000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SBS静岡店長の趣味日記

PR

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

バーディー90改

2007.04.01
XML
カテゴリ:バーディー90改
今日も異常に暑いですね。(; ̄- ̄;)

とりあえずバーディー90がひと段落しましたのでまとめをアップ。

数年前にバーディー90が発売され、新車からカスタム開始。
当たり前ですがパーツもなく、流用できる所は流用。
無いものは作るな感じでスタート。
第一段は外装。
グラストラッカーのタンクやDRZのマスクを装着。
塗装も鼻の穴を青くしながら私ががんばって塗りました。
当時はフライスも旋盤も無い中よくがんばったと思います。
ボール盤と溶接機だもんね・・・。

そして今回はリア周りを重点にカスタム。
スイングアーム。
トルクロット。
スプロケットカバー。

完成画像をどうぞ。
DSC01112.JPG
左側も。
DSC01115.JPG
綺麗にできたと自己満足(^.^)

スプロケカバーのアップ。
DSC01116.JPG

昔苦労したマフラーです。切っては繋ぎ・・・切っては繋ぎ・・・・
今思うと面倒なのをよくやってたなと思います。
DSC01113.JPG
あまり写してないけどメーターはDR250Rのデジタルです。
DSC01114.JPG

長かった~。
今回はこれでおしまいです。
....オーナーのお財布が暖まったらまた何かやる予定です。
色々考えてアイディアは練ってます。
また開始の時はアップしますのでお楽しみに。


ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ

 







Last updated  2007.04.01 12:22:14
コメント(1) | コメントを書く


2007.03.30
カテゴリ:バーディー90改
最近忙しくバーディー君のスプロケットカバーを作ろうと思いながら放置。
ちょいと時間が取れたので再開!
これがノーマル。プラスティックです。
DSC01034.JPG
使う材料は7075の10ミリの板材。

切り出しして外観ができたら中抜貫き。
DSC01035.JPG

エンドミルを1ラインごとに付け替えながらで時間がかかります。
DSC01036.JPG
最後の貫き。
安いエンドミルが途中で死亡したのでNC用に交換して仕上げ。
DSC01038.JPG
やっと切削が終わりました。
ちなみに深夜2時半くらいまでやっておりました。(;´▽`)

あとはバフ仕上げして取り付けしましたらアップしますね。


ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ

 







Last updated  2007.03.30 12:00:33
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.18
カテゴリ:バーディー90改
一通りリヤ周りが終わったんですが、トルクロットをフローティングにしておきながら、肝心のブレーキパネルが固定のままでした。( ̄O ̄;)
ブレーキロットもペダルの取り付け部分の摩耗がいずれ出るので対策しておこうと思います。

ブレーキパネルのフローティング加工を早速加工に取り掛かります。
パネルとスイングアームの間にスラストベアリングをかませます。
材料は7N01の50ミリの丸棒。
ベアリング。
オイルシール。

DSC01002.JPG
切り出しは本人にやってもらいました。(^.^)
DSC01003.JPG
ベアリング入りスペーサーの削り出しを開始。

オイルシールを入れてみる。
DSC01005.JPG

材料が太いので削りが大変・・・。
DSC01008.JPG

バイトを二本ほど飛ばしてしまいましたが肉抜き完成。
DSC01009.JPG

こんなんができました。
DSC01010.JPG
ベアリングを入れてみる。
DSC01011.JPG
最後にオイルシール。
DSC01012.JPG
取り付けはこんな感じです。
DSC01013.JPG
スラストベアリングなので、アクスルをしっかり締めればクルクル動くわけではなく、当然渋くなります。
ステアリングのベアリングと同じです。
まあ完全固定よりはいいですね。
クルクル動くようにするにはラジアルベアリングを使う方法もあるのだが・・・。
とりあえずこれでひと段落。
次回はロットの取り付けにベアリングを入れます。

ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ

 









Last updated  2007.03.18 10:20:23
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.12
カテゴリ:バーディー90改
ロットの仕上げも終わり取り付けです。
その他もリヤショックの上下を逆にしたり、ボルト類を加工したりしました。

まずは付けた画像をどうぞ。
DSC00996.JPG

よーく見るとブレーキロットもアルミになってるのもわかりますか?
トルクロット、スイングヤームとやり、ノーマルロットが貧弱でしたのでアルミで作りました。
オマケのノーマルロット画像↓
DSC00998.JPG

ちょっと寄って撮影。
DSC00997.JPG
おおお、これだけ見てたらビックバイクみたい!
チエーンとかまだですが仕上がったらまたアップします。
ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ

 









Last updated  2007.03.12 10:17:30
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.09
カテゴリ:バーディー90改
定休日を挟みまして続きをアップしますね。

前回はナットを材料から切ってネジ加工。
今回はロットの製作です。

まずはロットになる部分をマーキング。
真ん中は丸く抜き、角部分までは20度でテーパー加工します。
DSC00989.JPG
この時点で材料は95センチ。旋盤のチャックから後ろに50センチほどビロ~ンとはみ出してます。
旋盤では掴みなおすとセンターが狂うので、このまま切削にかかります。

真ん中部分の肉抜きをマーキングに落とした部分から切削開始。
DSC00990.JPG
やってる最中チャックからはみ出した材料が振れてます。

ブ~ン。  ブ~ン。

振れが出てると振動がでますので綺麗に仕上がりません。
7N01で14Hの太さでも長ければ振れは出ちゃいます。
仕方ないので回転を落として地道に削るしかないですね。
切削距離が長いのでえらい時間がかかる・・・・・。

