1042756 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショーン007aの日記

PR

全318件 (318件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 32 >

時事

2014年01月04日
XML
カテゴリ:時事

スポンサーや政府の圧力が掛かっていない
報道機関IWJの

CMのURLはこちらです。
http://youtu.be/THLXr8hJ4v8

IWJ代表の
岩上さんの新年の挨拶もYoutubeにアップされています。
こちらもぜひ、ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=hMgy_tsPtNc







最終更新日  2014年01月04日 16時30分00秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年02月26日
カテゴリ:時事

以下、120歳笑って死にたい我が道人生おかんナースのブログの記事を転載する。

世の中に本当に必要なことはこうやって潰されていく

 この事件は全国的に報じられた。旭川の作家 三浦 綾子 は加藤 清救済に立ち上がった。自ら粉ミルク療法がほんもので有効 であることを訴えた。三浦は大阪府警に電話をかけ、手紙も書い た。さらに元患者とともに、加藤 清に対する救済の嘆願書を集めることに乗り出した。
 「治療はほんものです。この灯りをけっして消してはなりませ ん。」 と三浦は呼びかけた。全国から元患者、またはその家族による加藤 清救済の嘆願書がつぎつぎと送られてきた。その数は803 通に及び、その中には三浦 綾子自身のものもあった。
 補足後に著者がお会いしたこのときに関連した医師は、「私もほとんど三浦綾子さんい助けられたのです。」と語った。
 釈放された後、新聞を読んで加藤は驚いた。第一面の大見出 しで加藤が極悪非道な人間として報じられていたからである。(編注 現代医療に殺された人々が道場で最後を迎えたことがインチキ療法にカネまでむしり取られて殺されていると報じられたためである)
 新聞記事はどこを見ているのかと思った。
 だが、三浦綾子はじめ、多くの支持者が、加藤の逮捕を不当だとして抗議の手駄や電話を府警に対して行なったことを知った。
  府警の事情聴取は釈放後も続き、三月末に終わって検察に加 藤は書類送検された。加藤対する検察の判断がかたまったのは九月に入ってからだった。略式起訴で罰金刑に処するというものである。加藤は弁護士の意見を聞 き入れ、罰金十万円を支払うこと にした。 (編注 ボロ儲けしていたという報道もほとんどは経費や無償で受け入れた人に使われていたために、あまり残っていなかった。そのために経済的余力がなく、 この罰は受け入れざるを得なかった)
 罰金を支払うことはない、裁判で争うようにという識者の意見もあったが、当時、弁護士の費用どころか、罰金 十万円も右から左へとは出せない状態になっていたからである。加藤は罰金を支払い、触診、視診、問診をしたという理由で医師法に抵触し、無届で診療所を開 設したと見なされ、医師法達反、医療法達反が確定した。
 加藤はこの事件を通して、粉ミルク療法がガン患者だけにかぎ らず、そのほか慢性病や健康維持に有効かどうか、また療法の背景になっていた千島学説がはたして事実かどうか、それが論議されることを期待した。
 だが、新聞・テレビ・雑誌の論語は、『現代医学に不信があるから、大衆が民問療法に走るのであって、加藤の療法もそのなかの一つである。』という面ばかり強調された。(編注 マスコミが現代医療を批判できないのは当然である。莫大な金をもらって飼い慣らされているからだ。ご主人様の敵をたたくのが飼い犬の役目である)
 そ れから店頭から急に粉ミルク療法の書物は消え失せた。加藤清は治療所をすべて閉鎖し、その後窮乏と失意のうちにこの世を去った。(編注 結果的にこの逮捕 劇が断食療法の普及を阻止したことは間違いない。これがなければガン治療世界的に変わっていた可能性はたかい。大阪府警は大量虐殺の発覚を阻止したのだ。 救いのザイルはここで完全に切断された。その後の犠牲者は欲望の利権、医師会と大阪府警に殺されたのである。人間社会が狂っている以上はしかたがないのか もしれない)
そして1999年10月。三浦綾子逝去。
 私(著者)は、日差しの強い7月のある日、各務原市にある千島喜久 男博士の墓前に立った。高台の霊園のほぼ中央に博士と恵子夫人の墓石が並んであった。長良川がまだ細くしてふもとを流れている。 『孤高の科学者 ここに眠る』 両手を合わせると、けたたましい蝉の鳴き声がしばし遠のいた。 目を開いた頭上には、夏の空が抜けるように青く広がっていた。
 
