4534967 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

毎日を記念日に。

全246件 (246件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 25 >

Go!Go!!世界!!

2010.11.07
XML
朝の5時に起床。

寒い!!


まだ真っ暗です。



今日は、カッパドキア名物、気球ツアーに申し込みました。

ちょうど夜明けのタイミングに、

気球に乗ってカッパドキアを上から眺めるツアーです。


ちょっと高いのですが、カッパドキアに来たら乗ろう!と決めていました。

宿で申し込んで、110ユーロ(13000円ぐらい)。

この価格は相当お値打ちです。

日本から申し込むと、150ユーロぐらいかかる場合もあります。

夏のハイシーズンは予約で混みあうみたいですが、

今の時期でしたら、前日の予約でも大丈夫なようです。



朝の5時20分。

宿まで車が迎えに来てくれ、バルーン乗り場へ。


そこには多くの人がいました。

無料のコーヒーやお菓子のサービスがあり、しばらく待ちます。



バルーンに空気が入れられ、徐々に膨らんでいきます。










バルーンが膨らんだら、20人ぐらいづつ乗り込みます。

バルーン会社によって、バルーンの色が異なります。

私は 「ANATOLIAN BALLOONS」 という会社です。

日本の旅行会社、「HIS」 のバルーンも1つありました。




バルーンに乗り込み、出発を待ちます。

火がゴーゴー燃え、空気を溜めています。







気球第一号が飛び立ちます。




行ってらっしゃーい!!





そしてついに、私達の乗った気球も空へ。





















































約1時間のフライトを終え、地上へと下りてきました。


私の乗った気球は、ドライバーさんがとても素晴らしく、

上がったり下がったり、色んな所へ連れて行ってくれました。

本当に素晴らしい景色でした。


皆さん。

カッパドキアへ来たら、気球ツアー絶対参加してみて下さい!!

ちょっと高いですが、お金払う価値はあると思います。

夢のような1時間でした。





地上では荷台付きの車が待っていて、

上手にバルーンを荷台に乗せます。









係りの人が空気を抜いています。







バルーンのお片づけが終わったら、

バルーンに乗ってたメンバーで、シャンパンパーティー。






同じ宿から参加した、韓国人の女の子ととても仲良くなり、

2人で乾杯♪








そして、しばらくまだ空に浮かぶ気球を眺めていました。








その後、車で宿まで送り届けてもらいました。


バルーンツアー、最高です!!!






宿に戻ると、時刻はまだ8時前。


さぁ、今日はこれから始まります!!







頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.08 16:17:17
コメント(16) | コメントを書く


2010.11.06
まだまだ続くよ、グリーンツアー。


続いて、車をブンブン飛ばし、

ウフララ渓谷へやって来ました。









全長12キロ、崖の高さは100メートルもあるそうです。

こちらの渓谷の中にも、多くの人々が住んでいて、

5000もの住居や教会などが残されているんですって。


とても長いウフララ渓谷。

その中の一部を、一時間ぐらいかけてハイキングをしました。



階段で渓谷の下へ。









昔の教会









川沿いの道を歩きます。
















住居穴がたくさん開いていまいた。

こんな所に本当に住んでいたんですね。




時刻は午後2時。

ここでようやくランチタイム!

ツアー料金にランチ代も含まれています。






川沿いのレストラン。

川に掛かった橋の上で食べる事ができます。




夏に来たら、すごく気持ちが良いでしょうね。






まずはパン。



すっかりおなじみ、エキメッキ~♪




豆のスープ



トロミがあって優しい味。

美味しかったです。




サラダ



レモンと塩でサッパリと。




シシケバブ




メイン料理は、4種類の中から選べました。

お肉がパサパサしていてイマイチのお味でした。

他の人の料理は美味しそうでしたよ。

チョイスを失敗したわ~、、。




食後のミカン



皮は緑ですが、甘くて美味しかったです。







このレストランにもネコちゃんがいました。




皆からエサをもらっているらしく、

トルコへ来て出会った猫の中で、一番ぷっくりしてました。









ランチ後、再び車に乗り込みます。

しばらく走ると、前方にニョキニョキ見えてきました!






