スクランド日記

フリーページ

2004年07月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
展開
                       8/6改訂部は青字にしています
 母の闘病生活。
 でも母はいつも明るくしていた。
 みんなが感心していた。
 私はそんなお母さんの子だから。

 父ちゃん兄ちゃんみんな元気を出して。
 心の病気になんかならないで。ファイト。

 お父さんが転勤を決める。私たちといっしょにいるためらしい。
 どっちかというと兄ちゃんよりも私のためだね。
 私も将来出て行くまでは、大事にしてあげよう。

 小学四年生転校。

 五年生、バスケット部に入る。
 自分に合ってると思ったけど、けどああ拘束されるのはいやだな。
 背が高いからって有利に見られるのもつ合が悪い気もするし、今一つ闘志も湧かないし、家事もあるし、やめる潮時か。

 ネットで、実際に会う以上に親しく知り合える面があったり、何かができることがあるって面白そうだ。
 セリフでいろんな人になれる声優とどっか似てるな。
 HPもってやってみようか。

 A子が詳しいらしいし、ちょうどいい。 

 なかなかA子には、詩のことといい刺激されるわね。面白いわ。
 生死か・・・私の見方は違うわね。
 両親の事情は私と違うし。

 バトルロワイヤルねえ。趣味がホラーだからねえ。興味ないなあ、ああいうのは。
 で、教室のみんなをネタに殺し合い小説を書こうって・・・あんたそりゃ今の言動からして疑われるよ。あんたの能力を妬んで悪いうわさを流されることだってありかねないし。
 他の子交えて、いっしょに小説を作るってのはどうだろね。

 ついでに交換日記にもね。ちょっと孤立気味よ。こういうときは文章がいいと思うな。

 誕生日のカードに、いつまでも友達でいて欲しいって。お祝いの弁だからかな。
 わかった。任せなさい。

 親友がちょっと他の子にとられた感じ・・まいいわ。しゃくだけど。

 A子の交換日記の書きこみが他の子にちょっときついというかひどいというか、ちくっと私が書いとかなきゃ。他の子が文句を言う前に。

 ---(揉め事があったらしいがよくわからない。情報ちがいか?)---。

 重いって言ったのを謝れってねえ、あんたあたしの体重(!)をどう思ってんの。
 理屈に合わないのに謝る気はないわね。
 私はあんたをかわいいといってたはずよね。で、私よりずっと軽いあんたが、より軽くなりたくて、私に謝れっていうわけ。
 ここまで無茶になってたとは。

 小説がうまくいかないストレスかな。

 ちょっと人に言われたらどう思うかを感じてもらわなきゃ。
 面と向かって口ではきつくても、文字にすればまじめに冷静に考えられるでしょ。小説家志望なんだから。
 ほんの少し微妙にネ。

 不満があるのはわかるしもっと不満のもとにぶつければいいんじゃないか。私はそうしてる・・・というか不満以前に知らずに天然でぶつかってるかもしれないけどね、へへ。
 自分が猫を被るストレスでああなっているんだとも思うから、もっと自由になればいいんじゃないかな。
 よし、「ことば使いがぶりっ子よ」、こんなもんか。

 りこうなんだから、いろいろわかってくれるでしょ。ちょっとまじめに考え始めればいいだけよ。平和主義が好きで利己主義が嫌い、だったはずだからね。

 あちゃ~、HPを消してしまうとは。あの子の赤ん坊じみた未成長にもあきれるわね。
 ま、そんなものにこだわりゃしない。
 こういうのはみんなどう思うだろう、と感想を募集しよう。
 ちょっと横から見てて反省しなネ。ケッケ・・・ホッホッ

 ・・・・・・文字は逆効果にしかならないのかな。
 みんなも交換日記から外れると言ってるし、・・・しばらく実際の口でだけ話すようにするかな。
 頭を冷やすべきね・・・

(この↓ブロックは取り消しにつき、白反転)

  しかし・・・ちょっと交換日記から外さないといけないかな・・・ま、しようがない。
 ほとぼり冷めればすむことよ。
 とくにA子の頭がまともに戻ればね。
 私はずっと友達なんだから。


