1931047 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 エデンの南

全100件 (100件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

美術・芸術鑑賞

2013.01.05
XML
カテゴリ:美術・芸術鑑賞


あけましておめでとうございます。

ギリギリ最終日に観に行ってきました。
メトロポリタン美術館展

自然がテーマで、風景や動植物の作品が多く展示されていました。
古代エジプト時代のものから、ジョージア・オキーフ等の近代のものまで、実に4000年に渡るのだから凄いです。
特に古いものに惹かれる私は、エジプトの猫や「黄金のホルス名の象眼」なんか大好きだし、500年以上前のタペストリーが、ほんっっっとに素晴らしすぎでした!!







紀元前2000年のカエルくんのかわいらしい事ったら!



ポンポンのシロクマ!



この野人なんか好きですねー。



「洗礼者聖ヨハネの生涯が描かれた写本紙葉」右下、ヨハネの首です。

o0317044512256404707
o0317044512256404707 posted by (C)SEAL OF CAIN

ティファニーやガレも、いくつか展示されていましたが、これ↓↓↓なんか、ほんっっとに素敵ですよね。



ルソーのこんなめずらしい絵があったり、



ゴッホのミレーの模写が、なんとも言えずかわいかったり。



今回のいちばんの目玉、ゴッホの「糸杉」、ほんっっとに力強い、生命が宿っているような、うねり渦巻く緑。
本当はゴッホは、誰よりも生きたかった人なのではないか、と思いました。

↓↓↓ スギちゃんが描いた「糸杉」だそうです。(笑)

IMG_1825
IMG_1825 posted by (C)SEAL OF CAIN

かわい〜スタンプ押してきました〜

IMG_1826
IMG_1826 posted by (C)SEAL OF CAIN

*正月は例年のように実家に兄家族や妹が集まり、美味しいお寿司やお酒をゴチになり、ダンナは甥っ子にすっかり懐かれて遊ばれてました〜そーゆーの嬉しいですよね〜ってな私に愛の1クリックはこちらとかこちらでヨロピクー! (笑) 今年もよろしくです!!



【送料無料】メトロポリタン美術館展のすべてを楽しむガイドブック


岩波文庫【1000円以上送料無料】ゴッホの手紙 上/ヴァン・ゴッホ/エミル・ベルナール/硲伊之助


《新潮社》別役恭子/佐々木剛三他芸術新潮 1987年7月号 緊急大特集:メトロポリタン美術館日本ギャラリーオープン 日本ギャラリーへの招待/メトロポリタン物語ほか 【中古】afb


【送料無料】ゴッホは欺く(上巻) [ ジェフリー・アーチャー ]


【送料無料】ゴッホは欺く(下巻) [ ジェフリー・アーチャー ] 






最終更新日  2013.01.08 22:24:47
コメント(2) | コメントを書く
2012.01.27
カテゴリ:美術・芸術鑑賞
29日で終わっちゃうので慌ててUPです。
昨日観に行ってきました~~
開館の9時半に行った事もあり、終了間際の時期なのに結構すいてました。
何か観に行くと、平日昼間とかにもかかわらず混んでるのばかりだったので、久々にゆったり快適に鑑賞出来ました。

プラド美術館には、1994年だったかな~、うわっ18年前? にスペインのパックツアーで行ってまして、観光で皆で行った後、自由時間に「黒い絵」を観る為に再び行ったんですよん。
宮廷画家でありながら、皮肉たっぷりだったり、するどく人間の本性を描き出していたり、マハみたいなスキャンダラスな絵を描いていたり、そしてあの「黒い絵」ですから、物凄いですよね。

ゴヤは大好きで、この本↓↓↓ を昔図書館で借りて読んだりしました。その時はブ厚いハードカバー1冊だったよーな記憶が。

 
 
 


宮廷の肖像画から庶民的な絵まで、とにかく鋭く人間の本質を見抜いて容赦なく描く人ですよね。
人も羨む生活を手に入れたゴヤが、大病で聴覚を失う訳ですが、その後に後世に残る名画の数々を残しているのは、さだめられた運命の不思議を感ぜずにはいられません。
失った聴覚のかわりに得たものの大きさは計り知れないですよね。

