1988479 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 エデンの南

2011.01.19
XML
カテゴリ:読書


ぬわんとその1が去年の9月19日でした~~(汗汗汗)
そこから続いてます。(^▽^;)

◆『エクソシスト』あるいは映画憑きと映画祓い◆
澁澤が『エクソシスト』とは、意外じゃあありませんか!!
とりあえず引用します。

悪魔憑きの映画は、かつてポーランドのカワレロウィッチ監督が、十七世紀の実話であるルーダン事件をモデルにして『尼僧ヨアンナ』をつくったが、『エクソシスト』には、これほどの美しさ、あるいは芸術的完成への志向は見られない。精神分裂による悪魔の幻覚を扱った映画としては、ベルイマン監督の名作『鏡の中にあるごとく』を思い出すが、この北欧の映画のように苦悩する魂の美しさが謳いあげられているわけでもない。ヒッチコック監督の『サイコ』やクルーゾー監督の『悪魔のような女』のように、アクロバットに近い高度の技巧が凝らされているわけでもない。要するに『エクソシスト』は、芸術的感銘という点では
印象が薄く、ひたすら娯楽に徹したという点で、あれだけの成功を博し得たのであろうと考えられる。


[DVDソフト] 尼僧ヨアンナ

[DVDソフト] 尼僧ヨアンナ
価格:3,880円(税込、送料別)







言及された映画全てを観ている事がうれしく、そして、なんていつもながら的確なのだろう! と思いました。
この人は、ほんっっとに、センスと文章力と確かな眼をそなえた、貴重すぎるほど貴重な方であった! と改めて思いました。
惚れ惚れしつつ読み進みました。
そして、以下のようにも書かれています。

 さりとて、単なるドラキュラ物のような恐怖映画とも明らかに違う。『エクソシスト』のすぐれた独創の1つは、科学の力も歯が立たない完全に中世ふうのミステリアスな事件を、何から何まで現代的な、私たちが住んでいる世界と寸分違わぬ明るい世界のなかに置いたという点であろう。観客の意識の殻をやぶり、映画と現実の垣根をとっぱらうのに、これはきわめて有効な手段であった。明るいアメリカ文明の都市生活が、そのまま暗い悪魔憑き事件の舞台となるのである。

ブニュエルの『ブルジョアジーの秘かな愉しみ』にも言及しているので、これを引用して、この回を終わります。

 私は最近、この『エクソシスト』のほかに、ルイス・ブニュエル監督の『ブルジョアジーの秘かな愉しみ』という映画を見せてもらったが、現実と夢とが交互に流通していて、どちらが真実か分からないという、二重構造の夢魔的現実を巧妙に皮肉に描き出しているという点では、このブニュエルの映画も、いままで述べてきた『エクソシスト』に、一脈通じるものがあるように感じた。もしかしたら、これは最近の一般的傾向なのかもしれない。



この映画はおもしかったです! 私は同監督の『皆殺しの天使』と同じくカフカ的だと思いました。
カフカ作品のレビューはこちらから。

*2月5日のライブが近づいて来たので、そろそろライブ告知しなきゃ、でもその前に澁澤本ネタ書かなきゃ~~と、やっとやっとUPしました~~
ライブ告知もしたいと思ってますが、ひょっとこマスターのプチプチ日記 に詳細出てます。
この前のリハ録音したの聴いたら、もーヤヴァすぎて、必死こいて練習ちう~~な私に手書きハートの1クリックを~~~。

人気ブログランキングへ






最終更新日  2011.01.19 14:46:29
コメント(2) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

楽天カード

カレンダー

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

プロフィール


SEAL OF CAIN

お気に入りブログ

ドフエフスキー体験 New! ジョンリーフッカーさん

発表会2019 New! アラネアさん

Shuttle Club 「第… 紬(つむぎ)さん

【NETSTAR】新作アイ… 楽天アフィリエイト事務局スタッフさん

映画と出会う・世界… 哲0701さん

カテゴリ

フリーページ

読書のページ


小栗虫太郎


夢野久作


江戸川乱歩


ジョイス


ダンテ


バルザック


セリーヌ


ギリシャ神話


養老孟司、竹内久美子


夏目漱石


ジュネ


中井英夫 (塔晶夫)


