの歴史、ルーツ。

とても興味深いですね。

帰ったら調べてみようかな~。



やっぱり、旅にパンが加わると、「私の旅」 だなーって感じがします ^^








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.16 03:33:47
コメント(2) | コメントを書く
2010.11.14
テーマ:ベーグル(463)
朝の7時半に宿を出て、タクシーで国境へ。

宿に、同じくイスラエルへ行く人がいたので、乗り合いで行きました。

1人5JD(約600円)。



8時半に国境の 「キングフセイン橋」 に到着。







すごい人。

出国審査で停電が起こり、コンピューターがダウン。

足止め。

1時間半ほどかかり、ようやく出国審査完了。

出国税が8JD必要です。



専用のシャトルバスに乗って国境を越え、イスラエル側へ。

シャトルバスも有料(3JD)。




続いて、イスラエルの入国審査。

これはこれで、ものすごく大変でした。

入国審査ゲートに入るまでに1時間以上並び、

審査窓口でも1時間並び。


私の前の人が20分近く質問を受けていて、

最終的には別室へ連れていかれてました。


イスラエルの入国審査はとても厳しく、

日本人も別室へ連れていかれる事が多いそうです。

そうなると、3時間近く足止めされてしまうんですって。



いよいよ私の番。

ドキドキ。



イスラエルには何泊するのか

旅の目的は

帰りはどこから帰るのか

帰りの飛行機のチケットを見せろ


などなど。

私も10分くらい時間がかかりました。



しかし、別室へ連れていかれる事なく、無事に通過。

良かったー!

ホッとしました。





この時点で、時間は午後2時。

国境越えは、体力的にも精神的にも、かなり疲れます。



その後、ミニバスに乗って市内へ向かいます。

ミニバスは一人38シュケル(約800円)。

1シュケルが22円ぐらいです。



ダマスカス門の近くで降ろしてもらいました。

ダマスカス門の周りは商店街になっていて、すごい賑わい。













食べ物の屋台もイッパイありました。





今日の宿は、ダマスカス門の近く。

『PALM HOSTEL(パームホステル)』




日本人旅人の間で有名な安宿です。

ドミトリー1泊40シュケル(約900円)

朝食ナシ、Wifi無料。


あまり綺麗とは言えない宿ですが、

物価の高いイスラエルでこの価格は助かります。

ただ、チェックインの際、パスポートチェックも何もなく、

名前すら聞かれませんでした。

大丈夫なのかしら(笑)





荷物を置いたら、旧市街へ。

ダマスカス門へ続く道も、露店でビッシリ。







いざ、旧市街の中へ。






その前に。





ジャーン。

パン買っちゃいました。

1つ5シュケル(約110円)


このパン、以前イスラエルに来た友達に薦められていたんです。




パンを買うと、ハーブソルトの入った包みをくれます。




これをパンに付けて食べます。

新感覚ですよね。







大きなパンですが、すごく軽いです。

クラストは薄く、パリッパリ!

ゴマがトッピングされてて、とても香ばしいです。

クラムは水分は少なく軽い感じですが、

後味にほんのり甘味があります。


クラストのパリパリ感、良いわ~♪

とても軽いタイプなので、塩を付けて食べるとスナック菓子みたいです。

どんどん食べられちゃう。

新しいタイプのパンですね。







そしていざ、旧市街へ。

ダマスカス門をくぐると、長い長いスーク(ショッピングモール)に繋がっています。






衣類、日用品、民芸品、菓子店。

いろいろありました。


スパイスのお店、すごい品揃えでしたよ!







旧市街のスーク、かなり広いです。

東西に、南北に、ずーっと続いています。


スークを抜けて、市街地へ。




エルサレムでよく見かける、真っ黒なシルクハットにスーツ姿の男性。

彼らは、正統なユダヤ教の人々。

長いモミアゲの人もたくさんいました。




市街地に入ると、雰囲気がガラリと変わります。




石造りの壁と道。

人通りも少なく、ちょっと無機質な感じ。




それにしても、、、、。


無いですね。


アレが。



イスラエルだというのに、アレが。


パン好きには欠かせない食べ物。




ベーゴー!!(ベーグル)







ベーグルを見かけないんです。

スークの中にはパン屋さんも無い。


なんでなんで?



ふと地図を見てみると、

その片隅に 「ユダヤ人地区」 と書かれた場所を発見。

もともとベーグルはユダヤ生まれ。



もしや!?


とりあえず、ユダヤ人地区へ向かってみた。




すると!!










あったー!!!


