スクランド日記

フリーページ

2005年01月24日
XML
カテゴリ:世界と政治
   末尾追加  

 日経で、受信料制度をやめた方がいいと多くの人が思っているという記事が出た。
 目立たないように末尾に小さくついているが、ネット調査である。
 (ネット調査というものが、どこまで信用できるものなのか、どういう実績と方法論の裏づけがあるのか・・・たぶん、企業秘密だろうな。)

 NHKでいいものは、  CMがない、 次に報道が充実している。
 NHKで意味のない番組は、 娯楽番組。
 多くの者が、受信料制度を廃止するべきだと思っている。

 これに従うと、
 みんなから料金を取るのを止め、CMもやらず、見たい者だけから料金を取って、契約者にだけ配信する。
 娯楽番組は、(記事の趣旨からすると、民放の経営を助けるために)止める。


 とすると、
その結果は

 若く報道に無関心な者、はNHKと契約せず、たまに何かを見ようとすると、朝日の報道ステーションを見る。
 NHKの視聴者参加番組などは、契約によって囲い込まれた人間のやることだと言われる。

 なんか、左翼系の連中のお好みになりそうだ。

------------------------

疑問

 実はこの記事、設問が問題だ。
Q2 「民放でも放送できるならば、NHKが放送する必要がないと思う番組は?」
Q3 「NHKが民放に比べて優れていると思う点は?」
 とあるのだが、

 Q2の答えとして、教育番組や趣味番組が入っている。
 疑問1: つまり、“民放でも放送できるならば”という実際には存在していない理論だけの仮定が条件なのだ。
 おまけに「民放では放送しにくそうな番組」という質問がないし。

 Q3の答えの順位は、
 CMがない、全国で見られる、ニュースが手厚い、番組の質が高い(3割)、その他地味な点が並ぶ。
 疑問2: ここで注目すべきは「全国で見られる(4割)」だ。早い話、NHKには情報の共有スタンダード放送的であってほしいのだ。
 それからすると上の 、 の結果になるのは好ましくないのだ。

 その結果が回答者たちには想像できてないと思う。

結論
 このデータからわかるのは、
 この調査は、「設問」 と 「ネット調査」 という2点でともに信用できないということだ。
 原因が調査会社「インフォプラント」社にあるのか、記者の依頼の側にあるのかはわからない。

 そして、日経の一面に、簡易見出しとして、「「NHKは民営化」を6割」 と書いてある。
 こりゃ、摩り替え誘導が目的だな。
 なんでもかんでも、「民営化」と「改革」のお祭り気分で記事を書いてるわけだ。
 日経はその方向に偏っているから。


 この問題は、関知しないつもりだったが、気に触ったので書いておこう。

------------------------- 
 ↓以前書いたNHK民営化についての文章

‘民’放とは
 民放とは官ではなく広く民の放送だというなら、受信料で運営されているNHKがそれにあたる。 
 現在の民放とは、民間の個人所有のことであり、企業からCMを集め、経済・企業論理で運営される。

 さて、これからの経済では、貧富の差が大きくなるので、貧しい人は民放のスポンサー企業のお客さんの比率が小さくなる。貧しくない人たちがどこから収入を得るかといえば、貿易(対外国)関係から金が回ってくる率が高くなるようだ。

 30年後、多くの企業に外国資本が入っていることだろう。

 以上からして、民放とは外国の影響を受けやすいメディアであり、受信料によるのは国民放送に位置付けられるようになっていくのではないか。


 欧米の例なんて参考にはならない。
 欧米は、「欧米」合わせて一つの文明圏なのだ。世界に占める人口の比率が違う。外からの干渉の影響度が違うのだ。
 
 ------  追加  (1/26|12:30)-------

本筋は 
 以上は、たぶんもう一つのずれがある。
 衛星放送でNHKが独占的なことをやってて、中身の放送はよそからの借り物。
 さらに24時間ニュースチャンネルは民業圧迫と言われていた。
 (それが世界中のニュースを流すのなら、民放も加わりたいというのはわかるが、民放でやる気もないのをやめろということなら理屈に合わないけども。)

 
 つまり、民業圧迫とか民営化とかの話は、衛星放送が中心だと思う。
 とはいえ今回の調査では、娯楽や音楽の例として総合テレビが上がっていたので、やはり総合テレビなんだろう。
 そこらがまるで混乱している。

 






最終更新日  2005年01月26日 12時41分40秒
コメント(10) | コメントを書く
[世界と政治] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


素ー

お気に入りブログ

クリアーの鳥 如月の弥さん
アートStep 水彩画&… 卯月はじめさん
かりん御殿 かりん御殿さん
くさむしり ネコのケツさん

コメント新着

 さくら・Y@ Re:こんにちは 読んで頂ありがとうございます。素一さん…
 sakuma  masao @ 9/12発信毎日新聞委員会「大きな声では云えないが、天皇に定年を」拝見 本文とタイトルの毎日新聞記事読んだ。 …
 素ー@ おやおや、それはそれは SERA10さん >素ーさん >>SERA10さ…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.