スターウォーズの舞台にもなった、「セリメ」 に到着。








ガイドさんに続き、丘の上へと登ります。










まるで、どこか違う星にいるみたい。

地球っていうより、ナメック星って言われた方がシックリきますよね(笑)
















中の造りがすごく立派で驚きました。

こんな穴の中にこんな住居を造っちゃうなんて、すごい技術ですよね。





そして、ギョレメの方へ戻ります。

車で1時間ぐらいかかりました。


すっかり日の暮れた、午後5時半。

最後の目的地、「ピジョン・バレー」 に到着。


しかし、真っ暗で何も見えず。

誰も写真を撮ろうともせず。

それなのに、一人熱心にピジョンバレーについて説明するガイドさん。

・・・お仕事、お疲れ様です!



そして最後に、ツアーのお約束、高級なお土産屋さんに連れて行かれ、

18時15分、ツアー終了!!


あー楽しかった!





もちろんツアーも素晴らしかったですが、

それ以上に、とっても嬉しい出会いがありました。


この日参加したグリーンツアー、日本人は私を含めて4人。

同じ宿に泊まっている、私より少し年上のご夫婦と、

別の宿に宿泊している、一人旅中の女の子。



こちらのご夫婦が、本当に素敵だったんです!!


最初に訪れた、ギョレメ・パノラマでの事。


「二人で写真お撮りしますよ」 とカメラを向けたら、

2人とも満面の笑顔でダブルピース!


私、シビレました。


“今”をめいっぱい楽しんでらっしゃる事が、ビシバシ伝わってきたんです。

一気にファンになっちゃいました。



私、ダブルピースなんて、もう何年してないだろうなぁ。




いいじゃん。

年甲斐なくても。


いくつになっても、かっこよくダブルピースを決められるような。

そんな大人になりたい!

って、すごく思いました。



とりあえず、これから先の中東旅。

写真を撮る時は、必ずダブルピースをすると決めました!(笑)




皆さんも次に写真を撮る時、

ダブルピースを決めてみてはいかがですか。


きっと、めいっぱい楽しくなくちゃ、ダブルピースは決められない。

逆に言えば、ダブルピースが決められるほど、

日々をめいっぱい楽しく過ごしていきたいです。








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.08 04:31:40
コメント(6) | コメントを書く
2日目の夜行バス。

途中で何度か目が覚めながらも、なんとか寝る。


朝、ふと目が覚める。

時間は6時半。


窓の外に目をやると、この景色が飛び込んできた。








うわー、気球!!

カッパドキアだわ!!


テンション一気に上がりました。




そして、7時10分。

夜行バスは、無事にカッパドキア、ギョレメへ到着。


カッパドキアは超有名観光地なだけに、

強引な客引きがあると聞いていましたが、

オトガル(バスターミナル)はとても静かでした。










カッパドキアには、ネヴシェヒル、ギョレメ、ユルギュップなど色んな村がありますが、

岩ゴツゴツで観光雰囲気が味わいたいなら、

ギョレメ滞在がお勧めだそうです。


私もギョレメの宿を予約してありました。


宿はオトガルから少し距離があるみたいで、

「到着したら、電話をくれたら迎えに行く」 とのメールをいただいてました。


オトガルすぐ横にインフォメーションがあり、

宿を予約してあると伝えると、オジチャンが宿に電話をかけてくれました。

ありがたやー。

インフォメーションは朝の5時から開いているそうです。



しばらくすると、宿の車が迎えに来てくれました。


『Travellers Cave Pension』




洞窟の部屋に泊まれる宿です。

値段も安いですし、

とても評判が良かったので、この宿に決めました。




門をくぐると、デッカイ洞窟!




すごーい。

この中が宿になっています。



ドミトリー部屋




かなりゴチャゴチャしてますね(笑)

でも、洞窟感は味わえます!



