185295 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SCARECROW'S ROOM

PR

Profile


scarecrow1970

Recent Posts

Free Space

Freepage List

Category

Calendar

Favorite Blog

可愛いだけじゃない… New! 虎党団塊ジュニアさん

チョコレート&バナナ… 吟遊映人さん

きや箱 温泉ソムリ… こゆきやさん
映画とお酒にリスペ… ムービードランカーさん
MoonDreamWorks rikocchinさん
おきらく楽天 映画… tapomushi12さん
Nice One!! rose_chocolatさん
tekinosukeの映画&… tekinosukeさん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:カポーティ(03/20) buy generic viagra cialisordering infor…
http://viagraessale.com/@ Re:カポーティ(03/20) kann man viagra jeden tag nehmen <a…
★しんぽん★@ Re:2009年ダイジェスト その3(02/06) scarecrowさん、こんばんはー。 お知らせ…
scarecrow1970@ ◆しんぽんさん◆ ★しんぽん★さん、こんばんは♪ 今年もよ…
★しんぽん★@ Re:2009年ダイジェスト その1(01/01) 遅ればせながら、明けましておめでとうご…
scarecrow1970@ ◆miyuさん◆ miyuさん、こんばんは♪ 今年もよろしく…
scarecrow1970@ ◆tapomushi12さん◆ tapomushi12さん、こんばんは♪ 今年も…
tapomushi12@ Re:2009年ダイジェスト その1(01/01) 明けましておめでとうございます♪ 今年も…
2008.12.10
XML
怪



★ミュージカルの醍醐味が存分に味わえます★


以前は映画館でリバイバル作品が上映される事も多かったのですが、ビデオ、衛星放送、DVD,ブルーレイ…と、自宅で映画が気軽に鑑賞しやすくなればなるほど、映画館でのリバイバル上映が減ってしまいました。

好きな作品を自宅で鑑賞できる事は嬉しい事ですし、自分も恩恵に与っているので文句は言えないのですが、一方で、以前のの作品を劇場の大きなスクリーンで観る機会が減ってしまったのは凄く残念でもあります。

学生の頃はよく安価でリバイバル作品を観にいっていたんですが、地元のリバイバル専門館も10年以上前に閉館してしまい、そういった時代の流れは寂しいものでもあります。シネコンの増加でスクリーン数は激増しているので、1スクリーンぐらい旧作専門に充てて欲しいんですけどね~。動員が厳しいかな?

さて…そんな中、2005年に日本で公開された『オペラ座の怪人』(製作は2004年)が、地元の映画館で行われていた「秋の名作リバイバル」なるイベントで上映されていたので、観に行ってきました。(ってか、今は12月。「秋」って間違いじゃないの??? と思われた方…間違っていません。このブログの更新が遅すぎるだけです。はっはっは。)

もっとも「秋の名作リバイバル」なるイベント(?)も、上映されていた作品はこの『オペラ座の怪人』だけだったんですけどね。映画館がリバイバルの際、苦肉の策でつけたタイトルという事が良~くわかります(笑)。




~STORY~


19世紀末のパリ、オペラ座は華やかな舞台で隆盛を極めていたが、そのオペラ座の地下には仮面をかぶった謎の怪人“ファントム”(ジェラルド・バトラー)が住み着いていた。ファントムは月給2万フランと5番ボックス席の常時確保などを支配人に要求していた。

若きコーラスガールのクリスティーヌ(エミー・ロッサム)は、自分の楽屋の裏から聞こえる謎の声を、亡き父が授けてくれた“音楽の天使”と信じ、彼の指導で歌の才能を伸ばしてきた。彼女はある時、代役として新作オペラの主演に大抜擢され、喝采を浴びる。

その抜擢によりクリスティーヌは、幼馴染みでありオペラ座の新しいオーナーとなったばかりの青年貴族ラウル(パトリック・ウィルソン)と再会。二人は再会を喜び合った。

しかしその夜クリスティーヌは“音楽の天使”の声によってオペラ座の地下深くへと誘い出される。彼女が“音楽の天使”と信じていた声の主は、実は謎の怪人“ファントム”その人だった…。





舞台版を手掛けた作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身の製作による映画化という事で、ミュージカルの醍醐味が存分に味わえる作品に仕上がっております。曲が素晴らしい!

内容に関しては、怪奇小説である原作とは随所に内容が違っていますが、現代の人(?)にはなじみの深いミュージカル舞台版のテイストをそのままに、更に「ファントムの哀しき愛の物語」に重点が置かれており、とても良い映画になっています。

もう…観ていてもファントムに感情移入しまくりで、本来ヒーロー役であるはずのラウル子爵なんて添え物状態です(笑)。ウダウダしているクリスティーヌまで憎らしい(笑)。

歌に関しては、オペラ座の看板女優カルロッタ以外は吹替えなしという事で、各俳優さん・女優さんのナマの歌声が堪能できます。
特にクリスティーヌ役のエミー・ロッサムの美声は感涙モノです。
封切り時に鑑賞して、サントラCDも買って、映画のDVDも持っているのに、それでも映画館に再度足を運んだのは、エミー・ロッサムの歌声をもう一度大音響で聴きたかった…というのも理由の一つです。(他の理由は、豪華絢爛なセットを大画面で観たかったから…ってのが大きいかな?)

