6046766 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

MAGI☆の日記

未定

キラキラ☆プリキュアアラモードの第8話を見ました。



第8話 キラパティオープン…できません!









高校生のあきらがキュアショコラとしてプリキュアに仲間入りし、みんなでお茶会することになる。
いちかひまりあおいゆかりあきらの5人でスイーツ作りをする。
そんな様子を見た長老は妖精の仲間達と森の中にあるいちご山で幸せに暮らしていた頃を思い出す。
はなればなれになってしまった仲間達のことを思い出したペコリンの目には涙が浮かび、パティスリー工房から飛び出していってしまう。
ペコリンを元気づけるため、いちかがドーナツ作りに誘い、最初は寂しそうな表情を見せていたペコリンも、次第に笑顔を取り戻していく。
ペコリンはその他にも仲間を模したドーナツを作り、いちご山のスイーツ工房跡地へと向かい、一緒に作ったドーナツを皆に見て欲しいと叫ぶと、キラキラルが反応し、在りし日のスイーツ工房を映し出される。
またここで仲間と一緒にスイーツが作れるようにと願ういちかだったが、そこへキラキラルを狙ってフエールが出現する。
最後の1個だけはなんとしてでも守るべく、いちかはキュアホイップに変身してフエールに立ち向かう。
キュアラモード・デコレーション!ショートケーキ!元気と笑顔を!レッツ・ラ・まぜまぜ!キュアホイップ!できあがり!

キラキラルを操ってペコリンの思いを守ろうとするいちかだったが、4体に増えたフエールに苦戦してしまう。
そこへひまり達が助太刀に現れてくれ、ドーナツとこの場所を守るべく、5人は力を合わせてフエールを撃退するのだった。
戦いの後、いちかはスイーツ工房の一部をお店にして、みんなが集まる場所にしたいと提案するのだった。




キュアラモード・デコレーション!チョコレート!強さと愛を!レッツ・ラ・まぜまぜ!キュアショコラ!できあがり!

キュアショコラに変身できたあきらビタードを圧倒的な力で消化してみせるのだった。

次回、「」

スイーツ店と楽しそうでいいですね。
プリキュアのお店とか行ってみたいなw

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン







ウルトラマンオーブの第25話を見ました。













第25話 さすらいの太陽

超大魔王獣マガタノオロチに敗れてしまったガイナオミまでもジャグラーに攫われてしまい、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。
ナオミ!怪我はないか!?
私は大丈夫、それよりマガタノオロチを!
そうはさせない。お前にマガタノオロチは倒せない。そして、この女も救えない。お前が愛したこの地球は消えてなくなるんだ。お前と俺は色々なものを見てきたな。ダイヤモンド新星の爆発も黄金の銀河に浮かぶオーロラも。だがそんな思い出はいずれ消える。まるで押し屑のように、何もかも消える。唯一永遠のものが何か分かるか?なぁ、ガイ。それは何もない暗黒だよ。お前の中にも俺の中にも誰の中にもある闇だ。埋まらない心の穴なんだよ

後に残るのは闇だけだと告げるジャグラーガイは唯一永遠のものは愛だと反論し、ナオミは心は切れないと強さを見せる。
そんな中、墜落してきた戦闘機から自分を守ってくれたジャグラーの姿を見たナオミは夢に出てきていたことに気づく。
お前の心にはまだ光が残っている。お前なんだろ?ナターシャを助けてくれたのは
ナターシャ…?私が見ていたのはナターシャの記憶だったの…?

弱い者を放っておけないのが弱点なのは自分と同じだと告げるジャグラーを抱きしめたガイは無敵を誇るマガタノオロチに再び立ち向かい、ナオミに叱咤されたジャグラーも手を貸してくれ、共に戦う。
太平風土記が予言書だと気付いたシンはマガタノオロチの弱点に気づき、それを聞いたジャグラーは自分ごとマガタノオロチを攻撃するように告げるのだった。
そして、ウルトラマン達の力を借りたガイはオーブカリバーでジャグラーごとマガタノオロチを撃破するのだった。
じゃあな

戦いの後、ナオミガイに星の人だと気付いていたと明かし、去っていくガイに最後のお願いとしてハーモニカの曲を聞かせてもらうのだった。


次回、「」

ジャグラーとガイの共闘は熱かった!
ジャグラーも死なずに生きてたようなので劇場版での再会がどうなるのか楽しみだな…。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへにほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン








黒崎くんの言いなりになんてならないの第2夜を見ました。



第2夜











次回、「」

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン








たまこラブストーリーを観てきました。










高校3年生になった北白川たまこの頭の中は商店街と家業である餅屋のことばかりだが、ある日、仲良しの常盤みどり牧野かんな朝霧史織に進路を聞かれても、何気なく将来は家業の餅屋を継ぐと答える。

同じ頃、たまこの家の向かいに住む同級生で幼馴染で、ずっと彼女を思い続けてきた大路もち蔵は映像を学ぶために東京の大学に行く決意を固めており、その前に告白をしようとしていた。
もち蔵から東京に行くこと、そして告白されたたまこは突然の告白に意識し出して気まずくなり、いつものように振る舞えなくなってしまう。
そのため、告白をなかったことにしてほしいともち蔵に言われたたまこだったが、元々好きではなかったお餅を好きになったキッカケがもち蔵であったことを思い出す。
そして、連絡網で回ってきた翌日の学級閉鎖の件をもち蔵に伝えなかったたまこは一人教室でもち蔵が登校してくるのを待つ。
ところが、もち蔵は教室に来ず、代わりに来たみどりからもち蔵が東京の大学に行くために今から東京に転校すると嘘を吐かれてしまう。
自分の気持ちを何も伝えていないのにもち蔵がいなくなってしまうとたまこは急いで京都駅へと向かう。

一方、東京の大学の見学に向かうために京都駅で新幹線に乗ろうとしていたもち蔵たまこに声を掛けられ、糸電話を手渡されるのだった。
もち蔵、大好き。どうぞ


にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.