156486 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SCARECROW'S ROOM

PR

Profile


scarecrow1970

Recent Posts

Free Space

Freepage List

Category

Calendar

Favorite Blog

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

ナイブズ・アウト名… 吟遊映人さん

きや箱 温泉ソムリ… こゆきやさん
映画クロニクル ykp1031さん
映画とお酒にリスペ… ムービードランカーさん
MoonDreamWorks rikocchinさん
おきらく楽天 映画… tapomushi12さん
Nice One!! rose_chocolatさん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:カポーティ(03/20) buy generic viagra cialisordering infor…
http://viagraessale.com/@ Re:カポーティ(03/20) kann man viagra jeden tag nehmen <a…
★しんぽん★@ Re:2009年ダイジェスト その3(02/06) scarecrowさん、こんばんはー。 お知らせ…
scarecrow1970@ ◆しんぽんさん◆ ★しんぽん★さん、こんばんは♪ 今年もよ…
★しんぽん★@ Re:2009年ダイジェスト その1(01/01) 遅ればせながら、明けましておめでとうご…
scarecrow1970@ ◆miyuさん◆ miyuさん、こんばんは♪ 今年もよろしく…
scarecrow1970@ ◆tapomushi12さん◆ tapomushi12さん、こんばんは♪ 今年も…
tapomushi12@ Re:2009年ダイジェスト その1(01/01) 明けましておめでとうございます♪ 今年も…

Rakuten Ranking

2008.04.13
XML
無



★邦題はもうちょっと何とかならなかったんでしょうかねぇ…★


映画の邦題…「宣伝マンのアイデアの勝利!」といったモノから「こりゃまた安易な…」「誰が一体こんな邦題つけたんだよ!? 責任者出せ~ゴルァ!!」ってモノまで様々です。

結構前からアメリカのメジャー会社からは「勝手な邦題をつけるな。原題のまま上映しろ!」なんて圧力がかかる作品もあるみたいなのですが…。

ただ、原題のカタカナ表記を邦題にしちゃうと英語が連想できずに「?????」って思う事もあるのが問題かなぁ…とも思うんですけどね。

例えば「ホワット・ライズ・ビニース」なんて、タイトル聞いて何のことやら???って思いましたもん。(カタカナ書きのタイトルを見て、初見で「What Lies Beneath」だって瞬時に理解できた方、どれだけいたのでしょう??? 自分の英語力が弱すぎるだけ?)

まぁ映画のタイトル付けるのは結構難しいんですよね~。



さて、前置きが長くなっちゃいましたが、本日のお題は『ノーカントリー』。

で、この映画に関して言えば…個人的には珍しく「この映画こそは原題をそのまま使うべきじゃなかったの???」と思わせられた映画です(さっきまで力説していた事は何だったんだ?w)。

かといって「ノーカントリーフォーオールドメン」なんてカタカナで長々と書かれちゃっても困るって言えば困るんですが…。

ノーカントリー…原題をぶった切っちゃったか…これじゃ意味通じないよ…。



~STORY~

1980年代、メキシコ国境沿いのテキサスの荒野。
ベトナム帰還兵のルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)はハンティング中に、複数の死体が横たわる銃撃戦が行われたと思しき麻薬取引現場に出くわした。

現場には虫の息で車に横たわる生存者がひとりだけいたが、ほど近い場所で死んでいた男の死体の傍らに200万ドルの大金入りの鞄を見つけたモスは、危険と知りつつ鞄を持ち帰ってしまう。

夜になり生存者の事が気にかかったモスは、彼の為に水の入ったタンクを持って行ってやろうと現場に戻る。しかしその行為が裏目に出て、モスは殺人者シガー(ハビエル・バルデム)に追われる身となってしまう。

その頃、老保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)が事件の捜査に乗り出し、モスの身に危険が迫っている事を知る。しかし事件は次々と死体を生み出すだけで、一向に解決の兆しが見えず、ベル保安官は苦悩に苛まれる。
モスは死力を尽くしてシガーの追跡を辛うじて逃れていたが、冷血非情な殺人者シガーから完全に逃れる術はなく、次第に追い詰められてゆく。やがてはモスの妻カーラ(ケリー・マクドナルド)の身にも危険が迫る…。




観終わった後で色々考えさせられる深い映画です。
(最後シーン:ベル保安官の見た夢の意味も含めて)

あっ、でもただ単に小難しい映画というわけではないです。

逃走者モスを中心に観たら、迫力ある大サスペンス映画です。

殺人者シガーを中心に観たら、そんじょそこらのホラー映画よりも相当怖い恐怖映画です。
(ハビエル・バルデムは最高でした!、あの髪型も含めてw)

そして…ベル保安官を中心に観たら、古きよき時代の全てが崩れ去り、歪みや矛盾や不条理が溢れて荒廃してまった『理解不能の現代社会』について考えさせられる…そんな社会派映画です。
まさに【NO COUNTRY FOR OLD MEN】は的を射たタイトル。


そう…タイトルが【NO COUNTRY FOR OLD MEN】なら理解できるのです。
そう思うと邦題の『ノーカントリー』の酷さがますます際立っちゃうんですよねぇ…。

もうちょっとどうにかならなかったのでしょうか?



  
  宜しかったら ↓応援クリック↓ をお願いします♪


  にほんブログ村 映画ブログへ
   



■ノーカントリー
  NO COUNTRY FOR OLD MEN
  2007年・アメリカ

  オフィシャルサイト(2008年4月現在)… http://www.nocountry.jp/






Last updated  2008.04.13 15:23:43
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.