ドミトリー1泊14リラ(約900円)

Wifi無料、朝食込み

日本人、韓国人が多く、オーナーさんもとても親切。



宿にもネコちゃんがたくさんいます。









時間はまだ7時半。

休憩するにも、まだ早くてベッドが空いてない。

さて、何をしましょう。


ブログを書きたかったのですが、

コンピュータートラブルでWifiが繋がらない。

さて、何をしましょう。



11月のトルコといえば、雨の日が多いと聞いていたのに、

この日も雲一つ無い快晴!!



という事で。


カッパドキアの日帰りツアーに参加する事にしました。


2日連続の夜行バスなんて、何のその。

私は元気モリモリです。

旅へ来ると、自分の体力に自分で驚かされます(笑)




カッパドキアは見所がすごく離れているため、

自力での観光はかなり難しく、ツアー参加が基本だそうです。


ツアーは、レッドツアーとグリーンツアーの2種類あります。


レッドツアーは近郊&博物館を巡るツアー

グリーンツアーは少し遠方まで足を伸ばします。


ツアーは当日参加でもOKで、宿からも申し込めます。



私はグリーンツアーに申し込みました。(70リラ 約4200円)







9時30分出発。

ワゴン車が宿まで迎えに来てくれます。

ワゴン車は2台に分かれていて、全員で30人ぐらいの参加者でした。



まず最初に、ギョレメ・パノラマへ。

ここからの眺め、最高!!




キノコ、ニョッキニョキです。

これぞ、思い描いていたカッパドキアの景色です!















さぁ、ここでご注目!


前にブログで、 「写真2枚合体必殺技」 を掲載したところ、

360度の視界も有りなのでは!?とのコメントをいただきまして、

それも面白そうだなーと思いました。


という事で。


360度とはいきませんが、

パノラマ景色を繋げてみたいと思います。


うまく繋がるかしら。

ドキドキ。


パソコンを横に倒してご覧下さいませ。








真ん中の3枚はいい感じでしたが、

両端がずいぶんズレちゃいました、、、^^;


この最終奥義を習得するには、まだまだ修行が必要のようです。


雰囲気だけでも味わっていただけたら嬉しいです。

とにかく、すごい絶景でした。





バスは続いて、デリンクユの地下都市へ。





こちら、世界遺産に登録されているそうです。

紀元前400年ごろから、約2万人もの人が暮らしていたんですって。



いざ地下都市へ!!





洞窟内には、細い通路がいっぱいありました。

天井の狭い階段を通り抜けたりして、楽しかったです。









所々、敵の侵入にそなえて、丸い大きな石が置いてあったり、

ワイナリーや厨房があったり、当時の人達の暮らしぶりがよく分かりました。

地下5階(ひょっとしたらもっと?)とかまであるんですって!






グリーンツアー、まだまだ続きます!!








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪






Last updated  2010.11.08 03:11:09
コメント(4) | コメントを書く
2010.11.05
石灰棚の後は、ヒエラポリス遺跡へ。

同じ敷地内にあります。


広大な敷地に、遺跡がゴロゴロ。





ヒエラポリス遺跡は、紀元前190年前に始まった都市の遺跡で、

この時代のものとしては最も内陸部にある遺跡だそうです。




一休みしてお菓子を食べていると、

ワンちゃんが寄ってきました。




お菓子を分けてあげ、一緒に休憩。

犬もとっても人懐っこいです。







パムッカレ温泉





温泉プールの底に本物の遺跡が沈んでいるそうです。

温泉に入るのにはお金が必要ですが、

施設に入って外から見るぶんには無料です。


カフェがあり、くつろげます。






ここにも可愛いネコちゃんファミリー










遺跡温泉





手前に浮かんでいる人が気になって仕方が無い。







広い敷地を歩きます。









円形劇場が見えてきました。

2010-11-05 039










この劇場、1万5千人も収容できるそうです。

すごく大きかったです!