自動送りでひたすら削る。
シュルルルーーー。
肉抜きがやっと完成!
DSC00991.JPG

回転速度を上げられないので作業時間がかかりすぎる・・・。
最初に長さ合わせてからのがよかったと後悔。
このあたりは経験ですかね。

時間に余裕がなくなってきたので仕方なく材料を切断して掴み直しました。
芯出しをし直したけど微妙に振れてる。
まあ誤差だ!(TωT) 

次はテーパー加工。
刃物台の位置を変えて切削。
DSC00992.JPG
左右削って完了。

次はネジ穴を切って完成。
旋盤で下穴、タップのかかりだけやって、あとは外してバイスに固定してタップたてました。
DSC00994.JPG
では全体像もどうぞ。
DSC00993.JPG
やっと出来た~。
取り付け画像をと思いましたが、本人が来店してまして、六角部分を磨いてもらうためにお持ち帰りになりました。
終わったらアルマイトしたほうがいいよな~。耐食性が高い材料だけど場所が場所。
路面のホコリや水にさらされるだろうし。
まめに磨けばいいんですけどね。(^.^)
オーナーのお財布と相談だな。

そんな訳で取り付け画像は仕上がったらアップしますね。

ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ

 







Last updated  2007.03.09 10:25:57
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.07
カテゴリ:バーディー90改
トルクロットの製作にとりかかります。
材料
六角14Hx1000の7N01材
M10のピロエンド 右ネジ、左ネジ
M10左ネジタップ

まずはナットの製作からです。
1ネートルの材料を旋盤でネジの下穴開けなんですが、さすがに振りまくり。
しかたないので400回転ほどでゆっくり回して加工。
DSC00984.JPG
そのままねじ切りして突っ切り、エッジ加工までやります。
右ネジ左ネジが完成。
ピロエンドにくっつけてみましょう。
DSC00987.JPG
きれいにできました!
DSC00988.JPG

次はロットの製作。只今製作中にて次回をお楽しみに。

ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ

 







Last updated  2007.03.07 09:47:42
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.05
カテゴリ:バーディー90改
スイングアーム変更で、見た目にもマフラーステーがよろしくない。
手持ちのR-1のレース用のマフラーステーをあててみると良い感じ。

思い切って付けることにしました。

DSC00977.JPG

まずは位置決め、穴あけです。
DSC00978.JPG

カラーを旋盤で作って、ボディーの傾斜に合わせてカット。
ボルトが手持ちがなかったので仮止めで。
DSC00979.JPG

できた~。

リヤブレーキフローティング計画は材料待ち中です。


ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ

 







Last updated  2007.03.05 18:36:36
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.04
カテゴリ:バーディー90改
初めての方は興味がありましたらメニューのバーディー90で過去ログをどうぞ。

今回はリヤショックの取り付け幅を合わせるために、上5ミリ下10ミリのカラーを旋盤で作りました。
付属のボルトは当然短くなるので長い物に交換。
DSC00966.jpg
これで仮締めしてスイングアームの位置がしっかり出ましたので、ホイール&チェーンラインを見てみます。

あああ、やっぱり両方とも左にオフセット状態ですね。ポン付けはできないか~..。
早速カラーを作り、チェーンラインとホイールセンターをあわせます。
DSC00965.jpg
位置がでたので固定。
ショックの余分なボルト部分をカット。
エキセントリックにしているので、カムを一周すると最接近でナット頭がチエーンに干渉。
2ミリほどフライスで落としてクリアーしました。
DSC00970.jpg
スイングアームがカッコよくなrましたが、トルクロットがノーマルだと何だか安っぽくて目立ちますね。
DSC00971.jpg
そして昔苦労して作ったマフラーステーも今見るとなんだかな・・・・(笑
DSC00972.jpg
そんなわけで決断しました。!!
トルクロットはフローティングに、マフラーステーはジュラプレートにします。
材料はジュラ棒、ピロボール、左ネジタップもいりますね。
マフラーステーはR-1のに作ったのがあるので、それを使ってみたいと思います。
ではまた次回をお楽しみに!

ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ

 







Last updated  2007.03.04 11:41:30
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.28
カテゴリ:バーディー90改
仮付けして出てきた問題点。
スイングアームの長さを少し長めでオーダーしたので、サスの取り付け位置が変り上部が干渉。 
バーデイーはシート下がタンクなためサスの取り付け幅がGSより広い。
このつけは下側に出ます。左10ミリ、右5ミリほど広がります。

画像を見てみましょう。
DSC00956.jpg
これはボルトを換えてカラーを作る。カラーも段付きでないとだめですね。

一方上側ですが、スプリング上部がボディーに当たります。
外側にオフセットすればいいのですが、下側のオフセットが更に広がるのでよろしくない。
板金で凹ませるかジョイント入れて干渉を避けるか・・・・。
ジョイント入れるとヒップアップになっちゃうしな~。
DSC00959.jpg

おまけ画像
DSC00954.jpg
GS用だけどチェーンスライダーが役立たずに近い。
恐らくGSに付けても受ける面は変らなそう。
なのでバーディーのノーマルを削って付けときました。

リヤショックが付かないだけに、まさにショックであります。
(*`ε´*)ノ


ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ

 







Last updated  2007.02.28 11:13:57
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.27
カテゴリ:バーディー90改
よいよスイングアームの取り付けを開始します。
用意したのはGS50用のGクラフト製。

ノーマルを外してみましょう。
DSC00952.jpg
ピボットの寸法は同じなので仮止めしてチェック。
もしかしたら簡単に付くかも・・・・・
DSC00957.jpg
できた?できた?・・・・・簡単じゃん・・・・・











あま~い!(TOT)





とりあえず色々加工が必要な所が発見されました。
まあ覚悟はしていたので何とか付けてみたいと思います。


ブログランキング、この記事にクリック!
人気blogランキングへ

 







Last updated  2007.02.27 19:04:18
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.