スクランド日記

フリーページ

2004年06月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 小市民伯爵さんのブックマーク「少年犯罪データベース」を見せてもらった。(末尾参照)

 少年殺人は朝鮮戦争が終わった頃にピークに達し、それ以後減り続け、’80年ごろに底に達する。これは日本が貿易No.1になった頃だと思う。
 ここまでの時期は、犯罪組織が絡んでの部分もあるかもしれない。

 その後低調だったが、金融ビッグバン以来、増えているようだ。
 ただ、そういう流れとは別のものだろう。
 衝動的な小学生の切りつけ事件というのがしばしば起きてはいる。

 なぜか、小学4~6年の少女の殺人というのが何年かに一度くらいある。
 ほとんどが衝動的なもので、一件のみが計画性を持つ(昭和54年(1979).10.11)
 近似の例も合わせると、昭和40年以降に7件ある。

 皮肉なことにこの年令の少女による殺人は、ある程度経済が豊かになってから起きている。
 そしてバブルがつぶれて以降は起きなかった。景気回復が言われる今ごろ、経済困難がなさそうな子供の間で起きたのは皮肉。(意味があるのかどうか知らない)

 少年犯罪の中で13才(中一~中二)以下の殺人は、平均2~3人程度か起きている。にしても小学生の殺人の殆どは粗暴さによる衝動的なものだ。
 小学5、6年を思春期に含めて中学と一緒にする、というのが年齢に応じたやりかたにも見える。そういう議論がもともとあったのだ。

 ただ、
 今回の場合が異常に思える理由は、犯人の子がそういう粗暴さとは縁のなさそうな子にしか、今も見えないということだ。
 衝動を感じるというのと、実行するいろいろの手順や動作とは別だ。だから計画的犯行はかつて一件しかないのだ。
 思春期心理パターンを広げて解釈するにしても、それだけで説明はつかないだろう。

 なにしろ、完全犯罪をたくらもうとした手口ではない。
 学校の中で、放課後以前に、ナイフを使うというのは、一種の「趣味」が入っていないと選ぶわけがない。
 その意味で明らかにこれは、15禁バーチャルの犯罪だ。 
 そういえば酒鬼薔薇という名も、被害者の父親は、「いかにも少年劇画世代の感覚」だと言っていたそうだ。

 あの事件では、都会の闇がなくなったのが原因だという説が出たり、学校長は「時代に関わらずああいう稀な子は予想もつかずに現れると思う」と言っていた。
 あらゆる解釈を超えて、事態はただ進行していく。

 「病気があるのではない。病人がいるだけだ」 (病気≒犯罪心理。病人≒時代・世代の日本人)
というのがもはや当たっているだろう。

 酒鬼薔薇にせよオウムにせよ、日本人の心を悪くしようという、霊的陰謀があるという話は、オウムの少し前からある。
 霊的はともかく、そういうふうな予言はされているということ。見る者が見ればそれは予想できることらしい。
 日本の集合意識から問題が生じているという視点が必要なのだろう。

 これは、個人としては逃げて考えてる――のでは決してない。
 まず自分から・・・とだけ思うことの方が逃げかもしれないし。


参考資料
少年犯罪データベース
比較のための選択例 

少女の殺人事件 からの戦後の同類
昭和40年(1965).4.11〔中1女が強盗で包丁で切りつける〕
昭和43年(1968).6.26〔小5女が赤ちゃん連れ去り〕
昭和50年(1975).12.21〔小5が女店員を刺殺〕
昭和53年(1978).4.20〔小6女子が強盗〕
昭和53年(1978).8.26〔小4女子が嬰児殺人〕
昭和54年(1979).10.11〔小4女子が友達を13階から突き落として殺害〕
昭和61年(1986).9.7〔小4女子が幼女殺人〕

異常犯罪13歳以下の犯罪 から昭和40年以降の同類

昭和44年(1969).12.24〔小学生5人がリンチ殺人〕
昭和46年(1971).4.〔バカといわれたことに激昂し幼女をナイフで刺殺した事件〕
昭和47年(1972).6.5〔小5が殺人〕
昭和52年(1977).1.13〔小6がいたずら殺人〕
昭和53年(1978).10.28〔小6が仕返し殺人〕
昭和54年(1979).5.14〔小6の強盗殺人〕
昭和54年(1979).10.27〔小6が幼女をいたずら殺人〕
昭和55年(1980).2.2〔小1がイタズラ騒がれ幼女殺害〕
昭和58年(1983).10.〔小6がナイフで少女刺す〕

比較から外した何か示唆的なもの
昭和33年(1958).5.18〔中2がエロ本で興奮して通り魔〕
昭和39年(1964).10.10〔小5がプロレスごっこで弟死なせ自殺〕
昭和40年(1965).2.17〔小2が同級生をつり下げ〕
昭和42年(1967).11.1〔小6が教師に反抗し3階から飛び降りる〕
昭和46年(1971).2.10〔級友をケガさせたと小6男児自殺〕(←昭和46年(1971)の少年犯罪)


トラックバック先
朝顔のスマイル~
気まぐれ日記~
私の経験から~







最終更新日  2004年06月07日 13時17分44秒
コメント(4) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


素ー

お気に入りブログ

クリアーの鳥 如月の弥さん
アートStep 水彩画&… 卯月はじめさん
かりん御殿 かりん御殿さん
くさむしり ネコのケツさん

コメント新着

 さくら・Y@ Re:こんにちは 読んで頂ありがとうございます。素一さん…
 sakuma  masao @ 9/12発信毎日新聞委員会「大きな声では云えないが、天皇に定年を」拝見 本文とタイトルの毎日新聞記事読んだ。 …
 素ー@ おやおや、それはそれは SERA10さん >素ーさん >>SERA10さ…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.