そしてこの映画をファントムの独壇場にしたのがジェラルド・バトラーの熱演。ってか、ファントム、格好良すぎですって。自分がもし女でクリスティーヌの立場なら、青い坊ちゃんのラウルなんかよりも苦労人でしっかりしている怪人を選んでいたでしょう(笑)。
原作小説のファンの方からは「これでいいの???」と怒られそうなほどに魅力的なファントムでした。

まぁミュージカルに関しては「突然歌いだすのが意味不明。苦手だから観ない。」なんて方も結構いらっしゃるようですが、食わず嫌いな方も、この作品ならとっつきやすいかと思いますので、機会があれば是非ご鑑賞ください。




    にほんブログ村ランキング登録中!
    是非是非 ↓投票↓ をお願いします♪
  (ブログ村のサイトに接続されれば投票された事になります)

    にほんブログ村 映画ブログへ




  ■オペラ座の怪人
    THE PHANTOM OF THE OPERA
    2004年・アメリカ/イギリス
    監督: ジョエル・シューマカー







Last updated  2012.03.30 22:12:33
コメント(10) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


これは映画館がいいです   P@毛玉 さん
私もDVDもってますけど、家で観るとやっぱり音響が物足りないです。映画館で観たときはオープニングのシャンデリアが色づいていってあのテーマ曲が流れるところで涙したものですが、家で観ると・・・ねぇ。なのでスクリーンで再見は羨ましい!
私もファントムを選びますね、圧倒的に。 (2008.12.10 23:45:15)

感動作ですよね   こゆきや さん
私もDVD持ってます。
確かに迫力が欠けるかも。
大画面・大音響の映画館で見れて良かったですね。

ミュージカルは苦手な方でしたが、今作鑑賞後からは苦手でなくなりました(笑)

私もファントムを選びます。
(2008.12.11 00:09:08)

ミュージカルシネマの最高傑作!   ねこんちゅ さん
もちろん私もDVD持ってます♪
↑のお二人様と同じ様に、やはり劇場観賞が最も相応しい作品です!
構成、演出、歌、すべて満点ですね!
ミュージカル嫌いな方にもオススメできる
“入門編”として最適だと思いますねー☆
しかし、“入門”で最高傑作を堪能してしまうので、
これ以外の作品が少しちっちゃく見えてしまう気も。
それだけ『オペラ座~』が素晴らしいって事ですけどね。

またリバイバル上映されたら必ず行きますね!

(2008.12.11 11:29:54)

やっと来た来たアハハ   うっちー さん
これはねぇ久々に何度か映画館に通った作品です。以前住んでいたミナミの部屋から上映してた映画館が歩いて5分もかからないというのもあったのですけどね。

エイミー好きですか…ボクはちょっと苦手wリリックな部分が微妙なんです。それにクリスってちょっと不思議チャンなキャラでしょ、エイミーのクリスは冷静すぎるんですよね。
それでも通いつめたのは、やはりジェラルドのファントム!こんなイケメンの怪人ならラウルよりええやん!!って思うくらい魅力的でした。舞台版と違って要所要所に懐古シーンが織り込まれたり、マダムジリーとの幼少期の思い出が描かれていたお陰でファントムが単なる変質者wでなくエレファントマンのように人間味溢れるキャラに昇華されたんでしょう。終幕間際の捨てられた子犬がすがるような「クリスティーヌ…アイ…ラァ~ヴ…ユー。。。♪」なんてところは、クリス&ラウルが極悪人に見えたくらいですもんウハハ

ラウルのパトリックは、舞台版「フルモンティ」などにも出演してるけど元々ラウルとういう役柄が見せ場が少ないので勿体無かったですね。

劇中劇も舞台版と比べてしっかり演出されていたのもGoodでしたね。終幕前のクリスを連れ去る「ドンファンの勝利」も少しアクションが派手に入ってドキドキワクワク。

そういえば「サンセット大通り」も映画化されるけど…どうなったんでしょうね。 (2008.12.11 13:08:44)

◆P@毛玉さん◆   scarecrow1970 さん
P@毛玉さん、こんばんは♪

>私もDVDもってますけど、家で観るとやっぱり音響が物足りないです。

そうなんですよね~。
自室のTV、5.1chの音響システムにしてあるんですが、安物なので(笑)、やっぱりイマイチ…。
映画館だと迫力が違いますもんね!

