3590657 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの晴耕雨読

2016.05.08
XML
カテゴリ:音楽

【送料無料】 至高の音楽 クラシック永遠の名曲 / 百田尚樹 ヒャクタナオキ 【単行本】
百田尚樹「至高の音楽 クラシック 永遠の名曲」

PHP研究所

2013年刊



≪そして-その時は不意に訪れた。

 それまで幾度聴いても何も感じなかった私の心に、

 突然、すさまじい感動が舞い降りてきたのだ。

 「なんや、これは!」と思った。≫


≪それからは狂ったように家にあるベートーヴェンのレコードを

 聴きまくった。

 最初の一回は聴いてもほとんど感動しない。

 しかし繰り返し繰り返し聴くうちに、「エロイカ」の時と同じように、

 徐々に霧が晴れていき、ある瞬間、目の前に素晴らしい世界が広がるのだ。


 実はこの何度も繰り返して聴くということがクラシック音楽の一つの壁

 であり、ポイントである。≫





<目次>
ベートーヴェン「エロイカ」―不意に凄まじい感動が舞い降りた
バッハ「平均律クラヴィーア曲集」―完璧な音楽
モーツァルト「交響曲第二五番」―天才がふと見せた素顔
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第二番」―当初酷評を受けた、二十世紀を代表する名曲
ショパン「一二の練習曲集」―超絶技巧の演奏でなければ真価は味わえない
ベルリオーズ「幻想交響曲」―失恋の苦しみが生んだ狂気と前衛の曲
モーツァルト「魔笛」―田舎芝居に附された「天上の音楽」
ベートーヴェン「第九交響曲」―聴力を失った後の「最後の戦い」
シューベルト「魔王」―最後にデーモンが顔を出す
ヴァーグナー「ヴァルキューレ」―新手法「ライトモティーフ」の麻薬的な魅力〔ほか〕






最終更新日  2016.05.08 07:05:04
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

家賃支援給付金 オフ… New! 山田真哉さん

'O sole mio. 天道虫 New! lavien10さん

死神は勝手に遣って… New! ヘイフリックの限界2さん

よびりん語録 New! よびりん2004さん

コロナで教育一新 … New! 一緒がいいねさん

【My Favourite】 ​… New! alex99さん

ブラブラと市場をほ… New! みきまるファンドさん

★「なぜ?」と疑問を… なにわの進藤さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.