スクランド日記

フリーページ

2004年11月05日
XML
カテゴリ:時代
 「現実」を考えると、
 思いやネットや理解力、さらには秩序や人間関係や自己の人格であること、よりも直接的には、習慣じゃないかと思う。

 「習慣という器に信頼が住み、必要な習慣を自分で作って自分で守るところに自分の人格の形が行われ、現実感の交流がある」

 で、
 「習慣を重視しないのは、プロセスを軽んじるのと同じ。→複雑な考えが持てなくなり、邪魔を排除する発想しかもてなくなる。」 かも。

 よくくり返し考え続けてしまうことは、‘思い+行動’という問題で考えるよりも、“習慣”の問題として考えた方がいいかも。

(たとえば進路の問題で反対された、「どう思うか、どうするか」――ではなく、「どうやって日々を過ごそうか」。
 習慣ならば、好きなら反対されたことでも続けていけばいい。
 望みやビジョンだと、貫くか諦めるかのプレッシャーが自分にかかってしまう。
 はたから見れば、好きなことをすぐに捨ててしまうと見える。)

 行動を習慣として維持する力。
 その力は、弱まっていないか?

 昔より生活が便利になったという。そのくせ不便な時代を誉めたりする。
 外から得られる便利さは習慣の役に立つけど、習慣を自分で作る力を脱力させる面もある。
 習慣・プロセス・・そういったものは、他人を意識する(他人に合わせたり、競いの結果を意識する)と弱まる気がする。内面に近いのかも。

 あるいは、習慣というのは、「日常の、踊り=自己表現」と言えるか。

 そういえば、日本では、「習慣を観賞する表現」が貧しいなと思う。
 ‘行動’には、観賞的に評する言い方はあるのに、‘習慣’にはない。
 習慣には未来のビジョンが絡んで、評がきつくなってしまうことに気が取られるから、実質使えないのかな。
 

 



  「佐世保小6HP殺人」私的総目次
  子供問題私的目次









最終更新日  2004年11月05日 17時01分06秒
コメント(2) | コメントを書く
[時代] カテゴリの最新記事


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


素ー

お気に入りブログ

クリアーの鳥 如月の弥さん
アートStep 水彩画&… 卯月はじめさん
かりん御殿 かりん御殿さん
くさむしり ネコのケツさん

コメント新着

 さくら・Y@ Re:こんにちは 読んで頂ありがとうございます。素一さん…
 sakuma  masao @ 9/12発信毎日新聞委員会「大きな声では云えないが、天皇に定年を」拝見 本文とタイトルの毎日新聞記事読んだ。 …
 素ー@ おやおや、それはそれは SERA10さん >素ーさん >>SERA10さ…

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.