000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アングラーは電気鰻の夢を見るか

PR

プロフィール


ブルフロッグ

フリーページ

2019年04月04日
XML
カテゴリ:映画
昨晩、ポッカリと仕事が早く終わったので寄り道して「ボヘミアン ラプソディー」を観た。ご存知イギリスのロックバンド「クイーン」の伝記映画。何故かタイミングが合わず未だに観てなかった。上映予定を確認するとちょうど良い時間帯にやってる。そこまで熱心なクイーンのファンと云うわけでも無いが教科書の様に初期のアルバムは持っている。年代的には既に後期のポップな頃がリアルタイムな世代に当たる。観るのが遅れたのは、この手の映画はロック好きから観ると外れが多いからだ。「ドアーズ」とか。しかし友人のクイーンファンから「映画として純粋に面白い」と評判を聞き観たくなった。観て思ったが確かに知識として知っているクイーンの歴史としてはおかしい点が突っ込み処としては有ったが鳥肌が立つほど素晴らしい映画だった。特に最後のライブエイドの場面は涙が出るほど感激した。本当は実際のライブエイドをテレビで観たときは全然、感動しなかったのだが。当時、高校生だった私のライブエイドの目玉は限定復活のレッド ツェッペリンであり大ファンのザ フーだったからだ。更にクイーンがボヘミアン ラプソディーから始まり二曲目にラジオガガをやりだしたときは「何でやねん❗」とテレビ画面に思いきり突っ込みを入れた。しかし映画では物凄く感動した。当時、既にクイーンは盛りを過ぎたバンドという印象だったしフレディマーキュリーはギャグの対象でも有った。なんせロックバンドのフロントマンが短髪のオールバックで口髭だったからだ。そして客との掛け合いのバナナボートの「でーおっ‼️」で有る。リアルタイムでは爆笑した筈が映画を観て感涙するとは⁉️どこかで当時の映像が観れるなら再確認したい。最後に個人的なクイーン観としては確かにフレディマーキュリーは唯一無二のヴォーカリストで有るがクイーンの音と言えばブライアンメイのギターに尽きる。






最終更新日  2019年04月04日 21時34分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

~釣れ釣れなるまま… 釣りキチ万博さん
**しゅふ*しゅふ… れんかえさん

コメント新着

ブルフロッグ@ Re[1]:おニュー(07/21) ogtkinさんへありがとうございます🎵放置し…
ogtkin@ Re:おニュー(07/21) ご無沙汰です。 暑さが厳しくタナゴから遠…
ogt@ Re:タナゴ探索(06/03) ogtです。 三日ほど前に探ってきました。 …
ブルフロッグ@ Re[1]:タナゴ探索(06/03) ogtさんへ ありがとうございます! 道の駅…
ogt@ Re:タナゴ探索(06/03) いつもありがとうございます。 雑な情報で…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.