000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

MAGI☆の日記

DEATH NOTE 第20話「姑息」

DEATH NOTE
第20話 姑息

『では、定例会議を始める。我々ヨツバグループの更なる飛躍発展の為に誰を殺すか…』
ほら、僕の言った通りでしょ
まずい、このままいくと…
『その前に今回はいくつか話し合う点がある。まずは葉鳥が死んだこと』
『仕方ないだろ。正直葉鳥が死んでくれて私はホッとした。この会議から抜けようとする者はどうなるかキラははっきりと見せしめにしたんだ』
『うん、皆、これで葉鳥の死の意味が十分解ったと思う。肝に銘じろ。次、エルラド・コイルの報告の件だが…』
仲間の死のことだと言うのにたったこれだけ!?
五百万ドルの代償がこれだけか。Lの顔や名前、肝心な所が何も分かってないじゃないか。ホントに役に立つのか?このコイルって奴
『まぁ、待て。コイルはこの報告書の最後でLの存在は軽視すべきものではないとの忠告をくれたりもしている。このケース、特に金曜・土曜にヨツバにとって有利に働く死が毎週起こる。Lがキラと関連付ける可能性がある、と』
『私達がやっていることをそこまで調べ上げたコイルはやはり有能だと思う。とりあえず、毎週末に殺人というのは改善すべきだ』
凄いですね。ガンガン自白してるって感じだ
あぁ、この録画があれば七人を逮捕できるんじゃないか?
やはりまずい
キラは融通きかないよな。一週間適当に割り振ってくれればいいのに
『私はコイルが気づいた以上、今のペースで殺していくのは危険だと考える。ここからは更に慎重に、絶対に誰にもバレないようにしていくべきだ』

