6287483 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

MAGI☆の日記

未定

キラキラ☆プリキュアアラモードの第37話を見ました。



第37話 サリュー!シエル、フランスへ去るぅー!?









ハロウィンの季節を迎え、キラパティでシエルがスイーツを作っていると、シエルがパリにいた時のお店のオーナーでシエルを天才パティシエへと育てたソレーヌがやってくる。
ソレーヌはいちご坂町はシエルに相応しくないとシエルをパリへ連れて帰ろうとする。
いちご坂がパリと同じくらいステキだというシエルソレーヌにどこが優れているのか見せるように言われ、いちご坂のいいところをアピールするも、なかなか分かってもらえずにいた。


いちかたちだけど、
なかなかわかってもらえなくて…。いちご坂大運動会に家が隣同士ということでいちかあきらは同じ組で出場することになる。
スポーツ万能のあきらに今年こそ優勝だと期待する源一郎達の期待に応えるようにあきらは色々な種目で大活躍するのだが、いちかあきらが体調を崩していることに気づく。
あきらさん、やっぱり具合が悪いんですね
これはたくさん動いたから…

あきらは言い出せなかったからではなく、1人で祖母の家に引っ越してきた自分に優しくしてくれた人達にお返しがしたいから頑張りたいと
告げる。
いちかあきらの気持ちだけを受け取り、午後はキラパティの面々も含めてみんながあきらの分まで盛り上げようと張り切り、そんなみんなの姿を見たあきらは引っ越してきて良かったと祖母に語るのだった。
そこへ人型にパワーアップしたディアブルが現れ、周囲を闇に包み込んでいく。
俺の闇は全てを染める。ルミエルの記憶と共に滅びるがいい!

プリキュアをも闇に染めて動きを鈍らせるディアブルだったが、風邪を引いても頑張ってくれたあきらを思い出して闇を吹き飛ばし、ディアブルいちか達はキラキラルクリーマーで退けるのだった。
「「「「「」」」」」


次回、「」

みんなに恩返しをしようと風邪の中頑張るあきらが格好良かった!
次回はシエル回のようで楽しみ♪

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン







ウルトラマンジードの第17話を見ました。













第17話 キングの奇跡!変えるぜ!運命!!

キメラベロスへとフュージョンライズを果たしたベリアルに取り込まれてしまったリクベリアルの囁きがリクの心をゆっくり悪へと染めていく。
リクを救おうとするライハウルトラマンキングの力により、リクの精神世界へ飛び込む。
必死に呼びかけるライハの声がベリアルの呪縛を破るのか!? リクの渾身のフュージョンライズが奇跡の姿を見せる!?

ライハに突然リトルスターが再発し、困惑するライハはリトルスターの波動を遮蔽して怪獣から隠すことができる研究所でAIBの精密検査を受けることになるが、研究セクションに潜入していたゴドラ星人がライハを始めとするリトルスター保持者を奪取しようと暴れ出す。
…!?
どうしたの?
聞こえた…ベリアルが来るって!

ライハモアの危機を救うためにリクが戦っている最中、ウルトラマンベリアルが地球に現れ、ゼロ参戦するが、キメラベロスへとフュージョンライズを果たしてしまう。
光の国から盗んだカプセルをもとに作らせておいたのだ。レイブラッド星人の遺伝子を受け継いだレイオニクスの力を利用してな

リクベリアルの体内に取り込まれ、キメラべロスの姿を見た人々は世界が終わることを悟るのだった。

次回、「」

モアがジードの苦戦してる姿にりっくんと呼んじゃったのをゼナが聞いてしまったのでゼナに正体バレしちゃったのかな!?
時空の歪みに飲み込まれたモアが戻ってくるのは予告で分かったけど、どうやって戻ってくるのか気になります。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへにほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン







黒崎くんの言いなりになんてならないの第2夜を見ました。



第2夜











次回、「」

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン








たまこラブストーリーを観てきました。










高校3年生になった北白川たまこの頭の中は商店街と家業である餅屋のことばかりだが、ある日、仲良しの常盤みどり牧野かんな朝霧史織に進路を聞かれても、何気なく将来は家業の餅屋を継ぐと答える。

同じ頃、たまこの家の向かいに住む同級生で幼馴染で、ずっと彼女を思い続けてきた大路もち蔵は映像を学ぶために東京の大学に行く決意を固めており、その前に告白をしようとしていた。
もち蔵から東京に行くこと、そして告白されたたまこは突然の告白に意識し出して気まずくなり、いつものように振る舞えなくなってしまう。
そのため、告白をなかったことにしてほしいともち蔵に言われたたまこだったが、元々好きではなかったお餅を好きになったキッカケがもち蔵であったことを思い出す。
そして、連絡網で回ってきた翌日の学級閉鎖の件をもち蔵に伝えなかったたまこは一人教室でもち蔵が登校してくるのを待つ。
ところが、もち蔵は教室に来ず、代わりに来たみどりからもち蔵が東京の大学に行くために今から東京に転校すると嘘を吐かれてしまう。
自分の気持ちを何も伝えていないのにもち蔵がいなくなってしまうとたまこは急いで京都駅へと向かう。

一方、東京の大学の見学に向かうために京都駅で新幹線に乗ろうとしていたもち蔵たまこに声を掛けられ、糸電話を手渡されるのだった。
もち蔵、大好き。どうぞ


にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.