スクランド日記

フリーページ

2005年03月01日
XML
カテゴリ:文学的なあれこれ

 自分の生きている時間

 時間を――消費するとか、作成するとか、その他、なぜか経済関係に似て・・

 消費者――ただし、生産してくれる者はなし。減る時間。
 客観的に測って受け取った時間を、自分が主観的に使う。
 取り分や主観を共有することはある。それは共同消費。

 生産者――ただし、他人に与えられるものは匂いだけ。過去に貯まる時間。
 自分が自分に対して行うことで、時間が始まる。
 自分がつなげた分の時間だけが本物の時間。
 
 商人――出会いはあっても、増えたか減ったかわからない。変動の中の自分。
 存在しているものに、出会い、発見、することが時間。
 意味はそのときからしばらく続けばいい。
 終わりもまた、終わりへの出会い。

 管理者――自分がつなげていく時間が、何か大きなものをを逸脱しないように。
        時間とは、自分とは別の何かが表現されていく枠組みだ。
 時間の意味判断は、自分に属することなく、人はただ意味も知らなくても意味に満たされている。
 しばしば、その不完全が露呈はするけども。
 
 その他



 ことばはあいまい。
 詩にしては、情緒がないな。
----------------------------
 どれもふつうの考え方の言い換えのつもり。
 上から順に、より一般的な意識の順だと思う。



 






最終更新日  2005年03月01日 20時30分45秒
コメント(0) | コメントを書く
[文学的なあれこれ] カテゴリの最新記事


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


素ー

お気に入りブログ

クリアーの鳥 如月の弥さん
アートStep 水彩画&… 卯月はじめさん
かりん御殿 かりん御殿さん
くさむしり ネコのケツさん

コメント新着

 さくら・Y@ Re:こんにちは 読んで頂ありがとうございます。素一さん…
 sakuma  masao @ 9/12発信毎日新聞委員会「大きな声では云えないが、天皇に定年を」拝見 本文とタイトルの毎日新聞記事読んだ。 …
 素ー@ おやおや、それはそれは SERA10さん >素ーさん >>SERA10さ…

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.