マルティリウム(お墓)











まだまだ歩きます。





















北大浴場













気分はすっかりミステリーハンター。




「さて、ここでクエスチョンです。」 とか、一人呟いてみました。

寂しい子ではありません。






次第に陽が傾いてきました。








石灰棚+遺跡、のんびり見ても3時間ぐらいで十分。

しばらく時間を潰し、

石灰棚で美しい夕日を待ちました。














とっても綺麗な夕陽でした。




陽が落ちると急に寒くなります。

暗くなる前に急いで石灰棚を下り、パムッカレ村へ。


そして、デニズリ行きのミニバスに乗って、オトガル(バスターミナル)へ。







オトガルには、たくさんのバス会社が入っています。



バスの出発は夜の10時。

まだかなり時間があります。



そういえば、遺跡でお菓子を食べただけで、

今日はちゃんとしたご飯、食べてない事に気付きました。

お腹減った!


オトガルの中の飲食店で、ケバブを購入。

今回はビーフケバブ(3リラ 約180円)にしました。







トッピングが生野菜なのが嬉しいです。

私、ケバブにサンドするなら、グリル野菜よりも生野菜の方が好きだわ。

香草が入っていて、すごくサッパリ。

美味しかった~!




バスの待合所で時間を潰していると、日本人の女の子に会いました。

彼女も一人旅で、同じくカッパドキアへ行くそうで。

聞いてみると、乗るバスも一緒、席はなんと隣り!

しかも同じ愛知県民!!


これって運命!?



出発までの約3時間、ずーっとおしゃべりしてました。

おかげで楽しく過ごせました。




そして、10時を待ってバスに乗り込みます。

今回のバスは、ちょっと狭い。

でも、座席1つずつにテレビが付いていて、ドリンクとお菓子のサービスもありました。


満員御礼、いざ出発。

目指すはカッパドキア!!





<おまけ>

バスの添乗員のお兄ちゃんの制服、

見事な蝶ネクタイに、思わず笑ってしまいました。




・・・・・なかなか見ないですよね(笑)









頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪






Last updated  2010.11.07 18:01:20
コメント(4) | コメントを書く
晴れてほしかったパムッカレ。

無事に晴れました!

ありがとー!!



しかし。

私はパムッカレまでのチケットを買ったのに、

手前のデニズリという街で降ろされ、

パムッカレまでは、自費でミニバスに乗って行けと言うのです。

そんなの聞いてないよー!!って具合に講義してみましたが、

どうしようも無く。

結局、デニズリまで自腹で行く事になりました。

こういう事、トルコではよくあるそうです。

まぁ、片道2.5リラ(約150円)なので、良いと言えば良いんですけどね。。。



デニズリで大きな荷物を預け(3.5リラ)

カッパドキア行きの夜行バスチケットを買い(35リラ)。


スッキリ身軽でパムッカレへ向かいます。




デニズリからはミニバスで30分くらい。

12時過ぎ、パムッカレ村に到着。






石灰棚は、坂道を少し上がった所にあるそうです。

看板等は見当たらないので、近くにいた人に道を聞きました。








おおー。

石灰棚、見えた!




あの雪山みたいなのが、パムッカレの石灰棚。

世界遺産にも指定されています。





入場券を買い、いざ中へ。(入場料は20リラ)






ここから先、石灰エリアは裸足で入ります。




石灰を保護する為なんですって。



温泉水がサラサラと流れています。




水じゃなくて温泉なので、ちょっとぬるいです。


この日は本当に良い天気。

陽射しが強く、半袖でも良いくらい。

気持ちいいな~♪






落ち葉も石灰で白くなっていました。







石灰棚、本当に綺麗でした。

晴れて良かった!!



































本当に綺麗でした。


水が溜まっている所は、夏場はプールみたいに遊ぶ事ができるそうです。

この日も水着の人がチラホラいました。

・・・・この季節、さすがに寒いですよねぇ。



その後は、同じ敷地内にある、ヒエラポリス遺跡へ。



続く!












頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.07 17:23:27
コメント(4) | コメントを書く
2010.11.04
ようやくネットが繋がりました!

