291027 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SBS静岡店長の趣味日記

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

ヘルメット

2006.04.07
XML
カテゴリ:ヘルメット

2005/11/15

「アライヘルメット講習 3」  
さ~て、衝撃試験、塗装の前に昼食です。
アライさんから昼食は出してくれました。
「カツ丼と天丼どちらがいいですか?」と聞かれ
私はカツ丼にしました。後になぜカツ丼と天丼なんですか?と質問したら、ご近所のお店でそこが休業でないときは定番だそうです。
ヘルメットを器にしたアライ丼とかあったらどうですかね?
具は魚の洗い!・・・
冗談ですよ(_´Д‘) きっとアライの方も読んでるでしょうね。冗談ですよ~

日にちが空いて記憶があいまいで順番違うかもしれませんがごめんなさい。
昼食の後、衝撃試験を見学に行きました。
ここではJIS規格とスネル規格の説明を受けて、実際に新品のヘルメットでデータを見ました。
人間の脳は300Gの衝撃を超えると障害を起こすそうです。
なのでJIS,スネル共に300G以下でないといけません。
まずは生身で30Cmから硬い所に頭をぶつけたらどれくらい衝撃を受けるか実験してくれました。
みなさんどれくらいだと思います??
なんと400Gを越えました。w(°o°)w 300G越えると脳震盪とかなるそうですが、400G越えれば障害がでるでしょうね・・・。
貧血とかで卒倒したりして地面がコンクリートだとしたら最悪亡くなるかもしれませんよね。コワイコワイ
衝撃吸収テストでは規格で違いますが共に2回同じ場所をテストします。
これは転倒の時複数回同じ場所を打つからですね。
ちなみに1回目
JISは2.5M、スネルは3.06M、アライは3.2M
二回目
JISは1.28M、スネルは2.24M、アライは2.3M
実際3.2Mの試験を見ると高さに驚きます。
ぶつかった時とかを想像してしまうんでしょうね。アゥゥゥ・・・
落下させて当った瞬間目を閉じたくなるような感覚です。
これも平面と半球突型とやるんですが、半球のテストはアライは4回もぶつけるんですよ~。
実際にスネル規格+アライでのテストをやっていただいたのでデータを書いときますね。
1回目 3.2m 203G
2回目 2.3m 162G
3.4回はアライ独自
3回目 2m 183G
4回目 2m 172G
どうですか?テスト結果を目の当たりにして私はヘルメットの偉大さと言うか重要性を再認識しました。

転倒してぶつかるのは平面だけではありません、尖ったものも当然あります。これに対して貫通テストがあります。
簡単に貫通したりしたらひとたまりもありません。
もちろんアライは他の規格より厳しい規格でテストしています。

うはは、また長くなったので貫通試験はまた次回!!
ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ






Last updated  2006.04.07 19:06:05
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:ヘルメット

2005/11/13

「アライヘルメット講習 2」  
前振り長かったですがよいよ講習会のはじまりはじまり~!
参加者は自分を含めて5名。
みなさんバイク用品店の方々みたいです。
講習自体がほとんど用品店の人しか受けてないみたいですね。
バイク屋さんも知識として参加するといいと思います。

開始にあたってアライの社長から挨拶がありました。
会場の本社で2割ほどは製造しているそうです。
まずはどうやって作られているかの製造工程を知る為に、その過程を見学です。

帽体成形
まずはこれがなければはじまりません。
現場に行くと職人さんが数名で帽体を作っていました。
イメージだとラインで機械などで作っていると思ったのですが、以外や以外!一つ一つ職人さんが作っていました。
グラスファイバー繊維を金型に入れて圧力と熱で成形します。
ここで素材の強度実験をさせてくれました。
一般のグラスファイバー、アライで使用しているスーパーファイバー、はたまたカーボンなどの素材のプレートを実際に自分で折ってみました。
ポッキリ折れる物、粘りがあってしなる物などざまざま。
中に入れる複合素材の繊維もハサミで切る実験もしました。
なんとハサミで切れない繊維もあるんですよ!!なんでも防弾チョッキに使用されてる素材だそうです。
アライのこだわりで、ファイバーは通称スーパーファイバーと呼ばれる繊維を使っています。価格は普通のファイバーよりは高いそうです。
しかし軽くて樹脂で固めた時にしなりも出てヘルメットには最適。