>映画館で観たときはオープニングのシャンデリアが色づいていってあのテーマ曲が流れるところで涙したものですが

あのシーンは背筋がゾクゾクしますよね~。さぁ始まるぞっ!って感じで。自分も好きなシーンです。

>私もファントムを選びますね、圧倒的に。

やっぱり、女性の意見でもそうですよね。 (2008.12.13 21:06:17)

◆こゆきやさん◆   scarecrow1970 さん
こゆきやさん、こんばんは♪

>私もDVD持ってます。確かに迫力が欠けるかも。
>大画面・大音響の映画館で見れて良かったですね。

これは本当にラッキーでした☆
昨年末(だったかな?)ぐらいに東京で、ニュープリント版が上映されていて、「東京はいいよなぁ~」と思っていたら、思いがけず自分の地元でも上映。
しかも入場料は『500円』だったんですよ~(ただし映画館のポイント対象外でしたけど)。

他の映画でも、こういう企画をやってくれないかなぁ~と密かに期待してます(笑)

>ミュージカルは苦手な方でしたが、今作鑑賞後からは苦手でなくなりました(笑)

ミュージカルは(舞台でも映画でも)、内容的に気に入った作品を1作でも観ると、そこから大丈夫になったりするみたいなので、これからは結構楽しめるんじゃないかな?

是非是非、もっと色々な作品を楽しんでください♪ (2008.12.13 21:22:21)

◆ねこんちゅさん◆   scarecrow1970 さん
ねこんちゅさん、こんばんは♪

>もちろん私もDVD持ってます♪
>↑のお二人様と同じ様に、やはり劇場観賞が最も相応しい作品です!

音響もそうですが、シャンデリアのシーンやら舞台のシーンなどの迫力が違いますからね。
この作品も含め、もっと色々な作品がリバイバル上映されるといいんですけどね。本文で書いたとおり、最近はなかなか機会が少なくって…。

今回は再度スクリーンで観られて、ラッキーでした。

>しかし、“入門”で最高傑作を堪能してしまうので、
>これ以外の作品が少しちっちゃく見えてしまう気も。

確かにそうですね(笑)、でもやはり第一印象が大事ですからね~。最初に面白くない作品を観ちゃうと「ミュージカルってつまらないんだな」と思い込んで、その後観なくなっちゃいますから(笑)

そういった意味で、この作品はオススメできますよね。

>またリバイバル上映されたら必ず行きますね!

ねこんちゅさんの地元でも上映されるといいですね♪ (2008.12.13 21:28:29)

◆うっちーさん◆   scarecrow1970 さん
うっちーさん、こんばんは♪

>これはねぇ久々に何度か映画館に通った作品です。以前住んでいたミナミの部屋から上映してた映画館が歩いて5分もかからないというのもあったのですけどね。

徒歩5分ですか! それは良い環境だったんですね~。
地元の映画館も、昔は全部自宅から徒歩圏内だったんですよ~、車の免許を持っていない学生時代は助かりました。

でも…郊外に大型のシネコンができて、他の映画館は見事に全て潰れてしまったんですよ…(涙)。
っていっても車で15分ぐらいの距離なんで、近いといえば近いんですが…。

>エイミー好きですか…ボクはちょっと苦手wリリックな部分が微妙なんです。

エイミー好きって訳でもないんですけどね(笑)
ただ、あの透き通るような綺麗な歌声は凄く好きですね。なんていうかな、耳ざわりが凄く心地良いって感じで。

>マダムジリーとの幼少期の思い出が描かれていたお陰でファントムが単なる変質者wでなくエレファントマンのように人間味溢れるキャラに昇華されたんでしょう。

これは映画ならではの演出で良かったですよね。舞台だと舞台設定上、あまり頻繁な場面転換はできないのですが、映画だと色々なシーンを差し込めるのがメリットですよね。
勿論、迫力という点ではやはり「生」が優勢なんですけどね。

>そういえば「サンセット大通り」も映画化されるけど…どうなったんでしょうね。

そうなんですか!?それは知りませんでした。
オペラ座…みたいに成功すればいいですけど、失敗
するとかなり悲惨ですからね(笑)。 (2008.12.13 21:39:13)

あけましておめでとうございます~。   miyu さん
旧年中はたいへんお世話になりありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いしますね。
新年最初の映画記事はこちらにしました。
確かにジェラルド・バトラーのファントムは
ホラーじゃないですよね~。
素敵過ぎです(´▽`*)アハハ
(2010.01.02 21:16:19)

◆miyuさん◆   scarecrow1970 さん
miyuさん、こんばんは♪

今年もよろしくお願いします。
ってか、今年こそは宜しくお願いします…。
昨年は酷過ぎましたので…。

>確かにジェラルド・バトラーのファントムは
>ホラーじゃないですよね~。
>素敵過ぎです(´▽`*)アハハ

そうなんですよね。どうしてクリスティーヌに選ばれなかったのか不思議なぐらいです(笑)

ジェラルド・バトラーが格好良すぎたので、ラウル役のパトリック・ウィルソンは少々気の毒でした。

でもパトリック・ウィルソン…ここのところ頻繁に映画で見るのですが、未だに名前がスッと出てきません。
昨年「ウォッチメン」でも「パッセンジャーズ」でもスクリーンをみつめながら『この人…名前なんだっけ???』と悩んでました(笑) (2010.01.03 23:11:17)


© Rakuten Group, Inc.