今、カッパドキアにいます。


まずは、前の日記の続きから。





タクシム広場で休憩。

広場のすぐ近くに、パン屋さん発見!!

Simit(スィミット)






トルコで有名なゴマ付きパン、Simit。

その名前の付いたパン屋さんです。

チェーン店らしく、イスタンブール内で何軒か見かけました。


店内はこんな感じ。






パンの種類は少なく、

クッキーの種類がたくさんありました。

エキメッキは売ってませんでした。

なんでだろ、、、。




こちらの2つを購入。






まずは、やっぱりコレでしょー!

Simit(0.75リラ 約50円)



ムチッとしている、、、というか、固いです。

ゴマの香ばしさが味わえる、とてもシンプルなパン。

これを、トルコの皆はお菓子がわりにモグモグ食べてるのね。





Sigara boragi (1.75リラ 約100円)



Sigara = タバコ の形をしたパン。

チーズ入り、ミート入り、ポテト入りの3種類あり、チーズにしました。


クレープみたいな薄い生地の中に、

カッテージチーズ風のアッサリしたチーズが入っていました。

塩が少なく、なんだか物足りない感じ。





これは、友達に分けてもらったパン。




スィミットの生地の中に、サラミとチーズが入っています。

これは美味しい!

やっぱり多少味があった方が良いですね~。



トルコは、エキメッキは美味しいですが、

それ以外は、パンの種類も少ないみたいですね。

スイート系のパンは全然見かけませんでした。







その後、また新市街をぶらり歩き。









トルコいち大きなサッカー競技場








ドルマバフチェ宮殿



どうやら今日(木曜)は休館日みたい。




海辺でちょっと休憩。








再びメイン通りに戻ってきました。

お昼に通ったときよりも、色んなお店がオープンしていて、

すごく賑わっています。








お、これは!!

Kumpir(クンピル)




トルコのB級グルメです。

茹でたジャガイモの中をマッシュし、チーズとバターを加えて混ぜる。

その後は、ショーケースの中の具を自由にトッピングできるんです。

もちろん全部乗せでもOK!







ピクルス、コーン、マカロニ、オリーブ、サラダ、クスクス etc......

こういうの、ついつい欲張っちゃいますよね~。

華麗な手つきで作って下さいました。




上にチリソースをかけてもらい、完成!




すごいボリュームです。

ケチャップやマヨネーズもかけてくれるようです。


ジャガイモは水分が多く、ねっとり。

バター+チーズで、すごくクリーミー♪♪

好きだわ、コレ。




夕方にかけて、どんどん人が増えていきます。

すごい人。






路面電車(稼働中)で遊ぶ子供達








そして夕方、スルタンアフメット地区へ戻ります。

ガラタ橋から見た、夕暮れのイスタンブール。











宿に戻って少しネットをし、バスの時間に合わせて宿を出る。

仲良くなった韓国人の子ともお別れ。

本当にありがとう!



夜8時発のミニバスでオトガル(バスターミナル)へ。




イスタンブールからパムッカレまでは、

夜行バスで60リラ(約3600円)






そして、夜の10時半、バスは出発。

トルコのバスはとても快適。





添乗員さんが乗っていて、車内サービスもあります。

ドリンク+お菓子。

朝は、ドリンクとケーキが配られました。







バスにトイレは付いていないけど、

何度かトイレ休憩がありました。


ぐっすり熟睡というワケにはいかなかったけど、

かなり快適に過ごせました。


さぁ、明日の朝にはパムッカレ。

どんな絶景が見られるのかな。








頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.07 17:16:34
コメント(4) | コメントを書く
テーマ:海外旅行(5489)
今日は、同室で仲良くなった韓国人の子と一緒に、

ガラダ橋の先にある 「新市街」 へ行ってきました。



今まで行った、バザールやモスクがあるのは、

スルタンアフメット地区。

イスラム色の濃い地域です。


しかし、新市街はとっても都会的。

大きな建物、ショッピングエリア。

たくさんの人で賑わい、ヨーロッパ色が強いように思いました。


今日はこれから夜行バスでパムッカレへ行くので

あまり時間が無いので、写真中心にお伝えしまーす。

手抜きですみません!




