7449825 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MAGI☆の日記

PR

全70件 (70件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

薄桜鬼

September 25, 2012
XML
カテゴリ:薄桜鬼
薄桜鬼 黎明録の第12話を見ました。



第12話 大いなる黎明

文久三年九月十五日、芹沢の暗殺を明日決行しようと土方は近藤に伝えていた。
「会津藩から命を受けた。責任は全て俺が持つ」
「みんな、頼んだぞ。俺達が先に進むためにはどうしても避けては通れねえ道だ」

文久三年九月十六日、島原での宴会の最中、何も知らされていなかった龍之介は新八や平助と共に豪 … [続きを読む >>]





Last updated  September 25, 2012 06:32:58 AM


September 18, 2012
カテゴリ:薄桜鬼
薄桜鬼 黎明録の第11話を見ました。



第11話 百花月夜

新選組内で芹沢への反発が高まる中、近藤はなんとか共生の道を見つけようと芹沢を説得するが、芹沢は聞く耳をもたない。
「俺に大将を務めるだけの力量がないことなどとうの昔に分かっています。ですがトシはこんな俺の可能性を信じると言ってくれました。ですから…」
「土方が君に惚れ込んでる理由が分かるか? … [続きを読む >>]





Last updated  September 18, 2012 05:35:08 AM
September 11, 2012
カテゴリ:薄桜鬼
薄桜鬼 黎明録の第10話を見ました。



第10話 紅蓮の烽火

「また芹沢さんがやらかしやがった…」
京都・大坂の合併相撲興行を無事に終え、その成功を喜ぶ隊士達のもとに芹沢が商家の大和屋を焼き討ちにしたとの報せが入る。
「遅いではないか。相撲興行とかで浮かれていたか?」
「芹沢さん、アンタがやったのか?」
「この大和屋は異国との貿易で不当に財を成した悪徳商 … [続きを読む >>]





Last updated  September 11, 2012 06:12:47 AM
September 4, 2012
カテゴリ:薄桜鬼
薄桜鬼 黎明録の第9話を見ました。



第9話 放たれる剣閃

「こういう時は可愛らしい舞妓さんと一緒で団子の味もまた格別だって言うもんどすやろ?」
「自分で言うなよ」
「せやから、お世辞でもええんどす」
「俺は嘘が嫌いなんだよ」
甘味処で龍之介と共にお団子を食べていた小鈴は芹沢が大坂へ赴くことを聞き、大坂の舞妓が難事に巻き込まれないか心配する。
自分が芹 … [続きを読む >>]





Last updated  September 4, 2012 05:33:41 AM
August 21, 2012
カテゴリ:薄桜鬼
薄桜鬼 黎明録の第7話を見ました。



第7話 草颯の誓い

近藤達一行が大坂から戻ってくるのだが、山南が大坂で芹沢と沖田が丸腰の力士と乱闘騒ぎになり斬ってしまったと土方に告げる。
「丸腰の力士相手に乱闘騒ぎ!?何でそんなことに!?」
思わず芹沢に詰め寄る土方だったが、芹沢は自らの非を認めるどころか土方に対し、武士とは辱めを受ければ死を厭わずに戦うものだ … [続きを読む >>]





Last updated  August 21, 2012 05:44:05 AM
August 14, 2012
カテゴリ:薄桜鬼
薄桜鬼 黎明録の第6話を見ました。



第6話 闇よりの咆哮

「実は浪士組の人材不足を解決する妙案があるんですよ」
「ほぉ、それは如何様な?」
「そちらは幕府より遣わされた蘭方医の雪村綱道と申す」
芹沢に付き従う隊士・新見の紹介で蘭方医の綱道が浪士組を訪れるのだが、土方達は不信感を募らせていた。
その夜、八木邸に突如、絶叫が響き渡り、変若水の人体実験に … [続きを読む >>]





Last updated  August 14, 2012 10:20:30 AM
August 8, 2012
カテゴリ:薄桜鬼
薄桜鬼 黎明録の第5話を見ました。



第5話 蒼穹のきざはし

大坂まで浪士組の資金を借り受けに来たものの、旦那様がいないと断られたことで無礼を働いたと怒る芹沢だったが、奥から旦那が小判を手に現れるのだった。
「芹沢さん、アンタ一体何考えてるんだ!?」
「我々は大阪まで浪士組の資金を借り受けに来たのですぞ。それを…これは今日で押し借りを働く不逞浪士と変 … [続きを読む >>]





Last updated  August 8, 2012 05:33:13 AM
July 31, 2012
カテゴリ:薄桜鬼
薄桜鬼 黎明録の第4話を見ました。



第4話 血塗られし刃

不逞浪士を早く斬りたいということしか頭にない総司は土方に江戸に帰るように言われてしまう。
「嫌です!僕は絶対に帰りませんよ。ここに残って必ず近藤さんの役に立ってみせますから!」
飛び出していった総司を探しに出たものの、なかなか見つからず、近藤は一人で探しに行こうとする。
「総司のことは俺が … [続きを読む >>]





Last updated  July 31, 2012 05:51:58 AM
July 24, 2012
カテゴリ:薄桜鬼
薄桜鬼 黎明録の第3話を見ました。



第3話 群狼の掟

不逞浪士が逃げ込んだ旅籠に押し掛けた新八と一だったが、旅籠の番頭に町方を通せと止められてしまう。
「それで浪士共を逃がしちまったのか」
「ったく京の奴らは何を考えてるんだろうな、不逞浪士を庇うとはよ」
「我々には何の実績もありませんし、それに尊攘派…特に長州の浪士は金払いがいいと聞きます」
「人を … [続きを読む >>]





Last updated  July 24, 2012 06:01:51 AM
July 17, 2012
カテゴリ:薄桜鬼
薄桜鬼 黎明録の第2話を見ました。



第2話 導かれし運命

芹沢に寝起きを蹴り飛ばされて帰宅するまでに酒を買って置くよう頼まれた龍之介が平助達に酒屋の場所を聞こうと八木邸の前へ向かうと一の姿があった。
「アンタ、そこで何やってんだ?」
「近藤さんか土方さんはおられるか?」
龍之介が一を取り次ぐと土方の笑う姿を見ることができるのだった。

酒を買って … [続きを読む >>]





Last updated  July 17, 2012 05:52:05 AM

全70件 (70件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.