スクランド日記

フリーページ

2004年10月18日
XML
カテゴリ:時事
 書式
 1~34は、NHKの設定した掲示板に書き込まれた中から、番組で発表されたもの。(この日記で付けた番号)
 は番組が取材した子供の例
 うす字は素ーのコメント。(思いつき)
 目次、(とこの番組についてのほかの日記紹介 )

1子供が見えない(大人の知らない世界)
前半

【1~6 大雑把な子供の声 】
問-子供が関係する事件をどう思いますか?

 17歳男
 『ああまたかと思った。~それはテレビゲームのような感覚で~』
 10歳女
 『ものすごくびっくりしましたよ。とくに同級生が殺した、がこわかったです。このごろは自分が殺されたらどうしようとかよく思います』
 15歳女
 『殺したいと思ったことがあるかと聞かれると、学校のある日なんか思わない日はないですよ。誰かに腹が立ったことがあれば、次の授業の時間は、ナイフで刺して血まみれになっているところを思い浮かべてしまいます』

問-大人たちに言いたいことはありますか?

 11歳女
 『夜になるとその日一日起こった悲しいことでいっぱいになって、ベッドに入ると涙が止まらなくなります。両親はこのことを知らないと思います。どうしても、元気で明るいイメージが強すぎて、私のSOSに気づいてくれません。』
 14歳男
 『大人は、何でも要求してくる。子供は、それに答えようとする。すると大人は次の要求をする。認めてほしくてやってるわけじゃないけれど、ちゃんと認めてください。』
 13歳女
 『命の大切さ?そんなのわかりきってる!! どんなに小さくたって、悔しいし憎いし殺したいと思う気持ちはアルんだ。私たちが何を抱えているかわかってほしい。私たちの心に積もっているものは多いから』

 人を殺したい気持ちなんてものを、中学以下の者が語るのは信用できない。
 殺すということの、いろんな不都合な影響を想像もしないのは、自分の生きることさえ考えていないのと同じ。
 そんなのが語る‘殺したい気持’ちとは、言葉の表現でわかったふりをしているだけだろう。
 そういう、視野の狭くなるわかったつもりが、人を殺せる心なのかもしれないが。

 かんたんに殺意を語り、想像してしまうのを見ると、まるで現実がファンタジー(バカ)化している気もするが、これだけなら昔からあったのかもしれない。


 ゲスト紹介
 義家教師(通称ヤンキー先生。問題児を集めた高校の熱血教師)
 金森教師 小学校で、泥まみれ・感動+肌触り、の触覚教育をしている。

【1 インターネットでどんな世界を作っているのか。】 

 14歳。女
 親に認めてもらえない歌手への思いを書いて、支持者を得ている。
 休みの日は一日ネットをしている。(発声練習は?)

 HPが改竄を繰り返されたとき、『まず始めに、相手を殺そうかな、というその発想が、ぱあと頭に浮かびました。』『まず殺したろかお前!みたいなそんな・・』

 相手が学校の友達だったとわかったとき、
 『一瞬ショックだったけど、でも学校の友達ってそんなによく思ってなかったから、まあそんなもんなんだな見たいな感じで流せました。』『表面上では仲良くしてるくせに、陰ではあいつうざいみたいな、そういうのばっかり』
 相手とは知らぬふりで付き合っている。
『後のことを考えるとまたごたごたで、なんかめんどくさいことになるのが嫌だった。』
『やっぱネットとかしかないです。ねちっこい関係もないし。思ってることも全部言えるし、自分出せるから楽ですね』

 13歳。女
 家庭での孤独感を打ち明けられるのはネットの中だけ。仲のいい友人には話せていない。
 『学校で、風邪引いたなんて言っても、大丈夫?なんて声かけてくれる人全然いないし』
 ネットではわかってくれると思って、比重が大きくなる一方、家族との会話は減っていった。

 あるとき母親の言葉でショックを受ける。
 『お前なんか産まなきゃ良かった、みたいな、うん・』。 兄弟に比べて 『うち(私)だけなんでこんな出来損ないに生まれちゃったんだろう、みたいな、うん』『親には責められるし自分でも責めてたし』『自殺寸前みたいな』

 以来、三つの人格を使い分けて、ひとつに攻撃的な人格を作り出した。
 『~爆発しそうな感じ?なっちゃって、うん、すごい嫌だから、うん、ネットでそのまま吐き出して、うん、暴言吐いて、ちょっと自分を楽にさせてる』『何をやっても後先うん影響がないから』
 『ネットがなきゃ、もう自分が自分でない感じ』

その他の番組への書き込み発表(NHKの選択)

  14歳女
 ネットは自分の思いを偽りなく伝えられる世界だと思う。
10 11歳女
 自分も荒らされたことがある。相手の同級生を問い詰めたらいろんな事がわかってきた。
11 15歳男
 子供が起こす犯罪をインターネットのせいにするのは、大人の只の負け惜しみ。
 インターネットより楽しい事を子供に教えることができていないのは誰?
 そういった子供を育ててしまうのは誰?どれも大人でしょ?
 
