スクランド日記

フリーページ

2005年03月16日
XML
カテゴリ:世界と政治
 

「真実」への独善

 この法案の本当の危険は、法律の問題でなく、「人間関係の真実が人権専門家といわれる人たちによってのみ決定されやすい」 ことだ。
 地道な良心的活動の結果として、そこにしのび込む・たまたま生じる間違いも、すべて真実にされ、 それが正しいものの見方だと、慣らされていく。

 ------------------

 (追加)

 さまざまないろんな問題が、人権という視点とその解決方式を求めることはある。
 しかし、この法案はそれを待たず、始めから人権という視線から問題を受け取り、捜し、予防し、人権視線でものを見るように人々を啓蒙し、力をもって定着させようとする。
 
 関係者一同、ことがらを人権として見ることに了解した、とされていく。

 
 人権は、人の生活、世界感覚それ自体で、それが啓蒙されるのは悪くはないが、かってに決定されるのは逆のことになる。
 微細の真実が集積して、不可逆な流れとなって行きやすい。

 もっとも、そんな微細な集積が、誰かの計算通りにいくとは限らないのだが。
 脅しが加わり、マスコミが沈黙すれば、わずかな穴が広がるときがくるかもしれない。


-----------------

 ところでこの歯止めのように、要綱には、法務省の外局に置くということになっているが、これはどの程度法案と一体の不動のものか、僕は知らない。 

 5年を過ぎたら、法律の見なおしを行うこととある。
 そのときには、擁護委員「組織体」は、活動の決定的な主役になっていることだろう。
 一般から選ばれた委員は、重要な部分を教えてもらえず、その周辺にいるだけ。




 よく似た例が、
 男女共同参画基本法 以来の異常なジェンダーフリー教育の流行。
 (参照。娘通信♪ の3/8~15)
 まるで双子。





--------------------------
   日記内目次 と 主要点のURL











最終更新日  2005年03月16日 23時03分52秒
コメント(0) | コメントを書く
[世界と政治] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


素ー

お気に入りブログ

クリアーの鳥 如月の弥さん
アートStep 水彩画&… 卯月はじめさん
かりん御殿 かりん御殿さん
くさむしり ネコのケツさん

コメント新着

 さくら・Y@ Re:こんにちは 読んで頂ありがとうございます。素一さん…
 sakuma  masao @ 9/12発信毎日新聞委員会「大きな声では云えないが、天皇に定年を」拝見 本文とタイトルの毎日新聞記事読んだ。 …
 素ー@ おやおや、それはそれは SERA10さん >素ーさん >>SERA10さ…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.