012525 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

schirassのブログ

PR

X

プロフィール


schirass

カレンダー

バックナンバー

2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.05.03
XML
カテゴリ:趣味
日ごろからHIPHOPを好んで聴いている。
もう20年は聴いている。
なのでyoutubeのおすすめされる動画にもだいたいそれっぽいのが来るんだけど。
CreepyNutsあたりを観ていると梅田サイファーに当たったりするんですね。
ずーっと前に梅田サイファーの「マジでハイ」という曲に当たったんだけど、
今回も似たような感じで「梅田ナイトフィーバー'19」という曲に当たって。

これですね。


自分なりの梅田サイファーの理解とか印象とか


梅田サイファーというメンバー不定のラップ好き集団が大阪に存在していて、
その主要メンバーたちが集まって、
ポッセカット的な曲を作ってはこうしてリリースしている。
以前俺が抱いていた印象としては
「サイファーしまくってスキル上がって結果バトル上手くなって色んな人を輩出してきた集団」
という感じで、全員で集まって曲作るような人達ではないんだろうと勝手に思ってた。

この曲に関して


メンバーがね、野球チームに扮してるんですよ。野球チームなのに8人しかいねえけど。
みんな思い思いの背番号付けてる。多分何かしら本人にとっては意味があるんだろうな。
ちなみに最初に見たときはとにかくこの「謎の高校野球ドラマ風世界観」が気になりすぎて、
リリックは全然頭に入ってこない。
とりあえず情報量が多すぎるからなのか曲自体の中毒性なのかはわからないけど、
何度も何度も観直してしまう。

参加者とその活躍

どっかでありそうなネタがちりばめられていて面白い。
なお敵チームも豪華出演陣。

1番ショート テークエム
 pekoが気絶(ボールぶつかったのかな)から目覚めるところから始まる。
 そしたら絶対こんな高校生いねえだろって怪しい男が学ラン着て出てくるの。
 それがテークエム。
 pekoを起こすんだけどボード見たら138対7という大量失点。
 愕然としてpekoは崩れ落ちる。
 というかボードに書いてるチーム名が「敵」と「梅田」。
 「敵」ってどんなチーム名だよw
2番サード KennyDoes
 普通に格好いい姿を見せている。
 ショーバン取ってて偉いなって思う。
3番セカンド KOPERU
 学ランが似合う。そしてすべてがおかしい。
 「秘打 白鳥の湖!」
 「ピタッ」
 いや、ピタッって。
 あと、千手観音のように手が何本も出てきてしっかりボールをキャッチ。
 キャッチ直後の無表情な顔がたまらなく面白い。
 なお2回目の登場では別の技を魅せてくれる。
 「秘打 コペルの輪舞曲!」
 「カッ」
 いや、カッって。
4番ファースト R指定
 この中で一番の有名人だから4番なんだろうか。
 1回目はスライディングして敵チームキャッチャーの晋平太に止められる。
 2回目はスライディング成功して晋平太がくやしそうな顔してる。
 なお登場するたびに名前が出るが表記がだんだん変わっていく。
5番キャッチャー KZ
 梅田サイファーのまとめ役らしい(リアルに)。
 本読んだりサイン出したり知的な司令塔感を出してる。
 なお敵チームバッターの歩歩にピッチャー返しをされてpeko倒れる。
6番ライト ふぁんく
 多分ふぁんく少年が野球チームに入る前の回想なんだけど、
 グラウンドの中を学ランでおにぎり食べながら歩いてたらボールが転がってくる。
 それを拾って投げ返すも思いのほか飛距離が出て野球チームのメンバーがびっくりする。
 という、どっかでありそうなやつね。ふぁんくの見た目のイメージにも近い感じ。
 でも俺的には長打をぶっ放すイメージだったなぁ。
 なお、何故メンバーじゃない人がグラウンドの中をおにぎり食べながら歩いてたのかは謎。
7番センター KBD
 夜のグラウンドで学ラン着て一人でラップしてる姿はカッコイイ。
 また、グラウンドの端っこまで飛んで行ったボールをジャンプしてギリギリ獲るやつ。
 どっかでありそうなやつね。
8番ピッチャー peko
 敵チームピッチャーのERONEを相手に打席に立ち、いいヒットをかます。
 そして最後変顔しながら火の玉(物理)ストレートを放つ。
 火の玉ストレートは海を越え山を越え、てこれもどっかでありそうなやつね。

ああ、9番レフトがいねえんだ…。

曲自体の感想

1.テークエムのバース
2.KennyDoesのバース
3.KOPERUのブリッジ
4.R指定のフック
5.KZのバース
6.ふぁんくのバース
7.KBDのバース
8.KOPERUのブリッジ
9.R指定のフック
10.pekoのバース
11.R指定のフック×2(間にちょっとpeko)
という構成になってる。
テークエムの声がいい。とにかくいい。フリーダムな感じがいい。
KennyDoesはカッコよく決めてくる。
KOPERUが来ると声質もあってか華やか(これはラジオで作者も言ってた)。
んでその後のサビを予感させてくれる感じもあって「来るぞ来るぞ」って感じになる。
そしてR指定が来て「来た来たー」ってなる。なおサビなので当然中毒になる。
KZが出てくると声質もあるのかちょっと落ち着かせてくれる。
さあ気を取り直してラップするか…みたいな。
ふぁんくは難しいラップしてるなぁ…と思いつつ落ち着いて聞く。
KBDがその声の勢いで、聴いてるほうをノせてくれる。
のってきたところでまたKOPERU登場でさらにアがり、R指定がまた歌う。
最後の男pekoが出てきて、さあラスト来るぞ来るぞって心の準備させて、
もう1回R指定が歌う。この流れよ。素敵。

というわけで、面白い曲ですよ。

これに入ってる。







最終更新日  2020.05.03 08:00:07
コメント(0) | コメントを書く
[趣味] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.