そんなゴヤの鋭い視線と皮肉たっぷりの絵画が充分に味わえる展覧会だと思います。
特にロバのシリーズなんか、おもしろかったです。
マハとマホたちも素敵~と思ったり。

観に行く前にカタログを借りてまして、できるだけ読もうと試みたものの、絵の紹介の半分弱ぐらいしか読めなかったのですが、そこまで読んでいたので、エッ? この絵何の説明もナシ? と思ったものもいくつかありました。
あのダリの杖が出て来る『楽しい戯画』↓ もそうだし。



性的な意味が込められているという『魔女たちの飛翔』なんて、見事に色っぽい絵なのに言及ナシでした。
かなり衝撃だった『神よお赦し下さい、それが母親だったとは』は説明あったかなあ。



カタログよりゴヤ自筆の手稿の紹介を引用します。

「この女、小娘の頃ふるさとの村を飛び出してカディスの町で年季奉公を勤め、マドリードへやって来て富くじに当たったという筋書きだ。プラド通りに散歩に出かけると垢だらけの老いぼれ婆の物乞いに出くわした。追い払ってもしつこくついて来る。このお洒落娘がふり返って見ると、何てことだ[…]その哀れな老婆が彼女の母親であったとは。」

読むの大変だけど、カタログ絶対オススメです。

*この前の雪の日、陸橋の階段がつるつるで、めちゃ慎重にゆっくり上り下りしたのに尻もちついて左手つき、左手が力入れると痛い箇所がΣ(゚д゚lll)ガーン ギター弾く時も痛かったのだけど、やっと治ってきたよーな…ライブに影響なさそーでえがった( / ω;`) 私に、愛の1クリックはこちらとかこちらでヨロピクー! (笑)
の方も久々に更新してるのでヨロピクー。

プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影

【送料無料】ゴヤ ロス・カプリチョス

【送料無料】ゴヤ ロス・カプリチョス
価格:3,360円(税込、送料別)









最終更新日  2012.01.27 16:14:58
コメント(2) | コメントを書く
2011.04.13
カテゴリ:美術・芸術鑑賞
震災前に見に行ったので、だいぶ記憶が薄れちゃいましたが…頑張って書いてみます~
こちらに展覧会紹介文が出てますが、アンドレ・ブルトンの「シュルレアリスム宣言」を中心とした美術展と言って良いのではないかと思います。
そこで、ちと引っかかるのが、自分の絵は 〈形而上絵画〉 でシュルレアリスムではないと言っていた、そしてブルトンを嫌っていたデ・キリコの作品もシュルレアリスムとして並べられていた事です。
これはキリコには不本意なのではなかろうか、と余計な心配をしてしまいますねえ。

しかし、見ているうちに、ダリの『不可見のライオン、馬、眠る女』って、そーいやキリコぽいなあ、とか、ヴィクトル・ブローネルの『夢見る街』はキリコにクリソツ! と思ったり。
キリコがシュルレアリスムアーティストに与えた影響は多大かもしれません。
ただ、「シュルレアリスムに影響を与えた形而上絵画」として紹介してあげないと、って気はしちゃいます。

各コーナーの最初の説明文には、いちいちブルトンの「シュルレアリスム宣言」からの小難しい言葉が出てたりします。
アンドレ・ブルトンって人は、『黒いユーモア選集』のレビューをUPしたりはしてますが、(こちら) なにげに昔から好きになれん訳でして、なんつーか、顔つきからして苦手と言うか。(笑)
アンドレ・マッソンの『アンドレ・ブルトンの肖像』には、そうそう、こーゆー感じ! と思いました!

今回おもしろく興味深いと思ったのが、あのピカソの女、ドラ・マールの作品が展示されていた事です。
ピカソの描くドラ・マールは多数見ていても、ドラ・マールの作品を見たのは、多分初めてだと思います~
写真の作品ですが、「手」とか、なかなか幻想的で良かったですよん。

あとは、さっき書いたブルトンの肖像を描いたマッソンが良かったし、様々なアーティストの連作の『甘美な死骸』さいこー! と思ったり、ジャコメッティが良かったです。
マン・レイの映像も嬉しかったです。
ダリ&ブニュエルの『黄金時代』『アンダルシアの犬』も上映されてました。

そうそう、この日は音声ガイドを借りなかったのですが、この展示会に関しては借りた方が良いかも。
ここ最近の展覧会って、やたら字を読まされて疲れるのですが、これはあまりにも説明が少なかったです。
こればかりは見終わってみないとわからないんですよね~

