スクランド日記

フリーページ

2004年06月11日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 (リアリティとは:末尾追加参照6/14) 

 一昨日までのネット新聞、新聞、週刊ポスト、週間文春、(ちょっと資料相互に違いがある。)
 ざっと見たところ。

A子の状況順序
 幼い頃父親が一時働けなくなる、→ バトルロワイヤル、父親が仕事に復帰したのがその頃か、→ ミニバスケット部、→ HP(時期が資料によってちがう)、→バスケット挫折、→ 問題?行動、クラスの悪口、バトルロワイヤル小説、→ 体重トラブル、→ HPでけんか、→ 計画と実行、→ 頭を踏みつけて手の血をぬぐった後、返り血だらけの服でクラスに戻る、・・

怜美さん
 母親が闘病を長く続けて死去、→ 父親を慰めるなど、→ 転校(小学四年の始め)、→ 友人は多くできる、・・

環境
 5年のときからクラスがばらばらになったという。
 交換日記などが流行るというのか重視されていたらしい、?


 これで見ると、バトルロワイヤルが早い。
 小学四年の頃に愛読書がバトルロワイヤル、で実際に始めて見たのはどのメディアをいつだ?
 父親が仕事に復帰できたのは2年ほど前。つまり小学四年になった頃。それまで不安が続いていただろう。

 それが性格の歪みを生んだとは言わない。
 ただ、これは幼い頃のすりこみに近くないか。
 リアリティの中に、殺人シーンが入り込んでいる可能性がある、ことの結果からすれば。

 酒鬼薔薇のとき、精神鑑定の結果はサディズムだった。
 しかし今度の場合なんという結果が出るとしても、その程度の心理解説でわかったことになるものか?
 こういう傾向が強くあります、でしかしそれで実行できるのか?

 殺人‘できてしまった’というのは、 
 バトルロワイヤルが種じゃないかと思うのだ。
 複合はかなりいろいろありそうだけど、ここで暴発しなければその種も想像世界の中に自然に入り込み、一生いい人で過ごせただろう。

 誰が見せたかなんて、言わないこと。映画館に好奇心か冒険心で入ったこともありうるし。立ち読みしたら防げまい。
 

追加注意: リアリティ
 この日記で書いているリアリティとは、感情や思いの生々しさではなく、動こうとすればそれができてしまう 「身体行動の慣れているかのようなリアルな感覚、知っているかのような潜在行動力」 のことです。
 殺意欲望自体が貯めこまれていた、と言ってるわけではありません。

 なんか誤解されてないか? という気がするもんで。






最終更新日  2004年06月14日 15時07分59秒
コメント(11) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


素ー

お気に入りブログ

クリアーの鳥 如月の弥さん
アートStep 水彩画&… 卯月はじめさん
かりん御殿 かりん御殿さん
くさむしり ネコのケツさん

コメント新着

 さくら・Y@ Re:こんにちは 読んで頂ありがとうございます。素一さん…
 sakuma  masao @ 9/12発信毎日新聞委員会「大きな声では云えないが、天皇に定年を」拝見 本文とタイトルの毎日新聞記事読んだ。 …
 素ー@ おやおや、それはそれは SERA10さん >素ーさん >>SERA10さ…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.