この時の私のテンションと言ったらもう(笑)



バター+野菜のサンドイッチを作ってもらいました。

13シュケル(約220円)






近くのベンチで、さっそくいただきまーす☆

ベーグルは雑穀です。





モチッとムギュッと。

確かにベーグル。


美味しい、、、けど、なんだか日本のチェーン店のベーグルみたいな感じ。

ちょっと期待しすぎたかしら!?


でもでも!

本当にベーグル屋さんがあって、

こうしてイスラエルでベーグルを食べられて。

気持ち的には大満足!





ユダヤ人地区を抜け、「嘆きの壁」 へ。











嘆きの壁というのは、ユダヤ人の祈りの場。

多くの人々が祈りを捧げていました。





再び旧市街の中をブラブラしていると、

スーパーを発見。






小さなスーパーなのですが、

その一角に、立派なパンコーナーがありました。







クロワッサンやデニッシュ系もありました。


お店のオジチャンが、中のパン窯を見せてくれました。




なんと石窯!!

スーパーの中のパン屋さんなのに、ちゃんとお店で焼いてるなんて。

ちょっと感激。

イスラエルの人々は、パンに対してすごく意識が高いみたいですね。




クロワッサンと、うず巻きデニッシュを買いました。




2つで4シュケル(約90円)です。


クロワッサンは、しっとりしてて詰まってる感じ。

チョコがたっぷり。


うず巻きデニッシュも、生地はシットリ。

こっちはかなり甘かったです。


どちらとも、日本でも売っているような、親しみやすい味でした。

なんか嬉しいな。





さらに歩いていると、

ついに 「ベーカリー」 を見つけました!






パンはふっくら系が多いです。


今回の旅で、初めてちゃんとしたパン屋さんに出会えました。

イスラエルに来れて良かったー!!






宿へ戻る途中、十字架を掲げ、お祈りする人達に会いました。







宿に戻ったのは5時半過ぎ。

この日はとても疲れていたので、

そのまま朝までバタンキュー。

13時間くらい寝ました(笑)




明日は、新市街の方へ行ってきまーす☆








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.15 17:06:42
コメント(6) | コメントを書く
2010.11.13
今日は死海へ行ってきました!

中東と言えば、死海は外せませんものね。


死海というのは、水がどこにも流れ出ず、

太陽の熱で水分が蒸発して凝縮した湖の事。

塩分濃度が非常に高く、生物が住めないため 「死海」 と呼ばれているそうです。





死海はアンマンから車で1時間ほどの距離の場所にあり、

交通の便があまり良くないので、

数人でタクシーをチャーターして行くのが一般的なんですって。


宿で、ちょうど死海へ行くメンバーが4人集まったので、

皆でワイワイ行ってきました。





まずは朝ごはん。




タダで泊まらせてもらった上、

朝食までいただいちゃいました。

ルアイさん、良い人すぎてこっちがオロオロしてしまいます。


中東のパン・ホブスと、チーズと卵。

アラブ式のコーヒーもいただいちゃいました。




ちょっと早めに朝食をとり、

朝の8時に出発!


タクシーは、往復運賃+現地での待ち時間

全部込みで25JDが相場だそうです。

4人で行ったので、一人6JDの24JDにマケてもらいました。


1時間ほど車を走らせ、到着。








死海ビーチは場所によって値段が違うそうです。


地元の人が行くような無料ビーチから、(←セクハラの危険があるそうです)

ホテルが管轄している高級ビーチまで。


私達は、15JD(約2000円)のちょっと綺麗なビーチへ行きました。

というか、タクシーの運転手さんに連れて来られました。


プールも付いてましたよ。







水着に着替えてたら、ビーチへゴー!!








おおー。

みんな浮いてます。









ホントに浮きます!!

プカプカ浮きますー!!





すんごく楽しい。


日本で買った、カメラの防水ケースがとても役に立ちました。

しかし、あまりの塩分濃度で画面が白くなってしまい(塩がすぐ固まるんです)

後半、画像が白っぽくなっちゃってます。。。^^;






浜辺は、塩だらけです。







蚊に刺された所とかヒリヒリしてきます。

目に入ったら危険だそうです。

そのくらいの濃度。


ちょこっと舐めてみましたが、

塩辛いとうか、、、、苦い。

危険レベルです。






こんな塩の結晶も見せてもらいました。









しばらく海で浮かんで遊んだ後は、

泥パック!!




これ、有料でした。3JD(約360円)




うひゃー、真っ黒!





手足だけじゃなく、顔の隅々まで塗りたくります。

アンチエイジングー!!


顔を黒塗りすると、まるでどこかの部族の儀式みたいで笑えます。


そんな部族がアチコチに。






しばらくしたら泥が乾くので、

そしたらシャワーで洗い流して終了!