*この前ちょーー久々にこちらのブログUPしました。
トラウマ映画館&ハリウッド・バビロン
そんで、ハリウッドバビロン2を注文しちゃいました~~期間限定ポイントがあったし。

【送料無料】ハリウッド・バビロン(2)

【送料無料】ハリウッド・バビロン(2)
価格:2,310円(税込、送料別)



*& この前、むか~~し録った画像の悪いビデオで、マンソンファミリーの映画『ヘルター・スケルター』を観たら、なかなかおもしろかった!! んでマンソンをYOU TUBE検索してみたら、いっぱい出てくるぢゃないのっっ!
ずっとまた観たいオモてた『アメリカン・バイオレンス』がっっ!!



最近の写真も見たけど、相変わらずな凄い目力~~とオモた私に手書きハートの1クリックを~~~。

【送料無料】シュルレアリスム宣言/溶ける魚







【送料無料】シュルレアリスムとは何か

【送料無料】シュルレアリスムとは何か
価格:1,260円(税込、送料別)



人気ブログランキングへ






最終更新日  2011.04.13 16:36:01
コメント(2) | コメントを書く
2011.04.10
カテゴリ:美術・芸術鑑賞
この前岡本太郎展のレビューをUPしましたが、今日、日曜美術館で岡本太郎やってました!!
ラストに取り上げていた『明日の神話』
渋谷駅に堂々と飾ってあるあの壁画ですが、このタイトルって凄いですよね。
『ヒロシマ・ナガサキ』から、このタイトルへ。やはり太郎ってのは凄い人だと、このタイトルひとつとっても思うのです。
原爆を受けながらも、それを乗り越えて行く姿。
今見ても、すんごい斬新。
この番組、被災者の方達が見てくれてたら良いなーと思いました。

今、斉藤某の東電批判ソングが、めちゃ話題になっていて、いやーうまくやったねえ、ってな感じですが、あまりに絶賛されまくってるから見てみたんだけど、何の新しさもないし、なんで? と正直思ったりして。^^;

やはり岡本太郎のような人が、人々に本当の勇気を与えられるんじゃないかなーと思ったり。
ミュージシャンとしても、彼のように、ありきたりでない、何年経っても斬新なモノホンでいられたら最高じゃないか、と思います。

日曜美術館
生誕100年 岡本太郎展

*都知事選どーなるだろ~~しかしマック赤坂にはワロタよ~~ってな私に手書きハートの1クリックを~~~。



おおっっ! 何年前かにネットで見つけてめちゃイイ!オモて、またあれ見たいなーオモてた、あのこいのぼりがっっ!!





【送料無料】岡本太郎の見た日本

【送料無料】岡本太郎の見た日本
価格:2,415円(税込、送料別)



【送料無料】岡本太郎と太陽の塔

【送料無料】岡本太郎と太陽の塔
価格:2,940円(税込、送料別)



岡本太郎「明日の神話」再生への軌跡

岡本太郎「明日の神話」再生への軌跡
価格:2,646円(税込、送料別)



【送料無料】岡本太郎が撮った「日本」

【送料無料】岡本太郎が撮った「日本」
価格:1,470円(税込、送料別)



人気ブログランキングへ






最終更新日  2011.04.10 11:45:31
コメント(6) | コメントを書く
2011.04.04
カテゴリ:美術・芸術鑑賞
31日に中村橋まで見に行ってきました~グランヴィル展
なにげにアリスの挿絵のテニエル等を連想したのですが、ルイス・キャロルが影響を受けているとか。
なかなか展示数も多く、これで500円って絶対安いですっっ!
風刺的な鳥獣戯画が、とっっても楽しく、人間が花になった絵など、実にバラエティーに富んでいます。
ラ・フォンテーヌの『寓話』や、ガリバー旅行記、ドン・キホーテ、デカメロンなどなどのフランス語訳本の挿絵も満載です。
私は、擬人化した花と、『レ・ゼトワール (星々)』が特に良かったかな~~
とにかく楽しくて可愛くて素敵で、始終ニヤけつつ見終わりました。
残り数日ですが (10日までに延長されてます)、おすすめ! 入口から素敵ですよ~~