 この記録は、千島学説研究会主宰 忰山 紀一氏との会話・ 著書・場面を想定した記述からなっております。

もうちょっとで大量虐殺は阻止されるところが、

医師会と大阪府警によって阻止された

あなたの愛する人は医師会と大阪府警に殺されたのだ!

 







最終更新日  2013年02月26日 09時49分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年12月20日
カテゴリ:時事






最終更新日  2012年12月20日 12時29分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年07月01日
カテゴリ:時事






最終更新日  2012年07月01日 15時13分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月11日
カテゴリ:時事
去年の3月中旬、3号機の燃料貯蔵プールで核爆発が生じているが、
大手メディアでは、一切報道していないようである。

その核爆発の原因については、二つの説がある。
一つは、水素爆発に起因する爆縮によって、即発臨界に達したという説。
もう一つは、イスラエルの管理会社が小型核爆弾を爆発させたという説。

原因がどうであろうとも、核爆発の結果、プルトニウム、ウランを
含む燃料が周辺に撒き散らされたことに変わりはない。

報道されていないもう一つの大きな事実は、
4号機の燃料貯蔵プール内に、炉心3体分(1300本以上)の燃料集合体が
貯蔵されていて、非常に危険な状態にあることである。

この貯蔵プールの壁にひびが入って漏水したりしたら、
3号機の核爆発を超える大惨事に至る可能性があると危惧されている。

(3分の動画:ZDF:日本語)4号機燃料プールが崩壊すれば日本の終わりを意味する。






最終更新日  2012年03月11日 14時13分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月06日
カテゴリ:時事
2月2日に藤井寺市役所HPで、下記の意見を送付した。

広報2月号の5ページに記載の「国に意見書を提出」の記事を読みました。

1.放射性物質に汚染された瓦礫を大阪府が受け入れようとしていること
 に対する反対意見が提出されなかったこと、遺憾に思っています。
 瓦礫の燃焼処理による放射性物質の大気中への放出を懸念する議員は
 いらっしゃらないのでしょうか?

2.「3種ワクチン助成の継続・・・を求める意見書」が全員一致で採択
 されたとは驚きです。ワクチンビジネスに加担する議員さんばかりなの
 でしょうか? ワクチンの有効性に対して疑問を持ったり、副作用を心配
 している議員さんが皆無とは信じられない話です。

これに対して、議会事務局より返答を頂いた。

『・・頂戴いたしましたご意見につきましては、畑謙太朗議長より
 市議会各会派及び議員あてに伝えさせていただきます・・」

との内容であった。






最終更新日  2012年02月06日 11時20分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年09月19日
カテゴリ:時事

あべよしひろ 熊本(宇城)講演会 [後編] - CLUB_PYRAMID

http://www.ustream.tv/recorded/17304228 

を視聴した。

現時点において、日銀が金融緩和(日本銀行券増刷)しても、不況からの脱出は無理とのこと。
消費者の購買力が不足しているので、企業がお金を借りて増産すると期待できないからとのこと。

日本政府は、景気回復のため、たとえば100兆円紙幣を発行し、日銀に預金するべし。 その100兆円で新エネルギー開発(たとえば、藻の利用による石油製造)を行うべし。 その場合、インフレの心配は全くないと考えられるとのこと。

*****

その通りかと思うけれども、ちょっとだけ疑問に思うことがある。
日本銀行券を大量に増刷し、為替を円安方向に持っていき、輸出を大幅に増加させられたら、GDPがアップ(景気上昇)する可能性もあるのではという気がする。







最終更新日  2011年09月20日 12時16分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年09月10日
カテゴリ:時事