朝10時に宿を出て、

ガラダ橋のほうへ向かいます。







このお土産屋さん、よみかけます。




日本でも少し前に流行りましたよね。




あ!

スーパー発見!!





ちょっと寄り道♪









人が少なく、なんだか閑散とした雰囲気、、、。




パンコーナー。




袋パンが少々。

エキメッキは、そのままゴロゴロ並べられています。

菓子パン類は一切ありませんでした。

やっぱり、トルコの人はパンに対する関心は低そうです。





さらに進むと、海が見えてきます。










左に見えるのがガラダ橋。

その奥に見えるのが、新市街です。




ガラダ橋の上には、釣り人がたくさん。




写真の奥にあるのは、イェニ・ジャーミィ。

綺麗ですよね~。



橋を越えて、新市街へ。






おおー、ビルが高い!!

橋一本隔てただけで、雰囲気が全然違います。










ガラダ塔





イスタンブールは、街中にネコがたくさんいます。

すごく人なつっこくて可愛いです。

犬も、そこらへんでゴロゴロ寝てます。
















一本路地を入ると、また違った雰囲気です。

味があって、すごく素敵!!

オシャレなお店がたくさんありました。







カフェのソファーにもネコちゃん。




メルハバ~♪






どんどん進みます。











デュネル駅を過ぎると

さらに都会的な雰囲気になります。






お菓子屋さん





ちょっと疲れたネー

という事で、お茶タイム。

こういうのも、友達と一緒だからこそですよね!




こんな風に、路地はカフェになっている所が多いです。




アイランに初挑戦。




トルコ名物、塩味のヨーグルトドリンクです。

なんかキュウリっぽい青っぽさがあり、

私はちょっと苦手かも、、、^^;




休憩したら、またお散歩。




















新市街の中心、タクシム広場に到着!







続きは後編で。

しかし、もうすぐ出発しないといけないので、

後編は、また次にパソコンが繋がった時に、、、。


では、パムッカレへ行ってきまーす!!







頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.05 02:22:52
コメント(15) | コメントを書く
2010.11.03
トプカプ宮殿の後は、

アヤソフィア博物館へ向かいます。


途中、ジュースのお店がありました。

目の前で生絞りをしてくれるんですよ。







アヤソフィア博物館




入場料は20リラ。




ここが入り口です。











通路を抜けて、いざ中へ。




おおおー。


めちゃくちゃ広い!!



この天井の高いこと、デカイこと!







ステンドグラスも綺麗だった~。




ちょっと工事中で残念。




人だかりのある場所を発見。

お、これは!!




「聖母マリアの手形」 と呼ばれる柱です。

くぼみに親指を入れ、

柱から離すことなく、残りの指4本をグルリと一周できたら

願いが叶うと言われているそうです。



みんな、グリングリンやってました。




もちろん私も挑戦。

グルッと一周できましたよ♪

これで 「石油王と恋に落ち、玉の輿に乗る」 という願い、かなうかしら!

よろしく神様!!




2階へ上がる事ができます。

上からの眺めも素敵!






2階には、たくさんのモザイク画が描かれていました。









崩れかけてるところに、歴史の重みを感じますね。


このモザイク、すごく大きいんですよ!



       ↑ ここ





出口の扉のモザイク画もすごかった。





アヤソフィアは、その大きさに圧倒されました。

すごく重厚な雰囲気に満ちていました。








続いて、スルタンアフメットジャーミィ、

通称、ブルーモスクへ。


アヤソフィア博物館の、すぐ目の前です。


逆光を浴びるブルーモスク。






なんだか神秘的だわ。



中庭から撮った写真。





建物が大きすぎて、写真に全部入りきらない!

後ろに門があって、これ以上下がれない!




カメラを横にしても入りきらない!





あー、悔しい!



こ・う・い・う・と・き・は。


スペイン・バルセロナで編み出した、

この必殺技を使うのだ!!


