スクランド日記

フリーページ

2006年07月21日
XML
カテゴリ:文学的なあれこれ

 たとえば・・ね。



 なんでもできるが故に、やっちゃいけないと思わせられることがある。
 与えたいと思うが故に、人はほんとうにいいものは受け取らない・認めないと思うことがある。
 劣等感と独立心の故に、人が犠牲を払っても認めてくれていることを、間違いとして浪費する。
 まるで不可能への憧れのようで、逃避のようで、自虐のようで、
 たんに心が器用貧乏なだけなのか、などと。
 可能な、認められやすいものは、真のあり方を隠すかのようで、
 可能性ある、価値あるものは、軋轢が気になる。
 無私ゆえに、担う気がなく、 ゆえに他人へめいわくをかける資格なしと思う。
 深く思う自分を裁くゆえに、深みを滋味として味わえず、生きる感覚がつまらない。

 それらすべて、自分の壁。
 自分しだいと思わせようとする世界の貧しさの壁。
 
 しかし、世界はかってに崩れる。
 永遠に頑固そうだった意味体系が、あるときかってに消滅する。
 その理由をどう批評しようが、もういい。

 そのとき今更何を思う、? 誰のために、何のために。
 それからは何を思っても、今更体系はないのだから、ものごと・意味・存在はただそこにあるだけ。それで意味。
 
 自己批評しても意味がない。
 思いがちゃんと呼吸しているなら、何を思ってもかまわない。
 結局、呼吸の内容は、自分の届く深みと質からやってくる。

 人にとって、世界があるとは、呼吸できることだから。
 呼吸の始めは「呼」だ。

      (呼-響き、ロゴス、、、)







最終更新日  2006年07月22日 00時14分46秒
コメント(0) | コメントを書く
[文学的なあれこれ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


素ー

お気に入りブログ

クリアーの鳥 如月の弥さん
アートStep 水彩画&… 卯月はじめさん
かりん御殿 かりん御殿さん
くさむしり ネコのケツさん

コメント新着

 さくら・Y@ Re:こんにちは 読んで頂ありがとうございます。素一さん…
 sakuma  masao @ 9/12発信毎日新聞委員会「大きな声では云えないが、天皇に定年を」拝見 本文とタイトルの毎日新聞記事読んだ。 …
 素ー@ おやおや、それはそれは SERA10さん >素ーさん >>SERA10さ…

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.