013906 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

schirassのブログ

PR

X

プロフィール


schirass

カレンダー

バックナンバー

2021.10
2021.09
2021.08
2021.07
2021.06

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018.12.13
XML
カテゴリ:かんがえごと
東京医科大の入試で女子の受験生が入りにくくなってるっていう件。
あれに端を発してその後他大学の医学部でも同様の操作をしているということが話題になっていた。

医療の現場を考えると、世の中に医者が毎年何人生まれるかは医師国家試験によって制限されているので(あれって基準点を満たしたら合格じゃなくて、上位90%の人数まで合格って決めてるんだよな。年によって試験の難易度が当然違うから、合格者数のバラツキを吸収するための措置なんだろうけど、人数制限にも使えてしまうという)、現場としては予め決められた人数の中で医師の稼働率をいかに上げるかってコントロールをするしかない。

で、おそらく現場→医局→大学という流れで「使える医者をよこせ」という伝達がされて、その結果として「妊娠出産育児でリタイアしない男性医師をできるだけ多くくれ」という要請が大学に来る。その入り口は医学部受験になるので、ここを絞ることになる。その結果、いま問題になっている現象になるわけで。

で、残念なことに世の中では受験そのものの公平性に焦点を当てて「女子の受験生が今まで受験勉強を頑張ってきたのに、医師になる夢をつぶされてしまい云々」という意見が少なくない。

これが医療系の学部じゃなかったらね、話はそんなに難しくなかったんだよね。だって希望する学部に合格したところでそれが就職に直結しないから。大学としては「どうぞどうぞ好きなだけ学んでください、就職は自己責任でね」で済んだはずだった。「博士が100人の村」みたいに行く末は自殺か行方不明なんてことになっても大学は何も困らなかった。でも医学部、歯学部、薬学部、看護学部あたりってさ、卒業と国家試験と就職がほぼほぼイコールでしょ。完全にイコールとは言わないけど。その学部に入ったら最後、ドロップアウトとか国試浪人しない限り就職が保証されてるでしょ。だから、医学部合格者はこんな人です、ってのはそのまま6年後の研修医はこんな人ですって言ってるようもんで。

医局の先生からしたらたまらんよね。女子かぁ…てことはこいつ6年後研修医になって、その数年後に何割かは戦線離脱しちゃうじゃん(その後復帰するとはいえ。でもこの少子化のご時世で4人子供産んでるような女医もいたりするから復帰いつだよなんて話もありそう)…っていう見え方になるもんね。で、戦線離脱されたとき、現場にいる男性医師や小梨女医がその穴を埋めるべくハードワークを重ねる。要求される仕事量と、供給できるマンパワー、さあどちらが大きいか?聞くまでもない。医者が過労で死ぬか、患者が相手してもらえず死ぬか、さあどっちだ?俺にはそれくらいの深刻な問題に見えている。

女の子の夢を潰すのと、医者や患者の命を落とすのと、どっちが重いんだろうね?医学部受験の女子冷遇を叩いてる奴なんてみんなブラック企業の経営者にしか見えないよ。

そして根本原因は医師不足なのでその対応としてはだいたい↓くらいだろうか。
・医者を増やす。医療費が増えるので税金を増やす
 →みんな貧乏になるね
・医者を増やす。医療費が増えるので他の公共サービスを削る
 →貧乏にならないけど生き辛くなるね
・医者を増やす。医療費を増やしたくないので医者の一人当たりの給料は減らす
 →割に合わない分、医者になりたい人が減るから、結果的に医者減るかも
・医者を増やさない。要求される仕事量は血ヘド吐いてこなす
 →医者死ぬね。結果的に医者減るね
・医者を増やさない。供給できるマンパワーの分だけ仕事をこなす
 →延命治療がされなくなったり、ちょっと風邪ひいただけの奴が門前払い食らうね

きっと受験云々で文句言ってる人もこのくらいは考えてるんだろうな。







最終更新日  2018.12.13 17:43:33
コメント(0) | コメントを書く
[かんがえごと] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.