クイーンの『イニュエンドウ』のジャケはグランヴィルの作品だそうですよん。

 【中古】CD イニュエンドウ/クイーン

 【中古】CD イニュエンドウ/クイーン
価格:780円(税込、送料別)



*さっきから上の階の人、やたらドタバタ走り回ってるんだけど・・・外出て運動してよもー(-_-;) ってな私に手書きハートの1クリックを~~~。 もう1時間ぐらいは走ってる・・・
そうそう、100万アクセス超えました~見に来てくださってる方、ありがとうございます(^^)




【送料無料】動物寓話集

【送料無料】動物寓話集
価格:3,150円(税込、送料別)



【LIVING FLOWERS】リビングフラワー

【LIVING FLOWERS】リビングフラワー
価格:1,470円(税込、送料別)



【送料無料】花の幻想

人気ブログランキングへ






最終更新日  2011.04.04 13:03:39
コメント(4) | コメントを書く
2011.03.16
カテゴリ:美術・芸術鑑賞
生誕100年 岡本太郎展 @東京国立近代美術館
何のんきに、そんなんUPしてんの? と言われそうですが、今こそ岡本太郎を思い出すのは、実に良い事だと思ってのUPです。
7日の月曜日に行ってきました。
その日は朝から雪が降っていて、そして着いたら物凄い人人人。まさに「なんだこれは!」でした。
招待客しかいないのに、すんごい人で、最初入れない人達もいたりして。
常盤貴子がゲストで来て、テープカットなどもやったのですが、全く見えませんでした。(泣)

んで、挨拶、テープカットが終わり、展覧会見学へ。
入口から素敵ですよ~~!
そして構成が実に見事!
もし太郎が生きていたら、きっと満足してくれたに違いない、そんな良い展覧会でした。

岡本太郎は縄文土器を紹介した事でも有名ですが、その縄文土器から、かなりに影響受けてる気がします。
太陽の塔なんか、縄文土器抜きには生まれなかったんではないかと。
その太陽の塔は、最初はトーテンポールのような物を考えていて、そんな事もわかって、おもしろかったです。
最初から最後まで、ほんっっとに楽しくて、元気の出る言葉もいっぱい!
ラストには、座ることを拒否する椅子にも座れますよ~~
そして出口には、手つっこんだら太郎の言葉が1人1つ貰えます。

もっといろいろ書く事あったのに、メモした作品リストがどっかに行っちゃって。・゚・(ノД`)・゚・
今度また書くかもしれましぇん。

音声ガイドの無料貸し出しがあったのですが、常盤貴子の声が嫌だったな~~
だいたい、何故岡本敏子役がこの人なんだか! 水木しげるの時もそうだけど、どーして現実とかけ離れたキレイな人をキャスティングするんでしょうねえ。リアルにした方が良いと思うんだけど。岡本かの子の寺島しのぶは良い線行ってんのに。
そうそう、これ行く前に、シュルレアリスム展に行ってハシゴしたんですが、シュルレアリスム展は音声ガイドを借りなかったら、説明が少なすぎて…借りれば良かったと思いました。_| ̄|○
最近の美術展は、あまりに文字が多くて疲れるんだが、シュルレアリスム展は、あまりにも少なかったよ~~

岡本太郎って、作品からも言葉からも、不思議と元気をもらえるんですよね。
今こそ、彼の不思議な力に頼るのも良いかと思います。

*ニュースを見ては言葉もないんですが…震災で亡くなった方達のご冥福を祈ります。

私、なにげに登録した派遣会社で次の日に1ヶ月の仕事が来て、時給も今までと比べたらとんでもなく低く、場所的にも駅からバスで10分とか言ってたくせに最低20分はかかるは、バスの本数1時間に1本だったり、とんでもなく不便で、朝めちゃ早く行って帰り遅く、1日中立ちっぱなしで水もろくに飲めず、トイレ行くのも大変、ってな職場で地震に遭遇し、1回目の時は「そのまま作業を続けてください」のアナウンス。(-_-;) 2度目にデカいの来た時にやっと避難。ってな感じだったので、仕事が中止になり時間もでき、ホッとしちゃってる私に手書きハートの1クリックを~~~。
もーすぐ停電実行すんのかな? 第1グループです~


【送料無料】 CD/島邦明/NHK 土曜ドラマ岡本太郎生誕100周年企画「TAROの塔」オリジナルサウンドトラック/QACJ-30020 [3/23発売]



