3598168 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの晴耕雨読

2017.05.27
XML
カテゴリ:書評・読書メモ

山崎武也「気品の研究」

PHP研究所

2006年刊




○気品の価値

≪高潔な人格の持ち主には、広く人間の幸せを考えたうえでの的確な判断力がある。

 自分自身の欲と自分の家族や組織の欲、それに広くほかの人たちの欲を考慮し、

 それらの調整を図ったうえで行動する。

 それは人間の尊厳をあくまでも重視て見守っていこうする姿勢である。

 それが「気品」である。

 金がすべての尺度となって乱れている現在の世の中に、平和な秩序をもたらすことが

 できるのは、一人ひとりの人間に元来備わっているはずである「気品」の力だ。≫





○目下にも礼儀正しく

≪どんな人に対しても、同じように丁重な姿勢で接する人には、奥深い人間味と余裕が

 感じられる。人間的に浅くて余裕がない人の中には、人が入っていく余地はない。

 深みのある人の場合は、それだけ「収容力」があるということになる。

 そこに人が入っていき、共感の世界が生まれるのである。≫





○時間を守って余裕を

≪人と外で会うときは、約束の時間より前にいって、その環境に自分を慣れされる必要がある。

 すると、心も落ち着き、悠々たる態度に徹することができる。

 相手に会うときの姿勢ももの静かで、余裕を感じさせる。

 その余裕が人間的な深みであり、気品である。≫

≪余分の時間を投資することによって、心に大きな余裕という資産をつくることができる。

 そこで、自分の人間としての格も維持することが可能になるのだ。≫






<目次>
気品の価値
義務を果たす
金銭感覚の麻痺
気品の教育が先決
食に対する姿勢
テーブルマナー
食は良少緩静に
ジェスチャーは最小限に
計画的に怒る
姿勢を正す〔ほか〕






最終更新日  2017.05.27 22:29:01
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

自由の意味 New! ヘイフリックの限界2さん

アクセス数が急増の… New! 山田真哉さん

日本、中国批判声明… New! alex99さん

2019~20主力株概況3… New! みきまるファンドさん

よびりん語録 New! よびりん2004さん

ひしひし きしきし… New! lavien10さん

クラスを2分割した授… 一緒がいいねさん

転売ヤーについて考… 三角猫さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.