000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

発達障害児と保護者サポート             NPO法人発達障害児支援LOF教育センター

発達障害児と保護者サポート             NPO法人発達障害児支援LOF教育センター

PR

Profile

セアラ姫

セアラ姫

Calendar

Comments

Free Space

2017.07.08
XML
こんにちは。
帰宅途中の電車の中
書き留めておかないと
ついつい後回しになって結局投稿せずに終わりそうなので。


昨日は
児童デイサービス事業所 びりーぶさんの
療育出張でした。

個別に療育を行っています。
昨日も6名のお子さんにやまもと式療育プログラムに取り組んでいただきました。

様々な障害があり、どの子も個性があり可愛い。

昨日初めてだった少し深刻な自閉症の男の子
「遊んどきたい、嫌だー。」と言うような行動をしてたけれど、
「すこしだけー。」と言って
療育の部屋へ。

いつものように両手を持って
床のマーキングを示しながら行うと
やっぱりちゃんと床のマークを踏んでいたりする。
無意識なのか?意識的なのか?
こちらの指示に従うように足を前に出し、
リズムを合わし
マークしたところに足を置こうとする。

で、最後に
目を合わせてくれて
私が
「もう嫌?」って聞くと
「嫌。」って答える

「じゃあ、またね。」って言うと
「またね。」って言って(T_T)/~~~

数回目が合っただけだったけれど、
ちゃんと私の顔を見てくれて
その目が忘れられない。

意識がそこに在って
一瞬でも意志が通じた気がして・・・。


やっぱり、可能性の縁(ふち)を探っていきたいと
切に願った一日でした。


障害の有無ではなく
生きづらさを持つ若者たちへのサポートも行っていきます。

イベント参加の方には無料相談会開催させていただきます。


海の日フォーラムはそんな若者の困りを理解し
応援するフォーラムです。

全ての教育者、福祉関係者、支援者、保護者、若者に参加してもらいたい。

「ユニークな若者を理解し、応援する」
2U(Unique Youth)サポート 海の日フォーラム
◎2UとはUnique Youthを指し、NPO法人発達障害児LOF教育センターが悩める、迷うユニークな個性を持った若者を独自に「2U」と呼んでいます。
●主旨(目的) 個性と障害の狭間に生きる若者の学びづらさや生きづらさを理解し、
社会が教育的視点をもってサポートすることを。
若者が自分自身を理解する。
『2Uサポート』の必要性の啓発 

●日時 2017年7月17日(月・祝)10:00~12:00(午前の部)
13:30~15:15(午後の部)

●会場:梅田スカイビル タワービル36階 スペース36L (午前 講演会会場)B,C,E2(午後の部会場)

●プログラム:10:00~12:00(午前の部)講演会 講師
      13:30~15:15(午後の部部会)
               部会に分かれて 講座や討論

午前の部:講演会 演者:藤原 和博氏(教育改革実践家。)


参加費:午前の部 1人3000円 ペア割り5000円
    午後の部 1人2000円 ペア割り3000円
    午前・午後共通券 4000円
    応援券  1人1000円・・・当日参加はできないけれど、「意見」を書いていただくことで応援していただけます。午後の部会でシェアーいたします。


申込はこちら>>







Last updated  2017.07.08 18:10:38
コメント(0) | コメントを書く
[やまもと式療育プログラム] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.