【送料無料】美術手帖 2011年 03月号 [雑誌]

【送料無料】美術手帖 2011年 03月号 [雑誌]
価格:1,600円(税込、送料別)



人気ブログランキングへ






最終更新日  2011.03.16 12:06:08
コメント(6) | コメントを書く
2010.08.14
カテゴリ:美術・芸術鑑賞
8日に見て来ました。
ブリューゲルは、むかーし池袋で「バベルの塔」を見ましたが、その時にも細かさにブッたまげましたが、版画作品の細かいことと言ったら!!
ちなみに私、双眼鏡持参で行こうと思っていたのに忘れたのでした…_| ̄|○
マグダラのマリアが、サッと見てたら気付かないかもしれないってくらいに目立たずに、右下にポツリと描かれていたりします。
昔から聖書やギリシャ神話の絵が好きなもので、「イカロスの墜落のある川の風景」とか「キリストの誘惑のある風景」とか良かったです。
「種蒔く農民のいる風景」は、ゴッホも描いているミレーの「種蒔く人」が元? と思ったり~

「聖アントニウスの誘惑」が、ボッシュ風の様式で描いた最初の作品だそうですが、ブリューゲルのボッシュからの影響って凄まじい気がします。
そして、多くの芸術家と同じく、最初はコピーでしかないものがオリジナルになっていく訳ですが、私がいちばん好きなブリューゲル作品「死の勝利」で、彼はボッシュの模倣から抜けたのではないか、と勝手に思っています。(まあコレも似ているけど…^^; )
七つの徳目シリーズの「剛毅」は「死の勝利」に繋がるような作品だと思いました。
その「七つの罪源」「七つの徳目」シリーズは必見のおもしろさだし、昔見入って小ポスターを購入し、ずっと部屋に額に入れて飾ってある「バベルの塔」の版画バージョンが見られたのも感激でした!
人間業か?! と思うような細かさにビックリです。

ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル 版画の世界

*もう「入力の仕事はやりたくにゃい」とか我が侭言ってないで探しているのですが、もーとにかくソレはねーだろっつーヒドい条件だったり、どんだけ妥協すれば良いんだかじょーたい。
ほんっっと困り果ててる私に手書きハートの1クリックを~~~。
土曜日も働くしかないのかなあ。悲しい・・・誰か雇って!



P10倍!【値段交渉お気軽にどうぞ】【合計1500円以上ご購入で宅配便送料無料】412qa【中古】◆ピーテル・ブリューゲル★全版画展★1989年発行画集 10P02aug10【yo-ko0805】【smtb-TD】【yokohama】※


ブリューゲル・「死の勝利」プリキャンバス複製画・ギャラリーラップ仕上げ(F6サイズ)


ブリューゲルへの旅


ちょっとパズルの達人[30%OFF] ブリューゲル [バベルの塔] EP04-515 216ピース ジグソーパズル


名画ポスター ブリューゲル「Le pays de cocagne」 新品


ブリューゲルのバベルの塔


ブリューゲルの宴


【ブリューゲル ポスター】イカロスの墜落の風景(381mm×457mm)


ミケランジェロ, マティス, ボッシュ, ブリューゲル, ゴーギャン、そしてピカソ。異なる絵画の世界を堪能してみませんか?Paintingsファースト・ディスカバリー【アート】シリーズ

人気ブログランキングへ






最終更新日  2010.08.14 15:11:13
コメント(2) | コメントを書く
2010.08.10
カテゴリ:美術・芸術鑑賞
8日にオルセー美術館展 と共に、国立新美術館で観てきました。

入ってまず目を奪われたのは「無題 (飾文字の秀作)」2点。
めちゃカッコ良かったなあ。
それから、チェスの駒も良かった!
ち×ぽみたいな作品も良かったし~~
「黒と白」っていう2作品も良かったし。
それと、とにかくポートレートがほんっっっとに見事なんですよね。
ここまでアートなポートレートを撮れる人って、いないと思います。
あらゆる工夫を凝らした写真の数々もおもしろかったです。

マン・レイは晩年絵画に拘ったそうですが、マン・レイと言えばやはり写真だなあ、と思ってしまいます。それと、写真を利用したオブジェですね。
もう、ほんっっとめちゃ凄いセンスしてると思います。

