000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SCARECROW'S ROOM

PR

Profile


scarecrow1970

Recent Posts

Free Space

Freepage List

Category

Calendar

Favorite Blog

可愛いだけじゃない… New! 虎党団塊ジュニアさん

チョコレート&バナナ… 吟遊映人さん

きや箱 温泉ソムリ… こゆきやさん
映画とお酒にリスペ… ムービードランカーさん
MoonDreamWorks rikocchinさん
おきらく楽天 映画… tapomushi12さん
Nice One!! rose_chocolatさん
tekinosukeの映画&… tekinosukeさん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:カポーティ(03/20) buy generic viagra cialisordering infor…
http://viagraessale.com/@ Re:カポーティ(03/20) kann man viagra jeden tag nehmen <a…
★しんぽん★@ Re:2009年ダイジェスト その3(02/06) scarecrowさん、こんばんはー。 お知らせ…
scarecrow1970@ ◆しんぽんさん◆ ★しんぽん★さん、こんばんは♪ 今年もよ…
★しんぽん★@ Re:2009年ダイジェスト その1(01/01) 遅ればせながら、明けましておめでとうご…
scarecrow1970@ ◆miyuさん◆ miyuさん、こんばんは♪ 今年もよろしく…
scarecrow1970@ ◆tapomushi12さん◆ tapomushi12さん、こんばんは♪ 今年も…
tapomushi12@ Re:2009年ダイジェスト その1(01/01) 明けましておめでとうございます♪ 今年も…
2009.10.16
XML
奇


★大人の為の、温かくほろ苦いファンタジー映画です★


二枚目俳優(死語)やセクシー(死語)な女優さんはオスカー受賞に苦労する…そんなジンクスがあります。
有名な例としては…かつて「セックスシンボル(死語)」として名を馳せたマリリン・モンローは、演技派女優として認められたいために努力を重ねたのに、世間は彼女の顔や体やスキャンダルばかりに注目し、全くオスカーに縁がないままこの世を去ってしまいました。

あっ…例えが古すぎました???

じゃあもうちょっと新しい(?)ところで…。のちに監督として、また後輩の育成に対して賞を貰ったロバート・レッドフォードも、多くの話題作・ヒット作で熱演したものの、俳優としてはオスカーの受賞には至っていません。

若い頃「レッドフォードに似ている」と言われた事のあるブラッド・ピットも、今のところオスカーは手中にしていません。

ってなわけで、そんなブラピが、数奇な人生を辿った男を熱演したのがこの作品、「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」です。(なんか強引な前振りですねw)


~STORY~

第一次世界大戦末期の1918年、ニューオーリンズの町でひとりの男の子が生まれた。しかしその赤ん坊は、まるで80歳の老人のような年老いた姿だった。
驚いた父トーマス(ジェイソン・フレミング)は、その赤ん坊を老人養護施設の前に置き去りにしてしまう。赤ん坊は施設を営む黒人女性クイニー(タラジ・P・ヘンソン)に拾われ育てられる。

彼はベンジャミン(ブラッド・ピット)と名付けられた。ベンジャミンは成長するにつれ髪が増え、皺が減り、歩けるようになり、弱かった視力や聴力も良くなり…そう、普通の人間とは全く逆で、徐々に若返りながら成長していった。

そんな中、老人姿の少年ベンジャミンは一人の少女と出会う。彼女は施設入居者の孫娘で6歳の少女デイジー(エル・ファニング、のちにケイト・ブランシェット)。
幼い友情が芽生えた二人、それは複雑に絡み合う人生の始まりだった…。



1

実話ではありえないストーリー…という意味ではファンタジーと言えるのですが、登場人物たちの気持ちを考えると心がヒリヒリする、甘くない、大人向けのファンタジーとでも言えば良いのでしょうか。

4

主人公のベンジャミンだけではなく、色々な登場人物の気持ちに感情移入してしまって、切ない気持になりました。
同じ時の流れを生きている筈なのに、同じように年を重ねていけない…ベンジャミンの苦しみはもちろん一番大きいのですが、彼を捨ててしまった父親の気持ちも、育ての親となったクイニーの気持ちも、そして本人以外では一番辛い思いを重ねる事になってしまったデイジーの気持ちも…。

2

さて、この作品で主人公を演じたブラッド・ピット。個人的には過去の出演作品で一番良かったんじゃないかと思いました。アカデミー賞ノミネートにも納得。

で…前振りの話に戻ると…ブラピってルックスで損しているかも…って思った作品でもありました。
初期の老人姿や中年姿役は観ている時に凄く良かったのですが、若返って青年になった姿…バイクに乗ったシーンなどをみた時に「あ~やっぱりブラピって凄く格好いいよなぁ~」と、それまでの熱演していたシーンが全部吹っ飛ぶぐらいに感心しちゃったんです(笑)。
演技よりも容姿に目がいっちゃう…これは或る意味仕方ないんでしょうね。

3

デイジーの大人時代を演じたケイト・ブランシェット。格好いい女優さんですよね(女性に格好いいと言うのも失礼かもしれませんが、最大限の褒め言葉のつもりです)。
特にベンジャミンと年齢が交差してしまった後のシーンの彼女の表情とか、凄く良かったです。本当にいい女優さんですよね。

その他、マイク船長を演じたジャレッド・ハリスや、ベンジャミンと出会う女性エリザベスを演じたティルダ・スウィントンが出てくるシーンなど、それぞれのエピソードも良かった。

これは温かい気持ちにもほろ苦い気持ちにもなる、凄く印象に残る物語でした。




   ↓にほんブログ村ランキング参加中! 
    応援クリック、宜しくお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ




  ■ベンジャミン・バトン 数奇な運命
   THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
   2008年・アメリカ
   監督:デビッド・フィンチャー
   
   オフィシャルサイト(2009年月10月現在)… http://wwws.warnerbros.co.jp/benjaminbutton/



【DVD】ベンジャミン・バトン 数奇な人生


【Blu-ray】ベンジャミン・バトン 数奇な人生







Last updated  2009.10.16 22:15:51
コメント(0) | コメントを書く
[映画鑑賞(映画館・09年)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.