2668402 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MATRIX7

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

日常風景

2010.03.15
XML
カテゴリ:日常風景
 望遠レンズは、人間の目には見えない自然を映し出す。普段は気にも留めない景色も、ズームしてみると異次元の美しさがある。残雪はほどなく消えるだろうけれど、その微妙な白さは何とも表現できない。






Last updated  2010.03.18 08:19:08
コメント(0) | コメントを書く


2010.03.14
カテゴリ:日常風景
 山岳の西側斜面に積雪が残っている。東側はとっくに消えているのに、日陰になる西斜面の雪はなかなか溶けない。凍った雪は太陽の光を反射するから、気温が高まらないと消えない。景色を見ている限りにおいては、山岳の残雪は美しい。






Last updated  2010.03.15 16:25:50
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.12
カテゴリ:日常風景
 春の雪は一瞬のざわめきだった。次の日にはほとんどが消えている。3月の気温は、雪の存在を許さないらしい。境内に残されていた残雪が美しい。はかないものゆえに、貴重に感じるのかもしれない。雪に埋もれた草に春の息吹を感じる。






Last updated  2010.03.15 11:51:04
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.10
カテゴリ:日常風景
 突然に大雪が降ってきたので、大騒ぎになってしまった。20センチ近く積っている。春の大雪は美しいが、影響も大きい。見る間に道路が降雪で埋まってしまい、景色が雪国に変化した。一日だけの苦労なので我慢するしかない。






Last updated  2010.03.11 11:37:33
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.07
カテゴリ:日常風景
 雨が連続して降っているので、川が増水している。いつもは枯れている小川も満水の水が流れている。氷のように冷たかった2月の水とは趣が異なる。春になると喜ぶのは人間だけではないだろう。川のメダカだって、オタマジャクシだって、水は温かいほうが住みやすい。それでも、こんなに透明な水が流れているのは、早春までに限られてしまう。






Last updated  2010.03.08 08:28:49
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.05
カテゴリ:日常風景
 冬の間は閑散としていた境内に人の姿が見えるようになっている。いかめしい本堂にも、春の日差しがそそいでいる。普段は気にも留めない本堂の板の張り方や金具の装飾になんとなく趣を感じる。同じ仏教でも、堂塔建設の様式は民族によって大きく異なっている。外来文化である仏教も、日本化する過程において、日本人好みの様式に仕立て上げられたことを実感させられる。






Last updated  2010.03.07 10:02:53
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.01
カテゴリ:日常風景
 この季節の水は澄み切っている。冬も透明だが、冷たすぎて触る気がしない。春の水はぬるくて、指先に触る感覚に違いがある。いつの間にか、氷にも無縁の暖かさになっている。それでも、魚の姿は見えない。






Last updated  2010.03.04 20:27:13
コメント(0) | コメントを書く
2010.02.03
カテゴリ:日常風景
 朝暗いうちに目が覚めた。外を見ると白い雪が舞っている。雪を見るのは久しぶりなのでむやみにうれしい。夜の雪を撮影したのも初めてだった。ストロボの光に反射して、雪が輝いて見える。






Last updated  2010.03.01 17:41:43
コメント(0) | コメントを書く
2010.02.02
カテゴリ:日常風景
 夜の雪と朝の雪では風情が異なる。黒い空から降る雪と、朝靄に包まれた空から降る雪では印象がまるで違う。積雪自体が珍しいので、そこらを歩いて足跡を付けて降雪の瞬間を楽しむ。雪景色は確かに幻想的で、町の風景を一変させる。






Last updated  2010.03.01 17:35:35
コメント(0) | コメントを書く
2010.02.01
カテゴリ:日常風景
 雪はすべてのものを覆い隠す。アスファルトの道路さえも美しく見える。いつもは邪魔な赤信号さえも、その赤い光がたとえようもなく美しい。積もるほどの雪が降ることはめったにないから、生活への不便さを超えて、白い雪の風景が心に刻まれていく。大雪の降る雪国は大変なのだろうけれど。






Last updated  2010.03.01 17:13:11
コメント(0) | コメントを書く

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.