奥様ジュリエットのインタビュー映像も、おもしろかったです。

マン・レイ展 知られざる創作の秘密

*ううっ、何故か当たるよーな気がしてたサマージャンボ&自治宝くじハズれた_| ̄|○ 私に手書きハートの1クリックを~~~。



マン・レイ


▼アート&広告・ポスター/マン・レイ / Man Ray [ Nancy Cunard ]


▼アート&広告・ポスター/マン・レイ / Man Ray [ Tears ]


マン・レイ自伝


マン・レイ増補新版


マン・レイ【Man Ray】額装ポスター Lips (Small)


マン・レイ【Man Ray】額装ポスター Noire et BI


マン・レイ版画カタログレゾネ全2巻(Anselmino編纂):カタログレゾネ リトグラフ ピカソ マチス シャガール 挿画本

人気ブログランキングへ






最終更新日  2010.08.10 14:50:43
コメント(2) | コメントを書く
2010.08.09
カテゴリ:美術・芸術鑑賞
5日に行ってきました~
朝10時過ぎくらいに着いたと思うのですが、すんごい行列でウゲゲでした。
このラインナップでは混むのも当たり前なのですが…平日朝でこれかぁ。あ、夏休みの方もおりますけどね。子供もいたしなー。

第1章の「1886年-最後の印象派」の、モネの「ロンドン国会議事堂、霧の中に差す陽光」のなんと美しいこと!!

第2章「スーラと新印象主義」の、スーラの「サーカス (エスキース)」は、シャガールの点描画バージョンみたいだったり。

ロートレックが3点ありましたが、ほんと良いです! 「女道化師シャ=ユ=カオ」が好き。

4章の「ゴッホとゴーギャン」では、すんごい意外なゴッホって感じなのがありました。
「アニエールのレストラン・ド・ラ・シレーヌ」。ゴッホっぽくないのだけど、素敵な絵でした。
「星降る夜」は大好き。
ゴーギャンは、やはりタヒチの女が格段に良いよなあ、と思ったり、「《黄色いキリスト》のある自画像」は大好きです。

8章の「内面への眼差し」では、これまた大好きなモローやルドンが展示されてて、うれちったら。
バッカスの巫女たちによって殺されたオルフェウスの首を抱くトラキアの娘の絵「オルフェウス」の美しいこと! ちょっとギリシャ神話を読み返してみようと思いました。
それからルドンの「キャリバンの眠り」は何とも言えず好きですね~。
ボナールも好きだし、クノップフも登場するのですが、めちゃ意外な (クノップフにしては) フツーの絵でした。

そして、最も観たかったのがアンリ・ルソー。
「戦争」は、実に無邪気な女の子が死人の上を飛びまわっている絵で、この天真爛漫さが恐ろしさを倍増させているような気がします。
どこかユーモラスで明るい感じがしてしまう点が、本当の恐ろしさを表しているのではないかと思いました。

16日で終わりなので、なんとか書きました。ε=( ̄。 ̄;A フゥー
ちなみに私、モノホンのオルセー美術館に行った事があるですよん。
いちばん最初に行ったツアーの時の自由時間に行きました。
元々は地下鉄だった美術館でして、建物も素敵でした♪♪

オルセー美術館展2010 「ポスト印象派」

*昨日はバーベキュー♪ 一昨日は花火。んで、この日↑ は美術館ハシゴしたし、ネタが増える時は一度に増えて書くのやら写真UPやらが大変~~な私に手書きハートの1クリックを~~~。



アンリ・ルソー楽園の謎


【送料無料】絵画:アンリ・ルソー「詩人に霊感を与える詩神」●サイズF6(41.0×31.8cm)●プレゼント・ギフト・風水にも人気な名画の絵画(油絵複製画)オーダーメイド制作◆無料で選べる額縁付き!◆:油彩画


F6(41.0×31.8cm)アンリ・ルソー「第22回アンデパンダン展に参加するよう芸術家達を導く自由の女神」


F6(41.0×31.8cm)アンリ・ルソー「蛇使いの女」


F6(41.0×31.8cm)アンリ・ルソー「飢えたライオン」


【送料無料】絵画:アンリ・ルソー「眠れるジプシー女」●サイズF6(41.0×31.8cm)●プレゼント・ギフト・風水にも人気な名画の絵画(油絵複製画)オーダーメイド制作◆無料で選べる額縁付き!◆:油彩画



