スクランド日記

フリーページ

2005年04月28日
XML
カテゴリ:世界と政治

 平田氏がまた集会をする。
 さて、これを取り上げたものかと思ったりする。

 法案の改良は評価できるからだ。 断固廃案という姿勢はどうかと思う。
 話を重ねた上で、廃案がいいということが明らかになってくるはずだと思うし、それのできる議論にするのが政策担当能力だ。

 とはいえ、古賀氏のやり方は、――‘それほど選挙が大事か’ と言うことは、‘それほど公明党にとって外国人の参加は大事か’ とも言えるわけで、――疑惑が明確に強くなったとも言える。

 一方法務省は、
 法務省が法案にだけ誠意を見せて、危険は減ったかのように思えても、人事方法や背景に納得できることを語れないのだとしたら、ただやらされて法案を書いたというだけの立場なのだろうかと思う。この法案の必要を疑わせる。
 その消極性、裁判外調整という意欲的制度、それはアンバランスに見えてしまう。
 いかにも、外部からとって押しつけられたように見るのが似合う。

 疑いは、消したくなっているのに、消しにくい。

 さて、四月始めの集会には、遠くて行けなかったのだが、もう一つ、あいまいな状態で肉体行動をしたくなかったのもある。
 もっと考えるべき時期だと思ってた。ネットで考えるのが似合う時期だと。
 今回は、かなり論点が違う。

 危険の可能性はだいたい狭まったと見える。 (ただ、特定の疑いは強まってはいるが)
 正直、想定ストーリーが考えにくい。 (ただ、とんでもない利用がされたりするもんだろうが)
 なので、集会のように強く訴えることにはどうかという面はある。

 しかし、逆に今回の方が、リアルな身体行動に向いているとも言える。
 古賀氏の 「勝手に一任宣言」 は、民主主義を壊している。
 あれだけで、充分リアルな行動理由になる。

 デモという形で一般の人に 「ここに問題がある」 ということを知らせるのは今回の方が似合っている。

 前回の集会、近くでやったとしても、僕は行かなかったんじゃないかという気が強い。
 今回は、近くでなら集会に参加するだろうと思う。
 デモへの参加は・・まあ、理由をどう語ってくれるか、その成り行きしだいだろうな。・・・近くであればね。

 中国・韓国のデモとは、成熟度が違うということを知らせてやって欲しいと思う。(規模が違うのを比較するのは無理だけどな(笑))
 僕はだいたい操られてない参加を信じている。


 集会のお知らせには、もうひとつおもしろいのがある。
 下に赤字で書いたが、「理想を求める全体主義に反対する」 という視点だ。この立場のユニークさ。この意義は深くなりうる。
 先のことはわからない、どう表現されるのか。また平田氏という人を知らない。しかし、おもしろい。

 この法案について、たとえ杞憂に終わろうと、そのユニークな価値を僕は否定しない。
 ユニークさを貫いてくれるなら、たとえそうなった後でもそれを高く評価し続ける。  


 -------------------------------
   平田氏のデモと集会のお知らせ

 (おもしろいと思った部分をかってに 緑字化

各位
人権擁護法案に反対する市民の会
平田文昭

   人権擁護法案に反対する国民デモと集会 ご参加の呼び掛け

<これは全体主義、それも先進国型全体主義との闘いです。私達は全体主義には根本的に反対します。それが、人権の名で行われようと、愛国の名で行われようと。>

5/1 に デモと集会を開きます。

 古賀議員の暴挙にもかかわらず、自民党法務部会では了承していない、という一線を崩していません。しかし情勢はけして油断を許しません。推進派にとっては、年来の悲願です。この実現を政治課題にして何年も政界工作をしてきたのです。それらと結託して小利口に立ち回り、表面は結構「鷹派」「保守」をよそおいい「国」だの「伝統」だのといいつつ、実は最も大事なところで私達の自由を売り渡してきた一種の政界幇間=“隠れ推進派”の策動も活発です。全体主義法案に妥協は有り得ません。
 (“隠れ推進派”はこれまでも政界なるものの中で遊泳してきました。しかし
 彼らはいまだかって全体主義法案に、それが全体主義法案であるからという理由で反対したことはありません。そしてつねに“真の”“理想的な”xx法を作ろうとしてきたのです。人権擁護法案においても同じです。
 こうなるのは彼らが根底において、全体主義的体質を持っているからです。)

