122055 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

わたしのブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

背番号のないエース0829@ 図書館 「沖縄県立・・・・」に上記の内容につい…
前田521@ レベル上げのお手伝いいたします こんにちは。 レベル上げのお手伝いいた…

フリーページ

ニューストピックス

2010.11.05
XML
カテゴリ:資料


神経症的登校拒否




神経症的登校拒否は「学校に行かなければ」という気持ちがあるのに、いざ学校に行こうとすると身体のどこかが痛み出すなど、身体が拒否し、登校できない状況になってしまう。神経症的登校拒否に陥りやすい子は、母親は子供に対して支配的で教育熱心で、しかし逆に父親は無口で威厳に乏しくしかもまじめであることが多い。母親の性格のせいか、子供は反抗したり強情な面を見せることはなく、自己主張もあまりみられない。また、とても几帳面で完璧主義者なところもあるので、学習態度もまじめで努力するので成績も良いことが多い。些細なことに敏感で心配性な傾向もあるが、一見して、良い子が多い。
 一方、怠学は、学校内での活動よりも学校外の「遊び」へ関心が高まるあまり登校しなくなることが多い。校外での「遊び」危険で子供にはとても魅力的なので、学校に興味がなくなってしまう。また、常に一緒にいてくれる「遊び仲間」を求める傾向にある。怠学に陥りやすい子は、家庭内、主に両親が精神的に安定しておらず、常に心理的に不安定な状況にあることが多い。



出処::レポートサイトHAPPYCAMPUS!








最終更新日  2010.11.06 02:35:03
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.