 ネットの書き込みが自分のほんとの思いだと感じているそうだ。いわば、ネットという自分の言葉を形にできるところで、自分の形を作っているわけだ。
 それはひとつの段階・プロセスとして自然。
 ネットによって、窒息しないまともな言葉空間に出会ったと。

 まあ、親の反対と、周囲への信じられなさが、他者への攻撃性になる。よくあること。
 しかし、ネットで出会ったのは、おしゃべりによる暇つぶし以上のものは画面に出ていない。

 で、問題点は、 言葉の通じない現実空間と--
 『まず始めに、相手を殺そうかな、というその発想が、ぱあと頭に浮かびました。』という反応パターン。
 言葉の通じなさの気持ち、が背景にあるから殺すという発想になるのか、ネットだから殺すという発想になるのか。



【2 どんな友達関係を築いているのか】


 小学生からファッショングループを作っている。
 二人グループが多い。同じ服で休みも毎日いっしょ。

 なんか同一化的。 また、キャラとしてのファッションでは。 いまさらの感想かもしれないが。

調査
 学級地図(友達関係を表したもの)の20年の変遷

<坂田和子・小学教師(神奈川・公立)>

指摘1 「友人グループが小さくなっている。」
 20年前: 5~8グループが多く、メンバーの重なりも多い
 10年前: 5人が最大。2、3人が最も多く、一人も多く、重なりはない。グループ間のつきあいも減っているようだ。

 今: 最大三人。一人が最も多い。一人同士のときどきのつながり線が10年前よりも増えている。(以前は書く必要がなかったのかも)
    人数的には二人が最も多い。

 一人になることを恐れて、つくった関係をすごく大事にします。『まずくならないようにすごく気を使ってるな、ていう感じがします。』 

指摘2 「グループ同士のつながりがなくなっている。」
  大きな出入り自由のグループがあれば、子供たちもいいところを捜して移って行けるだろうに、と。

<金森教師>
 今の子供たちは一人になることを恐れる。
 他人の期待に過剰に応えて、自分の尺度で自分をこつこつ作ってこなかった。
 愛は期待に変わり、期待は金に変わり、それに汲々として、育てられる苦労をしている。
  (言い換え→人の存在や心は意欲に変わり、意欲は尺度に変わると)

<作家> 
 親が子の孤立を恐れているせいか、とか。 

12 12歳女
 気を使うというより、相手の思いどうりにしないと、苛められるとか無視される、んじゃないかとか。
 相手が間違ったことをしていてもだめだという勇気がない。自分が情けない。

13 13歳女
 信頼できる相手を探すのにかなりの苦労をする。もし~笑われたらどうしよう、~「意味がわからないで終わらせられたらどうしよう」。
 本音を話すのは難しい。

14 11歳女
 クラスのグループが、長みたいなグループ、ふつう、キモいグループ、て感じで。
 グループ作って人によって態度を変えるのは大変だけど、長には逆らえないし、抜けるとキモいに入っちゃうから抜けられない。とにかくふつうでいられるだけラッキーて思うしかない。

(グループが大きくても、その中で不自由だということらしい。
 全国すべてだとは限らないし、放送に合わせて書き込んでたり、昔からいつもある面だろうが。
 ただこの番組では昔と違う面として取り上げたがったということだ。)


<ヤンキー先生>
 教師のコミュニケーション姿勢とか学校行事という、子供社会の外からの変動刺激をいい意味で与えてやることが大事では。

<金森教師>
 言葉に頼り過ぎ。



 (この日記内で)
  「佐世保小6HP殺人」総目次
  子供問題








最終更新日  2004年10月31日 15時23分39秒
コメント(12) | コメントを書く
[時事] カテゴリの最新記事


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


素ー

お気に入りブログ

クリアーの鳥 如月の弥さん
アートStep 水彩画&… 卯月はじめさん
かりん御殿 かりん御殿さん
くさむしり ネコのケツさん

コメント新着

 さくら・Y@ Re:こんにちは 読んで頂ありがとうございます。素一さん…
 sakuma  masao @ 9/12発信毎日新聞委員会「大きな声では云えないが、天皇に定年を」拝見 本文とタイトルの毎日新聞記事読んだ。 …
 素ー@ おやおや、それはそれは SERA10さん >素ーさん >>SERA10さ…

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.