3591405 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの晴耕雨読

2007.01.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



浅田次郎「初湯千両―天切り松 闇がたり」第三巻

 収められている6編、どの話もいいのですが、

 とりわけ「大楠公の太刀」が、素晴らしい!!!

 黄不動の栄治の幼馴染の女性が不治の病になる。
 彼女のために、天皇が軍刀にしていた刀を盗み出す。

 宮内庁の責任者も兼ねていた森鴎外まで登場して「宝物展」を開くという
 名目で、宮城から刀を持ち出す段取りをしてもらう・・

 けれども、さすがの栄治もしり込みする。そこで、
 親分の目細の安吉はこう言う。

 「日本中の目利きをみごと欺(だま)くらかしたって、小龍てえその芸者だけは欺しちゃならねえ。
  やい黄不動。てめえも天下の職人なら、横着な仕事はするな。
  男だったら筋の通らん嘘はつくんじゃねえ。
  たとえ空っ穴だろうが酔いどれのろくでなしだろうが、通さずばならねえ筋さえ通して生きれァ、
  男は男なんだぜ」
 と。


 登場する森鴎外も、重い病気を押して、最後のご奉公中。

 目細の安吉から、「・・くれぐれもご無理をなさいませんよう」と声をかけられ、
 
 鴎外曰く、
 「無理をするな、か・・・その忠告を生涯何度耳にしたことか。
  真に受けてまったく無理をせぬは輩(やから)が多いのには困りものだな」

 一本取られました!






最終更新日  2007.01.25 23:04:47
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

青年将校 New! ヘイフリックの限界2さん

よびりん語録 New! よびりん2004さん

マジヤバイっす New! lavien10さん

2020年5月の成績。 New! みきまるファンドさん

家賃支援給付金 オフ… 山田真哉さん

【My Favourite】 ​… alex99さん

★「なぜ?」と疑問を… なにわの進藤さん

リアリティー番組に… 三角猫さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.