1974746 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 エデンの南

2005.09.30
XML
カテゴリ:読書
父オスカール・チボーの葬儀後の、アントワーヌとヴェカール神父との会話は、『カラマーゾフの兄弟』の「大審問官」を連想させられました。
( ちなみに『カラマーゾフの兄弟』は、こちらでもあげている方の多い、必読の名作です。)

【楽天ブックス】カラマーゾフの兄弟(上巻)改版
【楽天ブックス】カラマーゾフの兄弟(中巻)47刷改版
【楽天ブックス】カラマーゾフの兄弟(下巻)48刷改版

映画『カラマーゾフの兄弟』

ここのアントワーヌには、かなり共感 ! でして、カラ兄弟の中でも、いちばんイワンの好きな私は、だからアントワーヌに惹かれるのかもしれません。
そして、作者のマルタン・デュ・ガールの思想が色濃く出ている部分でもあると思うのです。
以下、作者についての大変興味深い解説です。

少年時代から宗教の問題で苦しんできたこの作家は、けっして悩みなき無神論者ではなかった。彼の作品に宗教が占める大きな地位が、このことを証明する。人間の魂の問題に目をこらし、善と悪との境界を定める規準をいずこに求めるべきかを苦しく模索して、モラルの問題の追求を生涯の目標としたこの人は、教会や聖職者を介さなくてもよければ、直接「聖なるもの」と対話し得た人だったのである。青年期において、旧約聖書に猛烈に反発すると同時に、愛を説く福音書には全面的に共感した彼であった。ただ、自分が出身したカトリック・ブルジョワ社会を批判しつづける彼は、その牢固たる因襲性をささえる教会と聖職者を憎んできた。それが彼を神からも離反させたのである。すなわちマルタン・デュ・ガールは、無神論者というより、反聖職主義者と呼ばれるのが、いちばん正しいのである。しかし彼はしばしば、「神は存在しない。しかし宗教は、かよわき人間にとって絶対に必要なものである」と言う。これは、彼が何よりも、人間生死の問題に専念する作家だったからである。

教会批判については、是非ミシュレの『魔女』の所も読んでみてくださいね。

チボー家の人々(7)

今日NHK-BSで『ジェームズ・ディーン物語』とゆーのをやっていて、途中から観たんですが、ジャック・チボーとかなりカブりました。
2人とも、まさに若さの象徴ですよね。
・・・な私に1クリックお願いしますっっ !




虎柄Tバックもありますぜ。
2005阪神タイガース やった ! セリーグ制覇 ! 優勝大セール 10月6日9:59まで


阪神タイガースグッズ大集合!

楽天市場秋の大感謝祭 ポイントアップ祭&タイムセール 10/3 9:59まで

秋の大感謝祭 10月3日10:00 まで





メイド・イン・アースさん綿毛布共同購入~♪ 18.3%OFFですっ !

楽天ブックスでポイントの利用が可能になりました ! ! しかも…【楽天ブックス 楽天ポイント利用でポイント3倍】9/30までです。

+++人気blogランキングへ+++






最終更新日  2005.09.30 23:46:39
コメント(2) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

楽天カード

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

プロフィール


SEAL OF CAIN

お気に入りブログ

とりとめないお話し New! アラネアさん

ボーナスポイントキ… 楽天アフィリエイト事務局スタッフさん

「暗愚小伝」(21) まろ0301さん

一部Android端末でア… 楽天ブログスタッフさん

映画と出会う・世界… 哲0701さん

カテゴリ

フリーページ

読書のページ


小栗虫太郎


夢野久作


江戸川乱歩


ジョイス


ダンテ


バルザック


セリーヌ


ギリシャ神話


養老孟司、竹内久美子


夏目漱石


ジュネ


中井英夫 (塔晶夫)


