009470 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

伯父ちゃん1043のブログ

PR

X

プロフィール


伯父ちゃん1043

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

 drank-kuma55@ Re:サントリー天然水」が人の命を救う(03/09) おはようございます😊🐻 自分も含め、とて…
 伯父ちゃん1043@ Re[1]:「ほうれん草」の名前の由来(03/07) Melody*さんへ 今晩は ジャガイモもそ…
 Melody*@ Re:「ほうれん草」の名前の由来(03/07) ほうれん草の原産地はペルシャなんですね…
 伯父ちゃん1043@ Re[1]:カレンダーの土曜日が青色の理由(03/06) Melody*さんへ わぁ珍しいカレンダーで…
 Melody*@ Re:カレンダーの土曜日が青色の理由(03/06) おはようございます。 記事を読んで家の…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年04月10日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
庶民が桜を見ながら酒を飲んで楽しむという様式の
花見が広まったのは、江戸時代になってからだと
言われている。
奈良時代のころまでは日本で花といえば「梅」の
ことで、貴族が梅を見ながら歌を詠む様式が現代の
「花見」の原形だとされている。奈良時代末期に
成立した日本に現存する最古の和歌集『万葉集』
には「梅花の宴(うめのはなのうたげ)」が収録され
ており、梅を観賞しながらの歌会が開かれていた。
そして、平安時代に入ると花の主役は「梅」から
「桜」へと移り変わっていった。平安時代初期の
史書『日本後紀(にほんこうき)』には、
嵯峨天皇(さがてんのう、786~842年)が
812年3月28日(弘仁3年2月12日)に京都の
寺院・神泉苑(しんせんえん)にて「花宴の節(かえんのせち)」
を催したとあり、
これが記録に残る「桜の花見」の初出と考えられている。
その後、「桜の花見」は貴族の間で流行し、
831年(天長8年)からは宮中で天皇主催の春の
恒例行事とし
て取り入れられた。その様子は平安時代中期に
成立した『源氏物語』の第八帖「花宴(はなのえん)
に画がかれてている






最終更新日  2021年04月10日 15時27分57秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.