31 ペンタゴンの屋根には80台、周辺に(衝突後、数分以内にFBIが押収)に5台、合計85台の監視カメラが設置されていた。そのうち現場を捉えていたものは13台。駐車場の監視カメラ2台による映像は公開されたが、航空機の姿は映っておらず、残る11台のテープは未公表。


32 ペンタゴンに突入した約100トンはあるはずの機体の残骸、乗員・乗客の遺体はどこにも見当たらない。不燃素材でできた座席や超耐熱合金でできたジェットエジンもない。現場で見つかったのは手で拾えるような小さな残骸のみ。芝生には傷跡も焼け焦げも見当たらない。


33 ペンタゴンから実況中継したCNN記者ジェイミー・マッキンタイア「間近で観察したところではペンタゴン付近のどこにも航空機が墜落したという証拠は見つかません。唯一の形跡は実際に衝突した建物の辺りですが手で拾える程度の小さな破片ぐらいしか見当たりません」


34 衝突した箇所は陸軍の財務管理および会計監査を行う部署で、死亡者の多くは民間の会計士、簿記係、予算アナリスト、および改装工事のために出入りしていた間工事業者であり、軍の高級官僚は一人もいなかった。


35 事件前日2000年度の会計で米軍が1.1兆ドルにのぼる使途不明金(米国の2000年度の総税収が2.025兆ドル)を出していたことが発覚したが、テロ攻撃によって会士や帳簿係が死亡し、会計書類も燃えてしまったので、再調査は不可能になった。


36 ペンタゴンの周囲5箇所に最新の地対空ミサイルが設置されていて、不審な飛行物体が100ヤード以内に接近したら自動的に撃墜されるようになっているが、ミサルは発射されなかった。衝突直前に館内で爆発があったとペンタゴンの複数の職員が証言。


37 飛行機墜落の報を受けてシャンクスビルの現場に20分でかけつけた救助隊員は、現場はごみの集積所のようで小さい欠片のような瓦礫しかなく、胴体や座席等の行機の残骸がないと生中継のインタビューで答えた。


38 墜落現場には窪地ができていたが、大型のジェット機が墜落したにしては小さ過ぎ、まだ大量に残っていたはずのジェット燃料が燃えた痕跡もない。墜落後に実した地質調査では、ジェット燃料による地質汚染は出なかったので、土中にしみ込んだ可能性もない。


39 事件当日はハイジャック対応の軍事演習が行われていたため、訓練か実際の事件が区別がつかず現場が混乱。この軍事演習の最高責任者は副大統領ディック・チイニー。チェイニーは1995年から2000年まで石油関連会社ハリバートンの社長を務める。


40 ハリバートンはイラク復興事業において入札を経ないで多くの直接契約を獲得。獲得したビジネスには本業の石油関係だけでなく、軍隊の食事供給、兵士の洗濯行等の軍関係のビジネスも含む。


41 イラク侵攻以来、ペンタゴンからのハリバートンへの契約が急増し、2005年の第2期の営業利益は新記録を更新、前年比284%の増加を記録した。チェイニーは社退任後もハリバートンから年間百万ドルを上限とする報酬を受け、ストック・オプションは前年比3281%増加した。


42 カスピ海海域に眠る推定4兆ドル相当もの石油・天然ガスをアフガンからパキスタン経由でインド洋まで運ぶパイプラインの建設計画あり。1998年、米国の石油業ユノカル社主導によりパイプライン計画が進められていたがタリバン政権との交渉不調により頓挫。


43 2001年12月22日にはユノカル社の元最高顧問ハーミド・カルザイがアフガニスタン暫定行政機構議長に就任。2004年に大統領に選出。同国のパイプライン敷設計が再開。


44 アフガンは世界を代表する麻薬の生産地。しかしタリバン政権によって厳しく取り締まられ大幅に生産が落ち込んでいた。米軍の侵攻後、親米政権の下で麻薬の産が大幅に増えて、185トンから約44倍の8200トンに激増。現在、世界で流通する阿片の93%がアフガン産。