 こういうときには・・・・新しいネット友達を増やして、転換してみるとヒントが湧いて来たりする。
 1箇所に留まってちゃまずいね。気分も頭も新鮮に。天然が私のポリシーなんだから。
 サークル加入を申し込もうっと。



-------------------------
 あらゆるリスクは、それを超えれば大きな成果となる。
 怜美の判断のすべては正しい。
 (強情さがありそうな点はわからないからパスするとして)
 
 ただ、彼女がまちがったことは、ネットの文字の効果を読み違えていたこと。
 未開拓の分野だと知らなかったこと。
 (つまづいたのは、A子の方だが。)
 もう一つ、健全過ぎる彼女は、頭の壊れる者が、予兆なく過激なことをすることを知らなかったことか。
 現実はすでに現実という権威をなくしていると。



 これは怜美の正しい生き方にとって、ネットの原野での事故だとも思う。
 それをもって、同じ人たちは進んで欲しいと思う。
 ただ、リスク計算上、共通の現実的な思考力というのは、あてにならない。


------------------------


遙の事故の検証

 疑問と考察

 他の子が相当絡んでいるんじゃないか。
  友達への自分のつ合でA子への態度を変えたりしていないのか?

――ありうるとは思うが、それは人の常だし、A子が理解できなかったとは思えない。
  A子の感情を破壊したのは、ネット書きこみの効果があると思う。
  そこでのやり取りの微妙な部分があるんじゃないか。A子の自分のことは決して目に入れないところとか、遙の表面気まぐれで実は強情でしつこいところとか。 

  (他の子が交換日記から抜けると言い出していたそうだ(7/7の記事))


 教室で怖がられるようになっていたA子に、「ことば使いがぶりっ子」なんて言ったら、A子には恐さしか残らなくなりそうだが。
  それは、悪意ではないのか。またHPでなくても大きなミスではないのか。

――確かに悪意でないとは限らない。しかし、そうであってもそのときだけの勢いだ。その後も周囲からは直前まで仲良しに見えていたのだから。

  遙は話し言葉の感覚で書いている。カタカナ変換が凝っているのもそのための表現だろう。声優志望なんだから、声音の表現のつもりなわけだ。知る人によれば、文体が相手によって微妙に変わっているそうだし、気楽な口調の表現に凝っているんだろう。

  しかし、細かい文章感覚で読んでいくと、そのカナの一字づつが軽蔑に読めてしまう。
  天然のふりをして、人をばかにして来たかのように想像できる。
  なにしろA子は怜美にとって、最近親しくなった友達の中の一人でしかないという立場だったので。

  遙がそういう悪意的な効果に気づいていながらわざと書いていた可能性はあるが、HPの書きこみでなければなんら問題や誤解は起きなかったろう。


 そもそもすべてが余計なお世話じゃなかったのか?

  交換日記やいっしょに小説を書く時期などからして、まるで世話をしているかのようだが、A子の労力を分散させ、負担にして、かつA子としては感謝すべき立場に封じられる。それこそストレスじゃなかったのか。
  人から離れていたい時期に手を出してしまったのでは。

――そうかもしれない。
  しかしそれもふつうのリスクのうちでしかない。
    もっとも、どのくらいのつもりの行動だったのかは、わからないわけだが。

 

 
       (テーマ続く)

  
目次へ


総目次


 






最終更新日  2004年08月06日 19時00分51秒
コメント(1) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


素ー

お気に入りブログ

クリアーの鳥 如月の弥さん
アートStep 水彩画&… 卯月はじめさん
かりん御殿 かりん御殿さん
くさむしり ネコのケツさん

コメント新着

 さくら・Y@ Re:こんにちは 読んで頂ありがとうございます。素一さん…
 sakuma  masao @ 9/12発信毎日新聞委員会「大きな声では云えないが、天皇に定年を」拝見 本文とタイトルの毎日新聞記事読んだ。 …
 素ー@ おやおや、それはそれは SERA10さん >素ーさん >>SERA10さ…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.