000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

セイラ の庭

セイラ の庭

PR

2022.05.03
XML
カテゴリ:空蝉
連休の1週間前に、八重山4島を巡ってきました。この頃には、コロナ6波も収まるだろうという見込みで予約してあったのですが、7波の真っ只中に飛び込んでいくことに……でも、もう、キャンセルはできないから、行くしかない!
というので、完全防備で行って参りました。未だ体調に変化はないので、どうやらセーフだったようですが。

少し肌寒い雨のセントレアを発ち、2時間半で石垣空港に降り立つと、そこは30度、もう真夏の世界でありました。 みんさ織りの工芸館を見学し、ひょうきんな顔をしたシーサーの写真を撮って、この日はおしまい。






2日目は、竹富島に渡りました。石垣港からフェリーに乗ったのですが、海上保安庁の巡視船が港に5隻、海上に3隻いました。名古屋港でも見ましたが、1隻で、もっと小さな船でした。
ああ、そうか、尖閣諸島は石垣市の一部だったんだ、と改めて気がつきました。この、のどかで美しい海も、守られてこそなんですよね。ご苦労様です。






さて、守られている私は無事に竹富島に渡り、まず、星砂で有名な皆治浜で遊んで、星砂5個見つけました。今は少なくなって、5個でも見つけられたら幸運なんですって。





それから、島で最も美しいというコンドイビーチをバスの車窓から眺め、ああ、ここに何日か滞在して、あのビーチで終日のんびり過ごせたらなぁ……新しい物語が浮かんできそう、と思わず空想してしまった私でした。次回は観光ではなく、滞在型の旅行にしようっと。





そして、赤瓦と珊瑚塀でできた沖縄情緒あふれる集落へ。








竹富から石垣のホテルに戻り、夕食は町に出て、地元のスーパーで、沖縄らしいものを買って食べてみました。柏餅のような形のお握りとか、島野菜のソテーとか。味付けに何か柑橘類を使っているのか、なかなか変わっていて良かったです。

実は、今回のホテルはビュッフェ形式の朝食内容が売りで、夕食が出たのは一度だけ。あとは、島内の店で自由に食べるというツアーでした。島の実際が分かってgood。
ホテルの朝食は品数も味も素晴らしく、大満足でした。3連泊しましたが、私のお腹の容量では全種の味見はできず、残念。あのスムージー、飲んでみたかったのに。
食べ物が出ると、食べることしか頭になくなる私のこと、まして、いろいろ選ぶとなればね。で、例によって写真は無しです。

では、旅の後半は、また、次回に。






Last updated  2022.05.03 14:20:27
コメント(0) | コメントを書く
[空蝉] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.