じゃじゃん。

2010-11-03 0722010-11-03 073


2枚撮りの張り合わせ!!


ちょっとこれ、かなり成功じゃないですか?

テッペンに触覚が生えちゃいましたが(笑)





そして、ブルーモスクの中へ。






わー、すごい!!


淡い色合いで、すごく可愛いの。




天井





ステンドグラス






本当に素晴らしかったです!!


しばらく時間を忘れてボンヤリしていました。








ボンヤリしてたら、、、、


お腹減ったー!!!




ケバブー!!



イスタンブールの街中には、

たくさんのケバブ屋さんがあります。

値段も様々。

安い店だと2リラぐらいですが、高い店だと6リラとか言われます。



どのお店にしようかな、、、、とウロウロしていると、

珍しいケバブを発見。





鶏肉の間に野菜が挟まってるんです。

すごい!


そしてデカイ!!


そして美味しそう!!



はい、このお店に決定。



エキメッキでサンドすると、1つ3リラ(180円)。

薄いピタパンみたいなのだと、1つ4リラ。

ちなみに、羊肉のケバブは1つ5リラでした。



半分に切り込みを入れたパンの断面を、

肉にこすりつけて、味をしみこませてくれます。

嬉しい演出。


その後、お肉と野菜をサンドしてくれます。





ポテト、ピクルス、パプリカ、ナス。


ソースとチリパウダーをかけ、

プレス機で焼いてくれます。


そして完成!





わー、めっちゃ美味しそう!



ガブガブっと豪快に。





うーまーーーい!

味付けもすごく美味しくて、

チリがピリッと効いててるのが良いです。

ピクルスのコリコリ食感もいいな~。


美味しくて、そして何より安いのが嬉しい。

やっぱりケバブはこうでなくっちゃ!!

次は羊肉のケバブに挑戦してみよう。

ごちそうさまでした~☆






イスタンブールは明日で最後。

明日の夜行バスで、パムッカレへ向かいます。

そしてその日の夜、再び夜行バスでカッパドキアへ。


この年で、夜行2連チャンを乗り切れるか!?

ま、なんとかなるでしょー!!



とい事で、ブログ更新はちょっと停滞すると思います。

カッパドキアの宿で、ネットが繋がると良いのですが。。。


では、明日は最後のイスタンブール、楽しんできます(^▽^)ノ






頑張れよ!のエール代わりに

ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2012.04.02 22:41:32
コメント(15) | コメントを書く
今日こそは!

行ってきました、トプカプ宮殿。



美しい街路樹の奥に、入り口があります。








チケットを買って、いざ入場。



入場料は20リラ(約1200円)




幸福の門をくぐります






謁見の間





タイルがすごく綺麗






高台になっていて、眺めが良かったです。



昨晩雨が降ったみたいで、ちょっと霧がかかったみたいになってました。




中庭






この中は、博物館になっています。




トプカプ宮殿内には、たくさんの博物館があり、

装飾品、衣類、肖像画、剣など、たくさん展示されています。

博物館の中は、全て撮影禁止です。




壁の装飾、本当に立派でした。












うわ。

ここ、すごい!!




このタイル!






中もめちゃくちゃ綺麗でした。







ステンドグラス、なんて美しいの~!




もう、何がどの建物なんだか分からなくなってきます。

すみません ^^;








天井がすごく高くて立派でした。




続いて、コチラの建物へ。






ハレム





ハレムですよ、ハレム。

側室の女性達が住んでいたそうです。



きらびやかな天井。





広すぎて、写真をどう撮っていいか分からない程







この先が、ハレム本番。

ハレムに入るには、別料金(15リラ)かかります。





入ってすぐ、この見事なタイル装飾








石畳もすごく立派。




いざ、ハレムの中へ。







当時の衣装をまとった人形さん。



女の園だわ~。




飾り窓






お風呂






大広間






寝室




ハレムの寝室、、、、、。

ここで様々な情事が、、、、。

ドキドキ。(←アホ)




食堂






美しいステンドグラスがいっぱい!


