『うん。では本題に入る。誰を殺すか?』
『ELF保険の日本進出、これは食い止めないと他社含めヨツバの顧客も多くが流れる』
『では、ELFはここに上がっている者を事故死でいいな?』
何だ、これは!?こんな簡単に…
『もう一人はヨツバノリゾート開発に反対している…(中略)…高血圧で悩んでいるので時間設定の脳卒中等の病死で可。これでいいか?』
キラ、事故死、病死、死の時間設定、僕達の考えていた通りだ。もう間違いない
いいえ、残念ですが、今挙げられた者が死んで初めて間違いないです。この七人の会議での言動、そして会議で挙げられた者の死ぬまでの七人の行動、これを事細かに見ていけば必ずキラを捕まえられます
竜崎の考えているやり方はできない、間違っている!!この七人に殺しを続けさせていくことでキラを捕まえようとしているようだが、そんなことはできない!!
そうだ。明らかにこの七人は殺しをしている。松田の証言とこの映像を出す所に出せば立証できるのでは!?
困りましたね。今、捕まえてしまったら全てが台無しになります
三週間後に一人と今週末に一人殺すようなことをヨツバの幹部が言ったので、時間がないと言う総一郎
月、あの七人の携帯番号はもう解っていたな?兎に角誰でもいい。七人の誰かに電話して殺人を止めさせる
待って下さい。そんなことをしたら、アイバーが彼らに接触した三日後に捜査の手がのびたことになり、怪しまれます。それと何よりもキラが誰なのか断定できなくなる可能性が極めて高い。折角ここまで来て、またふりだしになります。キラを捕まえるためにはキラだという証拠がどうしても
竜崎、仮にこの中にキラがいたとしてこの中に電話をし、そいつに当たる可能性は七分の一と考えていいのか?
え!?私は多くても二人、七分の二と考えていますが
どうせ、捜査の手がのびていると知られる覚悟なら、その七分の二に賭けてみよう。Lの名を借りるぞ、竜崎。今までの会話でキラではなさそうでそれなりの発言力を持っていそうなのは…奈南川!!
電話するなら、ここのを使って下さい逆探も盗聴もできないようになっています
会議で可決された殺しのターゲットの殺人を何とか食い止めたいは発言力はあるがキラではないと判断した奈南川にLとして連絡を取り、今後、自分達に協力をしてもらえれば、キラ以外の者は脅されていたとし、罪は問わないと条件を提示した上で、殺しの実行を延期させることに成功する。
夜神君は凄いです。殺しを延期させるだけでなく、奈南川から情報を得られるかもしれません。しかも私のやり方に似ていますし、私より早く考え付いた。これならもし私が死んでも、夜神君がLを継いでいけるかもしれません
何を縁起でもないことを。これで一ヶ月以内にキラを断定し、証拠まで挙げなくてはならなくなった。ここからが勝負だろ?
はい。しかしヨツバに最初に目をつけたのも夜神君ですし、やはり私より有能と言ってもいいかも。夜神君ならできるかもしれません。もし私が死んだらLを継いでもらえますか?
何を言ってるんだ!?竜崎。これ(手錠)をしている限り、死ぬ時は一緒じゃないのか!?あ、そうか…竜崎、悪いが今、竜崎が考えていることを皆の前で言わせてもらう。竜崎は僕がキラなら、今、僕がキラであることをしらばっくれ、演技でこうしているか、キラの力が他の者に渡り、今の僕にはキラだった自覚がなくなっている、という二つのパターンを考えている。前者で僕が演技をしているのならこの手錠は絶対に外せない。あ、いや、演技じゃない方のパターンでも手錠は外せないだろう。竜崎は僕がキラだったと考えているし、もしその力が人に渡ったのだとしても、もう一度その力が僕に戻ってくるように仕組んであると考えている。つまり、単に操られていたのではなく、自分から人に渡し、自分の疑いが晴れたところで力を戻すという策略。竜崎は夜神月がLの座を奪った上でのキラになる、そう考えた。Lと同等の地位を得て、警察等を自由に動かせる立場にあり、裏ではキラ、最強だな。それを僕にならできる。いや、やりかねない、そういう意味で言ったんだな?
はい
しかし、どうだ?これで少なくとも僕は演技しているわけではないというのは解ったんじゃないか?
演技をし、Lの座を奪うことを狙っているのならその計画を皆の前でバラすはずがない、ということですね?
竜崎、この僕が今存在するキラを捕まえた後でキラに、殺人犯になると思うか?そんな人間に見えるのか?
…思います。見えます
Lの顔面を殴り、Lの顔面に蹴りを入れる。
また!?
はい、一回は一回。今回は相打ちということでこれでおしまい!!
そうだな。兎に角今は目の前にいるキラを捕まえることだ。手錠さえしていれば、文句ないはずだ
そうですね。もう一ヶ月しか時間がないんですし
総一郎は先程の会議を証拠にあの七人を捕まえる事が出来れば、犯罪者も殺されなくてすむのでは?とLに提案するが、Lはあの七人の中に絶対にキラがいると断定できなければ捕まえる意味はないという。
やっぱり私は一人でキラを追います。この本部は夜神さん達にもお貸ししますし、私も使う。夜神さん達は夜神さん達のやり方で捕まえるなり好きなようにして下さい。私は私のやり方で捜査していきます。そうしないと口論になるだけです。別行動にしましょう
つまり、竜崎はあくまでもキラに絞って追うということか?
はい。この事件はキラを捕まえなければ解決しない。目の前の何人かの死を阻止することが意味のないことだとは言いません。しかし、全ての真相を解明しなければ、またキラは現れ、犠牲者が結果的に増える。ならば、何よりもキラを断定すべきというのが私の考えです。私は七人逮捕には反対ですから、やるなら夜神さん達の責任でお願いします。私は私でキラを追う。期限は一ヶ月、どっちが早いかですね
そう告げるとLは席を立ち、手錠で繋がれたを連れ、海砂の元へ移動する。
月君の役に立ち、月君と一緒に捜査できるのなら協力したい、ですね?
うん!!月の為になるなら海砂は何でもします
海砂Lを知っているかもしれないとコイルから七人へ報告させれば、一度海砂と顔合わせているヨツバ幹部なら必ず食いついてくる。
故に、海砂を囮にすればキラの特定が出来るかもしれないと自分の考えを打ち明ける。
海砂が危険な目にあう可能性が高い為、直ぐさまLの提案を拒否する
私の身を案じてくれるの!?やったぁ~!!でも、海砂、月の為ならそのくらい何でもないよ
海砂の役に立ち、もっと愛されたいとLの計画に便乗するのだった。



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.