バタイユ


☆小・中・高校生へのお薦め本☆


ポー


今年読んだ本


ブロンテ姉妹


ミシュレ


澁澤龍彦


ウィリアム・ブレイク


ブコウスキー


ミルトン


ヘルマン・ヘッセ


コリン・ウィルソン


ドストエフスキー 関連本も


ヘンリー・ミラー


トーマス・マン


川端康成


ミラン・クンデラ


その他


フランツ・カフカ


オスカー・ワイルド


寺山修司


プーシキン


スティーヴン・キング


ロジェ・マルタン・デュ・ガール


三島由紀夫


加賀乙彦


田中一村伝


美輪明宏


モーパッサン


マルキ・ド・サド


生田耕作


マンディアルグ


阿川佐和子


アポリネール


ヘミングウェイ


ルイ・アラゴン


ラシーヌ


佐賀のがばいばあちゃん


カポーティ


藤田嗣治関連


阿部定事件


マーガレット・ミッチェル


コンスタン


トルストイ


吸血鬼関連


三国志


きもの


梁石日


井原西鶴


東電OL殺人事件関連


安倍公房


アンドレ・ブルトン


淀川長治


<映画の見方> がわかる本


グリンプス


フリッカー、あるいは映画の魔


河合隼雄


野球関係


立花隆


ポール・ギャリコ


中島義道


坂口安吾


業田良家


源氏物語


今日も映画日和、本と映画と70年を語ろう


トーキングヘッズ叢書


マルセル・プルースト


清水正


ガストン・ルルー


バルベー・ドールヴィイ


谷崎潤一郎


映画のページ


タランティーノ/キル・ビル関連


江戸川乱歩映画祭


恐怖・ホラー・サイコ系


吉本直聞


ベルトルッチ「ドリーマーズ」と1968年考


パゾリーニ


カール・ドライヤー


カサヴェテス


ウィリアム・ワイラー


ジャン=ピエール・ジュネ


ロジャー・コーマン


塚本晋也


ジャン・コクトー


ジャン・ルノワール


その他


キューブリック


ゴダール


クローネンバーグ


ケン・ラッセル


黒澤明


ヒッチコック


ロジェ・ヴァディム


エリア・カザン


フェリーニ


溝口健二


ヴィットリオ・デ・シーカ


ヴィスコンティ


男はつらいよ


ウディ・アレン


ヤン・シュヴァンクマイエル


ATG


大島渚


特別企画★日本映画監督協会70年の70本+1


トリュフォー


黒木和雄


吉田喜重


佐々木昭一郎


タルコフスキー


北野武


ジム・ジャームッシュ


勅使河原宏


悪名シリーズ


ベルイマン


市川崑


エド・ウッド関連


ロッセリーニ


マーティン・スコセッシ


フランク・キャプラ


ジャック・タチ


リドリー・スコット


特撮


アンリ=ジョルジュ・クルーゾー


新藤兼人


フリッツ・ラング


ロメール


1997年スペイン旅行記


日本に対する嫌悪とスペインへの思い


マラガ到着


退屈な寮生活


セビリヤの旅


快適だったホームステイ


モロッコの旅


初めての一人旅 ~コルドバへ~


忘れられないグラナダ


忘れられないグラナダ (つづき)


グラナダに別れを告げ、バルセロナへ。


プラハ→ウィーン→ブダペスト旅行日記


旅前


旅中


旅後/関連話


棒いろいろ



映画


グルメ


ラーメン日記


ベルギー・オランダ旅行日記


コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:亀田戦に抗議殺到(08/03) buy cialis proffessional onlinefibromya…
http://cialisiv.com/@ Re:亀田戦に抗議殺到(08/03) mexican cialissp cialisboard cialis dis…
SEAL OF CAIN@ Re:書評投稿サイト「本が好き!」のご案内(02/17) 本が好き!運営担当さん コメントありがと…
本が好き!運営担当@ 書評投稿サイト「本が好き!」のご案内 突然のコメント、失礼いたします。はじめ…
SEAL OF CAIN@ Re[1]:CARMILLA LIVE 他(09/13) shin-kanenoさま めちゃめちゃ嬉しいコメ…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.