6223698 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

MAGI☆の日記

未定

僕たちがやりましたの第1話を見ました。









凡下高校2年生の増渕トビオはそこそこで生きられればいいと考える高校生で、新しい彼女・新里今宵できて浮かれている同級生の伊佐美翔、“マル”こと丸山友貴、“パイセン”こと凡下高OBの小坂秀郎とボウリングやカラオケに興じ、そこそこ楽しい日々を送っていた。
そんな中、ヤンキーの巣窟として知られる矢波高の市橋哲人が仲間に指示し、凡下高の生徒を暴行する事件が起きたことで警察も傷害事件として捜査に乗り出し、刑事の飯室成男らが動き出す深刻な事態になる。
トビオ達の担任教師・立花菜摘も心配する中、トビオマルは矢波高のヤンキー達が暴力を振るう現場に遭遇する。
マルが小声で毒づいたのを市橋に聞かれてしまって怒りを買い、目をつけられてしまう。
一方、トビオは幼なじみの蒼川蓮子市橋と一緒に朝帰りする姿を目撃してしまう。
死ねとか言ってた奴の友達だろ?

市橋トビオは遊びに行こうと連れて行かれそうになる。
やめときなよ、市橋。トビオはつまんないよ?私、コイツと幼馴染で昔から知ってるけどさ、一回もこいつで笑ったことないし、童貞だし。それよりさ…今、家誰もいないから上がってかない?

蓮子が機転を利かせて市橋を家に誘ったことで危機を脱すしたトビオだったが、マル市橋のグループに捕まり、ボコボコにされてしまう。
血まみれの痛々しいマルに狼狽えるトビオ伊佐美パイセンの様子をあざ笑う市橋達に怒りがこみ上げたトビオは復讐を誓う。
翌日、トビオ達はイタズラ半分で矢波高への復讐計画を思いつき爆弾を仕掛けるのだった。
窓ガラスが割れるほどの大した威力のない爆弾のはずであったが、笑っていられない物凄い爆発が起き、矢波高の生徒が犠牲に遭ってしまうのだった。


にほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン







過保護のカホコの第7話を見ました。









過保護を卒業し自立するために努力するカホコと手助けしたくなる気持ちをこらえ敢えて突き放した態度をとる正高は根本家が少しずつ変わろうとしている空気を感じる。
そんな中、カホコ初代が重い心臓の病気を隠していることを知ってしまう。
今まで通りの暮らしを続けたいので家族に黙っていて欲しいと頼まれたカホコにだけ相談するものの、達に話さないことが正しいことなのか確信が持てずに苦しむ。
毎年恒例の家族イベントであるイトの誕生日会の日が近づき、初代のために親戚一同を集めて楽しい会にしたいカホコだったが、チェロが弾けなくなって以来心を閉ざしているイトが出席するはずがないと、が今年の会は中止にしたいと言い出す。
なんとかしたいカホコは付き合いだしたばかりのとのデートも犠牲にし、イトを待ち伏せて説得しようと試みるが、イトから家族だと思っていないとキツい言葉をかけられてしまう。
さらに、からも欠席の連絡が入り、2人のもとに駆けつけたカホコがある秘密を持っていて、自己嫌悪から親戚に会いたくないのだと秘密を打ち明けられる。
次々に深刻な問題が露呈するカホコの親戚の話を聞いたは家族は無理に一緒にいるよりも別れている方が幸せなこともあると話し、辛い気持ちを我慢して無理に笑うカホコを心配していた。
そして、追い打ちをかけるように正高の実家では家出をしていた教子が身元の分からない小さな男の子を連れて帰って来る。
現実から目を逸らし解決を明日に先送りにする正興についにカホコは「明日がない人もいる!」と声を荒げる。
家族のために奔走するカホコとそれを心配するとの関係にも微妙な変化が…


カホコに不意に好きだという初が格好良すぎる…!
カホコの家事レベルがダメすぎて花嫁修業は必要だな…w


にほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン






愛してたって、秘密はある。の第2話を見ました。








11年前に皓介の遺体を埋めた庭が何者かによって掘り返され、遺骨と凶器が持ち去られていたことに晶子は激しく動揺し、自首すると言い出す晶子はやめてほしいと懇願する。
血痕の準備を張り切るの思いの変化に気付かない中、のもとに「お父さん、みーつけた」と皓介の遺体を見つけたことをほのめかす不気味なメールが届く。
一方、過労で倒れてしまった晶子を一人にするのが心配になると別れる決意をする。
一方、立花の家族との食事会の日程について聞くと、結婚を許した覚えはないと告げられてしまう。
立花の身辺調査をしており、信用できる人物ではないと言われたはショックを受ける。
そんなのもとに差出人不明の封筒が届き、その中には戸籍謄本が入っており、の父が病気で亡くなったのではないことを知られてしまう。
に呼び出されたは父親のことで嘘をついていることに怒られ、問い詰められてしまう。
ちゃんと説明して。何で黙ってるの?
俺のこと、許せないならそれでいいよ
は?最低!

は好きだけでは結婚できないことを実感しながらも、何故を選んだのか虎太郎と飲みながら話したことで思い出し、のもとへと急ぐ。
やっと気づいた、実証できたって思えたからプロポーズしたんだって。私…黎のためなら犯罪者になってもいい。黎のことだからさ、私を想って俺のこと許せないならそれでもいいよって言ったんでしょ?でも…一緒に考えたい。ちゃんと話して、お父さんのこと。もう嘘は吐かないで
…俺、15の時、父さんを…。父さん、急にいなくなったんだ。理由は分からない。捜索願出したんだけど、事件性がなかったからちゃんと捜査してもらえなくて4年前に失踪宣告されて戸籍上では亡くなったことになった。俺も母さんももう戻ってこないと思ってる。父さんがいなくなった時、周りの態度が急に変わってみんなに気遣われて…爽にはそんな風に接してほしくなかった。だから言えなかった
ありがとう、話してくれて

そんな中、には海に落とした車の鍵が届けられ、晶子のもとには警察から父親の車が海から引き揚げられたので確認してほしいと連絡が入っているのだった。
どういうこと…?



やっぱりまだ黎は爽に真実を明かすわけないわな…。
車まで引き上げられるとかもうどんどん明かされていっちゃうんじゃ!?
誰が知っているのか気になりすぎる…!


にほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン






仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダーを見てきました。





にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへにほんブログ村 テレビブログへblogram投票ボタン


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.