6994461 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MAGI☆の日記

未定

スター☆トゥインクルプリキュアの第30話を見ました。



第30話 ララの想いとAIのキモチ☆









ララ達は何故か惑星サマーンの研究所からプリンセススターカラーペンを持ち去った疑いをかけられ、追われることになってしまう。
さらにアイワーンがサマーンのマザーAIを乗っ取って……


ひかる達はララの両親や双子の兄・ロロと出会う。
ロロはプリンセススターカラーペンを見つけたり、星空連合はプリキュアを星空連合に入れようとしていたりしていて、ララはどこか浮かない様子であった。
そんな中、プリンセススターカラーペンを狙ってテンジョウが現れ、ひかる達はプリキュアに変身する。
「「「「「」」」」」
宇宙に輝くキラキラ星!キュアスター!
天にあまねくミルキーウェイ!キュアミルキー!
宇宙を照らす!灼熱のきらめき!キュアソレイユ!
夜空に輝く!神秘の月あかり!キュアセレーネ!
銀河に光る虹色のスペクトル!キュアコスモ!
「「「「「」」」」」

何とかプリンセススターカラーペンを取り返したララを守るためにユニがプリンセススターカラーペンの力を借りてノットリガーを浄化するのだった。
レインボーパフューム、いくニャン♪プリンセススターカラーペン、射手座!くるくるチャージ!プリキュアレインボースプラッシュ!

ノットリガーを浄化したものの、何故かララ達がプリンセススターカラーペンを奪ったと犯罪者扱いになり追われる身となってしまうのだった。

次回、「」

プリンセススターカラーペンを奪ったと勘違いされるとか最悪じゃん…。
プリキュアと早く明かしちゃった方がいいんだろうけど、星空連合のことがあるから難しいんだろうな…。

にほんブログ村テーマ HUGっと!プリキュアへ
HUGっと!プリキュアにほんブログ村テーマ アニメへ
アニメ









ウルトラマンタイガの第9話を見ました。













第9話 それぞれの今

ホマレの過去を知る女性、行方マイコが言うには、今のホマレは昔とだいぶ変わったらしい。ホマレはある秘密を抱えていたのだ…。
そして、古の封印から解き放たれた水異怪獣マジャッパが怪しい香りと共に彼らの前に現れる!
マイコとマジャッパを狙うヴィラン・ギルドの目的とは!? ホマレはマイコを守りきることができるか!?


ついに悪夢魔獣ナイトファングの封印が解かれてしまい、ヒロユキがタイガ達と立ち向かうのだが、その第3の目から放たれる怪音波が人々を恐怖の夢へと誘なう。
この音何?
ピリカ何言ってんの?
何も聞こえないぞ

ヒロユキがとっさに音を聞いちゃダメだと言ったことで近くにあったヘッドホンをしたピリカ以外のイージスのメンバー達は、次々と悪夢の中に落とされ倒れていく。
ピリカが怪音波を打ち消したことでヒロユキ達は目を覚まし、怪獣に向けて音波を流すことで怪音波を打ち消そうとする。
ナイトファングに立ち向かうヒロユキだが苦戦していると、天王寺藍によって地球に眠る光がウルトラマンタイガに新たな力を授け、フォトンアースへとタイガがパワーアップすることができ、ナイトファングを撃破することができる。
そこにトレギアが現れ、フォトンアースにパワーアップしたタイガの力量を試して去っていくのだった。

次回、「」

タイガパワーアップしたけど、タイタスやフーマもパワーアップするのかな!?


にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへにほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン










黒崎くんの言いなりになんてならないの第2夜を見ました。



第2夜











次回、「」

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン








たまこラブストーリーを観てきました。










高校3年生になった北白川たまこの頭の中は商店街と家業である餅屋のことばかりだが、ある日、仲良しの常盤みどり牧野かんな朝霧史織に進路を聞かれても、何気なく将来は家業の餅屋を継ぐと答える。

同じ頃、たまこの家の向かいに住む同級生で幼馴染で、ずっと彼女を思い続けてきた大路もち蔵は映像を学ぶために東京の大学に行く決意を固めており、その前に告白をしようとしていた。
もち蔵から東京に行くこと、そして告白されたたまこは突然の告白に意識し出して気まずくなり、いつものように振る舞えなくなってしまう。
そのため、告白をなかったことにしてほしいともち蔵に言われたたまこだったが、元々好きではなかったお餅を好きになったキッカケがもち蔵であったことを思い出す。
そして、連絡網で回ってきた翌日の学級閉鎖の件をもち蔵に伝えなかったたまこは一人教室でもち蔵が登校してくるのを待つ。
ところが、もち蔵は教室に来ず、代わりに来たみどりからもち蔵が東京の大学に行くために今から東京に転校すると嘘を吐かれてしまう。
自分の気持ちを何も伝えていないのにもち蔵がいなくなってしまうとたまこは急いで京都駅へと向かう。

一方、東京の大学の見学に向かうために京都駅で新幹線に乗ろうとしていたもち蔵たまこに声を掛けられ、糸電話を手渡されるのだった。
もち蔵、大好き。どうぞ


にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.