45 NYタイムズは、カルザイ大統領の実弟アフメド・ワリ・カルザイがアフガンの麻薬取引に関与し、過去8年間にわたってCIAから資金提供を受けていたことを報じいる。


46 ネオコンの「アメリカ新世紀プロジェクト」は2000年9月、アメリカ防衛再建計画を公表。そこには「アメリカの防衛体制は新しい真珠湾攻撃のような破滅的な来事抜きには、その再建のプロセスは長期間を要するものになるであろう」と書かれている。


47 米上院情報特別委員会報告書『フセイン政権が(アル・カーイダ指導者)ウサマ・ビンラーディンと関係を築こうとした証拠はない』と断定、大量破壊兵器計画ついても、少なくとも1996年以降、存在しなかったと結論付けた。(2006年9月8日)


48 2004年6月16日、911調査委員会はイラクのフセイン政権がアル・カーイダを支援した確たる証拠はないとする報告を発表。2008年3月13日、国防総省もイラク当とアル・カーイダとの関係を示す決定的な証拠は見つからなかったとする米統合軍司令部作成の報告書を発表。


49 パキスタン諜報機関ISIハミード・グル元長官「911事件は明白に内部犯行であり(中略)イスラエル・モサドとアメリカにいる共犯者の仕業だ」(UPIのインタュー)


50 イラン革命防衛隊ヤハ・ラヒム・サファヴィ将軍「911 事件は中東を支配するための戦争挑発を目論んでアメリカとイスラエル・モサドが実行したものだ」(イン国営通信ISNA)


51 元英国諜報機関MI5工作員デイヴィッド・シェイラー「(アル・カーイダの仕業とされるテロ活動のほとんどは)MI6とCIAによってお膳立てされたものだ」※シイラーはMI6がオサマ・ビン・ラディンのパートナーに資金供与を行っていたことを知り辞職。


52 サウジアラビア内相ナエフ・ビン・アブドルアジズ王子「911事件の背後にはユダヤ人がおり、テロリストのネットワークは外国諜報機関とリンクし、その親玉イスラエル・モサドだ」(CNNのインタビュー)


53 コシガ元伊大統領「欧米のすべての諜報機関は、この大規模な攻撃がアラブ諸国に非難を差し向け、西側がアフガニスタンとイラクの戦争に参加するため、シオストの支援を受けたCIAとモサドによって計画され実行されたということを熟知している」(コリエレ・デラ・セラ紙)


54 イスラエル元首相アリエル・シャロン「われわれユダヤ人はアメリカを支配しているし、アメリカ人もそれは承知している」(2001年10月3日付IAPニュース)

55 N・ロックフェラーはR・ルッソに重要な秘密を語っていた。「ある事件が起きることで、我々はアフガニスタンに侵攻し、カスピ海へパイプラインを通すことがきるようになる。石油を手に入れるためにイラクへ攻め入ることもできる」http://www.anti-rothschild.net/material/new_02.html







最終更新日  2011年09月10日 12時48分45秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:時事

安倍芳裕さんの連続ツイートを転載しておきます。

明日で911同時多発テロ事件から10年。風化させないために疑惑の数々を連続ツイート。 少々長いですが、お付き合いを。

1 1945年、B-25爆撃機がエンパイアステートビルの79階に衝突。14名の死者と1万ドルの損害を出したが2日後にビルは再開。WTCの設計者ミノル・ヤマザキは、この事故を教訓に世界一番大きな飛行機が乗客満載、燃料タンク満タンでビルに突入した時のことを想定して設計。


2 しかしながら飛行機衝突から約1時間後にビルが崩壊。WTC1は97階付近、WTC2は81階付近への衝突だったが下層まで粉々に砕け散った。政府はビルの倒壊を大量のジェット燃料によってビルの鉄骨が溶け、その結果、床が自分の重みで上の階から順番に落下した説明。