オディロン・ルドン

オディロン・ルドン

価格:2,310円(税込、送料別)



人気ブログランキングへ






最終更新日  2010.08.09 16:59:46
コメント(2) | コメントを書く
2010.06.10
カテゴリ:美術・芸術鑑賞
7日の月曜日に行って来ました~
ロシア構成主義って知らない分野だったんですが、なかなかおもしろかったです。
絵画、デザイン、ポスター、写真から空間構成までと、ほんと盛りだくさん。
ロトチェンコとステパーノワは40年連れそったパートナーだそうですが、それぞれが影響しあいながら個性を出している感じでしょうか。
共同作業もあり、それぞれの仕事もあり、2人の共通点や違い等も楽しめます。

全体的に、アールデコ的な、とてもクッキリハッキリした直線的なデザインだと思います。
どちらかと言うと私はアールヌーボー的曲線的なものの方が好きなのですが、こういうハッキリな物もまた良いですね。
ポスターはどれもカッコ良いと思いました。
ポスターの文章はマヤコフスキーでして、マヤコフスキーのキャッチコピーが出来てから、わずか1日でロトチェンコがポスターに仕上げたものもあったとか。

麻雀牌なんかも、おもしろかったし、ロトチェンコの《空間構成10番 連作「光を反射する平面」吊り下げ型六面体》は凄いと思いました。

この日、学芸員さんによるギャラリートークがありまして (だからこの日にしたのですが)、その中で印象的だったのは、服飾のデザインに関してでした。
ステパーノワは労働者の為の服をデザインしたのです。
「作業着」のデザインというのは、当時とてもめずらしかったそうです。

東京都庭園美術館 : 展覧会情報

庭園美術館は、ココ自体がとっっても素敵な所で好きな美術館です。
お庭も素敵だし、館内もラリックのデザインがあったり、大理石がビッシリで凄いですよね。
展示物だけでなく、空間も楽しめます。
観賞後、お庭を少しぶらつきました。

Image502
Image502 posted by (C)SEAL OF CAIN


Image503
Image503 posted by (C)SEAL OF CAIN


Image504
Image504 posted by (C)SEAL OF CAIN


すっっごく綺麗な色の薔薇がありました~

Image505
Image505 posted by (C)SEAL OF CAIN


Image506
Image506 posted by (C)SEAL OF CAIN


*ツイッターやってる方、毎日つぶやきましょう!

これ が後世に残したいバンド~~? と昨日散々つぶやいてた私に手書きハートの1クリックを~~~。
コレ結構おもろいです~~
まあ、本当に凄い後世に残したい日本のバンドたちをリアルタイムで知っているとなると、50代なのだろうけど、昔の聴こうぜーと思いますよねー。勿体ないじゃないっすか。もー最近のなんて屁みたいなものだもん。
YOU TUBEでとりあえずザザッと→素晴らしき日本のロック 前編
70's 日本のロック ダイジェスト
レビューです→サディスティック・ミカ・バンド『黒船』


☆新着お買い物情報☆


【tg-ky】【送料無料】Cache Cache コサージュ付 編みバッグ


【tg-ky】【送料無料】選べる デニムレギンス 2本セット

【2010 父の日ギフトセレクション】


リボン付ラバーレインパンプス

ゆかた屋さん【夏を先取り!】 サマーセール、第1弾開催!

楽天イーグルス&ヴィッセル神戸がW勝利!6月10日はエントリーで全ショップ3倍!




人気ブログランキングへ







最終更新日  2010.06.10 15:24:10
コメント(2) | コメントを書く

全100件 (100件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

ほしいものリスト

楽天カード

カレンダー

バックナンバー

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

プロフィール


SEAL OF CAIN

お気に入りブログ

さあ、大変。 aoeiuさん

ボイトレ発表会、映… アラネアさん

『NOヘイト!』 まろ0301さん

150時間限定!楽天ブ… 楽天アフィリエイト事務局スタッフさん

PC版:日記を書く画… 楽天ブログスタッフさん

カテゴリ

フリーページ

読書のページ


小栗虫太郎


夢野久作


江戸川乱歩


ジョイス


ダンテ


バルザック


セリーヌ


ギリシャ神話


養老孟司、竹内久美子


夏目漱石


ジュネ


中井英夫 (塔晶夫)


