000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

schirassのブログ

PR

X

プロフィール


schirass

カレンダー

バックナンバー

2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.05.12
XML
カテゴリ:日常
誰の音楽が好きとかいうことはなく、色んな人の音楽を聴いてる。
ここ数週間ずっと同じアーティストに脳内ジャックされっぱなし。
ふと口ずさんでしまったり、ずっと脳内で鳴り響いてたり。なんなんだこれは。

水曜日のカンパネラ。

たまたまアルバム1枚だけあって、それをたまに聴いてた。
初めて聴いたのはだいぶ前だし、それまでも同じようなペースで聴いてただけなのに。
なぜか先月から脳内にその音楽が居座り続けて離れていかない。

そんなわけでその脳内ジャックしてきたアルバムについて書いてみる。



曲名:
 1.アラジン
 2.坂本龍馬
 3.一休さん
 4.オニャンコポン
 5.チンギス・ハン
 6.チャップリン
 7.オードリー
 8.カメハメハ大王
 9.世阿弥
 10.アマノウズメ

アラジン。こいつはヤバい。何かアラジンって名前の架空のホームセンター?の、架空の商品?の宣伝みたいなことを言ってる。延々と架空の世界について語ってそのまま終わってしまう。なんだけど曲がすごくいい。音がすごく好き。2分22秒から3分5秒あたりの音が特に。変な歌だよなぁって思ってると曲がどんどん格好よくなっていく(すっきりした感じになっていく?)感じ。とてもいい(語彙力なし)。

坂本龍馬。1曲目を聴いた後にいい感じの格好いい前奏で入って行くんだけど、やっぱまた変なこと言いだした…。レキシかよ、と。けど、よくよく聞くと言い回しがいちいちおかしい。そして曲はひたすら恰好いいまま。曲中で「さかーもとー」って言ってたりするんだけど実際に名字が坂本な人はこれどんな気持ちで聴くのだろう。

一休さん。「とんち聞かして、とんち聞かして…トンチキ騒ぎさ」ってフレーズが出てくるんだけど、妙に語呂が良くて。よく考えたらトンチキ騒ぎってなんだよって話で。そして1分39秒~1分54秒のちょっとした間奏がとても心地よい。最後にはやっぱり格好よく聴こえてきているという謎。ダマされてんじゃねーか俺、という。

オニャンコポン。猫カフェの猫についてひたすら語る話なんだけど、猫じゃなく神様なんだとかなんとか。どういうことなのかと。なお途中でニャホニャホタマクローが出てきたりもする。久々に聴いた、その名前。そして曲はやっぱり格好良い。しかし曲名からして一体どういう意味なのかと思い、今ググったらアフリカの神様の名前だった。あーそれで猫なのに神を名乗ってたのか。

チンギス・ハン。ジンギスカンという架空の定食屋(?)について延々と語るお話。多分食レポしたらこんな風になるんだろうなっていう感じでメニューの紹介をしたり、兄弟店オープンの話をしたり、衛生面に気を付けてる話したり。全部架空だろうに(と思って聴いてるんだけど)。なぜ曲名はチンギス・ハンなのに曲中ではジンギスカンなのかも謎。しかしこの曲のインパクトが俺の中で一番強く、脳内ジャックを最初にかましてきた曲。「この店の名前覚えとけジンギスカン」ってフレーズがガンガン脳内で鳴り響くのです。覚えたわ。

チャップリン。何かの料理を作っているらしい…けど分からない。とりあえずね、すっごい混ぜ混ぜしてるんですよ。混ぜ混ぜ。混ぜ混ぜ。その声が可愛い。そして2分52秒、最後のほうなんだけどやっぱり最後格好良い音で終わるという。

オードリー。最初から恰好いい音。3連休の喜びを表した歌っぽい。しかしこれも途中からさらに曲が格好良くなり(歌詞は変だけど)、2分2秒あたりから曲調がちょっとだけイイ感じに変わり、2分33秒あたりからは歌も何故か悲痛な歌い方に一瞬だけなったりして味わい深い気もする。恰好いい(歌詞は変だけど)。

カメハメハ大王。(アホな意味で)ヤバい人が(普通に困った)ヤバい状況に陥るお話。ヤバい状況になるたびに汗かいちゃうんだけど腋の下はサラサラですっていう。何か腋汗パッドの商品の宣伝かと思った。「ちょっとワイキキでワイに危機迫る」ってダジャレでサビ4回も歌うあたりヤバい。これも相当脳内ジャックされた曲の一つ。

世阿弥。すごくレキシ感あふれる1曲。イエスノー枕(「Yes能枕」らしいけど)とか久しぶりに聴いた。多分これ以降生きてても聞く機会ないんじゃないかな、この言葉。充分変なこと歌ってるんだけど他の曲のインパクトが大きすぎてあまり気にならなかった。

アマノウズメ。どうしてディスコと高天原って言葉を並べようと思ったのか。不思議すぎて。神様たちが踊ってるってことなんですかね、歌詞の内容を解釈すると。けど歌詞が変なのに曲も歌い方も最初から最後までずっと恰好いいまま。

あとアルバム全体を通じて。この人の歌い方の特徴なのか、このアルバムの中でだけそうしてるのか分からないけど、何曲かは訛ったラップするんだよね。それがすごく格好悪くて最初すごく引っかかる感じだったんだけど、今ではもはやそれがクセになる味わい。







最終更新日  2019.05.12 08:00:09
コメント(0) | コメントを書く
[日常] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.