3 この理論が正しければ崩壊箇所には重なりあった床とその間に押しつぶされた家具や事務用品等が残るはずだが、崩壊現場には何も残っておらず、雪のような微粉末のみ。そもそも鋼鉄製の建造物が支柱の破壊なしに崩落することはありえない。


4 二機目の飛行機が衝突した78階まで階段を駆け昇っていった消防大隊長オリオ・J・パルマーは、ビル崩落直前の午前9時52分「火災が2か所まばらに出ている。(消火ホース)2本で退治できそうだ」と無線連絡を入れている。

5 スプリンクラーで鎮火できるはずだったが、何故か当日の早朝6時47分に貿易センタービル全体の火災警報装置がテストモードに切り替えられていて、スプリンクラーが作動しなかった。火災警報機にアクセスできるのは警備会社だけ。


6 貿易センタービルの警備会社セキュアコムは1996年から2000年にかけて830万ドルを使ってWTC全体に新しい警備システムを設置したが、9月5日には爆弾探知犬が
引き上げられ、監視カメラのビデオテープやメンテナンス記録は行方不明になっている。

7 1993年から2000年まで警備会社セキュアコムの会長を務めたのはブッシュ大統領の末弟マービン・ブッシュ。1999年から2002年までの社長を務めたのはマービン
・ブッシュの従兄弟ワート・ウォーカー三世。

8 独力で15人を救助しホワイトハウスから「英雄」と称えられたWTCの清掃担当者ウィリアム・ロドリゲスは「航空機がぶつかる直前に地下でものすごい爆発音を聞いた」と911調査委員会で証言したところ一転して脅迫を受けるようになり、最終報告書にも証言が記載されず。

9 WTCから脱出した生存者、NY消防局のスタッフ、CBSニュースチャンネルやMSNBCの現場リポーターなどから「爆発音を耳にした」「閃光を目撃した」という数多くの証言があるにもかかわらず、911調査委員会の最終報告書に記載されず、政府もメディアも無視した。


10 WTCの粉塵からスーパーサーマイト物質を発見。スーパーサーマイトは米軍と米国立標準技術研究所(NIST)が協力して開発した爆薬。軍事用なので国防総省によって輸出入や扱い業者が限定されている。

11 通り一つ離れて建っていた47階立てのWTC7が17時20分、飛行機が突入していないにも関わらず、爆薬で制御解体されたみたいに突然シンメトリーに崩壊。自由落下速度で土地占有面積内に完全崩落。英国BBCはなぜかWTC7が崩壊する26分前に「崩壊した」と報道。


12 WTC7の11、12、13 階を証券取引委員会が使用。そこには証券取引上の不正調査に関する過去の記録の保管だけでなく、現在調査中の不正に関する書類も保管されていたが、それらはすべて灰になってしまった。

13 本来なら現場検証や証拠保全しなければならないのに、倒壊したWTCの残骸はわずか数時間後に現場から撤去され、埋め立て処分場やリサイクル工場あるいは外国へと売られていった。


14 その証拠隠滅を指示したのはマイケル・チャートフ司法副長官 (当時)。チャートフはイスラエルとの二重国籍者で母親はモサドの工作員。911事件後すぐに可決した愛国者法の共著者。


15 元ドイツ連銀総裁エルンスト・ヴェルテケ「NYとワシントンの攻撃に関わった人々が、欧州の証券市場のテロ・インサイダー取引に関わって利益を得ようとした多くの事実が明らかになっている。直前に航空会社、保険会社、商社や金や石油市場の不可解な売買が行われている」

16 911の前週、大量のプット・オプションが買われていた。ユナイテッド航空の親会社に通常の180倍、アメリカン航空の親会社に120倍。両社の株価は9月17日にそれぞれ43%と39%下落した。オプション購入者が得た利益は150億ドルと見積もられている。

17 ドイツ銀行の子会社、投資銀行アレックス・ブラウン社が大量にプット・オプションを買っていたことが判明。事件当時にCIA事務局長だったアルビン・バーナード・クロンガードは1998年までアレックス・ブラウンの社長を務めていた。