すべすべ、、、に、、、なったような。


結果よりも、泥塗ってワイワイキャッキャしてるのが楽しかったです。

泥遊びなんてすごく久しぶり。





そんなこんなで2時間半ほど遊び、

再びアンマンの宿まで送り届けてもらいました。




時刻はまだ午後1時。

町をぶらぶらお散歩する事に。












お土産屋さんがイッパイ。






死海グッズ、色々売ってましたよ。






公園でくつろぐ人々。






地元の人が集まるスークへ行きました。










バナナ、茎(?)が付いたまま売っていました。








ぶらぶら歩いていると、

地元の人で賑わうお店を発見!!






専用のオーブンで、薄いピザみたいな生地を焼いています。





美味しそう。

なんだろう。。。。


1枚頼んでみました。




1枚、0.75JD(約100円)

ヨーグルトとピクルスは、前の席のオジチャンがおごってくれました。






薄いサクサクの生地の中に、

お肉と香辛料、ハーブが入っています。


外側はカリカリで、中は肉汁を吸って、ちょっとフニャっと柔らかい。

この感じがタマリマセン!

肉はたぶんラムかな。

ちょっと独特の臭いがあります。

香辛料とハーブのシンプルな味で、すごく美味!!


安くて美味しい。

こういう下町グルメ、大好きです。

ごちそうさまでした~♪







さて。

明日はイスラエルへ移動します。


イスラエルは物価がすごく高いそうなのですが、

パンがめちゃくちゃ美味しいそうです。


あと、ベーグル発祥の地なんですって!



どんなパンに出会えるのかな。

どんな景色に出会えるのかな。


とっても楽しみです!!








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.14 06:18:22
コメント(14) | コメントを書く
私は今、ヨルダンの首都、アンマンにいます。

アンマンの 「Mansur(KODA) Hotel」 に泊まっています。


従業員のルアイさんは本当に親切な方で、

日本人には特に気を配って下さいます。



ここ、マンスールホテルは、

通称、「コーダホテル」 と呼ばれています。


コーダホテルの 「コーダ」 とは?





2004年に起きた事件を覚えていらっしゃいますでしょうか。


日本人観光客がイラクで拉致され、

アルカイダによって殺害された事件を。



その彼の名前は、香田証生さん。


彼は、アンマンからイラクへと渡ったのです。

そして、事件に巻き込まれてしまいました。



アンマンで宿泊していた宿こそが、

マンスールホテルの前身である、「クリフホテル」 でした。




当時、クリフホテルにはサーメルさんという、

とても親日家の従業員の方がいました。

利用者の皆から慕われていたそうです。



香田さんのイラク行きを説得しようと試みたものの、

「どうしてもイラクへ行きたい」 という香田さんの思いを止められず、

イラク行きのバスのチケットを手配したのが、サーメルさんだったそうです。



その結果、香田さんは帰らぬ人となってしまいました。

サーメルさんは、大きなショックと深い悲しみを抱かれたそうです。



そして、サーメルさんは誓ったそうです。

いつか自分のホテルを持つ日が来たら、

その名前に 「コーダ」 と入れようと。


絶対に、彼の事を、この事件の事を忘れない為に。





そして、クリフホテルを改装プロデュースした際に、

「マンスール(コーダ)ホテル」 という名を付けたそうです。


(現在、オーナーさんは別の方に変わられています)









私は、、、、

恥ずかしい話し、この事件の事はすっかり忘れてしまっていました。


この話しをトルコで友達に聞き、

ようやくその時の事件を思い出しました。



私は今、アンマンにいます。

そして6年前、彼も同じくアンマンに居たのです。



あの時、まるで遠い世界の話しに思えた出来事が、

やけにリアルに、そしてすぐ目の前の出来事のように感じます。



私は実際に自分の足で中東に来てみて、

今まで中東に対して抱いていたイメージが、誤りだった事に気付きました。


シリアもヨルダンも人々はとても明るく親切で、

危険な事は一つもありません。

(若干、セクハラはあるみたいですが、、)



しかし、少し足を延ばした先には、今でも情勢が不安定な国があるのも事実です。






この事件に関して、何か言いたいわけではありません。



ただ。

今、自分が生かされている事のありがたさ。

平和である事のありがたさ。

帰る場所がある事のありがたさ。


とても強く感じました。




そして

これからも忘れずにいたいです。








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪








Last updated  2010.11.14 05:26:23
コメント(0) | コメントを書く

全246件 (246件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 25 >

PR

Profile


さゆりm-_-m

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

時代の流れが・・ New! アルローラさん

西尾 とんかつステ… New! nkucchanさん

湘南ライフスタイル New! 湘南デリバリーさん


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.