3588696 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの晴耕雨読

2017.07.01
XML
カテゴリ:書評・読書メモ

鈴木健介「そこが知りたい!中国人との付き合い方~中国要人が教える中国式人心掌握術」 Kindle版

メディアタブレット

2013年刊



 日本人と中国人とのトラブルの原因の多くは、

《日本人が中国人に対して、日本人の価値基準のままで接するところにある》

 
 中国人と友好的につき合うために、「絶対的に守らなければならないことがある」

 1つは、差別は絶対にしてはいけない

 もう1つは、必ず相手を区別して接しなければいけない

《区別には感情移入がなく(事務的)、

 差別には軽蔑(卑下)する感情があるという。

 区別とは、相手の立場を守ることであり、

 差別とは言葉の問題ではなく心の問題だという。》



 鈴木さんが指導を受けたWongさん曰く、

 中国人には6つのタイプがある、といいます。

 それは、虫タイプ、大虫タイプ、犬タイプ、牛タイプ、

 人並み、そして、人である。 


 このタイプを理解した上で、付き合う必要があります。 

《差別ではなく区別することが大切なのです。

 人格的に区別するのです。

 私たちは人を区別して接しています

 区別するのは差別ではありません

 区別することはよってそれぞれの階層で生きる人たちが

 一番理解できる言葉や態度で接することができます》


1.虫タイプ

 本質:一度厚意の接したら以後自分の権利であると思い込む。

 行動特性:権利を主張しても義務があることをわかっていない。

 対応:最初に決めた区別を貫き通し事務的に対応して厚意を与えない。


2.大虫タイプ

 本質:資産を手に入れた虫

 行動特性:態度が横柄・打算で行動する。

 対応:こちらの利益になることにだけ利用し、相手を律しようとは考えない。


3.犬タイプ

 本質:ひとりではおとなしくしているが何人か集まると権利主張する。

 行動特性:ひとりの時は従順だが、何人か集まると付和雷同し騒ぐ。
      でも、また一人になると従順になる。

 対応:優しさや弱さを見せるとつけ込んでくるので常に毅然とした態度で接すること。


4.牛タイプ

 本質:権威・権力の立場にありながら厚意を権利と思い込む。
    政府の幹部や国営企業の子息に多い。

 行動特性:厚意を当然の権利と受け止める。が、対価に見合った実績は残す。

 対応:利用すると割り切る。つかず離れずの距離を保つ。


5.人並み

 本質:厚意を厚意として受け止めるが、その場限り。
    当然とも思わないが、感謝の念もない。

 行動特性:口先だけでその場限り。愛想良く如才ない。

 対応:ギブアンドテイクを心がける。


6.人

 本質:地位や貧富に関係なく、厚意を厚意として受け止め、
    相手の立場を思いやり感謝の念を忘れない。

 行動特性:厚意を受けると厚意で返そうと努力する。

 対応:打算や策略をなくして、誠心誠意せっすること。
    裏切られることは、絶対ない。


 できうれば、「人」タイプと付き合いたいと思います。


 そういいながらも、圧倒的多数は、残りの5タイプだといいます。

 そこで、

 つき合い方のポイントですが、

 人材を育てようとする考え方をなくせ
 
といいます。

《中国で優秀な人材を必要とするなら、育てようとしては無理。》

《育てて成功させたいならば、ポイントはただ一つ、

 常に「旨味」を用意して、他社へ移るよりもここにいた方が得だと

 思わせ続けることだろう。それが不可能ならば、必要としている
 
 能力のある人だけを採用しよう。》
 


 ・・初仕事の一つとして、マネジメント力強化の教育を始めていますが、

はたしてこの結果や如何に?

 一年後にどうでるか、いまから楽しみです?!






<目次>
はじめに

第一章 虫とお人好し
1.中国人とつき合うために守らなければならないこと
2.中国人には6つのタイプがある
3.トラブルの原因と回避
4.“ 虫型人間 ” 以外の区別にいる人たち

第二章 理解できない言動の理由
1.黄砂の中で暮らす民
2.10年ひと区切り
3.元来中国人は商売人
4.中国人は中国人を同国人と認めない
5.” 華僑 “ は綿、” 大陸人 “ は鉄
6.なぜ非を認めないか
7.タグを取らずに服を着る
8.食習慣の違い
9.格差が広がる原因
10.社会観は井の中の蛙
11.一人っ子政策は新時代の中国人を構築した
12.男女比率のアンバランス
13.精神的肉体的に虚弱な若者が次の世代を担う
14.なぜ軍事力を増やし続けるのか
15.中国の目指すところ

第三章 ビジネスパートナーとして接する
その1. 喧嘩がしたいのか、仲良くしたいのか
1.近代史
2.経済協力までの過程
3.マスメディアによる幻覚
4.日本人よりもアメリカナイズされている中国人
5.軽蔑はできない/振り返れば日本の姿
6.その国が好きになる理由
7.アジア経済圏
8.自分の正義は中国でも正義なのか
その2. つき合い方
1.人材を育てようとする考えをなくすこと
2.同じ釜の飯を食え
3.「明日よりも今」が基本理念
その3. ビジネス
1.正しく名前を呼びかける
2.嫌なこと程先に言え
3.面子をたてる
4.貧家富路
5.トラブルの原因は日本サイドの無知にあり
6.契約書の注意
7.通訳のポジション

あとがき






最終更新日  2017.07.01 23:53:44
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

★創造力とは、「1ス… New! なにわの進藤さん

鎮守の森 New! ヘイフリックの限界2さん

よびりん語録 New! よびりん2004さん

More haste,Less spe… New! lavien10さん

【武漢ウイルス】か… New! alex99さん

京のお抹茶プリン … New! 一緒がいいねさん

愛と感染症について… 三角猫さん

2019~20主力株概況3… みきまるファンドさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.