18 クロンガードは2001年3月26日からCIA長官ジョージ・テネットのコンサルタントとしてCIAに参画、エージェントの最高執行責任者を務める。また投資顧問会社カーライルの役員でもある。


19 アレックス・ブラウン社を通してプット・オプションを買って利益を上げた企業は、ドイツ銀行、HSBC、BOA、メリル・リンチ、モーガン・スタンレー、リーマン・ブラザース、アクサ、GM、レイセオン。その他、イスラエルの投機グループが26億4千万円の利益を出していた。

20 WTCには4千人のイスラエル人が働いていたが当日は全員が出社していなかった。WTCにはイスラエル最大の運輸会社ZIM(半官半民の会社)が作業所を持っていたが、2001年12月までリース契約があったにも関わらず5万ドルの違約金を払って9月4日に引越している。


21 当日、5人の男がバンの屋根にカメラを据え付けて対岸のWTC方向を撮影。1機目が突入した瞬間に全員で手を取り合い踊り始めた。不審に思った警官が5人を逮捕
拘留。取り調べの結果5人のうち3人がモサドと判明。バンの中からはアラブ人の衣装が発見された。

22 8月6日にCIAがブッシュ大統領に提出した資料には「オサマ・ビン・ラディンが飛行機をハイジャックしてアメリカに攻撃を計画しているらしい」と書いてあっ
たが、ブッシュは完全に警告を無視した。

23 ビン・ラディン家は土木建築業者でサウジアラビア有数の大金持ち。サウジにおける米国政府関係の土木建築を一手に引き受けている。ブッシュが初めて設立した石油掘削会社アルブスト・エネルギーの最初の投資者はビン・ラディン家の長男サレム・M・ビン・ラディン。

24 ビン・ラディン一族は投資会社カーライルにも投資。カーライルの会長は元米国防長官フランク・カールッチ、上級顧問にはブッシュ(父)と元米国務長官ジェイムズ・ベイカー。ブッシュ(息子)もかつてはカーライル社の理事であった。


25 事件の前日から当日にかけての2日間、カーライル社はワシントンDCのリッツ・カールトン・ホテルで年次投資家会議を主催しており、その会議にはオサマの異母兄シャフィグ・ビン・ラディンが出席。10日の会議にはブッシュ(父)もシャフィグと並んで同席していた。

26 FBIのオサマ・ビン・ラディンの手配書には911事件の記載がない。FBIによれば「オサマ・ビン・ラディンが同時テロに関係しているという確たる証拠は、現時点では存在しない」


27 オサマはCIAから「ティム・オスマン」というコードネームで呼ばれていた。「アル・カーイダはユダヤ組織、オサマ・ビン・ラディンはユダヤ人」(パキスタン・デイリー)「オサマはユダヤによって送り込まれた」(サウジアラビア国防大臣アブドルアジズ王子)

28 事件3日後にFBIはハイジャック実行犯19人の名前を発表したが、「テロ実行犯」のレッテルを張られた19人は搭乗しておらず、公表された搭乗者リストにも名前が掲載されていなかった。9月23日に英国BBCは、リストの中の6人が生きているとして本人達のコメントを公開。


29 FBIもCIAも6人の居住する国に対して逮捕や引渡しを要求していない。現在では19人中の9人の生存が確認されている。残り10人のうち8人はCIAのエージェントであることが判明。この8人のうち5人は1990年代に米軍の基地内で訓練を受けていた。

30 2002年4月19日、ロバート・ミュラーFBI長官はサンフランシスコのコモンウェルス・クラブにおいて「ハイジャック犯とされる人物たちは証拠書類1枚も残しておらず、彼らと911事件を関連づけるものは何も見つからなかった」と発言。
 







最終更新日  2011年09月10日 12時55分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月05日
カテゴリ:時事

7月31日(日)に開催された関西Futureコミュニティ「第一回 放射能について語る会」の議事内容(概要)の追加分がアップされた。

放射能について語る会(5)







最終更新日  2011年08月05日 20時02分40秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全318件 (318件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 32 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.