バタイユ


☆小・中・高校生へのお薦め本☆


ポー


今年読んだ本


ブロンテ姉妹


ミシュレ


澁澤龍彦


ウィリアム・ブレイク


ブコウスキー


ミルトン


ヘルマン・ヘッセ


コリン・ウィルソン


ドストエフスキー 関連本も


ヘンリー・ミラー


トーマス・マン


川端康成


ミラン・クンデラ


その他


フランツ・カフカ


オスカー・ワイルド


寺山修司


プーシキン


スティーヴン・キング


ロジェ・マルタン・デュ・ガール


三島由紀夫


加賀乙彦


田中一村伝


美輪明宏


モーパッサン


マルキ・ド・サド


生田耕作


マンディアルグ


阿川佐和子


アポリネール


ヘミングウェイ


ルイ・アラゴン


ラシーヌ


佐賀のがばいばあちゃん


カポーティ


藤田嗣治関連


阿部定事件


マーガレット・ミッチェル


コンスタン


トルストイ


吸血鬼関連


三国志


きもの


梁石日


井原西鶴


東電OL殺人事件関連


安倍公房


アンドレ・ブルトン


淀川長治


<映画の見方> がわかる本


グリンプス


フリッカー、あるいは映画の魔


河合隼雄


野球関係


立花隆


ポール・ギャリコ


中島義道


坂口安吾


業田良家


源氏物語


今日も映画日和、本と映画と70年を語ろう


トーキングヘッズ叢書


マルセル・プルースト


清水正


ガストン・ルルー


バルベー・ドールヴィイ


谷崎潤一郎


映画のページ


タランティーノ/キル・ビル関連


江戸川乱歩映画祭


恐怖・ホラー・サイコ系


吉本直聞


ベルトルッチ「ドリーマーズ」と1968年考


パゾリーニ


カール・ドライヤー


カサヴェテス


ウィリアム・ワイラー


ジャン=ピエール・ジュネ


ロジャー・コーマン


塚本晋也


ジャン・コクトー


ジャン・ルノワール


その他


キューブリック


ゴダール


クローネンバーグ


ケン・ラッセル


黒澤明


ヒッチコック


ロジェ・ヴァディム


エリア・カザン


フェリーニ


溝口健二


ヴィットリオ・デ・シーカ


ヴィスコンティ


男はつらいよ


ウディ・アレン


ヤン・シュヴァンクマイエル


ATG


大島渚


特別企画★日本映画監督協会70年の70本+1


トリュフォー


黒木和雄


吉田喜重


佐々木昭一郎


タルコフスキー


北野武


ジム・ジャームッシュ


勅使河原宏


悪名シリーズ


ベルイマン


市川崑


エド・ウッド関連


ロッセリーニ


マーティン・スコセッシ


フランク・キャプラ


ジャック・タチ


リドリー・スコット


特撮


アンリ=ジョルジュ・クルーゾー


新藤兼人


フリッツ・ラング


ロメール


1997年スペイン旅行記


日本に対する嫌悪とスペインへの思い


マラガ到着


退屈な寮生活


セビリヤの旅


快適だったホームステイ


モロッコの旅


初めての一人旅 ~コルドバへ~


忘れられないグラナダ


忘れられないグラナダ (つづき)


グラナダに別れを告げ、バルセロナへ。


プラハ→ウィーン→ブダペスト旅行日記


旅前


旅中


旅後/関連話


棒いろいろ



映画


グルメ


ラーメン日記


ベルギー・オランダ旅行日記


コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:亀田戦に抗議殺到(08/03) buy cialis proffessional onlinefibromya…
http://cialisiv.com/@ Re:亀田戦に抗議殺到(08/03) mexican cialissp cialisboard cialis dis…
SEAL OF CAIN@ Re:書評投稿サイト「本が好き!」のご案内(02/17) 本が好き!運営担当さん コメントありがと…
本が好き!運営担当@ 書評投稿サイト「本が好き!」のご案内 突然のコメント、失礼いたします。はじめ…
SEAL OF CAIN@ Re[1]:CARMILLA LIVE 他(09/13) shin-kanenoさま めちゃめちゃ嬉しいコメ…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.