バタイユ


☆小・中・高校生へのお薦め本☆


ポー


今年読んだ本


ブロンテ姉妹


ミシュレ


澁澤龍彦


ウィリアム・ブレイク


ブコウスキー


ミルトン


ヘルマン・ヘッセ


コリン・ウィルソン


ドストエフスキー 関連本も


ヘンリー・ミラー


トーマス・マン


川端康成


ミラン・クンデラ


その他


フランツ・カフカ


オスカー・ワイルド


寺山修司


プーシキン


スティーヴン・キング


ロジェ・マルタン・デュ・ガール


三島由紀夫


加賀乙彦


田中一村伝


美輪明宏


モーパッサン


マルキ・ド・サド


生田耕作


マンディアルグ


阿川佐和子


アポリネール


ヘミングウェイ


ルイ・アラゴン


ラシーヌ


佐賀のがばいばあちゃん


カポーティ


藤田嗣治関連


阿部定事件


マーガレット・ミッチェル


コンスタン


トルストイ


吸血鬼関連


三国志


きもの


梁石日


井原西鶴


東電OL殺人事件関連


安倍公房


アンドレ・ブルトン


淀川長治


<映画の見方> がわかる本


グリンプス


フリッカー、あるいは映画の魔


河合隼雄


野球関係


立花隆


ポール・ギャリコ


中島義道


坂口安吾


業田良家


源氏物語


今日も映画日和、本と映画と70年を語ろう


トーキングヘッズ叢書


マルセル・プルースト


清水正


ガストン・ルルー


バルベー・ドールヴィイ


谷崎潤一郎


映画のページ


タランティーノ/キル・ビル関連


江戸川乱歩映画祭


恐怖・ホラー・サイコ系


吉本直聞


ベルトルッチ「ドリーマーズ」と1968年考


パゾリーニ


カール・ドライヤー


カサヴェテス


ウィリアム・ワイラー


ジャン=ピエール・ジュネ


ロジャー・コーマン


塚本晋也


ジャン・コクトー


ジャン・ルノワール


その他


キューブリック


ゴダール


クローネンバーグ


ケン・ラッセル


黒澤明


ヒッチコック


ロジェ・ヴァディム


エリア・カザン


フェリーニ


溝口健二


ヴィットリオ・デ・シーカ


ヴィスコンティ


男はつらいよ


ウディ・アレン


ヤン・シュヴァンクマイエル


ATG


大島渚


特別企画★日本映画監督協会70年の70本+1


トリュフォー


黒木和雄


吉田喜重


佐々木昭一郎


タルコフスキー


北野武


ジム・ジャームッシュ


勅使河原宏


悪名シリーズ


ベルイマン


市川崑


エド・ウッド関連


ロッセリーニ


マーティン・スコセッシ


フランク・キャプラ


ジャック・タチ


リドリー・スコット


特撮


アンリ=ジョルジュ・クルーゾー


新藤兼人


フリッツ・ラング


ロメール


1997年スペイン旅行記


日本に対する嫌悪とスペインへの思い


マラガ到着


退屈な寮生活


セビリヤの旅


快適だったホームステイ


モロッコの旅


初めての一人旅 ~コルドバへ~


忘れられないグラナダ


忘れられないグラナダ (つづき)


グラナダに別れを告げ、バルセロナへ。


プラハ→ウィーン→ブダペスト旅行日記


旅前


旅中


旅後/関連話


棒いろいろ



映画


グルメ


ラーメン日記


ベルギー・オランダ旅行日記


コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:亀田戦に抗議殺到(08/03) buy cialis proffessional onlinefibromya…
http://cialisiv.com/@ Re:亀田戦に抗議殺到(08/03) mexican cialissp cialisboard cialis dis…
SEAL OF CAIN@ Re:書評投稿サイト「本が好き!」のご案内(02/17) 本が好き!運営担当さん コメントありがと…
本が好き!運営担当@ 書評投稿サイト「本が好き!」のご案内 突然のコメント、失礼いたします。はじめ…
SEAL OF CAIN@ Re[1]:CARMILLA LIVE 他(09/13) shin-kanenoさま めちゃめちゃ嬉しいコメ…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.