はー、すごかった!!

これでトプカプ宮殿終了!



・・・・写真ばっかりで文章ほとんど無くてすみません ^^;






綺麗な公園を抜け、アヤソフィアへと向かいます。






続く!!








ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.04 04:46:06
コメント(2) | コメントを書く
2010.11.02
今日は、イスタンブール観光の王道、

トプカプ宮殿、アヤソフィア博物館、ブルーモスクへ行く予定でした。


しかし、トプカプ宮殿へ行ってみると、なんと休館日!

がーん。



アヤソフィア博物館やブルーモスクは入れるのですが、

せっかくなので3つセットで行っちゃいたい。 (←場所が近いので)


という事で、予定を大幅変更。


グランドバザールへ行ってきました。





中東最大と言われる、室内大型市場。


たくさんのお店が並んでいますが、

100%観光客向けの施設。


民芸品、装飾品、衣類が中心です。









本当に広くて、何度も道が分からなくなりました。



敷地の外にも、お店がずらーり。





売り物の絨毯の上で、ネコが寝てました。




可愛い ^^

けど、良いのかしら。。。。



可愛いものもあるんですが、とにかく高い!

雰囲気だけ味わって出てきました。






その後、エジプシャンバザールへ。







中へ足を踏み入れたとたん、

クシャミ3回、ルル3錠!!


おおー。

スパイスがたくさん!







ナッツやドライフルーツも売っています。




全体的に、とてもエスニックな香りが漂っています。


グランドバザールに比べると、規模はめちゃくちゃ小さいですが、

色んな種類のお店があって、すごく楽しかったです。

こちらもで民芸品を売っていて、

グランドバザールより安かったですよ。


私はエジプシャンバザールの方が好きかな~。







エジプシャンバザールのすぐ横にある、『イェニ・ジャーミィ』







イスタンブールには、ジャーミィと呼ばれるイスラム寺院がたくさんあります。

中ではお祈りが行われていました。




響き渡る、祈りの言葉。

揺らめくロウソクの火。

荘厳な雰囲気で満ちていました。







その後、『ガラダ橋』 へ。




鯖サンドはここで買えます。



橋には釣り人がたくさんいました。




ここまで密集してて、釣れるモンなんかしら!?







リュステム・パシャ・ジャーミィ




どのジャーミィでも、地元の方が熱心に祈りを捧げていらっしゃいました。

ブルーのイズニックタイルがめちゃくちゃ美しい!


中の様子






壁一面にもタイルがびっしり。

天井が高くて、本当に素晴らしいです。







イスタンブールの街には、商店街がいっぱいあります。

道の両側にお店が並んでいて、ゴチャゴチャっとした雰囲気。




店内をウロウロしていたら、チャイをもらいました。




ごちそうさまでーす♪







『ヴァレンス水道橋』 まで足を伸ばしてみました。




大通りの真ん中に、ドーンと建っています。



日の入りがとても早く、5時すぎると夕暮れ。




渋滞、ものすごかったです。




5時半には、もう真っ暗。


夜になると、街はまたちょっと違う雰囲気。





ランプの灯かりが綺麗です。





雰囲気の良いレストラン







夜景が見れるかしら!?と、

帰りにちょっと寄り道。



アヤソフィア博物館




ブルーモスク



ライトアップ、とっても綺麗でした。

また明日来るからね~♪






<おまけ>

夜、同室の韓国人の子と話していて、

ある質問を受けました。


日本人は、「あなたが好き」 じゃなくて、

なんで、「あなたの事が好き」 って言うんですか?


確かに、、、。

ドラマや映画でも、よく聞くセリフです。

意味は同じなのに、何でなんだろう!?

韓国では、そういう言い回しなしないそうです。

日本語って不思議!










ぜひともポチッと応援、よろしくお願い致しますm(_ _)m
  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪







Last updated  2010.11.03 07:59:29
コメント(14) | コメントを書く

全246件 (246件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 25 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.