3591337 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

システムエンジニアの晴耕雨読

2017.07.02
XML
カテゴリ:書評・読書メモ

君は今のままで中国人と互角に仕事ができるか?: さらに図太く、斬新に働く法

田原 総一朗、宋 文洲

三笠書房

2014年刊



 日本の教育に最も欠けているもの・・

 それは、「競争意識」


 今後、英語・中国語と同様、

《「競争意識」はこれからの時代を生き抜くうえで不可欠なもの》だ、と宋さん指摘します。

 
 危惧しているのは、

《今の日本の教育で育った子どもたちが、大人になって海外に出たら、

 海外の苛烈な競争社会で生きるのは、相当なストレスになるのではないか。

 ましてや、海外の競争社会で勝ち抜くことなど、難しいのではないか、》

 一方、

《中国の親が子どもに求めているもの、それは「学力」だけでなく、

 厳しい世界を生き抜くための「競争力」》である、と。




《中国人に対して「あなたを終身雇用しましょう」などと言ったら、

 間違いなく怒ります。

 私はあんたの奴隷じゃない。私の将来は私の好きなように決める」といった具合。》

 ・・一方、10年勤続すると、終身雇用の権利が得られる・・企業側が辞めさせることは

 難しくなるため、8~9年目になる社員の扱いは、とても悩ましくなります。

 40近くになると、日本と同様、ぶらさがり社員も増えてくるため(-_-;)




《中国では、日本と比較にならないほど転職が一般的。

 「転職によってキャリアアップできる」と考えれば、すぐに今の会社を辞める。》

 20代から30代前半までの、給与が安く、役職がつくまでが顕著です。

 ・・最近の日本も同じかも。


《会社への帰属意識が薄いのではなく、そもそも帰属意識という概念がない。》

 でも、転職が当たり前の中国のマイナス面としては、

《それは、「優秀な技術者が育たないこと。

 中国人は「儲かる業界」「儲かる職種」を目指して安易に転職をするから、

 しっかりとした技術を身につける時間がない。

 目先の利益を優先しすぎる。

 だから、中国製品の品質は、いつまでたっても日本に追いつかない。》

 ・・「技術力を高めよう」よりも、「もっと儲けたい」の意識が強すぎる気がします。


 でも、宋さんから日本人へのアドバイスとしては、

《異なる環境への適合は、生存力の基本。

 だから、日本のビジネスマンには「もっと転職を積極的に考えるべきだ」と言いたい。》





<目次>
1章 彼らより「図太く、賢く働く」には何が必要か?
(「いい人」を評価する日本、「強い人」を評価する中国
メンツに縛られる中国人、空気に縛られる日本人)
2章 でも、ここは変だよ!日本人のビジネス
(同じ黄色人種だからこそ、理解できないことがある
日本人の盲点―日本は顔社会。面識がない人と仕事をしない
世界一泥臭い「日本の営業」で、世界一高度な「日本の技術」を売れる?)
3章 中国人と議論しても絶対負けない法
(中国人が信頼する日本人は、ケンカができる日本人
日本人の「礼儀正しさ」に、中国人は「悪だくみ」を感じる
どんな問題にも「正解」はない。だから「発言」する人の時代)
4章 「成功する工夫」より「失敗を活かす工夫」をしよう
(器用貧乏のジェネラリストでは、中国のスペシャリストに喰われるだけ
上から言われたことを、そのままやらないクセをつける
「失敗を恥と思う」克服すべき日本人の弱点)
5章 そして君は今、世界の誰とでも互角に仕事ができる
(企業も個人も成熟なんかしない。成長と衰退の二つしかない
中国人を味方につければ、日本人にとって鬼に金棒
日本人がこれから、さらに図太く、賢く生きる法)






最終更新日  2017.07.02 08:50:40
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

よびりん語録 New! よびりん2004さん

五感の劣化が進んで… New! ヘイフリックの限界2さん

マジヤバイっす New! lavien10さん

2020年5月の成績。 New! みきまるファンドさん

家賃支援給付金 オフ… 山田真哉さん

【My Favourite】 ​… alex99さん

★「なぜ?」と疑問を… なにわの進藤さん

リアリティー番組に… 三角猫さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.