 私達の意志を形にしましょう。ご参加をお待ちしています。

 このデモと集会は自由なものです。思い思い工夫を凝らして、明るく元気にやりましょう。(もちろん常識の範囲で)

 デモは二個所でやります。池袋と銀座です。
 集会は内幸町です。
 デモの両方、あるいは片方、集会だけ、などご都合に合わせてご参加ください。

 13:00 池袋の 中池袋公園集合 (豊島公会堂前。三越裏の中池袋公園前の信号をさらに高速道路方向にすすむとすぐ。)
 13:30 デモ出発
 明治通り、三越裏、東口五差路信号で音羽通りを横断。南池袋公園に向かい、解散。
 ゆっくりと歩きます。途中、ビラ配布を特に重視しておこないます。
 14:00 南池袋公園 解散。

 池袋から新橋へは、山の手線(内回りと外回り)、地下鉄丸の内線(銀座で銀座線乗り換え)、で適宜移動。

 プラカードやチラシは持ち難いので、どうしても他の乗客の皆さんから見えるようなことになると思います。他の乗客から内容がよく見えてしまった場合はしかたありませんね!

 なお、車内では静謐を保ち、他の乗客に迷惑にならない様にしてください。

 15:00 千代田区立内幸町ホール にて集会。
 場所は、JRと地下鉄銀座線の新橋駅下車(蒸気機関車口)。新橋第一ホテルを目指す。その右隣の地下がホールです。千代田区内幸町一丁目5-1 03-3500-5578

 15:00-15:50 集会
 登壇者未定。講師の話、事務局からの最新情勢報告の後は、集会参加の皆さんからご意見を発表していただくことを予定しています。特に地方からいらした方には、是非ご意見を発表していただきたいと思います。
 正面に掲げる横断幕の板には、皆さんから寄せられたチラシ、メッセージなどを貼ります。1mx6mの板ですので、思い思い、マンガでもチラシでもかまいません。一人であんまり大きく占めるのは困りますが。大きかったら縦長に枠からはみ出すようにはってもいいです。(だからある程度なら縦長OKです。) いろいろもって来てください。

 16:00-17:00 銀座デモ (内幸町ホールからのデモは極めて例外的です。今後は出来ないかもしれません。)
 15:50-16:00 会場近くで整列
 16:00 デモ出発
 みずほ銀行本店脇~日航ホテル前~ソニービル前(数寄屋橋交差点)~プランタン前~東京駅八重洲口前~呉服橋~常盤橋(日銀角、日本橋三越そば)~常盤橋公園解散
 17:00 常盤橋公園解散

 日曜の午後、メーデーの喧騒の去った後のデモです。チラシ配布も行います。統一的に使用するチラシは用意してあります。それ意外にこんなチラシを配ってみたい、という方、4/30までにメールで下記までお送りください。デモのなかでの配布になるので、事前に拝見させてください。
 宛て先 jpn.hirata@nifty.com
 署名用紙にある事務局への郵送もOK。

 皆さん!! 人権擁護法案反対の運動は、いままでにない運動です。これに似たものは、拉致被害者救出運動でしょうか。“隠れ推進派”の代案、修正案の甘言に騙されることなく、廃案に向け、力をあわせましょう
 









最終更新日  2005年04月28日 23時14分05秒
コメント(6) | コメントを書く
[世界と政治] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


素ー

お気に入りブログ

クリアーの鳥 如月の弥さん
アートStep 水彩画&… 卯月はじめさん
かりん御殿 かりん御殿さん
くさむしり ネコのケツさん

コメント新着

 さくら・Y@ Re:こんにちは 読んで頂ありがとうございます。素一さん…
 sakuma  masao @ 9/12発信毎日新聞委員会「大きな声では云えないが、天皇に定年を」拝見 本文とタイトルの毎日新聞記事読んだ。 …
 素ー@ おやおや、それはそれは SERA10さん >素ーさん >>SERA10さ…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.