3491418 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの晴耕雨読

2017.03.18
XML
カテゴリ:映画・ドラマ

映画『野獣死すべし』(1980年)


 朝からアマゾン・プライムで、映画『野獣死すべし』を見ています。

 松田優作さんの朔太郎の朗読がいいですね~(^^♪
 


漂泊者の歌  萩原朔太郎



日は断崖の上に登り
憂ひは陸橋の下を低く歩めり。
無限に遠き空の彼方
続ける鉄路の柵の背後〔うしろ〕に
一つの寂しき影は漂ふ。

ああ汝〔なんぢ〕 漂泊者!
過去より来りて未来を過ぎ
久遠〔くをん〕の郷愁を追ひ行くもの。
いかなれば蹌爾〔さうじ〕として
時計の如くに憂ひ歩むぞ。
石もて蛇を殺すごとく
一つの輪廻を断絶して
意志なき寂寥〔せきれう〕を蹈み切れかし。

ああ 悪魔よりも孤独にして
汝は氷霜の冬に耐えたるかな!
かつて何物をも信ずることなく
汝の信ずるところに憤怒を知れり。
かつて欲情の否定を知らず
汝の欲情するものを弾劾せり。
いかなればまた愁〔うれ〕ひ疲れて
やさしく抱かれ接吻〔きす〕する者の家に帰らん。
かつて何物をも汝は愛せず
何物もまたかつて汝を愛せざるべし。

ああ汝 寂寥の人
悲しき落日の坂を登りて
意志なき断崖を漂泊〔さまよ〕ひ行けど
いづこに家郷はあらざるべし。
汝の家郷は有らざるべし!






最終更新日  2017.03.18 09:49:14
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

よびりん語録 New! よびりん2004さん

漱石「永日小品」講… New! ヘイフリックの限界2さん

寄る辺なく 知るべ… New! lavien10さん

2020PF概況357位、日… New! みきまるファンドさん

★サラリーマンの運命… New! なにわの進藤さん

利用したいけど、利… 一緒がいいねさん

宮本武蔵『五輪書』… 三角猫さん

相続業務 行政書士&許認可コンサルタント 山崎事務所さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

ランキング市場

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.