こうした色んな素材をモデル(価格)によって作り分けていくんですね。
メス型にファイバーや科学繊維を上手に入れて樹脂を流し込み、オス型でプレス>過熱で成形されます。
これも職人さんがやっても厚さの均一は難しいそうです。
出来上がった帽体はその場で一つ一つ厚さを測定します。
上下から芯の出た機械で、芯の間に帽体を入れて測定します。
ぐるぐる回して厚みをチェック。センサーで3段階くらい光るランプがありました。 そこで薄い所にマーキング。
マーキングの部分には同じ材質でパッチを当てて修正します。
重くならないように樹脂の量なども当然決まっています。
帽体の重さは製品の約半分くらいだそうですよ。
検査を合格した帽体は作った担当の印が押されます。
責任持って私が作っています!と言える証ですね。
アライを被ってる方で使用しなくなったらばらして見ればあるはずです。
FRPの部分なので見るのは大変ですよ。(脳天内側に有)

成形についてこんな感じです。
次回は塗装や試験について書きます。 

ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ







Last updated  2006.04.07 19:06:40
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ヘルメット

2005/11/12

「アライヘルメット講習会」  
アラ!いいんじゃない?
ってな訳で、アライのヘルメット講習会に行きましたので報告します。
かねてよりアライではヘルメットを扱う業者向けに講習会をやっていました。ご存知だと思いますが当店も通販でヘルメットを扱っていますので、知識を得て購入者の役に立てばいいなと思っていました。
今回11/9にその機会があり、講習会に行ってきました。

場所は埼玉県の大宮区、アライ本社です。
朝9:30頃には到着して欲しいとの事なので、車は時間が不確実だしバイクでは行けないし・・・。
ショウェイ被ってますから_(・。・)~゜
まあ場所を調べると大宮駅から近いので電車で行く事にしました。
新幹線>>???線で大宮>>徒歩。
時間を調べると6:45分発あたりのに乗らないといけません。
普段は起きない時間ですがゆっこに起こしてもらい、6:00~に駅に着きました。
あまり電車の利用しない私ですが、地元の駅なのでキップ売り場、改札など迷う事もなくささ~~~っと済ませてホームに。
グリーン車は高いので普通のに乗りました。指定席じゃなくても平日なので普通に座れました。
車内はすることもないので仮眠でもしてこうとシートを少し倒して寝ました。 間も無く東京のアナウンスに起きてホームに・・。

京浜東北線に乗り換えですがキップ売り場がありません??
静岡は新幹線から降りて改札出ないと在来線には乗れないんですが、東京は新幹線の改札でなくても行けてしまうんですね。
不安になって売店で尋ねると出るときに払えばいいですと言われ、少し安心して電車に乗りました。
大宮に着いて改札を出ようと思ったんですが、どこで払うんだ??
販売機はないし、この先にまだ改札あってそこで払うのかな?
まあ行けばわかるとばかり改札に。
通過する人を見るとカードをバーコドの読み取りみたいに機械に当てて通過してます。 むむむ、静岡はカード入れる自動改札なのにこんなシステムがあったのかw(°o°)w 
まねしてチケットを合わせて進むとゲートが
閉まったよΣ( ̄□ ̄ノ)ノ

ふと見るとゲートにも種類があって、そこはスイカのゲートでした。
スイカなんか使ったことないから全然気づきませんでしたよ・・・。
ゲートの一番はしっこに駅員さんいたのでそこで精算してでました。
駅を出て一本道でアライ本社には行けます。
電話では5分ほどと聞いてました。
少し歩くとアライのロゴのビルを発見!
時間のゆとりもあるし講習には間に合うのでまずは安心。
駅前の細い路地の交差点に信号あるんですが、もうみんな無視ばっかり。
おまけに青になって渡りだすと車が右折、左折で渡れませんよ。
歩行者は自分以外もいてしかも横断歩道ですよ。
3台続けて止まる気配無し。( ̄△ ̄;)オィ
静岡もマナー良い方ではないと思うけどそれ以上だぞ。
みんながそうではないんでしょうが歩行者も車ももうちょっとゆとりもって行けばいいのにと思いました。
本社に到着すると講習会の先客もいて、社内の講習会場に案内されました。

そして講習会は終わりました。


中身は??

え~、前振りが長くなったので第二部で書きます。
では次号をお楽しみに!
ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ






Last updated  2006.04.07 19:07:02
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.